アマゾンでの売れ行き状況をみてみました。
3月9日(土)PM9時現在で、「宅建 2019」キーワードに関連する商品で検索。

【第1位】
 みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 2019年度

【第2位】
 2019年版 きほんの宅建士 合格テキスト 【2019年受験対策 / フルカラー / 軽量分冊製本】 
 

【第3位】
 わかって合格(うか)る宅建士 基本テキスト 2019年度
 
【第4位】
 2019年版 らくらく宅建塾 

【第5位】
 スッキリわかる宅建士 テキスト+過去問スーパーベスト 2019年度 

【第6位】
 2019年版 きほんの宅建士 合格問題集 【軽量分冊製本 / 厳選重要問題300問】
 
2019年版 きほんの宅建士 合格問題集 【軽量分冊製本 / 厳選重要問題300問】 (きほんの宅建士シリーズ)
東京リーガルマインド LEC総合研究所 宅建士試験部
東京リーガルマインド
2018-10-20


【第7位】
 みんなが欲しかった! 宅建士の12年過去問題集 2019年度

【第8位】
 2019年版 出る順宅建士 ウォーク問過去問題集 1 権利関係 【コンパクトサイズ / 重要過去問・最新試験問題を収録】

【第9位】
 2019年版 出る順宅建士 合格テキスト 1 権利関係 【条文・判例知識掲載 / 関連問題集とリンク】

【第10位】
 2019年版 ユーキャンの宅建士 まんが入門 

今年も一作年に続いて宅建士の教科書がナンバー1です。
相変わらず強いですね。
ただ、問題集はぱっとしません。
事実、レビューも1個のみ。

過去人気があったスッキリが落ちましたね。
スッキリとまとまったテキストで、
過去問も厳選されているので、入門編としてはいいと思います。

この時期、わかりやすさ、みやすさを重視する姿勢が色濃く反映されています。
ボリュームが少ない方が人気があるのは、例年の全体的な傾向にかわりはありません。

そのせいか、今年はLECのコンパクト版が人気ですね。
2位と6位に入りました。
今後、この流れは続いていくかもしれません。
スマホ世代には、パーフェクトのような大型よりも小型化の時代ですね。

27年より以前の人気商品、宅建塾は4位ですが、
書店では相変わらず、平積みされていますので、
書店での売上はトップの可能性はあります。
まんがシリーズは10位にランクインです。
今や最初の学習の登竜門的存在になっていますが、
スマホ世代には、紙での漫画よりも電子書籍の漫画の方がこのまれていくことでしょう。

ちなみに昨年のこの時期の順位を参考までにつけておきます。

・・・平成30年3月13日当時(ここから)・・・
【第1位】
 みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 2018年度

【第2位】
 2018年版 まる覚え宅建塾 

【第3位】
 スッキリわかる宅建士 テキスト+過去問スーパーベスト 2018年度

【第4位】
 わかって合格(うか)る宅建士 基本テキスト 2018年度

【第5位】
 2018年版 らくらく宅建塾

【第6位】
 うかる! マンガ宅建士入門 2018年度版 

【第7位】
 2018年版 U-CANの宅建士 過去12年問題集

【第8位】
 みんなが欲しかった! 宅建士の12年過去問題集 2018年度

【第9位】
 2018年版 マンガ宅建塾

【第10位】
 2018年版 宅建士問題集 過去問宅建塾〔2〕 宅建業法

・・・平成30年3月13日当時(ここまで)・・・

何度もこのブログでは言っていることですが、
自分が使用するテキストを選ぶ場合、大事なのは自分の学習環境に照らしあわせること。

人気が高い = あなたの学習にピッタリ

では決してありませんからね。

これは、人気講師=あなたにピッタリもあてはまりません。
講師の姿にあこがれて、受験は失敗する。
これもあることです。

流れに惑わされないことです。

あくまでも主体は自分自身の環境にありです。
宣伝に流されるのではなく、自分の目で見極めることです。

幸い、このブログには過去の先輩諸氏の経験が蓄積されています。

是非、活用ください。

どうしても・・・わからない。

何をどう選んだらいいかわからない。

その場合はご相談ください。

2019年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村