令和元年宅建士試験が終了して3週間がたちました。
予備校の推定点一覧を先週より掲載していません。

まとめサイトでいくら眺めていても、いくら論じても状況に変化があるのは滅多にありません。
私が知るこの15・6年の中でも数回しかありません。
ましてや11月になってからの変動は、あまり記憶がありません。

よって、まとめサイトで一覧表を眺めるのはお勧めしません。
ここからは完全な膠着状態となります。

自己採点35点の方はつらい立場になります。
もちろん可能性が全くない訳ではないので、どうしても諦めきれない方がいるのは当然のことと言えます。
ボーダーラインの下位であり、できればきてほしい得点です。

35点は数年前なら、余裕で待てる点数だけに・・・
辛いですね。

令和最初の宅建士試験として、合格率が高い方にぶれてくれれば・・・
合格率があがれば・・・もしかして・・・
合格率があがらないと・・・厳しい現実です。

何度も書くようですが、試合終了のホイッスルがなった以上はノーサイドです。
一人でも多くの方に吉報が届いてほしいと感じます。

絶対来てほしい、35点!

心から祈る、35点!!

最後に、先週は速報の昨年の状況を紹介しました。

今回は、機構から発表される内容を紹介します。

◎試験問題正解番号

◎実施結果の概要
 ・試験日
 ・試験会場数
 ・申込者数(男女別、登録講習修了者別含む)
 ・受験者数(男女別、登録講習修了者別含む)
 ・受験率男女別、登録講習修了者別含む)
 ・合否判定基準(合格基準点)
 ・合格者数(男女別、登録講習修了者別含む)
 ・合格率(男女別、登録講習修了者別含む)
 ・平均年齢(男女別含む)
 ・最高齢合格者(年齢・性別・都道府県)
 ・最年少合格者(年齢・性別・都道府県)
 ・80歳以上の合格者数(男女別)
 ・18歳未満合格者数(男女別)
 ・職別別構成比

あなたの合格を祈ります。

令和元年宅建合格を信じて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村