宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●平成30年宅建合格体験記を募集します。
 ご協力お願いします。
   ↓      ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52284461.html

合格点予想について

平成30年宅建試験が終了して2週間がたちました。

各校の合格推定点一覧です。

●平成30年主要先推定点一覧
(平成30年11月3日21時00分現在)
◎TAC  36±1
◎日建学院 37点±1 
◎大原   35・36→36・37(10/23変更)
◎LEC  36±1
◎大栄   36点

◎宮嵜ブログ 37・38 →36(5%)、37(60%)、38(35%)(10/22) 
◎水野ブログ 36or37
◎住宅新報(10/23号) 36、37点

ここから例年のことですが、大きな動きはなくなります。
まとめサイトが花盛りですが、それほど気にする必要はありません。
沢山並べたからといって精度が高まるわけでもありません。
(単なる予想の一覧表にすぎません)

一部、不動産法律セミナーのことを書いているところもありましたが、
残念ながら平成24年から予想に関する記載はなくなっています。

ここで合格発表当日の速報です
速報を流していた週刊住宅が一昨年、自主廃業されましたので週刊住宅から速報が流れなくなり、
今度は住宅新報社から速報が流れるのではないか?と予想していたら、
昨年、その通りになりました。

昨年の速報例です。

・・・ここから(平成29年)・・・
(ツイッター)
【速報!  平成29年度宅地建物取引士試験結果】
合格ラインは35点(以上)が合格です!登録講習修了者は45問中30問以上)

・・・ここまで・・・

ツイッターだけで速報が流れたと思います。
(フェイスブック、通常ネットには流れていなかったと思われます)

おそらく、今年も同様に速報が流れると思います。
このブログでも確認後、すぐに速報を流しますので、
12月5日0時15分位に見てもらえれば合格基準点について確認できます。

一部地方新聞では、合格者名の発表があります。
但し、新聞では合格基準点は発表されませんし、その地域に該当する方しか合格者名の記載は
ないと思います。

いずれにしてもボーダーラインの方にとって、
よりよき結果になってほしいですね。

36点、本当にきてほしいですね。

一人でも多くの方に合格の吉報を!

平成30年宅建合格を祈願して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


心の友パート2になります。

私自身の宅建試験受験体験については、
カテゴリー「合格体験記」の中に書かれていますのでご参照ください。
かなり長編です。
電子書籍でもまとめています。
こちらの方もよければ活用ください。

その当時のの宅建学習、受験、受験後は、完全に孤独との戦いでした。
そして自分の想定していた40点以上とかけ離れた惨憺(さんたん)たる結果に、
今のボーダーライン上の方と同じように思い悩むことになりました。

実際には宅建結果からの不安を追い払うべく、
すぐに受験可能な資格として簿記受験を決意し、
意図的になかば自分の気持ちに対して強引に、
簿記学習に自分の心を向けさせたことになります。

でもふとした時に、
無念だった宅建受験失敗の悔しい気持ちが押し寄せてくるのでした。

最終的には、それを乗り越えての合格があったわけですから、
結果オーライとはなりました。
ただその時の心境を思い出すと、ボーダーライン上にいる方の今の心境が我が事のように感じてしまうのです。

そしてリアルに読者の方やこのブログを運営していることについて、
よく聞かれていたことがあります。

「どうしてそこまでして、他人のために書くのですか?」
「もうかっているんですか?」

宅建試験後から読まれている読者の方にとっては、もう説明する必要はないでしょう。

私自身も受験後、完全に孤立状態で、悶々とした日は長く続いた形になりました。

人に話すと「たかが宅建でしょ!」と、サラッという方がいます。

普通の心理状況のときならいざ知らず、
ボーダーラインに置かれた環境の中では、心にグサッとくるものです。
言っている人に悪気はないのですが・・・
それだけに傷つきやすくなるのです。

当時の私はネガティブでしたから・・・より一層です。

だからこそ、今のボーダーの方の心境はよくわかるのです。

ここで、私の心の友としての原点はどこにあるのか?
毎年書いていますので、すでにお気づきの方もいると思います。

それは、大学時代のラジオの深夜放送です。

大学では建築が専攻だったため、
深夜製図をする機会が多々ありました。

また一夜漬けも得意でしたので(笑)
前期試験前、後期試験前、夜遅くまで学習をしていました。
(正確には朝方まで)

集中してやるわけですが、
深夜ですのでそれにも限界があります。

次第と眠くなりますしヤル気も段々と薄れていきます。

そんな時、私に元気を与えてくれたのが、AMラジオの深夜放送です。
(オールナイト日本)

そのラジオからのパーソナリティの声に元気をもらい、
眠気を取り払い製図・学習を続けました。

オールナイトニッポンでは、
中島みゆきさん、松山千春さん、長渕剛さん(当時は二部の放送)、
などをよく聞いていました。

当時はパーソナリティーが私の心の友だったのです。

そんな過去の経験があってか、
このブログでの心の友と書かれたコメントを見たとき、
ビビっときたのかもしれません。

さて今は私があなたの心の友、
またはあなた以外のこのブログを通して時間を共有している
他の方もあなたの心の友です。

心の友としてはこれからが正念場の時期を迎えます。

今後、膠着(こうちゃく)状態を迎えていきます。
それだけに不安な気持ちは逆に増殖されていきます。

過去記事の中にはそれぞれの年の受験生の気持ちがコメントでつづられています。
荒れた時もあります。
ども、解決してくれたのは読者本人でした。
そこが、ここまで継続している理由かもしれません。

不安な気持ちになったときは、
同じ経験をされた先輩諸氏の当時のコメントを読まれてはいかがでしょうか?
(中には荒れたコメントもありますが、終息するのがこのブログの特徴でした。
 それもこれも多くの読者の応援があります。
 よって、炎上しても沈下して今まで以上につながりが深い関係になる・・・)

救われる場面もあると思います。

ボーダーライン上に来る方は、残念ながら毎年存在してしまいます。
自分の思いとは裏腹になってしまうものなのです。
宅建試験前にはこのブログでは、
絶対にボーダラインにこないようにいろんな場面でアドバイスをしています。

それでも結果的には来てしまう人がいます。
一発勝負の試験ですから・・・悲しい現実です。
でも、その苦労は苦労だけに終わるわけではありません。

それに打ち勝っていくテストの権利を得たわけですから、
逆にいうと自分を成長させるチャンスなんですよ。

これからの人手不足やいろんな社会問題を抱えている日本社会において、
更にグローバル化を迎え、微妙な地政学上の位置関係にある日本にとって、
困難に打ち勝っていく力はあなたにとってこれからの絶対にプラスになります。

そして、その状況に置かれたのはあなた一人だけではありませんから・・
考え込まないくださいね。

何度もいうようですが、
同じ心の友・仲間がいることを辛くなった時、
必ず脳裏に思い浮かべてください。

そして少しづつでもいいです。
前向きなあなたになれるのなら・・・

心の友として、私はあなたに12月5日合格発表の日までエールを贈り続けます。

あなたの合格の可能性を信じて。

平成30年宅建合格を祈願して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


心の友

この言葉について、
当宅建ブログを宅建試験前よりご覧になっている方にとっては、おなじみの言葉です。

宅建試験直前又は、宅建試験後に出会った方にとっては、
初めて聞く言葉だと思います。

そんな方のために、改めて紹介いたします。

当ブログの記事内では幾度となく登場する言葉です。

この言葉は以前ある方のお礼のコメントより、
私の心に留まった言葉として、
それ以降この宅建ブログの指針めいた形で使用しております。

そのコメントがあるまでは、
私自身、読者のことを心の友として意識することはありませんでした。

普段着のような気持ちで、
多少気を遣いながら書いていたブログの雰囲気が、
友達のような関係になっていたようなのです。

その方のコメントのおかげで、
私自身初めて「心の友」の存在に気がついた形になりました。

独学の方にとっては、
学習時において常に一人であることを意識させられます。

また通信学習をされている方でも、
教材が届いてから学習をするのは一人になりますから意識させられます。

もちろん各予備校に通っている方も、
同じように感じられる方もいるのではないかと思います。

予備校での生講義に出ている間は、
講師からの直接授業により、
一人を意識しないかもしれませんが、
自宅に戻っての学習は、やはり孤独感を感じる人もいることでしょう。

そんな孤独感の中で学習をされ、
皆最後は、一人で宅建受験をされることになります。

そして更に、宅建受験後は、
合格発表までの約1ヶ月半の間を、
一人で過ごさなくてはいけません。

宅建受験を家族以外の方には言ってない方も結構いるので、
そうなると本当に孤独ですね。
(宅建受験時の私もそうでしたから、よくわかります)

合格発表までの間、一人で悶々(もんもん)と過ごすことは、
ある意味我慢大会でもあり大変辛抱強さが必要とされます。
得にボーダーライン上の方はそうですね。

いろんな不安が、一旦心配を始めると次から次と自分自身に襲いかかってきます。

ふと普段なら意識しないことに、過敏になったりもします。

人につらくあたったりすることもあるかもしれません。

仕事をしている間は意識しなくても・・・
仕事が終わってふと時間が空いたとき・・・
宅建のことを考えている自分がいる・・・

そんな中で当宅建ブログが、すこしでも・・
ほんの一瞬でも・・・

そんなあなたの孤独感を和らげてあげることができたら・・
癒すことができたら・・・
そんな思いで、毎日この時期の記事をアップしています。

宅建学習時にはペースメーカーとしてモチベーションを保つブログ。
宅建受験直前・前日そして当日には心の支えとなってくれるブログ。
そして、宅建受験後も孤独感を忘れさせる温かみのあるブログ。

心の友として・・・・

最後に冒頭で紹介しました心の友の
きっかけになったコメントを紹介します。
(このブログを開設した平成18年宅建試験合格発表時のコメントになります)

残り約1ヶ月間、心の友として、乗り切っていきましょう!

『イッチャンさんありがとうございます。
 回りに宅建受験仲間もいなく、孤独の受験だったため、
 イッチャンさんは心の友(?!)でした。
 イッチャンの言葉に独学、孤独な受験生は
 どれほど勇気づけられるかと、今改めて感じています』
(ハンドルネーム:サクラ)

平成30年宅建合格を祈願して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


不動産適正取引推進機構によりますと、
今年(平成30年)の受験者数は、213,914人(速報値)です。
申込者数が、265,444人、受験率が80.6%。

受験者数は昨年より上がりましたが、受験率は若干落ちました。

ちなみに、平成29年は、
受験者数⇒209,353人
申込者数⇒258,511人
受験率 ⇒81.0%

平成28年は、
受験者数⇒198,463人
申込者数⇒245,742人
受験率 ⇒80.8%

平成27年は、
受験者数⇒194,926人
申込者数⇒243,199人
受験率 ⇒80.2%

平成26年は、
受験者数⇒192,092人
申込者数⇒238,343人
受験率 ⇒80.6%

平成25年は、
受験者数⇒186,304人
申込者数⇒234,586人
受験率 ⇒79.4%

平成24年は、
受験者数⇒191,169人
申込者数⇒236,350人
受験率 ⇒80.9%

平成23年は、
受験者数⇒188,572人
申込者数⇒231,596人
受験率 ⇒81.4%

平成22年は、
受験者数⇒186,542人
申込者数⇒228,214人
受験率 ⇒81.7%

平成21年は、
受験者数⇒195,515人
申込者数⇒241,944人
受験率 ⇒80.8%

平成20年は、
受験者数⇒209,415人
申込者数⇒260,591人
受験率 ⇒80.4%


過去17年間の受験者数・合格率・合格点データを見てみました。

        13年     14年      15年
受験者数 165,104人 169,657人 169,625人 
合格率    15.3%    17.3%    15.3%
合格点     34点      36点      35点

        16年     17年      18年
受験者数 173.457人 181,880人 193,573人 
合格率    15.9%    17.3%    17.1%
合格点     32点      33点      34点

        19年     20年      21年
受験者数 209,684人 209,415人 195,515人
合格率    17.3%   16.2%     17.9%
合格点     35点      33点       33点

        22年     23年      24年
受験者数 186,542人 188,572人 191,169人
合格率    15.2%   16.1%    16.7%
合格点     36点     36点      33点

        25年     26年      27年
受験者数 186,304人 192,029人 198,375人
合格率    15.3%    17.5%    15.4%
合格点     33点      32点      31点

        28年     29年     
受験者数 198,463人 209,353人
合格率    15.4%    15.6% 
合格点     35点      35点
  


合格率17%台が平成17年から19年まで3年連続しましたが、
平成20年においては、大きく下がりました。

しかし、平成21年は17.9%と大幅アップとなり予想以上に
大方の予想をはずしたうれしい年でした。
その後、15%の合格率が主流になりましたが、平成24年は16%台、
平成26年は17%台違う年もありました。

平成24年は複数正解肢があった年です。
平成26年は宅建主任者試験として最後の年です。
それ故、平成最期の宅建士試験で合格率が上がる?ことを期待したいですね。

1%以上前年より合格率を下げているのは、
平成20年・平成22年・平成25年・平成27年を含めて平成では過去7回あります。
平成2年・平成15年は、前年より2%下げているのに驚きでしたが、
平成22年はそれを更に上回って2.7%の下げ、平成27年も2.1%の下げになりました。

逆に前年より合格率が上がった年をみると
一覧表に掲載しただけでも、9回あります。
その内、1%以上上がっているのは4回あります。
2%以上でも2回あります。
特に、平成26年は宅建主任者試験最後の試験のためか?
2.2%持ち直しました。

平成27年宅建士試験に変わってから、15.4%が2年連続しました。
その翌年の平成29年は15.6%と横ばいですね。
もし、このまま15%で横ばいとなれば、36点の方には厳しい現実になるかもしれません。
でも、流れが変わる年が実際にあったわけですから・・・
仮に昨年15.6%+2%=17.6%になる可能性も決してゼロではありません。

できれば、宅建主任者試験時最後の年同様に17%台になってほしいものです。
そうすれば、36点の可能性もでてきます。
(みやざきさんの予想では、それでも厳しい現実ですが・・・18%まで含んだ予想のため)

合格基準点は、合格証書の印刷の関係などを考えれば11月初旬には、
答えがでているのではないかと思います。

ただ、私達が知りえるのは、12月5日合格発表日の機構側の発表を待つしかありません。
(速報が今年もでるのであれば、12月5日日付けが変わった時点で某社からでると思います)

何とか一人でも多くの方に喜びが届いてほしい。

あなたの合格を祈ります。

PS.いつも応援ありがとうございます。
   ランキングもイン投票が落ち込む時期です。
   宅建合格目指して、1日1回の合言葉をお願いいたします。

平成30年宅建合格を祈願して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


この宅建ブログでは、過去平成18年から平成29年までの12年間の宅建試験をみてきました。
(その前のブログから含めると13年間になります。)

その時々にいろんなドラマがありました。

うれしい結果の時もあれば、そうでない時もあります。

平成18年は、一番の波乱の年でした。

まずは疑義問題の浮上。
当時は問49が議論の対象となり、詳しく説明した特設サイトもできました。

主要な予備校は、正解肢が同じでした。
(もちろん、合格発表日まで)
唯一、ある所が一石を投じる発表をされました。

ただある所は、主要予備校ではなかったためか?
一時的にはクローズアップされましたが、
合格発表日が近づくにつれ問49の疑義は収束し、
各予備校が正解と掲げていた解答肢4に収まっていったのです。

そして合格発表前日に・・・事件がおきたのです。

合格基準点がわかってしまったのです。
(平成18年合格基準点34点)
自己採点33点の方にとっては、希望の光が完全に消えることになりました。
詳しくは、以下のリンクより内容をご覧になって下さい。


平成19年は、一番穏やかな年でした。

ただ試験終了後から、前年より問題の難易度が低いということもあり、
合格基準点が確実に前年よりアップされると、噂されていました。

更に5点免除問題は、
予想外の問題もあり、一般受験者は苦戦が予想されました。

噂はどんどん広がっていくので、
合格基準点が37点以上になるなんてことがまことしやかに飛び交い、
自己採点36点の方も、今年に限っては危ないのではないかと、
心配された方も多くいたと思います。
(LECの36点前後の予想も影響していたのかもしれません)


平成20年は平成19年と状況はかわり、難易度が上がり、
受験生の多くが自己採点前の感想としては、
ぜんぜん駄目だったという感触の声を頂きました。
(感触的には30点以下位の気持ちではなかったかと思われます)

でも実際に自己採点してみると、
それなりに得点されてことを書かれたコメント・メールを見受けました。


平成21年は、平成18年〜20年と推定点が高めだったLECさんが、
一転、他よりも低めの予想となりました。
それだけに、何故?と思われましたが、
難易度の意見は多少割れたところもあり、大勢は35点中心で推移しました。
また、試験後から疑義問題で揺れていました。
しかし割れていた2問の解答もいつしか統一され、
平成18年の再来か?は、自然終息していきました。

33点はLECや大栄のメインに置かれていたものの、
35点最有力、うまくいったら34点の雰囲気につつまれていました。
そして、合格発表日当日になった瞬間、
週刊住宅ニュースからネットに合格速報が流れました。
 
これにより、合格基準点は機構側の発表を待たずに、
突然に33点の結果を知らされることになりました。
私は偶然、その時間帯はネットをみていたため、
読者からのコメントですぐに結果を知ることとなりました。


平成22年は、平成21年推定点が低めだったLECさんが、
例年の高めの予想となりました。
TACと日建と大原が横並びでダイエックスがやや下側でしたが、
試験から2日目の午後に上方修正しました。

宅建情報ネットが低めの比重を上げていることで、
34点にも期待感がありました。
当初は36点も十分ありうる感もありましたが、
次第に悪くても35点のムードでした。

平成2度目の36点はこない。
昨年、いや昨年以上に合格率があがってほしい。
そんな一心でした。
しかし結果は、平成2度目の36点。
しかも合格率は15.2%。
厳しすぎる・・・そんなとても残念な結果でした。


平成23年は、
LECがまたしても、他校より低めのため得点が低い方にとっては、
うれしい予想でした。

何か期待できる・・・?
しかし事態は思わぬ方向へ。
10/28にLECが上方修正したのでした。
33±1点→34点または35点。
このときばかりはがっかりしましたね。

しかし本当の衝撃は、もっと後にくることになりました。
11/22になります。

不動産適正取引推進機構からのいきなりの発表。

問48に誤記があり全員正解とする。

折角、統計の1点をとった方にとっては気の毒でした。

そして、11月30日合格発表日。
合格基準点は36点。
2年連続の36点。
(もし全員正解でなかったら35点だったのかも・・・)


平成24年は、
こちらも当初から疑義問題に揺れました。
問5です。
・3を正解とした所
(LEC、日建、ダイエックス、大栄、教育プランニング、クレアール、
 日ビ法、レンチャー、宅建ゼミナール、ユーキャン、梶原塾、
 宅建学院、Ken、宅建WEB、択明館)

・4を正解としたところ
(TAC、大原、駿台法経校)

・3or4を正解としたところ
(ネットスクール)

に割れました。
結果的には、問5が複数正解となり、合格基準点は33点でした。
平成18年以来の複数正解でした。

平成25年です。

問6が3と4で割れました。
しかし、最終的には4でまとまりました。
(梶原塾除く)

(問6の各校の解答)
・1を正解
 LEC、日建、kenビジネス
 →3校とも4に変更
 
・4を正解
 TAC、ダイエックス、大栄教育、教育プランニング、クレアール、
 ユーキャン、日ビ法、レンチャー、宅建ゼミナール、駿台法経、

・1と4を正解
 大原 → 4に変更

・4又は正解なし → 3
 梶原塾

最終的な合格基準点は2年連続の33点になりました。

平成26年です。

没問はなく、波風ない年でした。
宅建主任者として最後の試験ということもあったのか?
合格率も前年よりあがり、合格基準点は前年より1点下がった32点となりました。

平成27年です。

宅建士最初の年は、いきなりの試験問題の難化に頭を悩ます結果となりました。
ただ試験問題に関しては波風はなく、宅建士最初の年の合格基準点は31点になりました。
宅建士は、今後、難易度の高い試験になるのではないか?の噂が流されました。

平成28年です。

宅建士試験としての2年目の年、難易度の高い問題がでるのでは?
が一変して、問題が軟化しました。
これにより宅建主任者試験と同様に難易度が上がり下がりすることがわかりました。
結果は、大本命の35点になりました。

そして、昨年平成29年です。

まずはこちらをみてください。

・・・ここから・・・・

平成29年宅建試験が終了して6週間がたちました。
そして、合格発表日は今週です。
あとわずかの辛抱です。

各校の合格推定点一覧です。

●平成29年主要先推定点一覧
(平成29年11月26日21時00分現在)

◎TAC  34±1
◎日建学院 34点±1 
◎大原   32・33→33/34
◎LEC  34±1
◎大栄   33

◎宮嵜ブログ34(30%)、35(70%) 
◎水野ブログ34
◎住宅新報(10/17号) 34〜35点

・・・・ここまで・・・・

平成28年同様に大きな疑義問題はありませんでした。
合格基準点が1点下がることも期待されましたが、
最終的には平成28年同様の合格基準点35点になりました。

いかがでしょうか?
必ず3点予想ならど真ん中がくるわけではありませんし、
1点予想ならはずれることもあります。

また、予想があたる学校があなたの学習にとっていい学校かどうかはわかりません。
合格推定点はあくまでも、その学校が出している推定点にすぎないのです。

ただ言えることは・・
合格推定点のメリットとしては、各予備校からの発表により合格のための目安がわかることです。

デメリットとしては、どうしてもボーダーラインが発生し、
ボーダーライン上の方にとっては辛い1ヵ月ちょっとなってしまいます。

現実、沢山の予想が市場にあふれていますので、
ボーダーライン上で悩む受験生の心を救うべく、このブログの存在があると思っています。

今年はどうなるのか?

最終的には、多くの方が笑顔で迎えられる合格発表日であってほしい!
その気持ちに変わりはありません。

36点に幸あれ!
35点に奇跡を!

平成30年宅建合格を祈願して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ