宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
●令和2年宅建(12月受験)試験の合格体験記を募集中
   ↓    ↓
http://blog.takken-get.com/archives/52312054.html

●令和3年度受験用セミナー開催リクエスト募集中
   ↓    ↓
 https://www.street-academy.com/myclass/8019

●中高年向け支援マガジン・・是非、購読して下さいね。
『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

2) トピックス
 ●noteで各種マガジン配信中です。
『物事の考え方・・自分の生き方へのヒント』
 https://note.com/iccyan/m/m78d27529d46c

『初心者のためのインスタグラム講座』
 https://note.com/iccyan/m/m0bea5319637d

『物流が楽しく簡単にわかるマガジン』
 https://note.com/iccyan/m/m9c227d4e05ea

『軍師『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン入門編』
 https://note.com/iccyan/m/mc51b99b1568d

『『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン(実践編』
 https://note.com/iccyan/m/m7faff6892e7a

3) 各種メルマガ紹介
●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

お勧め市販テキスト(本)

今やスマホやiPhoneを使われている方が圧倒的に多い時代になりました。
パソコンを使えない若い世代が当たり前にいるのにはびっくりしますが・・・
これも時代の流れですね。

私もバリバリのiPhone活用派です。
年代の割には詳しいと人からよく言われます。
(笑)
それでも使っている機能はごくわずか・・・
1度ダウンロードしたのにそのまま使わないでいるアプリで一杯になっています。

このブログを見られている方も今やスマホで見られる方の比率が多くなりました。
そのため、スマホで見やすいスマホ構成の表示もとっています。

メッセージボードもパソコン用とスマホ用に変えています。

さて、そんなスマホですがやはり最大の利用価値の鍵はアプリの活用です。

自分に必要なアプリをいかに使いこなすか?

さて、そんなアプリの中で今回は学習としての利用価値があるものを紹介してみます。

まずは、「kindle」。

電子書籍で読む機会も増えてきました。
まだまだコミックが主流ですが、なんと言っても持ち運びが便利です。
紙書籍は1冊でも単行本だとかなりかさばります。
電子書籍ならスマホの中に収まります。

仮にタブレットを使うにしてもmini iPadならかなり薄いですね。

今後は、電子書籍で学習する方も増えてくるでしょう。
電子書籍だけでなく、紙書籍と平行して活用する。
そんな使い方が今現時点でのベストな気がします。


次に「カメラ問題集」。

テキストのある部分をカメラで撮影し、指定した所を隠して問題集として使う。
使い勝手や課金の問題はありますが、要は自分に合うかどうかです。
使用方法は以下のサイトを参考にしてみてください。


また、類似なものに「暗記マスター」もあります。


続いて「勉強タイマー」。
その名のとおり、勉強する時間を図るものです。
事前に登録されているのは、2分タイマーと50分タイマーがありますが、自分で自分の学習時間に合わせてタイマー設定ができます。
また、実際のタイマーもありますのでこちらでも便利ですね。

【改良版】dretec(ドリテック) 勉強タイマー タイムアップ2 消音 T-587PK ピンク/ブルー

また「目標達成タイマー」もいいですね。
より具体的設定と取組みが出来そうです。


iRecorder
自分の音声を録音するものです。
テキストを声に出しながら読んで、その声を録音する。
それを電車などの移動時間に聞き流す。
自分の声が一番、自分の脳(右脳)に伝わりやすいようです。

右脳を活用する訓練になります。

あのアインシュタインでさえ、右脳は5%しか活用できていなかったとか・・・
もし、右脳を10%でも20%でも活用できれば・・・
すごいことになります。

その他にも「暗記メーカー」「勉強日記」なども使えそうです。



また、カメラを使ってパシャパシャと必要な情報をとっておくのもいいですね。
特に、法例上の制限は現場にある実物をテキスト内の項目との結びつけるのが大事です。

ネットで得た情報・・・
街角でみた光景・・・
看板・・・・
メモ書きの情報・・・
テキストでの気になる項目・・・
などためておいて、必要に応じて引き出せば利用価値は大きいです。

町でみかけたときに即座にスマホに取り込む。

実際の学習の時に、引き出して光景としてイメージとして記憶を植えつける。

時間管理については、iPhoneでは『MyStats』があります。
自分の活動を記録し、分析するための自己管理支援ツールです。

このアプリを使用すると、何にどれだけの時間を使ったのかを簡単に記録し分析することが出来ます。

例えば、宅建学習なら・・・

〇項目別に学習時間の時間配分をする。
・権利関係
・宅建業法
・法令上の制限
・税/その他

〇インプットとアウトプットを組み合わせる。
・権利関係インプット
・権利関係アウトプット
・宅建業法インプット
・宅建業法アウトプット
・法令上の制限インプット
・法令上の制限アウトプット
・税/その他インプット
・税/その他アウトプット

最後にアプリでの過去問集の活用です。
こちらもいろいろなものが登場してきましたね。

アプリは、本当にいろいろなものがあります。
アプリだけで宅建学習を構築するのはどうかと思いますが、支援ツールとして活用するにはベストだと思います。

その恒例として、以下の合格体験記が参考になります。
私がびっくりしたのは中高年なのに使いこなしていることです。
超久し振りの再受験で、昨年合格を手にいれています。
是非読んでみて下さいね。

絶対に参考になるはずです。

宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

時代は刻々と変化します。
日本も先進国ですが、IT分野にかけては・・・遅れていると思います。

製造分野では強いのですが、上位を握るシステム・ソフト系は海外勢に牛耳られている現状です。
日本の官公庁関連の対応も遅れている状況です。

さて、宅建学習ではアナログ試験が続いている以上はアナログ学習を私も基本的には重視していました。
サラリーマンとしては長く機械での自動化に取り組んでいましたので、日本の資格試験の実態をなげいている立場ではありました。

そんな中で、オンライン講座を各予備校が取り入れていましたが、やはり餅屋は餅屋。
オンラインを得意とする会社が対応する方が私は今までとは違う面白さがあると思います。

そんな会社がこちらです。

『資格試験のオンライン学習サービス資格スクエア』

宅建資格講座においても着々と実績を拡大しています。
e-learningを活用した未来問パックもいいですね。
十分効率よく学習できると思います。

(資格スクエアの特徴)
従来の通学型資格予備校との違い
・校舎を持たず固定費や人件費を抑えているので価格が安い
・校舎に行かなくてもいいから自分のペースで勉強を進められる!
・いつでもどこでも何度でも講義が視聴できる!

(通信講座との違い)
・DVDやCDではなくオンラインなので、スマホがあればいつでもどこでも勉強できる!
・脳科学の権威であり、東京大学薬学部教授の池谷裕二氏の全面協力の「IT×脳科学」を利用した問題演習機能!
・WEBで全て完結!講義動画の横に編集可能なオンラインレジュメ!
・条文リンク機能で辞書を引く必要はもうありません!

さらに・・・
・みんなの質問を共有できるみんなの質問機能!
・受講生同士のオンライン単語帳の共有機能!
・講義動画の21段階倍速機能で1時間の動画が最短20分に!

(内容)
インプット講座:約50時間 単品価格 98,000円(税抜)
初めて宅建の学習をするに際して、必要な知識をマスターして頂くための講座です。

アウトプット講座:40時間単品価格 58,000円(税抜)
過去問をベースとした問題演習を通じて、実際の試験本番で確実な解答をできることを目指します。

直前対策講座:20時間単品価格 15,000円(税抜)
前年度の出題から、翌年度の出題を徹底予測。直前に総まくりを行い合格を引き寄せます。

まずは、登録から初めてみて下さいね。
講座検討はその後でいいと思います。

教材とのご縁は、興味が涌いた時から・・・
やはりきっかけが一番大事ですよ。
今回のきっかけを大事にして下さいね。



宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

過去宅建テキストで、売上トップを連続させているものは何でしょうか?
それは「らくらく宅建塾」です。

ただ、ここ数年は『宅建士の教科書』も売れいています。
実売数的にはどちらが売れているかはわかりませんが、大手書店に行けば「らくらく宅建塾」の方が山積みにされていますので、私の感触としてはやはり
「らくらく宅建塾」ではないかと思います。
棚配置も良い所に配置されていますね。
流石に定番テキストですね。

また、宅建テキストの量が少ない書店でも、必ずといっていいほど置いてあるのがこの宅建塾ですね。

いいところに配置されているから売れる。
売れるからまた書店に置かれる量も増える。
だから、また売れる。
完全に売れるスパイラルの図式になっています。

「らくらく宅建塾」について、この宅建ブログを開設以来かかさず毎年手に取る私です。
正直なところ毎年感じることですが、それほど変わり映えはしていません。
ただ、考え方をかえるとそれほど大きな変更をしなくても大きく指示されているからではないかとも思います。

宅建塾の感想としては、
1.大変見やすい(文字間隔、行間隔、文字の大きさ、余白)
2.手にとって読んでみると、独学でもできるのではないかの安心感がある。
3.図解が豊富
4.内容がポイントをおさえて、コンパクトにまとまっている
5.権利関係がわかりやすい
6.語呂合わせがユニーク
7.マンガ版を先に利用すると効果的

宅建初心者にとっては・・・
特に法律関係が初めての方にとっては・・・
または、宅建が資格試験で初めてのチャレンジの方にとっては・・・
一番、とっつきやすい宅建テキストだとは思います。

一方、マイナス面はどうでしょうか?
1.テキストの知識量が少なすぎる
2.内容が浅いので、宅建試験をなめてかかると危険
3.持ち運びが不便
4.3冊の問題集と組み合わせ、及び一問一答集などプラス教材使用は必須

私自身が受験時は「らくらく宅建塾」は選びませんでした。

出る順を選びました。
(らくらくファンの皆様・・・ごめんなさい)

第一の理由は電車での学習が主体になることと、読みやすいので逆にあえて敬遠しました。

独創的な学習を好むAB型の気質にはあいませんでした。
また、その時のフィーリングもありますよね。

今現在、「らくらく宅建塾」を、受験生目線でみるとまとまり感はありますね。

知識量の少なさや内容の質の浅さの不安については、過去問集とセットで購入してやっていけばある程度の対応はできると思います。

1)テキストの知識不足を過去問より補充する。
 (宅建塾シリーズでそろえる)
2)違う過去問集や一問一答集など、自分の力量や環境にあわせてプラスセレクトしていく。

宅建塾をテキストに選ぶ場合は、これが一番最良だと思います。

器用な方は、他の過去問と組合せてもユニークでOKです。
マンガ版もありますので、法律系が初めての方は利用してみてください。
4コマ、3コマ漫画+文章の構成です。

また、宅建塾を検討している人が宅建塾にするかどうかの判断基準として、このマンガ宅建塾をまず買ってみるのもいいでしょう。
その上で判断しても遅くはないです。

一番は自分とのフィーリングと学習環境や使用方法にマッチしているかです。
テキストの選び方については、以下のブログ記事を参考にしてください。

宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

今年宅建初受験される方は、宅建テキストはこれからの購入だと思います。

リベンジされる方、宅建テキスト・過去問集をどうするか決めましたか?
それぞれの置かれている立場によって、選択肢は違ってきます。

私の一番のテキストのお勧めは、今の時期なら出る順です。
表紙が多少パッとしなくなりましたが・・・
いろんなテキストを手に広げてみましたが、
総合点ではまだ一番だと思います。

先日、紹介したTAC出版からの宅建士の教科書も立場によっては使いやすいです。
興味ある方は、以下のブログ過去記事を参照してください。


人の立場は十人十色。
その全員に出る順が必ずしも適切とはいえません。

いい持ち味をもったテキストもあります。
今後立場に則したものも紹介していこうと思います。

もし、出る順を超えるものが今後登場してくれれば嬉しい限りです。
受験時代の私にとっての出る順は、私の肌にあうというか何故か愛着を感じるテキストでした。
実は、こういう直感的な相性が大事なんですね。
いくら人から勧められても愛着を感じないテキストは選ばない方がいいと思います。

自分がこれだと思えば、それでいいとと思います。
人が勧めるものが必ずしもあなたにとってパーフェクトとは言えません。
学習は自己責任で自分のために行うものです。
人から勧められたものを安易にセレクトすることは、学習できない時の自分にとって都合のよい言い訳の要因をつくることになります。

それは絶対にいいことではありません。

ただ宅建初受験の方は、ある程度人の意見を尊重し素直に選ぶことも考え方によってはいいことです。
(その変わりに浮気はしないでくださいね。)

しかしリベンジの方は、自分の置かれている状況をしっかりと考えてくださいね。

過去、出る順以外で失敗した人は今年出る順に賭けてみる。
⇒これは、いい考え方です。

出る順を10回転させて、それでも落ちました。
⇒正直考えにくいですがその場合は別なものに変えることを検討してみてください。

出る順2回転で駄目でした。
⇒私は、昨年のものをそのまま利用して10回転以上させることをお勧めしますが、今の時期なら、新規一転新しいものに変えることも選択肢として考えられます。
 また2冊を併用させるやり方もあります。
    
最終的に自分自身をどう納得させるかです。

宅建テキスト(過去問集含む)は、これから9ヶ月ちょっとの学習を一緒にする相棒になります。
あなたと苦楽をともにする大切な相棒です。
相棒だからといって、綺麗なテキストの状態で宅建試験当日を迎えることは絶対にやめましょうね。
相棒だからこそ骨の髄まで分かち合えるように、徹底的に使いこんでほしいのです。
それでこそ本物の相棒です。
そのため相棒選びは、しっかりとやってほしいのです。
自分によくあう相性のあるテキスト・過去問集を選んでください。

また、自分の学習環境もしっかりと考えてください。
電車学習が主体になるのに、分厚いテキスト・過去問集は使いずらいです。
自分の学習シーンを想定して考えてください。

それと、女性の方へアドバイスです。
テキストの見た目も大事ですよ。
手にとってみたくならない外観のものは、絶対にやめた方がいいと思います。
(お気に入りのブックカバーをかければ問題はありません)

後、ファーストインスピレーションも大事にしてくださいね。
いろいろ迷ったあげく、最初に手にとったテキストに落ち着くことはよくあることです。
自分と相性ピッタンコな相棒をまるで自分の恋人を選ぶような感覚で品定めしてください。
出る順は、そういう意味でトータルでまとまっています。
(やや優等生タイプです)

宅建塾シリーズは過去問集とあわせてつかえばまだ効果はあります。
特に、マンガ版が登場したのでとっつきやすくなりました。

わかりやすさでいえばスッキリもお勧めです。
スッキリに補足させて合格ラインに持っていった方もいます。
例えば、パーフェクト10年分の過去問集とあわせるなどの対応が必要です。 
楽学もマンガ+テキストだけを考えれば学習しやすいかもしれません。

ダイナマイトは個性があります。
とことん大澤節に真髄してつきあえば効果は出ます?

宅建塾には宅建塾の使い方があります。
いずれにしても、相棒とは本当に長いつきあいになります。
一旦、相棒を決めて取り組み始めた途上で、相棒をチェンジすることだけは絶対にしてはいけませんよ。

今後いろんなものが発売されてきますが、絶対に目移りしてはいけません。
(一問一答、頻出ポイント集、虎の巻など必要に応じての追加は構いません。)
追加する場合は、使用用途を限定にして大胆に使ってください。

一度選んだ相手には、一途な気持ちで臨んでください。

しっかりと使い込みましょうね。
沢山のものに手を出すより、限られたものをとことん使い倒す。
それが宅建合格への最短距離です。

宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを読んでいる方の中には、各予備校の通学講座やユーキャンなどの通信講座活用を検討している方もいると思います。
独学だけが学習方法の選択肢ではないので、自分の性格や環境を考えて必要であれば検討してみてください。
通信講座や通学講座については、それぞれメリットがあります。
費用や通学(通学講座)が何とかなるのであれば、活用の仕方によっては効果は考えられます。

〇通信講座のメリット
 ・パッケージ化しており、総合的にまとまった教材となっています。
 ・添削やサポートが受けられます。
 ・いつでも好きな時に学習ができます。
 ・CD活用で耳学習できる講座もあります。
 ・DVDやWEB講座で視覚学習ができます。
 ・自分に合った多種多様の講座があります。

〇通学講座のメリット
 ・講師の生講義により、学習意欲・学習効果が高まります。
 ・同じ教室での学習仲間ができ、モチベーションアップになる可能性があります。
 ・疑問をすぐ聞けるメリットがあります。

当然のことながら、メリットがあればデメリットもあります。

〇通信講座のデメリット
 ・一括して教材が届くので、勉強した気になる。
  または、人によっては一括をみることにより、負担になる方もいる。
 ・弱気な方は、サービスをフル活用しにくい。
 ・疑問がすぐに解決できない。

〇通学講座のデメリット
 ・毎週、通わなくてはいけない。
 ・講師が合わないと学習意欲が減退する可能性あり。
 ・費用がそれなりにかかる。
 ・学習する範囲が多い。

通信講座・通学講座を検討されている方は、メリット・デメリットをしっかりと考えてください。
そのためにも、先に資料請求をしてみることは有効な方法です。

〇各予備校の無料資料請求先
 ・LEC
  言わずと知れた大手予備校です。
  幅広く講座を取り揃えています。
LEC宅建通信講座
  

 ・TAC
  通いやすい便利なところにあったりします。
  通学を考えるなら検討の一つ。
 

 ・資格の大原
  定評ある講座です。
  このブログの読者の方も過去利用者が結構います。
資格の大原 宅建講座
  
 ・日建
  LECに並ぶ大手予備校。
  LECより高額です。

  人気だけでなく、講座の評価も意外と高いです。
  初学者の通信講座での第一候補として考えてみてください。

 ・大栄
  独自路線で個人的には好きな予備校です。

(その他)
 ・クレアール宅建アカデミー
資格★合格クレアール

 
今年の内に資料請求をして、新年届いた資料に基づき心新たな誓いを立てる
それもいいかもしれません。
新年と一大節目を利用して、自分のモチベーションを高めていくことが大事です。
あなたの令和3年宅建士試験へむけての好スタートをきってください。

もちろんあなたが独学ではなく講座活用を選ばれても、当ブログはあなたの学習のペースメーカーとしてあなたのお役に立てるはずです。
また、学習相談については私の方が客観的にみれるので是非ご相談ください。

令和3年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ