令和3年宅建6ヶ月学習サポートの19回目です。

苦手な分野は誰にもあります。
苦手な問題は誰にもあります。

苦手だ、苦手だと思うと不思議と更に苦手になっていきます。
ついそんな問題に遭遇すると、心はブルーになるかもしれません。

でも、負けないで!

苦手の意識は勉強不足からくるものは仕方ないにしても、日ごろから縁のなかった知識、
義務教育の主要5科目から派生させた苦手意識など、
いろんなあなたの環境からくるものが織り交ざっていると思います。

環境は仕方ないと諦めてしまうか?
それとも、なにくそと奮起するか?

ここは、自分を奮起させることを選んでください。

苦手分野に対しては、気持ちで負けてしまうと太刀打ちできません。

でも、立ち向かっていく気持ちがあるのなら、活路は見出せると思います。

6ヶ月間、学習を頑張ってやってこられたあなたです。

短期集中できないことはないと思います。

苦手を無視して、得意分野に集中する。
これはこれで正解です。

でも宅建試験本番でリズムを壊す元は、苦手分野だと思います。

やはり試験場で、苦手問題に接して負けた気持ちになるよりも、
たとえ負けるかもしれないけど、立ち向かう気持ちがあれば、
それ以外の問題に対しても強い気持ちの波及効果があり、
間接的に良い結果を得られることにつながります。

気持ちのうえでは決して負けないこと。

苦手は、自分自身が作る幻想だと思ってください。

敵愾心(てきがいしん)丸出しにする必要はないですが、
相手を飲み込むくらいのおおらかな気持ちで立ち向かってください。

6ヶ月頑張られたあなたには、それができると思います。

ファイト!

宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村