宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●平成30年宅建士試験を受験される方へ。
まずは、こちらの電子書籍よりお読みください。
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260849.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●まずは、漫画で概要をつかむ
『平成30年宅建受験対策入門書としての活用』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260619.html

登録実務講習

実務講習の最初の課程は、通信講座になります。

私が受けた当時の通信講座は、
学習期間は、MAX約2.8ヶ月。
解答用紙提出期限は、約2.8ヶ月後の当日消印有効でした。

第1課程 総論、調査
第2課程 調査
第3課程 価格査定、媒介契約、指定流通機構
第4課程 広告、資金計画、不動産の税金
第5課程 重要事項説明書の作成と説明
第6課程 契約、決済・引渡し

第1課程から第6課程までの合計60問で、四肢択一式です。

修了の要件として、
60問全てに解答し、期限内に提出することが上げられます。

期間は、長いようでも、あっという間に経ちます。
土壇場になってあわてると、記入漏れがあったりと、
思わぬミスが出ますので、早め早めにすることが一番です。

早め早めにやれば、まず、100%正解できる内容です。
修了要件に、通信講座演習問題での正答率を求められていないことからも、
問題内容が実務に直結しており、学習さえすれば、
わかる内容のレベルであると言えます。

とにかく、まじめにコツコツと学習してください。

内容的には、権利関係の学習をするよりは、
はるかに楽しい、わかりやすい内容です。

受講のしおり

 

 

 

 

 

 

各課程の主な内容は、以下でした。

〔総論〕
・不動産業の概要
・宅地建物取引業
・取引主任者の任務と使命
・紛争事例と取引主任者の心得

〔調査〕
・面接聞取り調査・現地調査
・生活関連施設調査
・公簿等による調査(機銑掘
・公簿等による調査(検銑此
・法令上の制限に関する調査

〔価格査定〕
・土地価格査定マニュアル
・木造戸建住宅査定マニュアル
・中古マンション価格査定マニュアル
〔媒介契約・指定流通機構〕
・媒介契約
・指定流通機構

〔広告〕
・不動産広告の規制

〔資金計画〕
・資金計画

〔不動産の税金〕
・不動産に関する税金

〔重要事項説明書の作成と説明〕
・重要事項の説明
・重要事項説明書の書き方

〔契約〕
・売買契約、交換契約
・賃貸借契約

〔決済・引渡し〕
・残代金の決済、物件引渡し
・媒介報酬の受領


*全ての内容は、2000年当時のものなので、
 参考としてください。
 最新の内容は、申込み後送付されてくる送付物で確認して下さい


人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


実務講習の最初の課程は、通信講座になります。

私が受けた当時の通信講座は、
学習期間は、MAX約2.8ヶ月。
解答用紙提出期限は、約2.8ヶ月後の当日消印有効でした。

第1課程 総論、調査
第2課程 調査
第3課程 価格査定、媒介契約、指定流通機構
第4課程 広告、資金計画、不動産の税金
第5課程 重要事項説明書の作成と説明
第6課程 契約、決済・引渡し

第1課程から第6課程までの合計60問で、四肢択一式です。

修了の要件として、
60問全てに解答し、期限内に提出することが上げられます。

期間は、長いようでも、あっという間に経ちます。
土壇場になってあわてると、記入漏れがあったりと、
思わぬミスが出ますので、早め早めにすることが一番です。

早め早めにやれば、まず、100%正解できる内容です。
修了要件に、通信講座演習問題での正答率を求められていないことからも、
問題内容が実務に直結しており、学習さえすれば、
わかる内容のレベルであると言えます。

とにかく、まじめにコツコツと学習してください。

内容的には、権利関係の学習をするよりは、
はるかに楽しい、わかりやすい内容です。

受講のしおり

 

 

 

 

 

 

各課程の主な内容は、以下でした。

〔総論〕
・不動産業の概要
・宅地建物取引業
・取引主任者の任務と使命
・紛争事例と取引主任者の心得

〔調査〕
・面接聞取り調査・現地調査
・生活関連施設調査
・公簿等による調査(機銑掘
・公簿等による調査(検銑此
・法令上の制限に関する調査

〔価格査定〕
・土地価格査定マニュアル
・木造戸建住宅査定マニュアル
・中古マンション価格査定マニュアル
〔媒介契約・指定流通機構〕
・媒介契約
・指定流通機構

〔広告〕
・不動産広告の規制

〔資金計画〕
・資金計画

〔不動産の税金〕
・不動産に関する税金

〔重要事項説明書の作成と説明〕
・重要事項の説明
・重要事項説明書の書き方

〔契約〕
・売買契約、交換契約
・賃貸借契約

〔決済・引渡し〕
・残代金の決済、物件引渡し
・媒介報酬の受領


*全ての内容は、2000年当時のものなので、
 参考としてください。
 最新の内容は、申込み後送付されてくる送付物で確認して下さい


人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


実務講習は、大きく分けると、
「通信講座過程」
「スクーリング過程」
「総合試験」
になります。

私が申込みをした年には、宅建合格後の翌年1月に、
通信講座資料一式とスクーリング資料一式が送付されてきました。

実務講習内容物

 

 

 

 

 

 

○通信講座テキスト 第1分冊〜第3分冊 
          別冊「税制の手引」
○通信講座用演習問題 1冊
○演習問題解答用紙  1枚
○解答用紙提出用封筒 1枚

○スクーリング用テキスト(赤本) 1冊
○受講票(受講日程・会場を記載) 1枚

実務講習通信テキスト

 

 

 

 

総合試験

 

 

 

 

 

 

赤本

 

 

 

 

 

 

今後の送付物の予定として、
5月10日(配達記録郵便)発送での告知がありました。
○総合試験問題
○総合試験解答用紙
○解答用紙提出用封筒
○演習問題「正解・解説」

実務講習は、ある意味ロングランの学習になります。
学習内容については、実務に即した内容になるので、
内容自体はわかりやすいですし、
通信講座での演習問題や、スクーリングでの試験、
最終の総合試験もまじめに取り組んでいれば、
できる内容です。

多分、私の自己成績は、全問正解だったと思います。

ですから、皆さんも安心して取り組めば大丈夫です。

一番、実務講習で重要なものは、
ヾ日どおりに課題を提出すること。
▲好ーリングでは、遅刻・途中退場をしないこと。
2鯏提出前に、名前や受講番号に間違いないか確認すること。
げ鯏を書き間違えないこと。

以上、4点になります。


人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


実務講習は、大きく分けると、
「通信講座過程」
「スクーリング過程」
「総合試験」
になります。

私が申込みをした年には、宅建合格後の翌年1月に、
通信講座資料一式とスクーリング資料一式が送付されてきました。

実務講習内容物

 

 

 

 

 

 

○通信講座テキスト 第1分冊〜第3分冊 
          別冊「税制の手引」
○通信講座用演習問題 1冊
○演習問題解答用紙  1枚
○解答用紙提出用封筒 1枚

○スクーリング用テキスト(赤本) 1冊
○受講票(受講日程・会場を記載) 1枚

実務講習通信テキスト

 

 

 

 

総合試験

 

 

 

 

 

 

赤本

 

 

 

 

 

 

今後の送付物の予定として、
5月10日(配達記録郵便)発送での告知がありました。
○総合試験問題
○総合試験解答用紙
○解答用紙提出用封筒
○演習問題「正解・解説」

実務講習は、ある意味ロングランの学習になります。
学習内容については、実務に即した内容になるので、
内容自体はわかりやすいですし、
通信講座での演習問題や、スクーリングでの試験、
最終の総合試験もまじめに取り組んでいれば、
できる内容です。

多分、私の自己成績は、全問正解だったと思います。

ですから、皆さんも安心して取り組めば大丈夫です。

一番、実務講習で重要なものは、
ヾ日どおりに課題を提出すること。
▲好ーリングでは、遅刻・途中退場をしないこと。
2鯏提出前に、名前や受講番号に間違いないか確認すること。
げ鯏を書き間違えないこと。

以上、4点になります。


人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


今日から、私が実際に受けた実務講習の話に移ります。

実際に登録申請をされる方が多いと思います。
登録申請をするためには、実務経験が2年以上あるか、
もしくは、実務講習受講が必要となります。

一般受験をされた方の大半は、実務経験がないか、
あっても実務経験2年未満の方だと思います。
よって、登録申請をするためには、
おのずと、実務講習を受ける必要が出てきます。

私が受けた当時は、不動産流通近代化センターでしか、
実施していなかったのですが、
今は、LECさん、日建学院さん、TACさん等で、
実施されているため、自分のスクーリングしやすい所に、
行かれるのが一番良いと思います。
もちろん、費用も若干違うようですから、
その当たりも考慮してください。

私が受講したのは、東京地区の日本教育会館(一ツ橋ホール)でした。
当時、埼玉に住んでいた私は、本来であれば、
埼玉地区の大宮ソニックシティ大ホールを選択したかったのですが、
日程が合わずに、仕方なく、東京地区で受けた形になります。
当時は、スクーリングの日程が3日間だったので、
土曜日・日曜日の他にもう1日に有給をとって休むしかないので、
受講できる日程は、どうしても限られてきてしまうのです。

いずれにしても、スクーリング場所と日程を決めて、
受講の申し込みを行ってください。

申し込み期日を過ぎますと、来年の実務講習の受講ができなくなるので、
注意してください。


人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


↑このページのトップヘ