2019年読者の合格体験記への応募ありがとうございました。
今年は3名の方の応募がありました。

昨年がゼロでしたので、うれしいかぎりです。

では、本日はM・Yさんの合格体験記を掲載します。

●M・Yさんの宅建合格体験記〜初心者でも独学でできた〜

(宅建受験動機)
家業の関係で数年前から宅建をとらなくてはと思いながら、テキストを買ってパラパラみては難しそうとそのままにしていました。
今年の初めに2人目の子どもが生まれ、家にいる時間も増えるということで宅建に向けて勉強をすることを決め、4月の半ば頃から取り組み始めました。

(学習方法)
まずは、テキストを一章ごとに読む→その範囲の過去問を解くことを繰り返し行いました。
初心者でも取り組みやすい宅建業法から始め、次に法令上の制限、民法の順番です。

まったく知識がなかったので、慣れていない言葉が多く、初めは読むのに時間がかかりました。
3周ぐらいすると、なんとなく意味がわかってきたなと思いました。
そこから、わかりにくいところをノートにまとめたり、暗記が必要な部分をピックアップして、見えるところに貼っておいたり、育児や家事の合間にも取り組みやすくしていました。
あとは隙間時間でもできるように、携帯に過去問のアプリをいれて寝る前に解いたりしました。

だいたいテキストを6周ぐらいしたところで、9月になりTACの模試を受けました。
すると23点と合格点には程遠く、残り1カ月だったので本当に焦って落ち込んでしまいました。
でも「今年絶対受かりたい」と思いそこから違うテキストに変えて、ひたすら過去問をとき、問題文の言い回しに慣れるようにしました。
また、基礎知識が曖昧なところもあったので、もう一度しっかり確認しました。

(直前期)
直前期は、出題されそうで、本番前にもう一度確認したいところをノートに数ページだけまとめておきました。
前日は宅建業法と、そのノートだけ確認して早めに就寝。

(試験当日)
当日は、かなり緊張していましたが、勉強してきたからこそ緊張しているんだと思うようにして、平常心で問題を読むことに集中しました。
試験では知らないところもありましたが、落ち着いてよく読み消去法で答えを見つけていきました。
自己採点は36点で合格発表の日までそわそわしていましたが、無事に合格することができて本当に嬉しかったです。
この資格を生かして、新しい仕事を頑張りたいと思っています。

(来年の受験生にエール)
最初はわからなくても、繰り返しテキストを読んで問題を解くと必ずわかる時がきます!
他業種で小さい子が家に二人いても、なんとか独学で合格できました。
あきらめずに取り組むのみです!
来年受けられる方、頑張ってくださいね!

(使用テキスト)
使ったテキストは、TACのスッキリわかる宅建士、TACの模試、山かけ講座、LECの過去問でした。

(学習時間)
勉強時間はあまり意識してないですが、トータル300時間ぐらいだったのかなと思います。

(合格証書)

合格証書(YM)

<イッチャンからのコメント>
M・Yさんありがとうございました。
二人目のお子さんが生まれてからの受験決意とスタート・・・素晴らしいですね。
女性の強さには驚かされます。

わかる瞬間がある・・・これ何ですね。
学習の醍醐味でもあります。
この感覚を得るのが大事なことです。

わからないで他力本願したいところですが、独学ではそれが無理です。
その中で繰り返すことにより、その瞬間と遭遇する・・・素晴らしいです。

それにしても、9月模試23点からよく盛り返されましたね。
残り1ヶ月でも強い信念が、学習ラストスパートの力になったと思います。

是非、来年受験される主婦の方も参考にされて計画を組まれて下さいね。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村