今回は、宅建資格・宅建試験についてあらためて再認識したいと思います。

宅建初受験される方にとって、
当然の如く、自分が受験する資格について知っておくことは大事なことです。

Q.宅地建物取引士とは、どんな資格ですか?

《A》宅地建物取引士(略称宅建取引士)とは、宅地建物取引士証の交付を受けた者のことで、宅地・建物の売買や賃貸の契約を締結するに際して、契約が成立するまでの間に、重要事項等の説明等を行う国家資格になります。

   昭和33年に、宅地建物の公正な取引が行われることを目的として創設された資格です。

   宅地建物取引業者は、事務所ごとに、省令で定める数の成年者である専任の取引士を置かなければならないとしています。
   (宅地建物取引業法第15条第1項)
   原則として、「事務所」等に関しては業務に従事する者5人に1人の割合で取引士が必要です。

   平成27年4月1日に、宅地建物取引主任者から宅地建物取引士に名称変更になりました。

Q.宅地建物取引士しかできない業務はありますか?

《A》専任業務があります。
   宅地・建物の売買や賃貸の契約を締結する際に、
   ―斗彁項の説明をする
   ⊇斗彁項説明書に記名・捺印する
   7戚鷭颪悗竜名・捺印する。

Q.宅地建物取引士へなる道のりは?

《A》令和元年年であれば、10月19日(日)に実施された試験で合格すること。(発表日は、12月4日でした。)
   2020年であれば、まだ予定の段階ですが10月18日(日)に試験実施、合格発表は12月3日になります。
   (正式な告示は、6月になります。)


   実務経験が必要な期間ない方は、実務講習(通信・スクーリング)を受けて修了試験に合格する必要があります。
   その後、資格登録申請⇒宅地建物取引士証交付申請へと進みます。
   早い方ですと、1月中に宅建士証を手にされた方もいらっしゃいます。

詳細は、電子書籍
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント 』を読んでください。



いろんな角度から宅建に関することをQ&A方式にて説明しています。

一通り読むだけでも、あなたが挑戦する相手(宅建試験)をよく知ることができます。
受験前〜合格発表にいたるまでの一貫した流れが、宅建テキストの巻頭での説明文や通信講座などのガイドブックでの説明よりも、より受験生に近い立場での内容が把握できると思います。

この知識を知るだけでも、何も知らない方より間違いなく大いに有利ですよ。

宅建、宅建試験を知った上で今後のスケージュール、展開方法を立てることは、より実戦的なものに必然的になっていきますし、学習途上でのモチベーション維持の意識面、気持ちの面においても重要なことになります。

相手を知ること。

実行してくださいね。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村