宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●平成30年宅建士試験を受験される方へ。
まずは、こちらの電子書籍よりお読みください。
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260849.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●まずは、漫画で概要をつかむ
『平成30年宅建受験対策入門書としての活用』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260619.html

公開模試

ブログネタ
宅建試験 に参加中!
宅建試験前の公開模試シーズンに突入します。

早いところでは、8月から始まるところもあります。
ハイシーズンは9月後半から10月上旬にかけてになります。

あなたは、公開模試をどういう位置付けで考えていますか?

もし、みんなが受けるから何となく受けると考えていたなら、それは間違いです。

模試は受ける理由があります
それを明確にしておかないと、単に今の自分の実力判定だけに終わり、得点の結果で一喜一憂する結果となります。

これでは正直もったいないです。

模試には模試の活用法があります

それは、いろいろと確認してほしい事項があるからです。

実は、その「いろいろとを確認してほしい事項」こそが、宅建公開模試を会場で受験する目的です。

宅建試験本番の会場は、首都圏や都市圏では模試の会場より広い会場になる可能性があります。

それでも、宅建受験を模試で疑似体験することは、有益な効果を期待できます。

このことを念頭におき、各確認事項をチェックしてください。

宅建公開模試での確認事項
1.試験問題形式、解答用紙の記入方法の確認
2.試験問題の解き方練習
3.試験場での雰囲気の場慣れ
4.時間配分の確認
5.解答後の見直し確認
6.マークシートの慣れ

一部、ユーチューブで動画を公開しています。
参考になさってください。


また、宅建公開模試での確認事項を含めた公開模試の活用法については電子書籍で発刊します。
 
現在、アマゾンで予約申込受付中なので、是非一読することをお勧めいたします。
 


今年の自分の目標達成・宅建合格に向けて、応援クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログ村への応援もお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

ブログネタ
宅建試験 に参加中!
9月になると宅建公開模試まっさかりの時期になります。

模試を受ける方も当然いるでしょう。

私は1回は公開模試を受けることを勧めています。
勧めているのには訳があり、公開模試では確認すべきことがあります。

詳しくは、後日発刊予定の模試の活用についての電子書籍を参考にして下さいね。

025998


さて、模試については、主要な予備校がやっています。
LEC、TAC、大原、大栄など・・・

昨年からの一番のお勧めはこちらの模試です。


日建とユーキャンと住宅新報社の3社で合同実施しているものです。

締め切りはユーキャンから募集しているもので、8月19日締め切りです。
既に、定員に達した会場もありますので、模試を考えている方で会場が近い方は是非利用してください。

日建の会場を利用しても募集もありますが、こちらは20日までです。

今年の自分の目標達成・宅建合格に向けて、応援クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログ村への応援もお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
平成25年宅建合格 に参加中!

宅建模試ハイシーズンに突入しましたね。

何度も書いていますが、結果の得点だけに一喜一憂しないことです。

これから受ける方、絶対に忘れないでくださいね。


宅建模試に関すること、以下の3つの記事で書いています。

まだ、読まれていない方は一度確認しておいて下さい。


平成25年宅建公開模試☆必須確認6事項(前編)』
平成25年宅建公開模試☆必須確認6事項(後編)』
平成25年宅建公開模試☆問題の中味を難易度で分析検討


さて前回は、各分野別の正解状況をランク別に確認しました。

今回は、模試結果の中味を分野別に確認してみます。


【平成24年】(合格基準点33点)

             Aランク  Bランク  Cランク  合計
・権利関係      6問    4問    4問   14問
・宅建業法     12問    6問    2問   20問
・法令上の制限   5問    3問    0問    8問
・税その他      3問    0問    0問    3問
・5点免除問題    4問    1問    0問    0問
 (合 計)     30問   14問    6問   50問

【平成23年】(合格基準点36点)

            Aランク  Bランク  Cランク  合計
・権利関係      7問    7問    0問   14問
・宅建業法     15問    5問    0問   20問
・法令上の制限   4問    2問    2問    8問
・税その他      1問    1問    1問    3問
・5点免除問題    4問    0問    1問    5問
 (合 計)     31問   15問    4問   50問

【平成22年】(合格基準点36点)

            Aランク  Bランク  Cランク  合計
・権利関係     4問    7問    3問   14問
・宅建業法     17問    3問    0問   20問
・法令上の制限   5問    2問    1問    8問
・税その他     1問    1問    1問    3問
・5点免除問題   1問    4問    0問    5問
 (合 計)       28問   17問    5問   50問

【平成21年】(合格基準点33点)

          Aランク  Bランク  Cランク  合計
・権利関係    4問    8問    2問   14問
・宅建業法    13問    6問    1問   20問
・法令上の制限  4問    3問    1問    8問
・税その他     2問    1問    0問    3問
・5点免除問題  2問    2問    1問    5問
 (合 計)      25問   20問    5問   50問

【平成20年】(合格基準点33点)

             Aランク  Bランク  Cランク  合計
・権利関係      4問   11問    1問   16問
・宅建業法      9問    4問    3問   16問
・法令上の制限   5問    3問    1問    9問
・税その他      1問    1問    2問    4問
・5点免除問題    2問    3問    0問    5問
 (合 計)       21問   22問    7問   50問

【平成19年】(合格基準点35点)

             Aランク  Bランク  Cランク  合計
・権利関係      8問    6問    2問   16問
・宅建業法       10問    6問    0問   16問
・法令上の制限   6問    3問    0問    9問
・税その他      1問    3問    0問    4問
・5点免除問題    1問    3問    1問    5問
 (合 計)      26問   21問    3問   50問

【平成18年】(合格基準点34点)

              Aランク  Bランク  Cランク  合計
・権利関係      4問    7問    5問   16問
・宅建業法     12問    3問    1問   16問
・法令上の制限   5問    2問    2問    9問
・税その他      1問    2問    1問    4問
・5点免除問題    1問    3問    1問    5問
 (合 計)      23問   17問   10問   50問


一目瞭然です。

平成22年以降宅建業法に、Aランク問題が集中しています。

法令上の制限も、Aランクの比率が高いです。


平成21年からは、宅建業法での問題数が4問(16問→20問)増えました。

仮に昨年平成24年の場合でみてみますと、
宅建業法A+法令上の制限A=17問
合格基準点 33点−17点=16点
残り16点を、残りでゲットすることになります。


残りの分野Aランク(13問)を全部正解するとして、

16点−13点=3点(のこり3問)

全部のBランク14問中3問ゲットできれば、
(Aランク正解率100%、Bランク正解率21%)
Cランクの正解がなくとも、合格となりました。


ちなみに一昨年平成23年の場合でみてみますと、
宅建業法A+法令上の制限A=19問
合格基準点 36点−19点=17点
残り17点を、残りでゲットすることになります。


残りの分野Aランク(6問)を全部正解するとして、

17点−12点=5点(のこり5問)

全部のBランク15問中5問ゲットできれば、
(Aランク正解率100%、Bランク正解率33%)
Cランクの正解がなくとも、合格となりました。


◎宅建業法を制するものが、宅建を制する


やはり、今年もこれは変わりません。


過去にさかのぼって見たところで考え方は同じです。

このように、
Cランク(難しい)の問題がとけなくても、
合格は十分可能だということです。


分野別の実力チェックでは、
A・Bランクの正解率が現在の自分の実力を測る上では重要です。


今は、比較的早く成績データが確認できますので、
偏差値はあまり意識せず、
自分の成績の中味を冷静に分析してください。


模試によってはすぐに解説をしてくれます。

そのときに、講師が説明する大事だよのポイントは押さえるように
しましょう。


いずれにしても、基本=命です。

基本ができていれば、
宅建本番ではCランクの問題を絞り込める選択眼が、
知らず知らずついている可能性があります。


思わぬ問題で、得点ゲット。
よくあることです。
ボーダーライン上になり、この1点に救われた。
これもよくあることです。


限られた時間を効率よく使うことが、
今の残り期間での学習に必要なことです。

絶対にCランクの深みにはまらないことです。


*今回公開模試として、SEEP公開模試を紹介しています。
 9/16日に新宿で実施されます。

 試験後の解説は宮嵜先生が担当されます。
 絶対にお勧めですよ。


★当日のタイムテーブル

12:30 開場
12:50-13:00 試験問題・マークシート配布、受験案内
13:00-15:00 模擬試験実施
※マークシート回収、解説配布後、休憩
15:30-16:30 解説講義


下記の教材を配布される予定です。
・宮嵜の精選テーマ ポイント集
・法改正、統計資料


2013 Seep 宅建公開模擬試験申込はこちらへ


暑さに夏の学習に負けないぞ!宅建合格を目指して応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリック合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
平成25年宅建合格 に参加中!

宅建模試が終わると、
どうしても得点結果にだけに一喜一憂してしまいます。


何度も書いていることですが、
得点結果にだけに一喜一憂する必要はありません。


今後受けられる方も増えてきますが、
絶対に忘れないでくださいね。


宅建模試で確認することは、以下の2つの記事で書いています。
まだ、読まれていない方は一度確認しておいて下さい。

平成25年宅建公開模試☆必須確認6事項(前編)』

平成25年宅建公開模試☆必須確認6事項(後編)』

さて模試を受けた後は、
模試で解答した結果の分野別の正解状況を確認してください。


平成24年・23年・22年・21年・20年・19年・18年の
宅建試験問題を例にとると、

Aランク:基本問題
Bランク:やや難しい問題
Cランク:難しい問題
に分けた場合、


【平成24年】
Aランク→30問
Bランク→14問
Cランク→ 6問


【平成23年】
Aランク→31問
Bランク→15問
Cランク→ 4問


【平成22年】
Aランク→28問
Bランク→17問
Cランク→ 5問


【平成21年】
Aランク→25問
Bランク→20問
Cランク→ 5問


【平成20年】
Aランク→21問
Bランク→22問
Cランク→ 7問


【平成19年】
Aランク→26問
Bランク→21問
Cランク→ 3問


【平成18年】
Aランク→23問
Bランク→17問
Cランク→10問


平成24年の合格基準点は、33点。
最低獲得点を確保するためには、Cランクができなくても大丈夫です。
(Aランクを全問正解、後の残りの点数をBランクでとったと仮定)

Aランク→30問
Bランク→ 3問
Cランク→ 0問


平成23年の合格基準点は、36点。
最低獲得点は、
Aランク→31問
Bランク→ 5問
Cランク→ 0問


平成22年の合格基準点は、36点。
最低獲得点は、
Aランク→28問
Bランク→ 8問
Cランク→ 0問


平成21年の合格基準点は、33点。
最低獲得点は、
Aランク→25問
Bランク→ 8問
Cランク→ 0問


平成20年の合格基準点は、33点。
最低獲得点は、
Aランク→21問
Bランク→12問
Cランク→ 0問


平成19年の合格基準点は、35点。
最低獲得点は、
Aランク→26問
Bランク→ 9問
Cランク→ 0問


平成18年の合格基準点は、34点。
最低獲得点は、
Aランク→23問
Bランク→11問
Cランク→ 0問


基本問題のAを全問をゲットし、
やや難しい問題のBをある程度の正解率でゲットすれば、
難しい問題のCは正解しなくても大丈夫になります。


ただし実際は、A問題を落とす方も多いですし、
Cランクを1問もとれないことも考えにくいです。


基本的な問題=やさしい問題と、
必ずしも皆に言えることではありません。
(人によっては、やさしく思える問題が多少違ったりします)


受験生によっては意外な問題を難しく感じることがあります。
人によっては苦手な問題が違ってきます。
これは仕方がないことです。


また知識がないとまったく歯が立たない問題もあります。
(考えすぎると時間を浪費するだけです)


今までにないパターンがでてくると、動揺します。
しかし、そこで落ち着いてくださいね。


ペースをやや落として読んでみると、正解がみえてきたりします。
また、一旦ペンをとめ深呼吸してみるのもいいことです。

特に、去年のように個数問題が連続すると心が折れかかるかも
しれません。


でも、みんな同じなんです。
そこで気持ちを落ちつければ、問題の中味はそれほどででもなかった。
ということもあります。


動揺する問題はみんな動揺します。
そこで、ちょっと立ち止まり平静さを取り戻すかなのです。


また、今までにないパターン=あなたにとって難しいとは限らない。
試験後に普通にやれば解けたのに、ということはよくある話です。


いずれにしてもAランクが大事であることには間違いありません。
Aランクを完璧にしつつ、
今後はBランクの正解率を、最低1/2以上していきましょう。

Cランクは、拾えたらラッキー程度で大丈夫です。
(間違ってもCランクマニアにはならないでくださいね。)


ゴルフで例えると、
ドライバーの豪快な1打もパットの30cmの1打も同じ1打です。


宅建に置き換えると、
確実に合格をゲットするためには、
Cランクのマニアックな問題を得点することを考えるのではなく、

◎Aランクの確実性を高める
◎Bランクの正答率を上げる


このことの方がはるかにたやすい戦術になります。


残された時間を考えてみても、
どちらに注力すべきかは誰にでもわかることです。


よって模試の結果をみてどこが間違ったかを確認し、
その間違ったAランク、Bランクの問題は間違った原因を認識しておきましょう。


宅建模試を後日、時間をあけて再度50問解く必要性はありません。
その時間があるのなら、間違った関連の過去問・テキストに立ち返ってください。


模試は所詮模試です。

平素の宅建学習は過去問に立ち返ることです。


*今回公開模試として、SEEP公開模試を紹介しています。
 9/16日に新宿で実施されます。

 試験後の解説は宮嵜先生が担当されます。
 絶対にお勧めですよ。


★当日のタイムテーブル

12:30 開場
12:50-13:00 試験問題・マークシート配布、受験案内
13:00-15:00 模擬試験実施
※マークシート回収、解説配布後、休憩
15:30-16:30 解説講義


下記の教材を配布される予定です。
・宮嵜の精選テーマ ポイント集
・法改正、統計資料


2013 Seep 宅建公開模擬試験申込はこちらへ

暑さに夏の学習に負けないぞ!宅建合格を目指して応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリック合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
平成25年宅建合格 に参加中!

宅建公開模試の必須確認6事項の続編です。

【宅建公開模試での確認事項】
1.試験問題形式、解答用紙の記入方法の確認
2.試験問題の解き方練習
3.試験場での雰囲気の場慣れ
4.時間配分の確認
5.解答後の見直し確認
6.マークシートの慣れ

後半の4.〜6.について紹介します。


4.時間配分の確認
 ・宅建試験は、試験時間120分を単純に50問で割ると、
  1問あたり2.4分の時間配分になります。

  実際は、見直し時間やマークシートへの転記時間などありますので、
  1問2分とすると、2分×50問=100分になります。
  
  数十秒以下で解ける問題もありますし、
  3分以上かかる問題もあります。

 ・マークシートへの転記は、1問1問解くたびにするよりも、
  一通り、解き終わった後に転記することを私はお勧めしています。
  試験後のアンケートでは、1問毎の転記が圧倒的でした。

  参考までに昨年の例を書きます。


〇『平成24年宅建試験において、マーク転記のタイミングについて 』

投票数:101票
・1問ずつ転記した                       71件  (70.3%)
・分野ごとに転記した           5件  (5.0%)
・ある程度解答してから転記した 11件  (10.9%)
・一番最後にまとめて転記した    14件  (13.9%)

確実に1問ずつという方が圧倒的に多いですね。

私の考えは、宅建試験は時間との戦いなので、
時間効率を考えた場合、作業をある程度まとめてか、
一括でまとめてやった方が早いと思います。

また、人間のミスもその方が発生率は低くなります。

ただし、自分が慣れしたんだ方法を試験直前に変えるのは
よくありませんので、基本的には公開模試でとられた方法
を踏襲してください。

修正する場合は微調整にしてください。
いきなり、一括転記への変更は勇気がいりますので。

昨年の方のコメントがあります。
昨日既に読まれた方もいるかもしれませんが、
読まれていない方は是非、参考にしてください。

平成24年宅建試験において、マーク転記のタイミングは?

5.解答後の見直し確認

 ・問題を50問解き終わった後、
  すぐ、マークシートに転記したい気分になるはずです。

  残り時間が、後数分しかない場合は、すぐに転記してください。

  普通は、残り時間が10分〜20分あるはずですから、
  1問目から順にざっと見直してください。

 ・見直しのポイントは、考え直して、解答を変えることではありません。
  あきらかな間違いを、マークシート転記の前に、見つけるためです。

 ・注意点は、考え直して悩んで解答を変えないこと。
  よほどの確信があれば別ですが、
  まず変えないほうが絶対いい結果がでます。

  私自身の経験では、見直しの段階で変えてしまったため、
  4点をロスしました。
  4点ですよ。
  普通なら、不合格になっていたとしてもおかしくない所です。

  ファーストインスピレーション⇒直感での解答が、
  案外、正しいものであることを忘れないでください。

  変えて後悔するより、初志貫徹の方が自分自身が
  納得できやすいですよ。

6.マークシートの慣れ
 ・マークシートについては、いろんな試験で慣れているはずです。
  でも、宅建試験の後、このマークシート転記ミスの不安を
  コメントに書かれる方が実際には多いです。
  普段そんなに心配をしない人も心配されます。
  それだけに要注意です。

  今、笑っていられるあなたも、もし宅建試験本番で苦戦した場合、
  気にされる可能性が高くなります。

 ・消しゴムの消し方が悪かったのではないか?
  鉛筆の書き方が薄かったのではないか?
  ちゃんとぬりつぶしただろうか?
  順番がずれていないだろうか?
  二つマークをしたのではないか?・・・
  マークミスの心配をあげたらきりがありません。

  普段では絶対に気にならないことが、
  苦戦したことが要因で大変気にされる方が、
  毎年沢山でてきます。
  これが現実です。

  実際は、マークシートを気にされる方の方が、
  しっかりとされている場合が多いです。

  気にならない方の方が、案外マークミスをしたりします。
  これも毎年必ずと言っていいほどあります。
  (自己採点で合格のはずなのに、実際は合格していなかった)

  とにかく、落ち着いてやれば、絶対に大丈夫です。
  
  これにつきます。

  そのための練習ですから・・・


2回に渡って紹介しました公開模試での確認事項。
今一度、昨日の記事とあわせてもう一度読み直して、
今後の模試に備えてください。

2回にわたって紹介した記事の目的は、
あなたが宅建試験本番で成功するためです。


模試で成功するためではありません。
模試はあくまでも確認の場です。

そのことを忘れずに模試でやるべきことをしっかりと
把握して取り組みましょう。

前編を読んでいない方は、以下の記事を忘れずに
読んで下さいね。

平成25年宅建公開模試☆必須確認6事項(前編)』

最後にお知らせです。
3社模試の他に、今年も昨年に続きあの模試が実施されることが
決定しました。

SEEPです。

9月16日(祝)に西新宿になります。

もちろん、模試の後は宮嵜先生からの解説についての生講義があります。

また、あわせて下記の教材も配布されます。(予定)

・宮嵜の精選テーマ ポイント集
・法改正、統計資料

定員は85名ですので、お早めの申込をしてくださいね。

SEPP模試詳細と申込はこちらより

暑さに夏の学習に負けないぞ!宅建合格を目指して応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリック合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ