宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
●noteで幅広いジャンルの記事を毎日アップ中。
  無料で読めます。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan

●中高年向け支援マガジン・・是非、購読して下さいね。
『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

2) トピックス
 ●noteで各種マガジン配信中です。
『物事の考え方・・自分の生き方へのヒント』
 https://note.com/iccyan/m/m78d27529d46c

『初心者のためのインスタグラム講座』
 https://note.com/iccyan/m/m0bea5319637d

『物流が楽しく簡単にわかるマガジン』
 https://note.com/iccyan/m/m9c227d4e05ea

『軍師『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン入門編』
 https://note.com/iccyan/m/mc51b99b1568d

『『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン(実践編』
 https://note.com/iccyan/m/m7faff6892e7a

●12/27受験者用の対策セミナー実施
 現在、開催リクエスト募集中です。
 個別相談対応は随時実施しています。
 詳細は、以下のブログ記事を見て下さい。
  ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52307203.html

3) 各種メルマガ紹介
●チャレンジメルマガ『ワンツリー』(無料)
 これからのチャレンジのために活用して下さいね。
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52308574.html

●宅建独自メルマガ 宅建学び塾『ウィナー』読者募集中です。
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52308573.html

●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

メルマガ創刊

最後は、まぐまぐさんから発行している有料メルマガの紹介です。

昨年9月にまぐまぐさんより新規メルマガとして創刊しました。
ちょっとしたご縁があり、発行に至った次第です。

『一木秀樹の中高年のための支援マガジン〜未来を切り開く方法』
自分の名前を冠にしたメルマガになります。
配信日:毎週金曜日
費用:550円/月
(毎月、4回配信が目安になります)

内容としては、タイトル通り中高年の方の支援が目的になります。
私の今までの経験とこれからのチャレンジを含めて一緒に頑張ってやっていこうの内容になります。

1)はじめに
2)収入の第二の柱を作る方法
3)SNS活用について
4)チャレンジについて
5)イッチャンのグルメレポート
6)映画感想・書評

中高年の方だけでなく、20代・30代の方にとっても参考になる内容になっています。
こちらもサンプル誌がまぐまぐさんサイトに公開されていますが、特別に今回は通常号の一部を公開します。

・・・ここから・・・・
______________________________________________
◎2.収入の第二の柱を作る方法(国内株式の購入・・・何が自分にとっての一番ベストなのか?)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
前号では、「noteやココナラで有料記事として販売する」を紹介しました。
いかがでしたか?

さて、今号は「国内株式の購入・・・何が自分にとっての一番ベストなのか?」について紹介します。
株の話ですが、以前ダイフクの株を買い損ねた話しを書きました。
10月7日現在の終値は、前日+190円の10,740円にまでなっています。

本当に、たらればいけませんが・・・
あの5,000円ちょっとの時に買えていれば・・・・
いわずもがなですね。

しかし、そんなことがまた起こってしまいました。
実は、「まぐまぐ」が新規上場する情報が入ってきました。
まぐまぐというと・・・
このメルマガの発行母体です。

それだけに関心が高いですね。
IPOに当選しなくても、公開されてから買ってもいいかなと思っていました。
しかししかし、うっかり公開される日を自分のiPhoneにリマインダー登録していなかったので・・・
公開された日を見過ごしてしまったのです。
気がついた時は、右肩あがりの真っ最中・・・
このタイミングでは買えませんね。

公開が1,500円あたりだったと思います。
気づいた時の株価が5,000円あたり・・・
またしても・・・二度あることは三度ある・・・
今度ピピッときた株価には注意したいと思います。

国内株式については賛否両論あります。
いずれ大きく下がるという人もいます。

直近ではアメリカの選挙の行方も株価の乱高下の一因にもなります。
逆に下がった時は、購入するチャンス到来になります。

そのためにも、常日頃から自分が購入したい株を意識してみることが大事です。
今なら、ヤフーファイナンスのアプリをiPhoneにインストールすれば簡単に見ることができます。
狙いのつけどころをどこにおくのか・・・

1)長期保有
2)株主優待
3)短期勝負

(中略)

____________________________________________
◎3.SNS活用について(Googleマップローカルガイドの写真表示数・動画視聴数も鈍化・・我慢のしどころ)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
note連続投稿・・・
いつしか210日も突破しました。

一応7ヶ月突破の区切りです。
次は、8ヶ月240日です。

こういう風に区切りをつけていった方が目標達成が楽ですね。
次は300日に置くと90日先・・・つまりは3ヶ月先です。
マイルーチンとして決めてしまっても、やはり土日祝日関係なく更新していきますので、こまめな目標が必要になります。

noteでは、定番の記事の他に以下の記事もアップしてみました。

『私の血液型・・・イメージで聞くとまずはずれます・・何型なのか?』
https://note.com/iccyan/n/n575f6ea31e6e
血液型別学習法など、以前血液型にこだわって経験からアップしました。

『麒麟がくる・・織田信長・・・黒田官兵衛の登場はいつ?』
https://note.com/iccyan/n/n068241096964
黒田官兵衛記事、宣伝活動のためのアップです。

『ピンクのガネーシャの写真が大人気!』
https://note.com/iccyan/n/nb43cc61e194b
ピンクのガネーシャが、noteで使われた例を紹介しています。
写真としてはダントツ一番人気です。

(中略)
___________________________________________
◎4.チャレンジについて(某マテハン機器メーカー商品を物流最適化コンサルタントとして初評価)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回のチャレンジは・・・某マテハン機器メーカー商品を物流最適化コンサルタントとして初評価です。

ついに、物流最適化コンサルタントとしての最初の記事をnoteにアップしました。
EC物流に対しての5つのキーワードを使って加点主義で評価しました。

そして、ありがたいことに某大手物流センターの責任者からのコメントを頂いての許可を頂いて、記事の中に追記しました。
もちろん、紹介したメーカー側にも連絡をいれていました。

概ね、感謝されています。

今後の課題としては・・・今度、紹介した商品をどう末広がりさせていくのか?です。
そのあたりの戦略を考えてあげられるかがポイントになりますね。

また、マテハン機器の評価としては、今後評価していく商品をストックしていくことが需要になります。
EC物流につながる機器の発掘もポイントになります。

いろんな機器の玉をもっていてこそ、ユーザーへの提案のし甲斐がでてきます。
そのためにもまだまだマテハン機器メーカー巡りが重要になってきます。

しばらくは動きまわらなくてはいけないので、支出が続きますね。
先行投資なくしては、新規開拓も果たせないですからね。

『垂直搬送機で有名なホクショー☆EC物流にぴったりな商品『EASY』を発見!』
https://note.com/iccyan/m/m9c227d4e05ea/hashtag/13860

・・・ここまで・・・・

登録した初月が無料になります。
本日の登録ですと10月分が無料になります。
(10月発行分については、まぐまぐより配信されます)

この機会に是非登録をお願いいたします。

宅建でできたご縁、末広がりになっていければと思います。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ2誌目は、私が個人で発行しているもう1誌です。

ネクストチャレンジ『ワンツリーサークル』
宅建試験後の次なるチャレンジを応援するメルマガです。

内容的には、私が今まで経験したこと、今現在チャレンジしていることや新しい情報などアットランダムに紹介しています。

配信は毎週水曜日になります。

こちらも内容の一部を転載します。

・・・転載ここから・・・

グルメ仕事がぼちぼちと増えてきて、ペースを徐々にとりもどしつつあります。

そんな中で、久し振りに前職でご縁があったマテハン業界の企業に対して訪問を始めました。
旧知の仲であり、アポ取りは楽ですね。

問題は連絡先です。
念のため、前職で使用していた携帯電話番号のバックアップをマイクロSDカードでもってきたつもりでしたが、うまくバックアップがとれていなくほとんど使い物になりませんでした。
ただ、名刺アプリエイトに名刺データのストックがあったので、それを活用してメールで連絡を行い始めました。

まずは、身近な所からスタートしています。
一応訪問先で合うメンバーの中には、役員クラスを最低いれるようにしています。
また、一人だけでなく複数人会うようにしています。

女性社員がいれば、インスタグラマーのフォロワーや閲覧者になる可能性があるので、簡単にインスタグラムがみれるQRコード付の用紙を渡すようにしています。
主要ブログ・note・メルマガも同様です。
登録用のQRコードを用意しています。

今は、簡単にQRコードを作成できるので楽ですね。
文字入れも出来るので、他のQRコードと混同しにくくなっています。

久し振りに行った最初の会社では、都合5人と会い、4時間30滞在したことになります。
コロナ禍の中で4時間30分は普通なら長すぎますが、沢山の人とあえば仕方ないですね。
昼食を含めての4時間30分です。
やはり久し振りなので、食事に行こうかとなります。

但し、コロナ禍なのでせいぜい2人で行くことになりました。

事前に資料を作っていたおかげで、話しの展開がスムーズでした。
どう展開していくかはわかりませんが、種を蒔かないと芽はでませんので資料も改良を加えながら進めています。

マテハン関連の訪問先をリストアップしましたが、ざっと思いつくだけで70社以上ありました。
70社全部にまわるかどうかはわかりませんが、まずは30社ですね。

回る順番は手当たり次第ではなく、次の仕事につながら可能性が高い順に展開しています。
また、何か面白いネタやテーマがでたら、このメルマガでも書きたいと思います。

・・・転載ここまで・・・

以下の募集要項をご確認の上でお申し込みください。

【ネクストチャレンジメルマガ募集要項】
申込は、「◎ネクストチャレンジメルマガ申込はこちらから」のリンクをクイックするとメールフォームが立ちあがりますので、以下の必要事項を入力の上、お申込みください。

・氏名
・メールアドレス(ホットメール・ヤフーメールは届きにくいので、
         なるべく、他のメールアドレスでお願いします。
         Gメールは迷惑フォルダーに振り分けられる場合が
         ありますので、注意ください。
         携帯アドレスでもOKですが受信設定が必要です。)

・都道府県 →お住まいの都道府県を選択してください。

・件名 → 「ネクストチャレンジメルマガ配信申込」


令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

現在メルマガについては、5誌発行しています。
個人で発行しているものが2誌、まぐまぐさん経由で発行しているものが3誌になります。
まぐまぐさんで発行されているもののうち、1誌が有料メルマガです。
それ以外は無料になります。

まずは、個人で発行している2誌について紹介します。
1誌目は、宅建ブログを読まれている方におなじみなのは、宅建独自メルマガです。

●宅建学び塾『ウィナー』
宅建試験において勝者になってほしいとの願いをこめています。
毎週金曜日に配信しています。

参考までに、試験直前期に配信したもの転載いたします。

・・・転載ここから・・・
令和2年宅建試験前としては、公式としては最後の発行になります。
ただし、実際の所は3段構えの構成になっています。
本日のこのメルマガは、試験前のメルマガ3段階シリーズの第一弾になります。
明日試験前日に第二弾のメールが飛びます。
そして、最終最後は試験当日の合格エールメールです。
このメルマガを読まれている方、全員に送ります。
配信は、午前8時頃を予定しています。

【今日のテーマ】
今日のテーマは、宅建試験当日です。
ここでは大事なポイントだけ書きます。
詳細は、「宅建士試験土壇場対策☆前日・当日編(2019年版):宅建士合格を勝ち取れ!」
                       販売価格:159円

1)試験会場の最寄り駅から試験会場に行く間に、予備校の方からチェックシートをもらったら、それは試験場では利用しないでください。
 (元気運だけをありがたくもらって、鞄にしまっておきましょう)
2)試験会場で学習をする場合は、普段自分が利用した過去問、法令上の制限などの数値のチェック、統計など基本的な項目を確認する軽めのメニューしましょう。
3)緊張しやすい方は、試験会場内の教室の自分の席で学習するよりも違う場所を利用した方がベストです。
回りの人が賢く見え、急に自信がなくなる方がいます。
そんな時は、エールメールや7カ条の記事をチェックしましょう。
4)食事は軽めにしましょうね。
 13時はどうしても脳の回転が鈍くなります。
 集中力が一番発揮できる時間帯には限りがあります。
 宅建業法を先に解くことを勧めるのはそのためです。
 集中力のある時に、固い点数固めを行うのです。
 ケアレスミスは、集中力が段々とおちてくる時間帯におこりやすいのです。

 人間の集中力は20分とも30分とも言われています。
 適度な間隔で、一旦、手をとめ、深呼吸するなど。
 それも、集中力を継続させるためのコツです。

5)宅建業法から解き始める。
 または、先に統計の1問をかたづける。
 あわせて5点免除をかたづける。
 これは、自分の状況を勘案して決めて下さい。

6)どの順番で解いていくか?
 マークシートの転記のタイミング?
 前日に決めておきましょうね。 
 試験当日の流れにまかせるとブレます。
 ケアレスミスの誘発になるので、必ず決めておきましょう。

7)わかる問題からどんどん解いていく。
 わからない問題はいったん保留にして、先に進めていきましょう。
 そのあたりのやり方はブログに書いていますので、読んでおきましょう。

一番大事なことは最後の最後まで、試合終了のホイッスルがなるまでは絶対にあきらめないことです。
わかる問題が解き終わったあと、あなたには、どれくらいの保留した問題がのこるでしょうか?
残り時間を確認して、ペース配分を決めましょう。

いずれにしても絶対することは、マークシートを全問埋めること。
そして不用意な解答の変更はしない。

なぜ、変更をしない方がいいかはブログを読めばわかることです。
最後は、自分が最初に決めた答えを信じる方が、結果的には正解につながっていくのです。
変えないことの後悔より、変えたことによる後悔の方が大きいのですよ。
(多くの失敗した先輩諸氏が経験しています。無論私もです。)

試験前日の明日と当日のブログ記事を必ず読まれることをお忘れなく。
きっと、あなたへの心からのエールになるはずですよ。

__c0__さんの絶対合格を信じて!!
____________________________________
◎1.令和2年宅建初受験に向けて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回のテーマは、6ヶ月学習、3ヶ月学習、1ヶ月学習と・・・
人により学習期間の違いはありますが、頑張られてきたことには変わりありません。

それもこれも明日の宅建試験本番で最高の成果を発揮するためにです。
そして、見事、目標である宅建合格を手にするためにです。

そんなあなたに、私から最後のエールをおおくりしたいと思います。

それでは、最後のエールをお贈りします。

《6ヶ月学習の方へのエール》
・あなたは、本当にコツコツと頑張られてきました。
 本当に頑張られましたね。

 たとえ、宅建試験本番中に、難しい問題に直面した時でも、頑張った自分を思いだし、なにくその気持ちで難局を突破してください。
 頑張って学習したあなたには、合格する権利があります。
 
 普段の実力を発揮さえすれば、あなたはきっと大丈夫です。
 合格切符は、あなたのためにあります。
 あなたの合格ステージは、あなたのためにすでに用意されています。
 後は自ら、合格ステージに立ちましょう。

《3ヶ月学習の方へのエール》
・私も同じ3ヶ月学習でした。
 見事一発合格です。
 もちろん、あなたにもできるはずです。

 最後まで、1点のあくなき追及をしてください。
 1点、1点、積み重ねていってください。
 そうすれば、栄光の扉は開きます。
 待っていては駄目です。
 自らの手でつかみとってください。
 
 泥臭くてもいい。

 はいつくばってもいい。

 合格を必ずや奪い取りましょう。

 あなたのために最高の舞台が整っています。

 あなたは合格できる人です。

 自信をもって全力でぶつかろう。

 そんなあなたに勝利の女神が、宅建の神様が微笑むことを祈ります。

《1ヶ月学習の方へのエール》
・勢いで頑張っているあなた。
 その勢いを最後迄忘れないで下さい。

 立ち止まっては駄目です。
 最後まで走りぬきましょう。

 勝利の女神は、時には無邪気です。
 そんな頑張るあなたに、奇跡の合格切符を与えてくれるかもしれません。
 それには、あなたが合格を諦めないことです。

 棚から牡丹餅もおおいに結構、何でもいいから合格をこの手でもぎとりましょう。

 奇跡は、決して起こらないことではありません。
 起こるからこそ、奇跡なのです。
____________________________________
◎3.令和2年宅建士試験に向けて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リベンジの方に対する思いは、今までお伝えしてきました。
運命で決定づけたくないですが、私はリベンジのあなたは今年合格できる運命の人だと思いたい。

リベンジは必ず一発で達成すること。
これは、ブログの当初で書いていること。

一度失敗すると、二度三度といきやすい。
だから、一発で決めましょう。

もちろん、今が複数回受験の方は、絶対に今回が最後です。

いいですか!

絶対に絶対にですよ。
今回がファイナル受験。
そして、宅建士試験としての最初の試験を華やかに飾ろうではないですか

◎令和2年年宅建試験☆あなたは令和2年宅建試験に合格する運命の人
____________________________________
◎4.令和2年宅建士試験リベンジへの道
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リベンジのあなた、10月も2周目になり、気持ちが高ぶってきていませんか?
武者震いも結構です。

意識の表れですから、不必要に緊張しすぎることはありません。

今まで自分が学習してきたことを信じて、自信をもって臨みましょう。
そして、大事なのは当日の戦略・戦術です。

これを決めて取り組まないと、試験当日、試験開始後に自分の対応がブレルことになります。
このブレが、後悔を生む要因になります。

是非、当日の戦略・戦術をしっかりと決めましょう。

・・・転載ここまで・・・

以下の募集要項をご確認の上でお申し込みください。

【宅建独自メルマガ募集要項】
申込は、「◎宅建独自メルマガ申込はこちらから」のリンクをクイックするとメールフォームが立ちあがりますので、以下の必要事項を入力の上、お申込みください。

・氏名
・メールアドレス(ホットメール・ヤフーメールは届きにくいので、
         なるべく、他のメールアドレスでお願いします。
         Gメールは迷惑フォルダーに振り分けられる場合が
         ありますので、注意ください。
         携帯アドレスでもOKですが受信設定が必要です。)

・都道府県 →お住まいの都道府県を選択してください。

・件名 → 「宅建独自メルマガ配信申込」


令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

毎週金曜日午後5時に配信しています「宅建学び塾『ウイナー』

おかげさまで沢山の方にお読みいただきありがとうございます。
このメルマガについては現在、週末学習サポートと初受験とリベンジそれぞれの方に向けたことを書いています。

毎年好評の宅建当日のエールメール配信については、現在は宅建独自メルマガ登録の方を対象に行います。
(直前での申込受付は行いません)

今年も2回配信を予定しています。

何故宅建当日のエールメールを始めたのか?
それはこのブログでは試験前の記事としては、宅建試験当日朝7時頃を最終としていました。
しかし、以前試験会場に入られてからコメントされる方がいます。
試験場からの緊張感がひしひしと伝わってきました。
もちろんタイムリーに返事を返したいので、それもなかなか難しいことです。

そこで試験場に行かれた方へ、または試験場に行く途上の方になにかできないかを考えました。
おかげさまで9年前は、わずか1日だけの募集でしたが、50名の方が登録されました。
宅建当日のささやかながら申し込まれた受験生の元気につながったのではないかと思います。

個々の内容ではなく一括メールでの配信になりますが、最終最後の本当の最後のエールを読むことができます。

そのため登録されるアドレスは、スマホやiPhone・スマホ・携帯のEメールアドレスでお願いいたします。

Gメールでもいいですが迷惑フォルダに振り分けされていないかの確認もお願いします。
ヤフーメールは配信されないことも考えられますので、なるべく避けて下さい。

ドコモアドレスは、受信設定が必要です。

宅建独自メルマガについては、先週末の時点で第441号まで発行しています。
次回第442号は、9/25の配信を予定しています。

無料メルマガになります。

早めの登録をお願いいたします。
申込み〆切りは、10/5(月)PM9時を予定しております
※10/15(木)PM9時まで延長しました。
 登録がまだの方はお急ぎ下さいね。

登録は、『宅建独自メルマガ申込はこちらから』をクイックするとメールフォームが立ちあがりますので必要事項を入力の上、お申込みください。

・件名 → 「宅建独自メルマガ配信申込」と入力ください。

メッセージ欄には、今年の宅建試験にかける抱負など良ければ入力ください。、
        

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建無料メルマガを毎週金曜日に発行しています。

「宅建学び塾『ウイナー』」

このブログの読者の方の中には読まれている方も多いと思います。
毎週金曜日に配信しています。

前回5月に募集しましたが・・・
新規登録者はゼロ・・・
びっくりしましたね。
今まで、こんなことはなかったので・・・
そろそろこのブログも潮時かな?と思われるような状況でした。

しかし、まだ必要としてくれている方がいる限りは続けていきたい気持もあります。
ひょっとしたら令和2年の宅建士試験を最後にするかもしれません。
それまでは、全力投球でいきたいと思います。

さて先週は、6月12日配信・・・・

本日金曜日発行で、428号になります。
宅建試験前々日では、449号になる予定です。

2012年9月7日から宅建独自無料メルマガ配信をスタートしたことになりますので、すでに7年半以上経過しています。
このブログが14年目を迎え、今年の9月で15年目に突入することを考えればまだまだひよこのメルマガです。

・毎週金曜日17時頃の配信
・無料メルマガ
・宅建直前期には特別フォローメールも配信
・宅建試験前日/当日エールメールも配信

メルマガのいいところは、定番の日時に必ず届きますので、学習のペースメーカーに利用しやすいことです。

内容的には、
1)その時々に必要なこと。(今後は、週末の学習フォローがメインになります。)
2)令和2年宅建初受験に向けて、必要なことを書いています。(ブログ記事とは別物です)
3)令和2年宅建リベンジ受験への道を連載しています。(リベンジの方は、ブログと併行して読むことをお勧めします。)
4)宅建ブログの今後の記事予定について、いち早くアナウンスしています。
5)有益な情報、その他お知らせ
6)編集後記、結構これを楽しみにされている方もいます。私の近況の話題など。

参考までに第427号の一部を転載いたします。

・・・転載ここから・・・

さて、学習を如何に継続していくか?
そのために工夫は必要です。

自分なりにアレンジして、限られた時間を効率よく使いましょう。

それでは週末学習のスタートです。

◎令和2年週末学習サポート☆6月も残り9日間、7月への橋渡し
6月も本日を入れて、後19日間となりました。

あなたにとっての6月いかがだったでしょうか?

それぞれの宅建学習スタートをきられて、まだ学習半ばの人も多いかもしれません。
7月になれば宅建受験申込みと同時に、宅建学習をスタートさせる方がでてきます。
見えないライバルは日増しに増えていきます。

 「じゃあ、7月に気分一新再スタートする」

これはこれで気持ちの切り替えとしては間違いではありませんが、7月まで待たないことです。
これが大事です。
もちろん、答えはわかりますよね。
週末である今日から即再スタートをきる。
この先手先手の行動力があなたに勝利の美酒をグッと近づけます。

勝利の祝杯に向けて・・・
それでは、スタートです。

【金曜日の夜の学習】
再スタートをきるあなたには、金曜日の学習は土日の学習に橋渡しをすることです。
それだけを意識してください。
順調に学習をこなしてきた方は、本日が特別の日である必要はありません。
淡々と計画を消化していく。
これで十分です。

それぞれの思いをもって、土日に突入していく。
あなたの今日の学習メニューはどんなものでしょうか?
軽めのメニュー、趣向を凝らしたフルコース。
あなたなりの日をお過ごしください。
気持ちを新たに、本日の学習スタートです。

【土日の学習】
3ヶ月一区切りと言われますが、3月期の会社は6月末は第一四半期の終わりになります。

6ヶ月以上の学習を消化されてきた方にとって、今週の土日は、この3ヶ月(中には3ヶ月以上)のまとめをしてみるのもいいことです。

・テキストを横断的にチェックする。
・得意な分野、好きな分野を集中的に確認する。
・過去問を1問目から順番ではなく、後ろから解いてみる。
  又は、項目別にピックアップして解いてみる。

ある特定の分野に焦点を絞ってみる。

・民法を集中的に。
・宅建業法のインプットとアウトプットを交互に行う。
・法令上の制限の数値を自分なりに整理してみる。

 30分位かけて、自分の今までの学習状況を確認してみるのもいいですね。

・自分の得意、不得意な項目を書き出してみる。

          ↓

 ・残り約3ヶ月の大目標を決める
 ・1ヶ月単位の小目標を決める

目標を修正すれば、また新たなヤル気が生まれてきます。

目指すは宅建合格!

今の自分にまけないで、前へ進みましょう!!
____________________________________
◎3.令和2年宅建士試験に向けて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回のテーマは、受験手続の早期メリットについてです。

いよいよ、令和元年の宅建試験申込開始真近になりましたね。
私にとっては毎年のことですが、毎年のことながら、本当に、本当に早かった、そんな気がします。
昨年令和元年の宅建試験が昨日のことのように、思い出されます。

ブログでも何度も書いていますが、申込はインターネット・郵送ともに早めにすませてくださいね。
インターネット申込を考えている方は、7月1日に早速サイトをみてみましょう。
郵送の場合は、お近くの配布先に取りに行ってください。
配布先が遠方の場合は、インターネットにした方がいいですね。

ついつい取りにいきそびれたら・・・しゃれになりませんから・・・

私が、完全にその口でしたからね・・・
だから申込みが最終日になってしまいました。

早めに済ますメリットは、
1.手続きをすませ、後は宅建学習に集中する。
2.申込の手続き間違いが合った場合、修正できる。
3.希望の受験会場で受けられる。

また、何度も何度もいいますが写真には絶対に注意してくださいね。
本当に、厳格ですから・・・
くれぐれも写り具合(顔の大きさなど)に注意してくださいね。

説明書をよく読んで、対応してくださいね。

とにかく、今年は早く申込をすませましょう。
____________________________________
◎4.令和2年宅建士試験リベンジへの道
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リベンジの方は、ある意味、日々迷いとの戦いかもしれません。
迷いは、昨年の失敗からくることなのか?
それとも、みえない壁をこえられないいらだちなのからか・・・

そうです。

みえない壁を自ら作っている。
ここが、リベンジの方にとっての問題点になります。

何も好き好んで作る人はいませんので、現実としては自然にそうなっている。
見えない敵を作っておびえる・・・戦うよりも・・・
仮想の敵などつくらずに、自分の目標に向かってまい進することです。
そのためにも計画が大事であり、途中での見直しを必要です。

・・・・・転載ここまで・・・・・

そこで、宅建試験申込時期も始まりますので改めてメルマガ購読者を募集いたします。
よければ、お友達や友人、知り合いにお勧めくださいね。
不動産関係であれば会社内に回覧してもらっても結構です。

まだ購読されていない方。
今日が初めての方。
気にはなっていたけど、まだとられていない方。

是非、登録くださいね。
無料メールマガジンです。

登録は、『宅建独自メルマガ申込はこちらから』をクイックするとメールフォームが立ちあがりますので必要事項を入力の上、お申込みください。

・件名 → 「宅建メルマガ配信申込」と入力ください。
        
令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ