宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

●平成30年宅建士試験を受験される方へ。
まずは、こちらの電子書籍よりお読みください。
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260849.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●まずは、漫画で概要をつかむ
『平成30年宅建受験対策入門書としての活用』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260619.html

各専門学校の講座紹介

今回は、通信学習です。

テレビCMでお馴染みの「生涯学習のユーキャン」さんです。

U−CANさんと言えば、
大好きな小西真奈美さんの顔が浮かんできます。
現在、TBS系ドラマ「キラキラ研修医」で活躍中です。

宅建ではなく、つい、ペン習字をしたくなるのは、
私だけでしょうか?

宅建テキストの方は、要点をまとめているので、
大変見やすいと思います。
内容的には、初心者を意識したものだと思います。
過去問と最新出題傾向の徹底分析により、
本試験問題の約8〜9割を例年カバーしているとか。
ちなみに、平成18年度試験では、50問中42問をカバーしているようです。

テキストと一緒に添付してくるのが、合格ビデオです。
初心者にとっては、宅建試験の全容や攻略のコツ、
学習方法などが早わかりできます。

フォローアップは、パーソナルな添削指導、
法改正・時事情報満載の会報誌の発行。
郵便、電話、FAX以外にインターネットからの質問メールは、
わかるまで、何度も使用OKです。

別途有料にはなりますが、9月にスクーリング実施予定です。

【宅地建物取引主任者受験講座】
  ○費用 一括 47,000円
      分割 3,980円×12回払い=47,760円

U−CANと言えば、市販テキストも利用者が多いです。
昨年もU−CANの市販テキスト学習で、
見事栄冠を勝ち得た方がいらっしゃいました。

U−CANの宅建速習レッスン(2007年版)
U−CANの宅建過去&予想問題集(2007年版)

通信講座の利用検討は、まずは、資料請求からです。
自分に合っているかを良く考えて、選択決定しましょう!

あくまでも、学習が目的ではありません。
宅建試験合格が最終目的です。
合格しないと学習した意味がなくなります。
学習を進めていくうちに、この目的がぶれてきて、
講座学習が完了時点で合格したものと錯覚してしてまう恐れがあります。

しっかりと、合格意識を維持してください。

学習計画にメリハリをつけて、自己管理をしっかりすることが重要です。

頑張りましょう!!

U−CAN市販テキストはこちらから
  ↓  ↓  ↓
U−CAN宅建テキスト(アマゾン購入)

U−CAN通信講座の資料請求はこちらから
  ↓  ↓
生涯学習のユーキャン


人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


今回は、通信学習です。

テレビCMでお馴染みの「生涯学習のユーキャン」さんです。

U−CANさんと言えば、
大好きな小西真奈美さんの顔が浮かんできます。
現在、TBS系ドラマ「キラキラ研修医」で活躍中です。

宅建ではなく、つい、ペン習字をしたくなるのは、
私だけでしょうか?

宅建テキストの方は、要点をまとめているので、
大変見やすいと思います。
内容的には、初心者を意識したものだと思います。
過去問と最新出題傾向の徹底分析により、
本試験問題の約8〜9割を例年カバーしているとか。
ちなみに、平成18年度試験では、50問中42問をカバーしているようです。

テキストと一緒に添付してくるのが、合格ビデオです。
初心者にとっては、宅建試験の全容や攻略のコツ、
学習方法などが早わかりできます。

フォローアップは、パーソナルな添削指導、
法改正・時事情報満載の会報誌の発行。
郵便、電話、FAX以外にインターネットからの質問メールは、
わかるまで、何度も使用OKです。

別途有料にはなりますが、9月にスクーリング実施予定です。

【宅地建物取引主任者受験講座】
  ○費用 一括 47,000円
      分割 3,980円×12回払い=47,760円

U−CANと言えば、市販テキストも利用者が多いです。
昨年もU−CANの市販テキスト学習で、
見事栄冠を勝ち得た方がいらっしゃいました。

U−CANの宅建速習レッスン(2007年版)
U−CANの宅建過去&予想問題集(2007年版)

通信講座の利用検討は、まずは、資料請求からです。
自分に合っているかを良く考えて、選択決定しましょう!

あくまでも、学習が目的ではありません。
宅建試験合格が最終目的です。
合格しないと学習した意味がなくなります。
学習を進めていくうちに、この目的がぶれてきて、
講座学習が完了時点で合格したものと錯覚してしてまう恐れがあります。

しっかりと、合格意識を維持してください。

学習計画にメリハリをつけて、自己管理をしっかりすることが重要です。

頑張りましょう!!

U−CAN市販テキストはこちらから
  ↓  ↓  ↓
U−CAN宅建テキスト(アマゾン購入)

U−CAN通信講座の資料請求はこちらから
  ↓  ↓
生涯学習のユーキャン


人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


今回は、DAI−Xさんです。

DAI−Xさんは、私が受験時にはご縁がありませんでした。
実際、後でわかったのですが、私の自宅からは最短距離にありました。

皆さんが通学コースで検討される場合は、
自宅や職場から通える複数の専門学校か資料を取り寄せて、
最終検討される方が良いと思います。

DAI−Xさんについては、選択できるコースはシンプルです。

本科クラス(全34回)」+「単元別答案練習クラス(全8回)」
が基本コースとなります。

基本コースにプラスして、夏場や直前期に、その時点での弱点や、
必要な講座を追加すればベストだと思います。

「直前期答案練習クラス(全5回」
「過去問模試(全1回)」
「夏季特訓(全5日間)」
「合格点クリアゼミ(全2回)」等・・・

DAI−Xさんの通学コースの特徴は、3つです。
.好ーリング(生講義)に自由に何度も出席可能。
▲好ーリング(生講義)とビデオ講義のどちらでも、
 何度も出席可能。
スクーリングが、自分が申し込んだ以外のところでも、
 出席可能。

平日は、職場のある新宿校、週末は、自宅のある大宮校にて受講、
なんてことが自由にできます。

何度も講義を復習したい方にとっては、
大変良心的な制度だと思います。
ビデオ講義も個別ブースで、自分のペースで受講できますので、
マイペース型の人にとっては、最適ですね。

また、DAI−Xさんの市販テキストと言えば、
ゴク楽シリーズ」があります。

「ラク」を極めた、「わかる」基本書。
宅建学習の常識を超えたスーパー本。
とにかく楽に合格したい人必見のなるほどなっとくテキスト。

この内容説明を見れば、書店で、思わず手にとってしまいそうです。

「ラク」を極めたい方は、ご検討を!
  ↓  ↓  ↓
2007年版ゴク楽宅建(アマゾン購入)


DAI−X講座はこちらから
  ↓  ↓
◆資格・講座情報満載!ダイエックスホームページ◆詳しい資料もコチラ◆


人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


今回は、DAI−Xさんです。

DAI−Xさんは、私が受験時にはご縁がありませんでした。
実際、後でわかったのですが、私の自宅からは最短距離にありました。

皆さんが通学コースで検討される場合は、
自宅や職場から通える複数の専門学校か資料を取り寄せて、
最終検討される方が良いと思います。

DAI−Xさんについては、選択できるコースはシンプルです。

本科クラス(全34回)」+「単元別答案練習クラス(全8回)」
が基本コースとなります。

基本コースにプラスして、夏場や直前期に、その時点での弱点や、
必要な講座を追加すればベストだと思います。

「直前期答案練習クラス(全5回」
「過去問模試(全1回)」
「夏季特訓(全5日間)」
「合格点クリアゼミ(全2回)」等・・・

DAI−Xさんの通学コースの特徴は、3つです。
.好ーリング(生講義)に自由に何度も出席可能。
▲好ーリング(生講義)とビデオ講義のどちらでも、
 何度も出席可能。
スクーリングが、自分が申し込んだ以外のところでも、
 出席可能。

平日は、職場のある新宿校、週末は、自宅のある大宮校にて受講、
なんてことが自由にできます。

何度も講義を復習したい方にとっては、
大変良心的な制度だと思います。
ビデオ講義も個別ブースで、自分のペースで受講できますので、
マイペース型の人にとっては、最適ですね。

また、DAI−Xさんの市販テキストと言えば、
ゴク楽シリーズ」があります。

「ラク」を極めた、「わかる」基本書。
宅建学習の常識を超えたスーパー本。
とにかく楽に合格したい人必見のなるほどなっとくテキスト。

この内容説明を見れば、書店で、思わず手にとってしまいそうです。

「ラク」を極めたい方は、ご検討を!
  ↓  ↓  ↓
2007年版ゴク楽宅建(アマゾン購入)


DAI−X講座はこちらから
  ↓  ↓
◆資格・講座情報満載!ダイエックスホームページ◆詳しい資料もコチラ◆


人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


今回は、TACさんです。

TACさんは、書店での市販テキストでも良く見かけるお馴染みさんです。

私が宅建受験当時住んでいた町には、
TACさんとLECさんがありました。
最終的に、行ってみたのはLECさんでした。
その理由は簡単です。
LECさんが自宅に近い側にあったからです。
某駅の西側にTACさん、東側にLECさんがありました。
私は、東側の方が寄り付きが良かったこともあります。
もし、TACさんが東側だったら、
TACさんに行っていたと思います。
(TACさん、ごめんなさい)

続きを読む

↑このページのトップヘ