宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
 ◎確定申告間近・・・
  確定申告のソフトなら・・・弥生です。(今なら無料)
      ↓     ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52299669.html

2) トピックス
 ●不動産業界へ転職のためのエージェント紹介
  登録は無料、詳細はこちらの記事へどうぞ
   ↓  ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52298837.html

3) 各種メルマガ紹介
 ●『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

 ●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

メルマガ創刊

昨年9月に新規に創刊した有料マガジンです。
おかげさまで、今週4月3日発行号にて30号を迎えます。

有料マガジンを毎週継続していて、果たして続くのだろうか?
なんて心配はよそに、いつしか私の中でルーチンワークされて今に至っています。

発行部数については、まだまだ厳しい状況が続いています。
が、応援あってこその有料マガジン。

このブログでは宅建でのご縁になりますが、内容は宅建とは全く関係ありませんが、これからの生きるヒントやSNSを活用した戦略、収入の第二の柱を作る方法など幅広いです。

ここで、先週3月27日発行号(第29号)より、その一部を引用します。

・・・引用・・・・
______________________________________________
◎2.収入の第二の柱を作る方法(作業量に対して倍々ゲームになるしくみを考える)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
昔もてはやされたものに、本のせどりがあります。
今は、あまり聞かれなくなりましたね。
でも、やられている方はいると思います。

一時は、ブックオフの100円本の中からお宝をみつけて、Amazonなどに出品してその差額で稼ぐ。
Amazonではマーケットプレイスで出品するわけですが、特定の条件だと手数料が安くなり差額での儲けがでやすくなるのです。
そのため1円販売とかもありましたね。

結果的には本の転売になりますが、転売のイメージがマスクの転売によって悪くなりました。
中国や韓国からの日本での転売も今は苦しくなりましたね。

中国から購入したものを転売 → コロナ大丈夫?のイメージになりますので、中国とは表記せずに売ることになります。
実際の日常品でも中国で生産されたものは多いのですが、人間の心理はご都合主義です。
普段身につけているものの製造先などは気にしないのに、そうでないものにはかなりの警戒をする。
消費者心理からすると仕方ないですね。

ただ、転売という作業・・・
一人では作業量の限界があります。
作業量を増やすとなると人を使うしかないです。
そうなると支出費用が増えますので、なかなか難しいですね。
ある程度の固定量を卸すという方法もありますが、こちらはリスクを抱えることになるので、いざ失敗すると自分で在庫を抱える必要があります。
ドラマで部屋の中に段ボール箱が一杯置かれている・・・
そんな光景が現実化するのです。
いやですよね。
(笑)

作業量=出来高的な仕事は、第二の柱にはむきません。
第二の柱は、作業量の正比例ではなく、右肩上がりに上昇カーブを描くしくみ。
いざ実績がついていけば、倍々ゲームみたいに増えていくしくみでなくてはいけません。

そのためには・・・
1)SNSを活用する
2)口コミを活用する
3)ファンを活用する

・・・・中略・・・
___________________________________________
◎4.中高年の強みについて(プラスマイマス=ゼロが一番いい)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
若い人が平日の昼間・・・街にあふれていますね。
子供達だけのグループも多く見受けます。

逆に少なくなったのは、高齢者の方ですね。
カフェなどで大分少なくなりました。
コロナを警戒している影響ですかね。

カフェで、ぼーーーとしているよりは自宅にいた方がいいような気がしますが、奥さんの邪魔になっているようだと逆効果です。
一昔前なら・・・亭主元気で留守がいい・・・

元気な高齢者の女性グループはよく見かけますから・・・

地元の飲食店舗で新規開拓を、たまにします。
すると、見た目どうかなと感じた店舗に入ってびっくりしたのが、近隣のマダム達が一杯来ているのです。
そんな店だったんだとびっくりしました。
きっと店内は閑散と思っていたので意外でした。
私にとっては新発見でした。

マダム達も大変元気です。
(笑)

やはり、女性は現実的なので強いですね。
生きる本能をもっているというか・・・

その点、男は諦めやすいのかもしれません。

そういう男と女がいるからこそ、成り立っている世の中。
プラスマイマス=ゼロが一番いいのもしれませんね。

・・・これ以降省略・・・・

いかがでしょうか?

この有料マガジンについて、初月無料にしています。
よって、今から申し込めば4月分(4回発行)が完全無料になります。

また、興味がある号についてバックナンバーから購入も可能です。
よければ、読んでみて下さいね。



ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

入学式花盛り・・・のはずですが、今年は違いますね。
桜も心なしか寂しげです。
ただ、コロナに負けないぞの強い気持で、予防や自粛をしながら気をつけていきましょう。

さて、4月になりましたので、宅建無料メルマガについて新規購読者を募集します。
先日、直近号について紹介しました。

その具体的な概要について、今後を含めて紹介します。

宅建学び塾『ウイナー』
・毎週金曜日17時頃の配信
・無料メルマガ
・宅建直前期には特別フォローメールも配信
・宅建試験前日/当日エールメールも配信

メルマガのいいところは、定番の日時に必ず届きますので、学習のペースメーカーに利用しやすいことです。

内容的には、
1)その時々に必要なこと。
 (今後は、週末の学習フォローがメインになります。)
2)2020年宅建初受験に向けて、必要なことを書いています。
 (ブログ記事とは別物です)
3)2020年宅建リベンジ受験への道を連載しています。
 (リベンジの方は、ブログと併行して読むことをお勧めします。)
4)宅建ブログの今後の記事予定について、いち早くアナウンスしています。
5)有益な情報、その他お知らせ
6)編集後記、結構これを楽しみにされている方もいます。近況の話題など。

参考までに昨年令和1年の直前期のころのメルマガを転載します。

・・・転載ここから・・・

あなたの学習のラストランの調子はいかがですか?
今年はようやく秋らしくなってきたと思ったら、また少し暑くなったりと不安定です。
また、週末には台風が関東地方を直撃します。

ラグビーワールドカップ日本代表のスコットランド戦がとても心配ですが、まずあなたは最期の天王山である3連休で頑張ってくださいね。

まわりの環境がどうであろうとも受け入れて、柔軟に対処していくことが大事ですよ。

今は四の五の言っている時期ではありません。
今あなたがやるべきことをやるか、やらないかです。
やらなくて後悔するより、やってやってやりまくって、その上で合格を我が手中に手繰り寄せましょう。

運よく合格が転がり込むことを待つ。
これは、今の時期絶対にやってはいけない考え方です。

ネット上にあふれる魅惑的なタイトルものに手をださないでくださいね。
そんなのに手を出す暇があるのなら、あなたが選んだ選択したテキスト・過去問を信じて、最後まで使いたおすことです。

その上で、最低限の行うことがあります。

これについては、ブログでも書きますし、このメルマガでもそのブログの内容を更に掘り下げて補完します。

そういう意味では、このメルマガを読まれているだけでも他の受験生とは差別化されています。


さて、今日は大事なポイントだけをお話します。

それは、宅建試験当日の自分の戦い方のシュミレーションをしておくこと。
運動会でいえば予行演習です。

自分が宅建試験当日、どんな行動をとり、何時に会場にはいり、試験場ですること、そして試験本番での戦い方です。

一番先にやっておきたいことは、試験本番での戦い方なのです。

その戦い方を自分なりにルール化し、シュミレーションをしておくのです。
こういう展開になったら、こーする。
あういう展開になったら、あーする。

これを決めておくことによって、予想外の問題がでたとき、自分の苦手な問題がでたとき、個数問題が昨年のように連続したとき・・
うろたえずに、あせらずに対処できるのです。
あせったらそれだけで不利になります。
もし、あなたがルール化して試験に臨んでいたら、あなたはあわてずに自分の決めたルールにのっとって対処するだけでいいのです。

これだけでも、他の受験生に比べると格段に有利になりますよ。

確かに数年前には異様の出方もしました。
ただその翌年は同じのような変化でしたので、対応できました。
今年がどうなるか?
宅建士最初の試験として多少の仕掛けはあるかもしれません。
でもそれは当日にならないと誰にもわからないこと。
試験当日、試験問題を開くまではどんな問題がでるかはわかりません。

それだからこそ、自分の決めたルールにのっとってシュミレーションをしておくことが大事なのです。

シュミレーションといっても難しいことではありませんからね。

解く順番をどうするか?
マークシートの転記の順番は?
自分にとって難しい問題と直面した場合は?
個数問題が出た場合は?
組合せ問題がでた場合は?
まったく歯が立たない問題の場合は?

120分の内の自分のタイムスケジュールは?
一通り50問の問題と直面する目安時間、残り時間確認後の保留した問題に対処する時間、
マーク転記もれなどの確認時間。

こういうことを決めておけば試験時間内での対処の迷いが減ります。
自分が決めた通りにやっていくわけですから・・

試験時間は限られています。
限られている時間の中で、判断に迷う時間のような無駄な時間で浪費させてはいけません。

是非、あなたのルールを決めてのシュミレーション、やっておいてくださいね。

当日、あわてないためにも・・・

詳細は後ほど紹介している前日・当日編の宅建電子書籍を参考にしてください。
____________________________________
◎1.2019年宅建初受験に向けて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回のテーマは、自分を最後の最後まで信じきることです。

この時期に来ると、特にメンタル面が大事になります。
実力があるのに、本番で失敗する。
模擬試験では素晴らしい成果なのに、本番で失敗する。
ここまで順調に来たのに、土壇場で失敗する。

毎年、こういう方をみています。

哀しいことに二つに大きく分かれます。
日頃から自分に自信がない方、そして、自信過剰な方です。

もしもあなたがそのどちらかに該当する場合は注意してくださいね。

自信過剰な方は、ついうっかり、ケアレスミスをやってしまうのです。
であれば、注意深くやればそれを防げます。

日頃から自分に自信がない方は、今まで学習を頑張ってきた自分をふりかえってみましょう。

結構学習時間を確保してきたはずです。
あなたは学習したわりには実力がともなっていないと感じているかもしれません。

でも、実は実力は備わっているのです。
であれば、なんで成果につながらないのか?
それは、あなたが実力を出そうとしていないから・・・

つまりは、自分の実力を発揮する水道の蛇口を開いていないのです。

それを開くにはどうするか?

それは、自分に自信をもつことです。
たったそれだけのことなのです。

学習の絶対量をこなしてきたあなたはすごいのです。
本当にすごいのですよ。

それだけで、十分自分をほめてくださいね。
頑張りを継続できるあなたは、いざとなっても生きていけるひとです。

たかが宅建じゃないですか?

今まで頑張ってきた自分を信じて、最後のもう一頑張りをしましょう。

不安を感じている暇なんてないですよ。

ラストファイト!
____________________________________
◎2.2019年宅建リベンジ受験への道
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リベンジのあなた、10月も2周目になり、気持ちが高ぶってきていませんか?
武者震いも結構です。

意識の表れですから、不必要に緊張しすぎることはありません。

今まで自分が学習してきたことを信じて、自信をもって臨みましょう。
そして、大事なのは当日の戦略・戦術です。

これを決めて取り組まないと、試験当日、試験開始後に自分の対応がブレルことになります。
このブレが、後悔を生む要因になります。

是非、当日の戦略・戦術をしっかりと決めましょう。

・・・・・転載ここまで・・・・・

登録は、以下の『宅建独自メルマガ申込はこちらから』をクイックするとメールフォームが立ちあがりますので必要事項を入力の上、お申込みください。


・件名 → 「宅建メルマガ配信申込」と入力ください。
        

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、メルマガについては各種発行しています。

1)宅建メルマガ:「宅建学び塾『ウイナー』」
2)ネクストチャレンジメルマガ:『ワンツリーサークル』
3)宅建メルマガ:独学者のための宅建試験一発合格サポートマガジン
4)インスタメルマガ:インスタグラマーへの道
5)中高年向メルマガ:中高年支援マガジン:未来を切り開く方法

1)と3)は宅建に関するメルマガです。
3)まぐまぐというメルマガスタンドを通じて配信しています。
4)はインスタグラムに関してのメルマガです。
5)は中高年向けに配信しているメルマガです。
唯一の有料メルマガです。

今回は、2)のネクストチャレンジメルマガ:『ワンツリーサークル』の紹介になります。

私自身もいろんなことにチャレンジしています。
チャレンジの途中経過、結果などを話しています。

普段ブログにはあまり書かないことを書いています。
フランクに書いていますので、私の現状の生の声になります。

当然、チャレンジしていけば、私も多くの失敗をします。
やはり、計画と実践では違う結果になることが多々あります。
新規のチャレンジなので、過去の参考例がないので新規でトライして、その結果を分析する。
修正して再トライして分析してまた修正する。
そんな繰り返しになります。

また、メンタル的なことも大事にしています。

発行者と読者がともに刺激しあって、自分のモチベーションを維持アップしていく・・・
そういうメルマガを目指しています。

また、いろんな情報も盛り込んでいます。
ネットの情報は玉石混合です。
私自身、いろんなネットでご活躍される方とのつながりもできてきました。
リアルでいろんな業界の方とのおつきあいがあります。
普通で知り得ないことも可能なかぎり、今後も出していきたいと思います。

内容は多岐に渡りますので、単なる資格メルマガ、メンタルメルマガではなく、幅広く柔軟な内容です。
私らしさを出しています。

毎週火曜日の17時頃に配信します。
無料メルマガになります。

登録は、『ネクストチャレンジメルマガ配信申込はこちらから』をクイックすると
メールフォームが立ちあがりますので必要事項を入力の上、
お申込みください。

・件名 → 「ネクストチャレンジメルマガ配信申込」と入力ください。
        

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建独自メルマガ購読者募集中です!

今年に入りに新しくブログを読まれ始めている方もいると思いますので、宅建メルマガの案内をさせていただきます。

タイトルは、宅建学び塾『ウイナー』

文字通り、あなたに宅建試験での勝者になっていただきたい思いをこめています。

1/24の発行で407号になりました。
無料の宅建に関するメルマガです。

配信は、毎週金曜日17時頃になります。

この宅建学び塾『ウイナー』ですが、意外と多いのが宅建合格後も読まれていることです。
試験後に出会う方もいるので当然そのケースがあって不思議ではないのですが、合格後もずっと読んでいただいている方が多いのが特徴です。

発行者としては大変嬉しい限りです。

参考までに1/24発行分の一部を転載いたします。
ブログの掲載予定もついているので便利ですよ。

・・・・転載ここから・・・・

さて1月も残りわずかです。
2月もあっという間です。
そして3月は卒業シーズン。
すぐに4月はやってきます。

メール相談の方には、最初にやっていただいているのが過去の分析です。

ブログにも書いていますが、意外とこれをやっていない方が多いのです。
やっている方でもやはり主観的か漠然ととらえているケースが大半です。

客観的にみてあげることがどれだけ大切か?は、やってみてよくわかります。

また、分析をしないで今年の学習をスタートさせている方も多いですね。
自分のことは自分が一番わかっているから、当たり前じゃないの?

そういう声も聞こえてきそうですが、自分が何に不合格の原因や要因があるのかを自分の脳にしっかりと植え付ける必要があります。

というのは学習していくなかで、段々と自分の学習に対する意欲がぼやけていきます。

特に、漠然と学習をスタートした人はそうなりやすいのです。

目に見える形 ⇒ 数字 できちっと自分自身に示すこと。

何が駄目だったのかを・・・


私も長い間、営業の世界で生きてきましたので、数字の厳しさは人一倍理解しています。

もちろん仕事の過程も大事にしますが、結果も重視します。
達成できないのは達成できない理由があります。

それを市況や他責にしていたのでは、自分が思うように物事は進んでいきません。

一生受け身の人生を進んでいくのなら、それでもいいのですが人はやはり自分のやりたいことをしたい。

これが自分の幸福感につながっていきます。

自分は何のために生まれてきたのか?

その答えも堂々と言えるようになります。

このメルマガを読まれている方は、宅建というキーワードでつながってはいますが、当然日々、宅建だけをやっているわけではないですよね。

むしろ宅建はあなたにとってはほんの一部分です。

沢山やるべきことのほんの一部分です。

ほんの一部分だけに、最小限の時間で最大の効果を生む工夫が必要ですし、ほんの一部分だけど、今後のあなたがやるべきことに派生して可能性があります。

だからこそ、自分の足跡だけは整理してみてください。

このことは、ユーチューブでもアップしています。

是非、みてください。

◯イッチャンの平成25年宅建試験リベンジへの道(その1)
http://www.youtube.com/watch?v=hGb0F97Hq_g

◯イッチャンの平成25年宅建試験リベンジへの道(その2)
http://www.youtube.com/watch?v=oEDxIWAV6qg

◯イッチャンの平成25年宅建試験リベンジへの道(その3)
http://www.youtube.com/watch?v=t91TE9w__38

現在、カウンセリングについては空きがありますので、お気軽に相談くださいね。
メール相談は随時です。
多少お待ちいただく場面もありますが、随時返信していきます。

*連絡はこちらから。
 (件名にメール相談又はカウンセリングと書いて申込お願いします。)
    ↓   ↓
 http://ws.formzu.net/fgen/S99370438/
 (クリックするとメールフォームがたちあがります)
____________________________________
◎2.資格登録申請について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
現在、資格登録申請についてブログで紹介しています。
まだの方は、ご覧になってから手続きを進めて下さいね。

『2020年宅地建物取引士資格登録申請☆準備・段取りをして手際よく進める』
   ↓      ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52299301.html
____________________________________
◎3.令和2年宅建士試験に向けて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
できる・できないについてです。

あなたはできるを選択しようとする方ですか?
それとも、できないを選択しようとする方ですか?

難しいこと、新しいことにチャレンジする場合、どうしてもいろんな壁にぶつかります。
それは、自分にとって未知の分野であればあるほど、壁も大きく高く険しくなると思います。

その壁を乗り越えるためには、それなりの努力が必要ですし、考えても考えても、なかなか突破できない時もあります。

それでも、前向きなできるを前提に考える人であれば、その壁を乗り越えようと、いろんな角度から考え、行動し、乗り越えるべくチャレンジを怠りません。

一方、壁にぶつかると、すぐに諦める人もいます。

何度かチャレンジするものの、自分にはできないと諦める人もいます。

諦める人の多くは、できない理由を先にならべていきます。

できない理由は、ごもっともなことなのですが、残念ながらそれを盾にこばもうとすれば、その時点でその人には新しい道を切り開く力はなくなっています。

宅建学習に置き換えた場合、学習できない理由をあげようとすれば沢山でてくると思います。

・仕事が忙しい
・家では学習する場所がない
・電車学習なんか無理
・法律は苦手
・勉強が苦手・・・・

できない理由を先にあげる人は、私の回りにも沢山います。

できない理由が先には出るけれど、そこから、プラス思考に考えてそこからできる理由を考える人もいます。

長い目でみていると、あきらかに後者の方が大きく伸びますね。

また中には、最初から例え困難な未知なものでもできる理由から考え始める人もいます。

この人の場合は、最初から好スタートを切れますし、前向きに考える人には味方や支援してくれる人が集ってきます。

これは本当に不思議なことですが、人の良縁はプラスにひきつけられるように集ってくる気がします。

本当に不思議ですよ。

私自身は、以前は、できない理由を考える方でした。

できない理由を重ねていき、自分自身のできない理由を援護していく。

もちろん、新しい未知なるチャレンジはできるわけがありません。

しかし、今の私はできる理由を考えます。

人間の脳は不思議です。

できる理由を考えようとすると、糸口がみつかることがよくあります。

また、今までにない角度で物事を考えていきますので、それだけに新しい発見もあります。

あなたも是非、できない理由よりできる理由から考えるようにしてください。

そうすれば、新しいあなたと出会えるようになるはずです。

あなたはあなた一人であり、可能性は前向きに考えることをやめない限り無限にあります。
____________________________________
◎4.令和2年宅建士試験リベンジへの道
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ブログではリベンジに関して、計画と準備段取りについて書いています。

分析をし、自分の状況がわかる。
その後は、今年の自分の学習環境を想定して計画を立案していくことになります。

今の時期でしたら長期・中期・短期の3つに分ける方がいいですね。
6ヵ月学習なら長期と短期でもいいです。

自分の学習できる時間は、概算で割り出せます。
土日休日は何時間、平日は何時間。

詰めすぎた窮屈な予定は禁物です。
予備日をもたせる柔軟さが大事です。

テキストや問題集はどうするか?
買い直すのか?
継続して去年のものを使うか?

以下のブログ記事を参考にしてください。

『令和2年宅建士試験リベンジ☆計画、準備段取り』
    ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52299300.html

・・・転載ここまで・・・

以下の募集内容をご確認の上でお申し込みください。

【宅建無料独自メルマガ募集内容】

申込は、「◎宅建独自メルマガ申込はこちらから」のリンクをクイックするとメールフォームが立ちあがりますので、以下の必要事項を入力の上お申込みください。

・氏名(ハンドルネームだけはご遠慮ください)
・メールアドレス
・都道府県 →お住まいの都道府県を選択してください。
・件名 → 「宅建独自メルマガ配信申込」
・メッセージ →リベンジの方は今年の受験結果、初受験の方は受験に対する思いなどお書きください。


ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

最後は、まぐまぐさんから発行している有料メルマガの紹介です。

今年9月にまぐまぐさんより新規メルマガとして創刊しました。
ちょっとしたご縁があり、発行に至った次第です。

一木秀樹の中高年のための支援マガジン〜未来を切り開く方法
自分の名前を冠にしたメルマガになります。
配信日:毎週金曜日
費用:550円/月
(毎月、4回配信が目安になります)

内容としては、タイトル通り中高年の方の支援が目的になります。
私の今までの経験とこれからのチャレンジを含めて一緒に頑張ってやっていこうの内容になります。

1)はじめに
2)才能発掘の方法について
3)SNS活用について
4)資格の活用について
5)おいしい物を食べて楽しく生きよう

今後、状況に応じて内容を変化させていきます。

中高年の方だけでなく、20代・30代の方にとっても参考になる内容になっています。
こちらもサンプル誌がまぐまぐさんサイトに公開されていますので、ご参考になさって下さい。

登録した初月が無料になります。
本日の登録ですと10月分が無料になります。
(10月発行分については、まぐまぐより配信されます)

この機会に是非登録をお願いいたします。

宅建でできたご縁、末広がりになっていければと思います。


令和元年宅建合格を信じて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ