令和元年宅建士試験自己採点投票のコメント紹介です。
本日は、ボーダーライン(37点・36点・35点)の方のコメントを転載します。

「37点」
宅建は過去問を熟すうえで、基礎をどれだけ固めるか、そして当日の時間との戦いであると今回の試験で感じました。ギリギリ合格点だと思いますが、業法で15点しか取れなかった事が悔やまれます。
30歳代男性福岡

多分大丈夫ですよね?
40歳代男性山口

受かってますように
20歳代男性東京

リベンジ組です。昨年同様、やっぱり業法が凡ミスばかりで。
得意な法令もダメダメで。諦め気味でしたが権利が予想以上に取れてて。ギリ行けると信じてます。
40歳代女性熊本

凡ミス多発でした!
40歳代男性三重

辛い戦いでしたが、やり切りました。
50歳代男性神奈川

お願いします。去年は1点に泣きました。
40歳代男性群馬

「36点」
昨年より難しく感じました。
50歳代男性長野

中高年のためのブログ今になって拝見しました。
もっと早く見つけていればと・・・とても為になります。
ありがとうございます。宅建業法が苦手で個数問題にやられました。
50歳代女性埼玉

うーむ、微妙だ・・・。
40歳代男性京都

個人的には権利が難しく感じました。
業法の個数問題にも多少苦戦しました。
総評として「難しかった」という結論になります。
30歳代男性東京

4回目です。毎回1〜2点足らずに落ちてます。今回どうでしょうか?
50歳代男性香川

不動産投資の勉強のために受けたのだけど・・・やっぱり、合格したいなぁ。
40歳代男性滋賀

「35点」
不安です、、
20歳代女性埼玉

独学で3ヶ月程勉強して、試験に望みました。
あとで見直すと、解答できた問題もありましたが、これが限界です。
50歳代男性大阪

ボーダーライン 上の苦しみがあります
40歳代男性埼玉

去年同様一点差で落ちた
30歳代男性東京

毎年のことながら、ボーダーラインの方の悲痛なコメント・・・胸が痛みます。

特に35点の方は、可能性がかなり厳しい現実なだけに辛いですね。

結果がでるまでの期間は1ヵ月を切りましたが、それでも約1ヵ月あります。

かなり長い待機期間です。

この期間をどう過ごすか?
結論としてはあなた次第にはなります。

どうしても諦めきれない方のためには、このブログがあります。
合格発表まで、まずはお付き合いください。

令和元年宅建合格を信じて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村