あなたは、今年宅建試験を受けようとしています。
何かの動機ときっかけ、目的があって宅建をうけようとされていると思います。

自分の将来を考えた場合、企業に属さなくなったことも考えておかなくてはいけません。

そんな時、必要になることに一つに自己ブランディングがあります。
転職先を探すのも一つの方法ですが、独立をするのも一つの方法です。
そんなとき、この自己ブランディングが役にたつのです。

過去発行していたメルマガ『社学メンタル塾』より引用します。

・・・引用ここから・・・

■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………… 

今回は、自己ブランディングについてになります。

あなたは、何かあなた自身の自己ブランディングをされていますか?

自己ブランディングというと・・・
士業などで独立されている方・・・
起業されている方・・・
医師やコンサルタントなどをイメージされる方が大半だと思います。

しかし、会社に帰属していても自己ブランディングは可能だと思いますし、むしろ会社に勤務されている方ほど、この意識を持ってほしいと思います。

会社の服務規程により、なかなかおおっぴらにやりにくい会社もあることとは思います。
(私の会社がそうです)

しかし、定年後を考えた場合、絶対に必要な要素になります。

また、今の時代であれば、いつ何時、あなたが今の会社を辞める立場にならないとはいえません。

今期、あれだけ多くの有名な弱電に関する企業が大きく赤字を出し、リストラの記事を目にします。

中小企業にとっては、倒産・・・は、いつも頭の片隅に存在している言葉です。

私とて、いつ何時、今の会社を辞めるときがきます。

それは、定年後かもしれませんし、場合によっては明日かもしれません。

責任ある立場であればあるほど、突発的な事態で責任をとらざるおえないことになりやすいです。

そのためにも、自己ブランディングをしていくこと。

さて、自分にとって何が人のために役立つ内容になるのか?

私には、人の自慢できるようなものは何もないよ。

こういう方は多いと思います。

自慢できる内容は必要ありません。

自慢話は、度が過ぎれば不快になります。

むしろ、人の共感をうつのは、失敗からの成功です。

失敗ならありませんか?

私は沢山ありすぎて、失敗例だけでも毎日ブログ記事が書けるかもしれません。

その失敗を克服したこと。

それが、他のとっては大事なことになります。

また、人からよく聞かれること。

これもあなたにとってのブランディングになりやすいです。

忙しいときに聞かれると、うざい時があると思います。
そういう経験ありませんか?

あなたは、その聞かれる内容において、頼りになる人と思われているはずです。

もちろん、すごい成功例を持つ方もブランディングはできます。

しかし、セレブでの成功例は人のねたみを買うことが多いので、やはり私は失敗例と結びつけた方がいいと思います。

私の宅建ブログは、その失敗例からなりたっています。
だからこそ、読む方の心に届くのだと思います。

もし、私の今のブログが40点以上で一発合格のブログなら、読者層は180度変わって多くの宅建ブログの中に埋もれていたことでしょう。

宅建講師の方のブログと違う側面だからこそ、読む方がいるのではないかと思います。

特にメンタルと結び付けている。
これが、私自身のブランディングになっていると思います。
あなたには、あなたなりのものがあるはずです。

是非それを再発見し、これからの社会を生き抜くための手段としてください。

そしていつの日か、あなたとジョイントのセミナーが企画できれば・・・

私にとっても最高にうれしいことになります。

・・・引用ここまで・・・・

いかがでしたか?

たまには、宅建以外にこういう記事もいいかもしれませんね。

あなたの参考になれば幸いです。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村