宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
●令和2年宅建試験合格体験記を募集しています。
 薄謝ですが、お礼を用意しています。
 こちらもご協力お願いします。
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52309559.html

●中高年向け支援マガジン・・是非、購読して下さいね。
『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

2) トピックス
 ●noteで各種マガジン配信中です。
『物事の考え方・・自分の生き方へのヒント』
 https://note.com/iccyan/m/m78d27529d46c

『初心者のためのインスタグラム講座』
 https://note.com/iccyan/m/m0bea5319637d

『物流が楽しく簡単にわかるマガジン』
 https://note.com/iccyan/m/m9c227d4e05ea

『軍師『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン入門編』
 https://note.com/iccyan/m/mc51b99b1568d

『『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン(実践編』
 https://note.com/iccyan/m/m7faff6892e7a

●12/27受験者用の対策セミナー実施
 現在、開催リクエスト募集中です。
 個別相談対応は随時実施しています。
 詳細は、以下のブログ記事を見て下さい。
  ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52307203.html

3) 各種メルマガ紹介
●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

15日間逆転合格プラン

2006年度の宅建試験日は、10月15日(日曜日)。
後、わずか18日です。

そこで、「宅建一発合格サイト」としては、
この残された18日間をどう乗り切るかアドバイスしていきます。

現時点でのあなたの実力は、いかがでしょうか?

公開模試等で35点以上取られている方、30点に満たない方。
はたまた、独学で、参考書、問題集を買ったはいいが、
ほとんど手をつけられていない方までいると思います。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年度の宅建試験日は、10月15日(日曜日)。
後、わずか18日です。

そこで、「宅建一発合格サイト」としては、
この残された18日間をどう乗り切るかアドバイスしていきます。

現時点でのあなたの実力は、いかがでしょうか?

公開模試等で35点以上取られている方、30点に満たない方。
はたまた、独学で、参考書、問題集を買ったはいいが、
ほとんど手をつけられていない方までいると思います。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建試験15日間逆転合格プラン1回目になります。

私自身も、1999年の試験で、見事一発合格しました。
私の場合は、学習期間3ヶ月の独学合格です。
3ヶ月独学の経験と、管理業務主任者試験の一発合格経験との、
ダブル合格の経験を活かせて、どのようしたら、
15日間での短期成果を出せるのかをアドバイスしていきます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建試験15日間逆転合格プラン1回目になります。

私自身も、1999年の試験で、見事一発合格しました。
私の場合は、学習期間3ヶ月の独学合格です。
3ヶ月独学の経験と、管理業務主任者試験の一発合格経験との、
ダブル合格の経験を活かせて、どのようしたら、
15日間での短期成果を出せるのかをアドバイスしていきます。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建試験15日間逆転合格プランの2回目です。

合格のイメージトレーニングだけでは、短期学習を克服をするのは、
かなり厳しいため、「マーフィーの法則」を取り入れます。

「マーフィーの法則」とは、
人間がもつ2つの意識(顕在意識と潜在意識)のうち、
潜在意識に意図的に働きかけることにより、顕在意識につたわり、
自然と創造どおりに具現化していくことです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ