宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●9月以降の直前期に必読のシリーズ
『宅建試験本番!10の解答テクニックとコツ』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/bJIMMH

『宅建試験に向けて模試を100%活用する方法』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/dNDy3y

『宅建を絶対に諦めないメンタルサポート』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/gvLIcF

『宅建本試験☆絶対に諦めるな!今からが勝負だ!』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/lmpxfx

『宅建試験必勝対策☆前日・当日編』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/wBsKqT

『宅建もうやばい!今年の合格を絶対に決めるための逆転戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/zFgkj5

『宅建士試験!合格祈願御守り:神頼み、幸運、ツキ、ジンクス全てをあなたの味方に・・・』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/BfzyiM

●1ヶ月学習をアレンジしての活用も有効的です
『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

公開模試

ブログネタ
宅建試験 に参加中!
宅建試験前の公開模試シーズンに突入します。

早いところでは、8月から始まるところもあります。
ハイシーズンは9月後半から10月上旬にかけてになります。

あなたは、公開模試をどういう位置付けで考えていますか?

もし、みんなが受けるから何となく受けると考えていたなら、それは間違いです。

模試は受ける理由があります。
それを明確にしておかないと、単に今の自分の実力判定だけに終わり、得点の結果で一喜一憂する結果となります。

これでは正直もったいないです。

模試には模試の活用法があります。

それは、いろいろと確認してほしい事項があるからです。

実は、その「いろいろとを確認してほしい事項」こそが、宅建公開模試を会場で受験する目的です。

宅建試験本番の会場は、首都圏や都市圏では模試の会場より広い会場になる可能性があります。

それでも、宅建受験を模試で疑似体験することは、有益な効果を期待できます。

このことを念頭におき、各確認事項をチェックしてください。

【宅建公開模試での確認事項】
1.試験問題形式、解答用紙の記入方法の確認
2.試験問題の解き方練習
3.試験場での雰囲気の場慣れ
4.時間配分の確認
5.解答後の見直し確認
6.マークシートの慣れ

詳細については、電子書籍
宅建試験に向けて模試を100%活用する方法:模擬試験は得点よりも大事なことがある
を読んでいただき参考にしてください。

販売価格は1コイン100円です。


一部、ユーチューブでも動画を公開しています。


宅建を通じてのご縁に感謝、応援クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログ村も併せて、応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建試験 に参加中!
宅建模試が終わると、どうしても得点結果にだけに一喜一憂してしまいます。

何度も書いていることですが、得点結果にだけに一喜一憂する必要はありません。

今後受けられる方も増えてきますが、絶対に忘れないでくださいね。

宅建模試で必要ことは、宅建本試験に向けてのシュミレーションです

そのために、確認することがあるのです。

宅建公開模試での確認事項
1.試験問題形式、解答用紙の記入方法の確認
2.試験問題の解き方練習
3.試験場での雰囲気の場慣れ
4.時間配分の確認
5.解答後の見直し確認
6.マークシートの慣れ

冒頭部だけユーチューブで紹介しています。

宅建公開模試での確認事項の動画はこちらから

そして、得点よりも気にすることは、分野別の状況です。

確認する事項の詳細や分野別状況については、昨日正式に発売開始した電子書籍をご確認ください。
(電子書籍には、より詳しく説明した動画もリンクしています)
 
今年の自分の目標達成・宅建合格に向けて、応援クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログ村への応援もお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

ブログネタ
宅建試験 に参加中!
宅建試験前の公開模試シーズンに突入します。

早いところでは、8月から始まるところもあります。
ハイシーズンは9月後半から10月上旬にかけてになります。

あなたは、公開模試をどういう位置付けで考えていますか?

もし、みんなが受けるから何となく受けると考えていたなら、それは間違いです。

模試は受ける理由があります
それを明確にしておかないと、単に今の自分の実力判定だけに終わり、得点の結果で一喜一憂する結果となります。

これでは正直もったいないです。

模試には模試の活用法があります

それは、いろいろと確認してほしい事項があるからです。

実は、その「いろいろとを確認してほしい事項」こそが、宅建公開模試を会場で受験する目的です。

宅建試験本番の会場は、首都圏や都市圏では模試の会場より広い会場になる可能性があります。

それでも、宅建受験を模試で疑似体験することは、有益な効果を期待できます。

このことを念頭におき、各確認事項をチェックしてください。

宅建公開模試での確認事項
1.試験問題形式、解答用紙の記入方法の確認
2.試験問題の解き方練習
3.試験場での雰囲気の場慣れ
4.時間配分の確認
5.解答後の見直し確認
6.マークシートの慣れ

一部、ユーチューブで動画を公開しています。
参考になさってください。


また、宅建公開模試での確認事項を含めた公開模試の活用法については電子書籍で発刊します。
 
現在、アマゾンで予約申込受付中なので、是非一読することをお勧めいたします。
 


今年の自分の目標達成・宅建合格に向けて、応援クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログ村への応援もお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

ブログネタ
宅建試験 に参加中!
9月になると宅建公開模試まっさかりの時期になります。

模試を受ける方も当然いるでしょう。

私は1回は公開模試を受けることを勧めています。
勧めているのには訳があり、公開模試では確認すべきことがあります。

詳しくは、後日発刊予定の模試の活用についての電子書籍を参考にして下さいね。

025998


さて、模試については、主要な予備校がやっています。
LEC、TAC、大原、大栄など・・・

昨年からの一番のお勧めはこちらの模試です。


日建とユーキャンと住宅新報社の3社で合同実施しているものです。

締め切りはユーキャンから募集しているもので、8月19日締め切りです。
既に、定員に達した会場もありますので、模試を考えている方で会場が近い方は是非利用してください。

日建の会場を利用しても募集もありますが、こちらは20日までです。

今年の自分の目標達成・宅建合格に向けて、応援クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログ村への応援もお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
平成25年宅建合格 に参加中!

宅建模試ハイシーズンに突入しましたね。

何度も書いていますが、結果の得点だけに一喜一憂しないことです。

これから受ける方、絶対に忘れないでくださいね。


宅建模試に関すること、以下の3つの記事で書いています。

まだ、読まれていない方は一度確認しておいて下さい。


平成25年宅建公開模試☆必須確認6事項(前編)』
平成25年宅建公開模試☆必須確認6事項(後編)』
平成25年宅建公開模試☆問題の中味を難易度で分析検討


さて前回は、各分野別の正解状況をランク別に確認しました。

今回は、模試結果の中味を分野別に確認してみます。


【平成24年】(合格基準点33点)

             Aランク  Bランク  Cランク  合計
・権利関係      6問    4問    4問   14問
・宅建業法     12問    6問    2問   20問
・法令上の制限   5問    3問    0問    8問
・税その他      3問    0問    0問    3問
・5点免除問題    4問    1問    0問    0問
 (合 計)     30問   14問    6問   50問

【平成23年】(合格基準点36点)

            Aランク  Bランク  Cランク  合計
・権利関係      7問    7問    0問   14問
・宅建業法     15問    5問    0問   20問
・法令上の制限   4問    2問    2問    8問
・税その他      1問    1問    1問    3問
・5点免除問題    4問    0問    1問    5問
 (合 計)     31問   15問    4問   50問

【平成22年】(合格基準点36点)

            Aランク  Bランク  Cランク  合計
・権利関係     4問    7問    3問   14問
・宅建業法     17問    3問    0問   20問
・法令上の制限   5問    2問    1問    8問
・税その他     1問    1問    1問    3問
・5点免除問題   1問    4問    0問    5問
 (合 計)       28問   17問    5問   50問

【平成21年】(合格基準点33点)

          Aランク  Bランク  Cランク  合計
・権利関係    4問    8問    2問   14問
・宅建業法    13問    6問    1問   20問
・法令上の制限  4問    3問    1問    8問
・税その他     2問    1問    0問    3問
・5点免除問題  2問    2問    1問    5問
 (合 計)      25問   20問    5問   50問

【平成20年】(合格基準点33点)

             Aランク  Bランク  Cランク  合計
・権利関係      4問   11問    1問   16問
・宅建業法      9問    4問    3問   16問
・法令上の制限   5問    3問    1問    9問
・税その他      1問    1問    2問    4問
・5点免除問題    2問    3問    0問    5問
 (合 計)       21問   22問    7問   50問

【平成19年】(合格基準点35点)

             Aランク  Bランク  Cランク  合計
・権利関係      8問    6問    2問   16問
・宅建業法       10問    6問    0問   16問
・法令上の制限   6問    3問    0問    9問
・税その他      1問    3問    0問    4問
・5点免除問題    1問    3問    1問    5問
 (合 計)      26問   21問    3問   50問

【平成18年】(合格基準点34点)

              Aランク  Bランク  Cランク  合計
・権利関係      4問    7問    5問   16問
・宅建業法     12問    3問    1問   16問
・法令上の制限   5問    2問    2問    9問
・税その他      1問    2問    1問    4問
・5点免除問題    1問    3問    1問    5問
 (合 計)      23問   17問   10問   50問


一目瞭然です。

平成22年以降宅建業法に、Aランク問題が集中しています。

法令上の制限も、Aランクの比率が高いです。


平成21年からは、宅建業法での問題数が4問(16問→20問)増えました。

仮に昨年平成24年の場合でみてみますと、
宅建業法A+法令上の制限A=17問
合格基準点 33点−17点=16点
残り16点を、残りでゲットすることになります。


残りの分野Aランク(13問)を全部正解するとして、

16点−13点=3点(のこり3問)

全部のBランク14問中3問ゲットできれば、
(Aランク正解率100%、Bランク正解率21%)
Cランクの正解がなくとも、合格となりました。


ちなみに一昨年平成23年の場合でみてみますと、
宅建業法A+法令上の制限A=19問
合格基準点 36点−19点=17点
残り17点を、残りでゲットすることになります。


残りの分野Aランク(6問)を全部正解するとして、

17点−12点=5点(のこり5問)

全部のBランク15問中5問ゲットできれば、
(Aランク正解率100%、Bランク正解率33%)
Cランクの正解がなくとも、合格となりました。


◎宅建業法を制するものが、宅建を制する


やはり、今年もこれは変わりません。


過去にさかのぼって見たところで考え方は同じです。

このように、
Cランク(難しい)の問題がとけなくても、
合格は十分可能だということです。


分野別の実力チェックでは、
A・Bランクの正解率が現在の自分の実力を測る上では重要です。


今は、比較的早く成績データが確認できますので、
偏差値はあまり意識せず、
自分の成績の中味を冷静に分析してください。


模試によってはすぐに解説をしてくれます。

そのときに、講師が説明する大事だよのポイントは押さえるように
しましょう。


いずれにしても、基本=命です。

基本ができていれば、
宅建本番ではCランクの問題を絞り込める選択眼が、
知らず知らずついている可能性があります。


思わぬ問題で、得点ゲット。
よくあることです。
ボーダーライン上になり、この1点に救われた。
これもよくあることです。


限られた時間を効率よく使うことが、
今の残り期間での学習に必要なことです。

絶対にCランクの深みにはまらないことです。


*今回公開模試として、SEEP公開模試を紹介しています。
 9/16日に新宿で実施されます。

 試験後の解説は宮嵜先生が担当されます。
 絶対にお勧めですよ。


★当日のタイムテーブル

12:30 開場
12:50-13:00 試験問題・マークシート配布、受験案内
13:00-15:00 模擬試験実施
※マークシート回収、解説配布後、休憩
15:30-16:30 解説講義


下記の教材を配布される予定です。
・宮嵜の精選テーマ ポイント集
・法改正、統計資料


2013 Seep 宅建公開模擬試験申込はこちらへ


暑さに夏の学習に負けないぞ!宅建合格を目指して応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリック合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ