令和元年宅建士試験が終了して6週間がたちました。
そして、いよいよ今週水曜日が合格発表日になります。

本当に長らくの間、我慢して待ちましたね。
それもこれもすぐそこです。

さあこれで後は、宅建合格発表日当日を迎えるだけです。

よもやのフライングは平成18年以降は一度もありません。
後は日付が変わった瞬間に速報が流れるかどうかですが、昨年住宅新報社からは流れませんでした。
(平成29年は流れたのですが・・・)
どこからかクレームが入ったのですかね。

速報が流れたガ、不動産適正取引推進機構から発表されるわずか10分前ですから・・・
たまたま、ネットをみていたので気づきましたが、普通では見落としています。

今年も同様のレベルかほとんど機構さんと同時かもしれませんね。
但し、合格率については昨年は広島県の方からわかりました。
(フライング???)

去年の話なので、参考まで写真を添付します。

IMG_3902


見てのとおり、合格率はわかりますよね。
これにより、事実上は合格基準点がわかってしまったに等しい結果でした。
事実上、合格基準点37点が判明したようなものでした。
36点で・・・宅建試験に落ちてしまう・・・厳しい現実でした。
昨年36点でリベンジ受験された方は、相当に今年の受験で頑張ったと思います。
悔しさがハンパないですからね。

それを考えると、ここまで頑張られた皆さんは素晴らしい!

深夜に事実上の合格基準点が想定できた後に・・・
本当に忘れた頃に住宅新報社から速報でしたから・・・
びっくりしました。

こちらも昨年なので、写真を公開します。

IMG_3905


どうですか?
あまり意味のない速報でした。
どうせ速報を出すのなら、もう少し時間帯を考えてほしいものです。
今年はどういう体制になっているのか?わかりませんが、住宅新報社さんしっかりして下さいね。

このブログでも何かしらの情報が確認されれば、情報をアップします。
ブログを読んでいただければすぐに結果はわかるようにしておきます。
(もし速報が流れない場合は、その旨も書きたいと思います。フェイクニュースには十分注意くださいね。)

いずれにしても最後は、9:30以降の不動産適正取引推進機構の発表を待つことになります。
無理に深夜まで起きていてやきもきする必要はありません。

不動産適正取引推進機構のホームページで、自分の受験番号が令和元年度宅地建物取引主任者資格試験合格者の
中から確認ができれば、合格です。

早ければ、当日に合格証書が入った書留が届きます。

いずれにしても、後2日です。

一人でも多くの方に合格の栄冠を!
あなたに合格の幸あれ!!
祈ります!!!

令和元年宅建合格を信じて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村