宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●平成30年宅建試験、合否投票受付中です。
 ご投票ください。
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52284820.html

●アンケート実施中です。
(受験動機、合格発表後にすること、目指す資格、合格発表をみる方法、使用テキスト)
   ↓      ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52284432.html

●平成30年宅建合格体験記を募集します。
 ご協力お願いします。
   ↓      ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52284461.html

登録実務講習

実務講習通信講座の演習問題について、
2000年当時の具体例をピックアップします。

【第1課程】
・境界の確認に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。
 1.境界の確認は、契約条件が実測売買、公募売買の如何にかかわらず、
   必ず行う必要がある。
 2.境界の確認の際には、境界線上におけるフェンス、ブロック塀等の
   有無やその位置、境界線からの越境物(隣地建物の屋根、庇等)
   の有無にも留意すべきである。
 3.境界の確認・確定は、宅地建物取引業者の重要な責務であり、
   隣接地所有者への連絡は、常に宅地建物取引業者だけで
   行うべきである。
 4.境界石がない境界点については、必ず測量士等の有資格者の
   立会いを求め、関係者間で確認された境界点には、
   その場で境界石の埋設を行う必要がある。

上記の4肢の中で不適切なものは、3になります。

境界の確認・確定は、売主の重要な責務であり、
隣接地所有者への連絡は売主自身にしてもらうべき。

【第2課程】
・不動産の特定に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。
 1.取引の対象となる土地が複数である場合、対象物件の特定の
   もれを防止するため、公図上の隣接する土地や私道部分に
   ついても調査が必要である。
 2.滅失登記がなされた建物について従前の権利関係等を
   調査したいときは、閉鎖登記簿を閲覧する。
 3.建物の増築・改築について表示の変更登記がなされていない
   場合には、登記簿や登記済証に記載の建物の種類、床面積
   および建物図面の建物の位置と形状が、現状と異なることが
   あるので注意する必要がある。
 4.一筆の土地の上に複数棟の建物が別々に存在する場合、
   その建物の全てには、同一の家屋番号が付されている。

上記の4肢の中で不適切なものは、4になります。

一筆の土地に複数の建物が別々に存在する場合、
家屋番号に枝番が付されて、それぞれが区別、特定されている。

次回へ続きます。


P>人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


実務講習通信講座の演習問題について、
2000年当時の具体例をピックアップします。

【第1課程】
・境界の確認に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。
 1.境界の確認は、契約条件が実測売買、公募売買の如何にかかわらず、
   必ず行う必要がある。
 2.境界の確認の際には、境界線上におけるフェンス、ブロック塀等の
   有無やその位置、境界線からの越境物(隣地建物の屋根、庇等)
   の有無にも留意すべきである。
 3.境界の確認・確定は、宅地建物取引業者の重要な責務であり、
   隣接地所有者への連絡は、常に宅地建物取引業者だけで
   行うべきである。
 4.境界石がない境界点については、必ず測量士等の有資格者の
   立会いを求め、関係者間で確認された境界点には、
   その場で境界石の埋設を行う必要がある。

上記の4肢の中で不適切なものは、3になります。

境界の確認・確定は、売主の重要な責務であり、
隣接地所有者への連絡は売主自身にしてもらうべき。

【第2課程】
・不動産の特定に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。
 1.取引の対象となる土地が複数である場合、対象物件の特定の
   もれを防止するため、公図上の隣接する土地や私道部分に
   ついても調査が必要である。
 2.滅失登記がなされた建物について従前の権利関係等を
   調査したいときは、閉鎖登記簿を閲覧する。
 3.建物の増築・改築について表示の変更登記がなされていない
   場合には、登記簿や登記済証に記載の建物の種類、床面積
   および建物図面の建物の位置と形状が、現状と異なることが
   あるので注意する必要がある。
 4.一筆の土地の上に複数棟の建物が別々に存在する場合、
   その建物の全てには、同一の家屋番号が付されている。

上記の4肢の中で不適切なものは、4になります。

一筆の土地に複数の建物が別々に存在する場合、
家屋番号に枝番が付されて、それぞれが区別、特定されている。

次回へ続きます。


P>人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


実務講習通信講座の演習問題について、
2000年当時のもので、説明します。

総合試験

 

 

 

 

 

 

【通信講座用演習問題(表紙)】
1.この問題は、通信講座テキストに沿って作成した問題です。
  第1課程から第6課程まで各10問ずつ合計60問あります。
  なお、第4課程の税金編は、別冊「税制の手引」を参照して
  解答してください。
2.問題の解答は、同封の演習問題解答用紙に記入して、
  平成○○年△月××日(金)(当日消印有効)
  までに提出してください。
3.この問題集は、お手元に保管しておいてください。
  全問の解答を期限までに提出した方には、○月上旬に、
  「正解・解説」をお送りいたします。
  なお、解答用紙へ記入した解答は、次ページの受講者控えに、
  必ず転記しておいてください。

期限通りの提出を求められいますが、
全60問中、何問以上が必要とは書かれていないので、
とにかく、間違いを恐れず、期限までに提出することが重要です。

私が、満点だったので、皆さんも大丈夫だと思います。

【解答用紙記入方法】
_鯏用紙は機械で採点するため、よごしたり、折り曲げたりしないで
 ください。
記入は、必ずHBまたはBの鉛筆を使用してください。
 (鉛筆以外のものは使用しないでください。)
氏名、フリガナ、受講番号を確認してください。
げ鯏は所定の解答欄に記入例にならって記入してください。
 訂正する場合は、プラスチック消しゴムできれいに消してから
 記入し直してください。

記入例に従って、解答を1〜4の番号で記入するだけです。
解答の記入間違い、受講番号の記入間違い・記入漏れには、
特に注意しましょう。

次回は、何問か具体例をピックアップしてみます。

人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


実務講習通信講座の演習問題について、
2000年当時のもので、説明します。

総合試験

 

 

 

 

 

 

【通信講座用演習問題(表紙)】
1.この問題は、通信講座テキストに沿って作成した問題です。
  第1課程から第6課程まで各10問ずつ合計60問あります。
  なお、第4課程の税金編は、別冊「税制の手引」を参照して
  解答してください。
2.問題の解答は、同封の演習問題解答用紙に記入して、
  平成○○年△月××日(金)(当日消印有効)
  までに提出してください。
3.この問題集は、お手元に保管しておいてください。
  全問の解答を期限までに提出した方には、○月上旬に、
  「正解・解説」をお送りいたします。
  なお、解答用紙へ記入した解答は、次ページの受講者控えに、
  必ず転記しておいてください。

期限通りの提出を求められいますが、
全60問中、何問以上が必要とは書かれていないので、
とにかく、間違いを恐れず、期限までに提出することが重要です。

私が、満点だったので、皆さんも大丈夫だと思います。

【解答用紙記入方法】
_鯏用紙は機械で採点するため、よごしたり、折り曲げたりしないで
 ください。
記入は、必ずHBまたはBの鉛筆を使用してください。
 (鉛筆以外のものは使用しないでください。)
氏名、フリガナ、受講番号を確認してください。
げ鯏は所定の解答欄に記入例にならって記入してください。
 訂正する場合は、プラスチック消しゴムできれいに消してから
 記入し直してください。

記入例に従って、解答を1〜4の番号で記入するだけです。
解答の記入間違い、受講番号の記入間違い・記入漏れには、
特に注意しましょう。

次回は、何問か具体例をピックアップしてみます。

人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


実務講習の最初の課程は、通信講座になります。

私が受けた当時の通信講座は、
学習期間は、MAX約2.8ヶ月。
解答用紙提出期限は、約2.8ヶ月後の当日消印有効でした。

第1課程 総論、調査
第2課程 調査
第3課程 価格査定、媒介契約、指定流通機構
第4課程 広告、資金計画、不動産の税金
第5課程 重要事項説明書の作成と説明
第6課程 契約、決済・引渡し

第1課程から第6課程までの合計60問で、四肢択一式です。

修了の要件として、
60問全てに解答し、期限内に提出することが上げられます。

期間は、長いようでも、あっという間に経ちます。
土壇場になってあわてると、記入漏れがあったりと、
思わぬミスが出ますので、早め早めにすることが一番です。

早め早めにやれば、まず、100%正解できる内容です。
修了要件に、通信講座演習問題での正答率を求められていないことからも、
問題内容が実務に直結しており、学習さえすれば、
わかる内容のレベルであると言えます。

とにかく、まじめにコツコツと学習してください。

内容的には、権利関係の学習をするよりは、
はるかに楽しい、わかりやすい内容です。

受講のしおり

 

 

 

 

 

 

各課程の主な内容は、以下でした。

〔総論〕
・不動産業の概要
・宅地建物取引業
・取引主任者の任務と使命
・紛争事例と取引主任者の心得

〔調査〕
・面接聞取り調査・現地調査
・生活関連施設調査
・公簿等による調査(機銑掘
・公簿等による調査(検銑此
・法令上の制限に関する調査

〔価格査定〕
・土地価格査定マニュアル
・木造戸建住宅査定マニュアル
・中古マンション価格査定マニュアル
〔媒介契約・指定流通機構〕
・媒介契約
・指定流通機構

〔広告〕
・不動産広告の規制

〔資金計画〕
・資金計画

〔不動産の税金〕
・不動産に関する税金

〔重要事項説明書の作成と説明〕
・重要事項の説明
・重要事項説明書の書き方

〔契約〕
・売買契約、交換契約
・賃貸借契約

〔決済・引渡し〕
・残代金の決済、物件引渡し
・媒介報酬の受領


*全ての内容は、2000年当時のものなので、
 参考としてください。
 最新の内容は、申込み後送付されてくる送付物で確認して下さい


人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


↑このページのトップヘ