宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
●noteで幅広いジャンルの記事を毎日アップ中。
  無料で読めます。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan

●中高年向け支援マガジン・・是非、購読して下さいね。
『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

2) トピックス
 ●noteで各種マガジン配信中です。
『物事の考え方・・自分の生き方へのヒント』
 https://note.com/iccyan/m/m78d27529d46c

『初心者のためのインスタグラム講座』
 https://note.com/iccyan/m/m0bea5319637d

『物流が楽しく簡単にわかるマガジン』
 https://note.com/iccyan/m/m9c227d4e05ea

『軍師『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン入門編』
 https://note.com/iccyan/m/mc51b99b1568d

『『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン(実践編』
 https://note.com/iccyan/m/m7faff6892e7a

●12/27受験者用の対策セミナー実施
 現在、開催リクエスト募集中です。
 個別相談対応は随時実施しています。
 詳細は、以下のブログ記事を見て下さい。
  ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52307203.html

3) 各種メルマガ紹介
●チャレンジメルマガ『ワンツリー』(無料)
 これからのチャレンジのために活用して下さいね。
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52308574.html

●宅建独自メルマガ 宅建学び塾『ウィナー』読者募集中です。
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52308573.html

●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

お勧め市販テキスト(本)

2020年版どこでも宅建士 とらの巻

直前期物として・・・
短期学習に・・・

私が勧めているのはLECの定番「どこでも宅建とらの巻」です。

このブログでも、1ヶ月短期集中学習での合格を目指される方の推奨テキストして紹介しているものです。

もちろん、今の時期から1ヶ月学習にポイントを絞る必要はありませんので、それ以外の活用でも十分効果を発揮できるテキストです。


◎出る順宅建テキストだけでは量が多すぎて・・
・こんな風に感じる方は、大事なエッセンスが詰まったとらの巻で大事なことを先に押さえる。
 その後に、通常の出る順に立ち返る。
 こんな使い方もありだと思います。

◎権利関係が苦手・・
・とらの巻は、とてもわかりやすいので、読めば権利関係の苦手意識が薄れるかもしれません。
 権利関係の苦手克服のためだけに使う。
 こんな活用の仕方もありです。

◎法令上の制限でわかりにくいところが・・
・解法のポイントがわかりやすいので、同じ例がない場合もありますが参考になるはずです。


宅建学習に出る順シリーズを使われてる方にとっては、大事なサブテキストになります。

使い方によっては虎の巻をメインテキストにし、出る順をサブテキストにする。
こういうやり方もできます。

是非、そろえてみることをお勧めます。


また、出る順シリーズ以外のテキストを使用されている方には不要でしょうか?
いいえ、そんなことはないです。

逆に、出る順以外のテキストを使っている方にこそお勧めです。

・違うエキスのテキストを追加する。
・宅建学習の慢性化した学習の活性化のために活用する。

もちろん、とらの巻も使ってこそ活きてきます。

ここでいう使うとは・・・
何も端から端まで全部活用するという意味ではないですよ。
あなたにとっての必要な項目、必要なポイントだけを活用する。

それでこそ、とらの巻きです。

贅沢に使うのがポイントです。
折角買ったのだからもったいないといって、隅から隅まで読み倒すのはやめましょうね。
(1ヵ月だけの学習の活用の方法とは違ってきます。)

<特徴>
・最短合格するための必要な知識がこの一冊に
・豊富な図表や相関図で理解しやすい
・『改正マーク』や『深入り禁止』マーク付き
・姉妹本『過去問題集』へのリンク付き
・本試験直前BOOK『とらの子』で試験当日も大活躍!

※本書は2020年4月1日時点で施行されている法令を基準に作成しています。


また、一問一答集とあわせて使用するのも効果的です。
2020年版 出る順宅建士 一問一答○×1000肢問題集

こちらもそうですが、贅沢に使うことです。
隅から隅まで徹底的に使う必要はありません。
自分の学習の状況、現在の実力を想定して必要な項目だけ活用してください。

<特徴>
・左ページに問題、右ページに解答・解説の見開き完結型
・付属の赤シートで答えと重要語句を隠して暗記
・片手で持てて、360度広開するユーザビリティを誇る
・スマホやタブレットで持ち出そう
・アプリで採点&実力診断が可能
・『合格テキスト』へのリンクで理解を補強

アプリや出る順テキストに準拠しているのもうれしいですね。

◎虎の巻→一問一答→アプリ→テキスト/過去問
4つの相間リンクで効率的活用ができます。

※アマゾンでの購入はこちらから
  ↓    ↓
2020年版 どこでも宅建士 とらの巻 【法改正対応/短期決戦型テキスト】
東京リーガルマインド LEC総合研究所 宅建士試験部
東京リーガルマインド
2020-05-25


2020年版 出る順宅建士 一問一答○×1000肢問題集 【アプリ付き / 2020年改正民法対応】 (出る順宅建士シリーズ)
東京リーガルマインド LEC総合研究所 宅建士試験部
東京リーガルマインド
2020-01-20



令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年宅建受験用テキストについて、改めて私の推奨を紹介します。

◎初受験の方へ

一番総合的に優れているものはこちらです。

言わずと知れたLEC出る順宅建です。
最近は賛否両論ありますが、現時点でも総合的にまだまとまっている気がします。
掲載量・情報量ともに多いですが、学習時間が500時間以上とれる方は活用してみてください。

・出る順宅建合格テキスト2020

2020年版 出る順宅建士 合格テキスト 1 権利関係 【2020年法改正対応 / 過去問題集とリンク】 (出る順宅建士シリーズ)
東京リーガルマインド LEC総合研究所 宅建士試験部
東京リーガルマインド
2019-12-13


2020年版 出る順宅建士 合格テキスト 2 宅建業法 【2020年法改正対応 / 過去問題集とリンク】 (出る順宅建士シリーズ)
東京リーガルマインド LEC総合研究所 宅建士試験部
東京リーガルマインド
2019-12-20




・出る順宅建 ウォーク問過去問題集2020




出る順活用のポイントとしては、いきなり隅々まで学習する必要はありません。
全部を細かくやると効率を下げます。
自分が確保できる学習時間によって、どこまで最初やるかを決めましょう。
概要をやって、段階に応じて掘り下げていく。

でる順の総合メリットを活かしましょう。

法律系が初めての方にはこちらもお勧めです。

・スッキリわかる宅建士 中村式戦略テキスト  


・スッキリとける宅建士 論点別12年過去問題集



非常にわかりやすく、初心者の方に勧めています。
昨年よりリフレッシュし、よりスッキリとしての方向性が明確になりました。
また、編者者がかなりこだわりの人なので信頼度抜群です。


◎女性の方には・・

テキストに関しては『宅建士の教科書 』を勧めます。
黒板の板書のようでわかりやすいですね。

問題集は、過去ぱっとしませんでしたが、論点別にして改良してきました。
多分、上記スッキリと多分編集者が同じ方なので工夫改善してきましたね。
流石!



◎マンガから取り組みたい方

マンガと言えば今までなら、「マンガ宅建はじめの一歩」か「マンガ宅建塾」でした。
ストーリー性を考えると、後発の日建の「これだけまんが宅建士」が良さそうですね。


◎個性を臨むなら

個人的に好きなのは、この方のテキスト です。

大澤さん。
彼の都市計画の講義は秀一です。

あの講義を聞けば、法令上の制限をみんなが好きになれるかもしれません。
ユーストリームで放映していますので、活用するなら検討してみてください。
テキスト自体はちょっと個性があるため、やはり書店で手にとって確認してください。
(但し、今年は若干一般向になりました。個人的には以前までの方が良かったです。)


◎無難を選びたい方

無難で済ませたいなら、選択肢は2つです。

・宅建塾シリーズ 



・パーフェクト宅建シリーズ 



宅建塾は、人気です。
ただし、テキストだけではだめです。
3巻の問題集と併用してください。
アウトプット重視での学習で効果がでます。

パーフェクトはオーソドックスです。
長年の定番ですから、学習にまじめに取り組んでいけば一定の成果が期待できます。
分厚いので、分冊しないと電車などでは使いにくいです。

以下の過去記事も参考にしてください。

どうしても自分にあうテキストや問題集がわからなくて、相談した場合は、以下のホームページよりお申込みください。
有料にはなりますが、メール相談かオンラインでの相談を受け付けます。


ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、アマゾンでの人気度から宅建テキストの売れ行き状況をみてみました。

あくまでも人気は人気です。
単なる参考にしかすぎません。

では、自分に合うテキストや問題集を選ぶにはどうするのか?

やはり、手にとって確認してほしい。

その上で、書店で買うなり、アマゾンや楽天で注文するなり、自分にメリットある方法で購入してください。

書店であれば、ポイントがつくところも増えてきました。
ネットであれば、自分がよく使うのがアマゾンなのか?
楽天なのか?
それとも、コンビニを良く使うからセブンネットという方もいると思います。

さて、そのテキスト選びの基準をどうするのか?

このブログを読んでいる読者の方ならわかりますよね。
答えは、自分の学習環境にまず合わせる。
そして、自分のフィーリングとあうか?
特に、女性の方はこのフィーリングとフィット感を大事にして下さいね。

なんとなくフィットしないけど・・・人気があるし・・・
沢山積まれているから・・・・

これが一番危険です。

みんなと一緒 = 安心感

この感触を一瞬得たとしても、学習していく中で簡単にくずれていきます。
約6ヵ月間の学習期間を考えた場合、いろんな紆余曲折があって当たり前です。

それを乗り越える必要があります。
そのためにも・・・・大事にしてくださいね。

そしてそして、何よりもあなたがどこで、いつ学習するかです。

自宅の自室やテキストを広げられる環境であれば、大型のものを使ってもいいでしょう。

でも、電車や外出先が主の学習場所になるなら、これは危険です。

持ち運び性の良さ、さっとバックから取り出せて、しまえるか?・・
こんなことも電車学習なら必須の判断材料になります。

場合によっては、耳での学習主体を考えた方がいいかもしれません。
DVDをスマホに落としての学習を補足するのもいいかもしれません。

自分の学習環境もしっかりと意識してくださいね。

迷う方に参考にしていただきたいのが、今私が出していますこちら電子書籍です。

◎総合的に宅建全体をまず見回すためには・・
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント 』



もちろん、宅建テキストや学習環境についても書かれています。

最後に、例年、出る順で一本で推しています。
出る順を押している理由は、はずれがないからです。
総合的に判断してまとまっています。

ただ、より自分に適していると言う視点で考えていくと他にもあります。

法律系に対して、とにかく苦手意識が高い人は、マンガから入り「宅建士の教科書」や「宅建のトリセツ」などのわかりやすいものやボリュームの少ないものを使用する。

これも大事なことです。

出る順は、それなりのボリュームになりますので・・・

学習後半戦は、アウトプットが主体となっていきます。
アウトプットが主体となれば、テキストの出る幕は少なくなります。

考え方を180度変えれば、それほど斜に構えて意識しない。
これも一つの方法です。

自分の性格にもよります。

是非、自分に最適な一冊を見つけてくださいね。

テキスト・問題集の書店に同行して、一緒選ぶこともやりますので、お声をかけてください。

一緒に手取り足とり選ぶのが、一番手っ取り早いです。
ある程度の種類を置いている書店があれば大丈夫です。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾンでの売れ行き状況をみてみました。
3月9日(月)AM9時現在で、「宅建 2020」キーワードに関連する商品で検索。

【第1位】
 みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 2020年度



【第2位】
 2020年版 らくらく宅建塾
 

【第3位】
 みんなが欲しかった! 宅建士の問題集本試験論点別 2020年度
 

【第4位】
 2020年版 宅建士 合格のトリセツ 基本テキスト 
 

【第5位】
 わかって合格(うか)る宅建士 基本テキスト 2020年度
 

【第6位】
 みんなが欲しかった! 宅建士の12年過去問題集 2020年度
 

【第7位】
 2020年版 宅建士問題集 過去問宅建塾〔1〕 権利関係
 

【第8位】
 2020年版 出る順宅建士 ウォーク問過去問題集 1 権利関係 
 
 
【第9位】
 宅建士 出るとこ集中プログラム〈2020年版〉
 

【第10位】
 2020年版 出る順宅建士 合格テキスト 1 権利関係
 
2020年版 出る順宅建士 合格テキスト 1 権利関係 【2020年法改正対応 / 過去問題集とリンク】 (出る順宅建士シリーズ)
東京リーガルマインド LEC総合研究所 宅建士試験部
東京リーガルマインド
2019-12-13


今年も一作年に続いて宅建士の教科書がナンバー1です。
相変わらず強いですね。
ただ、問題集はぱっとしませんとここ数年書き続けていますが、論点別での視点を変えての問題集を出してきましたね。
流石です。
ボリュームも絞って、見事に初心者向けにまとめています。
評価がいいのはそのせいですね。
ただ、合格レベルの実力がつくかは別問題です。
問題集をこれ一本にするにはかなりの冒険なので、補足するものが必要です。
補足するものは、毎度ですが、宅建士の問題集はおすすめしません。

LECのトリセツバージョンがランクインです。
まあ、みやすいですね。
宅建士の教科書の二番煎じ的イメージは拭えません。
トリセツという、歌のタイトルから引っ張ってきたようなイメージです。
LECの講座を受ける方なら使ってもいいと思います。
どうもこの手の本を分冊して使うパターン・・・
個人的には好きではないですね。
今の風潮なんですかね。
一応、出版社にいたこともあるので本を分冊することには抵抗があるので・・・

9位に吉野さんのテキストが入っていますね。
内容は全く把握していないので、この場での論評はさけます。
フィーリングがあう方は使用してもいいと思います。

ちなみに昨年のこの時期の順位を参考までにつけておきます。

・・・2019年3月9日当時(ここから)・・・

【第1位】
 みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 2019年度

【第2位】
 2019年版 きほんの宅建士 合格テキスト 【2019年受験対策 / フルカラー / 軽量分冊製本】 

【第3位】
 わかって合格(うか)る宅建士 基本テキスト 2019年度

【第4位】
 2019年版 らくらく宅建塾 

【第5位】
 スッキリわかる宅建士 テキスト+過去問スーパーベスト 2019年度 

【第6位】
 2019年版 きほんの宅建士 合格問題集 【軽量分冊製本 / 厳選重要問題300問】

【第7位】
 みんなが欲しかった! 宅建士の12年過去問題集 2019年度

【第8位】
 2019年版 出る順宅建士 ウォーク問過去問題集 1 権利関係 【コンパクトサイズ / 重要過去問・最新試験問題を収録】

【第9位】
 2019年版 出る順宅建士 合格テキスト 1 権利関係 【条文・判例知識掲載 / 関連問題集とリンク】

【第10位】
 2019年版 ユーキャンの宅建士 まんが入門 

・・・2019年3月9日(ここまで)・・・

何度もこのブログでは言っていることですが、自分が使用するテキストを選ぶ場合、大事なのは自分の学習環境に照らしあわせること。

人気が高い = あなたの学習にピッタリ
では決してありませんからね。

これは、人気講師=あなたにピッタリもあてはまりません。
講師の姿にあこがれて、受験は失敗する。
これもあることです。

流れに惑わされないことです。

あくまでも主体は自分自身の環境にありです。
宣伝に流されるのではなく、自分の目で見極めることです。

幸い、このブログには過去の先輩諸氏の経験が蓄積されています。

是非、活用ください。

どうしても・・・わからない。

何をどう選んだらいいかわからない。

その場合はご相談ください。
安易に書店で手にとって選ぶのも危険です。

自分の性格、環境、学習スケジュール、学習時間など勘案して決めることです。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

今やスマホやiPhoneを使われている方が圧倒的に多い時代になりました。
パソコンを使えない若い世代が当たり前にいるのにはびっくりしますが・・・
これも時代の流れですね。

私もバリバリのiPhone活用派です。
年代の割には詳しいと人からよく言われます。
(笑)
それでも使っている機能はごくわずか・・・
1度ダウンロードしたのにそのまま使わないでいるアプリで一杯になっています。

このブログを見られている方も今やスマホで見られる方の比率が多くなりました。
そのため、スマホで見やすいスマホ構成の表示もとっています。

メッセージボードもパソコン用とスマホ用に変えています。

さて、そんなスマホですがやはり最大の利用価値の鍵はアプリの活用です。

自分に必要なアプリをいかに使いこなすか?

さて、そんなアプリの中で今回は学習としての利用価値があるものを紹介してみます。

まずは、「kindle」。

電子書籍で読む機会も増えてきました。
まだまだコミックが主流ですが、なんと言っても持ち運びが便利です。
紙書籍は1冊でも単行本だとかなりかさばります。
電子書籍ならスマホの中に収まります。

仮にタブレットを使うにしてもmini iPadならかなり薄いですね。

今後は、電子書籍で学習する方も増えてくるでしょう。
電子書籍だけでなく、紙書籍と平行して活用する。
そんな使い方が今現時点でのベストな気がします。


次に「カメラ問題集」。

テキストのある部分をカメラで撮影し、指定した所を隠して問題集として使う。
使い勝手や課金の問題はありますが、要は自分に合うかどうかです。
使用方法は以下のサイトを参考にしてみてください。


また、類似なものに「暗記マスター」もあります。


続いて「勉強タイマー」。
その名のとおり、勉強する時間を図るものです。
事前に登録されているのは、2分タイマーと50分タイマーがありますが、自分で自分の学習時間に合わせてタイマー設定ができます。
また、実際のタイマーもありますのでこちらでも便利ですね。

【改良版】dretec(ドリテック) 勉強タイマー タイムアップ2 消音 T-587PK ピンク/ブルー
また「目標達成タイマー」もいいですね。
より具体的設定と取組みが出来そうです。


iRecorder
自分の音声を録音するものです。
テキストを声に出しながら読んで、その声を録音する。
それを電車などの移動時間に聞き流す。
自分の声が一番、自分の脳(右脳)に伝わりやすいようです。

右脳を活用する訓練になります。

あのアインシュタインでさえ、右脳は5%しか活用できていなかったとか・・・
もし、右脳を10%でも20%でも活用できれば・・・
すごいことになります。

その他にも「暗記メーカー」「勉強日記」なども使えそうです。



また、カメラを使ってパシャパシャと必要な情報をとっておくのもいいですね。
特に、法例上の制限は現場にある実物をテキスト内の項目との結びつけるのが大事です。

ネットで得た情報・・・
街角でみた光景・・・
看板・・・・
メモ書きの情報・・・
テキストでの気になる項目・・・
などためておいて、必要に応じて引き出せば利用価値は大きいです。

町でみかけたときに即座にスマホに取り込む。

実際の学習の時に、引き出して光景としてイメージとして記憶を植えつける。

時間管理については、iPhoneでは『MyStats』があります。
自分の活動を記録し、分析するための自己管理支援ツールです。

このアプリを使用すると、何にどれだけの時間を使ったのかを簡単に記録し分析することが出来ます。

例えば、宅建学習なら・・・

〇項目別に学習時間の時間配分をする。
・権利関係
・宅建業法
・法令上の制限
・税/その他

〇インプットとアウトプットを組み合わせる。
・権利関係インプット
・権利関係アウトプット
・宅建業法インプット
・宅建業法アウトプット
・法令上の制限インプット
・法令上の制限アウトプット
・税/その他インプット
・税/その他アウトプット

最後にアプリでの過去問集の活用です。
こちらもいろいろなものが登場してきましたね。

アプリは、本当にいろいろなものがあります。
アプリだけで宅建学習を構築するのはどうかと思いますが、支援ツールとして活用するにはベストだと思います。

自分にしっくりいくもの、見つけてくださいね。

また、あなたが使われているお勧めのものがあったら、教えてくださいね。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ