宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
1)宅建無料メルマガ募集中です。
 ※申込はこちらから
   ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52286532.html

各専門学校の講座紹介

今回は、DAI−Xさんです。

DAI−Xさんは、私が受験時にはご縁がありませんでした。
実際、後でわかったのですが、私の自宅からは最短距離にありました。

皆さんが通学コースで検討される場合は、
自宅や職場から通える複数の専門学校か資料を取り寄せて、
最終検討される方が良いと思います。

DAI−Xさんについては、選択できるコースはシンプルです。

本科クラス(全34回)」+「単元別答案練習クラス(全8回)」
が基本コースとなります。

基本コースにプラスして、夏場や直前期に、その時点での弱点や、
必要な講座を追加すればベストだと思います。

「直前期答案練習クラス(全5回」
「過去問模試(全1回)」
「夏季特訓(全5日間)」
「合格点クリアゼミ(全2回)」等・・・

DAI−Xさんの通学コースの特徴は、3つです。
.好ーリング(生講義)に自由に何度も出席可能。
▲好ーリング(生講義)とビデオ講義のどちらでも、
 何度も出席可能。
スクーリングが、自分が申し込んだ以外のところでも、
 出席可能。

平日は、職場のある新宿校、週末は、自宅のある大宮校にて受講、
なんてことが自由にできます。

何度も講義を復習したい方にとっては、
大変良心的な制度だと思います。
ビデオ講義も個別ブースで、自分のペースで受講できますので、
マイペース型の人にとっては、最適ですね。

また、DAI−Xさんの市販テキストと言えば、
ゴク楽シリーズ」があります。

「ラク」を極めた、「わかる」基本書。
宅建学習の常識を超えたスーパー本。
とにかく楽に合格したい人必見のなるほどなっとくテキスト。

この内容説明を見れば、書店で、思わず手にとってしまいそうです。

「ラク」を極めたい方は、ご検討を!
  ↓  ↓  ↓
2007年版ゴク楽宅建(アマゾン購入)


DAI−X講座はこちらから
  ↓  ↓
◆資格・講座情報満載!ダイエックスホームページ◆詳しい資料もコチラ◆


人気ブログランキング参加中、声援の1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


今回は、TACさんです。

TACさんは、書店での市販テキストでも良く見かけるお馴染みさんです。

私が宅建受験当時住んでいた町には、
TACさんとLECさんがありました。
最終的に、行ってみたのはLECさんでした。
その理由は簡単です。
LECさんが自宅に近い側にあったからです。
某駅の西側にTACさん、東側にLECさんがありました。
私は、東側の方が寄り付きが良かったこともあります。
もし、TACさんが東側だったら、
TACさんに行っていたと思います。
(TACさん、ごめんなさい)

続きを読む

今回は、TACさんです。

TACさんは、書店での市販テキストでも良く見かけるお馴染みさんです。

私が宅建受験当時住んでいた町には、
TACさんとLECさんがありました。
最終的に、行ってみたのはLECさんでした。
その理由は簡単です。
LECさんが自宅に近い側にあったからです。
某駅の西側にTACさん、東側にLECさんがありました。
私は、東側の方が寄り付きが良かったこともあります。
もし、TACさんが東側だったら、
TACさんに行っていたと思います。
(TACさん、ごめんなさい)

続きを読む

各専門学校の講座を利用される方のために、
各専門学校の講座の紹介をしたいと思います。

まずは、LECさんです。
私自身、LECさんの出る順公開模試
直前ゼミを活用させていただきましたので、
LECさんに対しては、一番愛着があります。

出る順テキストは、正直、本当によくまとまっていると思います。
短期学習の場合も、私は、出る順を勧めています。

そんなLECさんの講座ですので、
受けて損することだけは絶対ないと思います。

続きを読む

各専門学校の講座を利用される方のために、
各専門学校の講座の紹介をしたいと思います。

まずは、LECさんです。
私自身、LECさんの出る順公開模試
直前ゼミを活用させていただきましたので、
LECさんに対しては、一番愛着があります。

出る順テキストは、正直、本当によくまとまっていると思います。
短期学習の場合も、私は、出る順を勧めています。

そんなLECさんの講座ですので、
受けて損することだけは絶対ないと思います。

続きを読む

↑このページのトップヘ