宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●平成30年合格エールメール配信希望者募集中!
 10/1〜21まで毎日配信(無料)
 申込はこちらから。
  ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52282112.html

●9月以降の直前期に必読のシリーズ
『宅建試験本番!10の解答テクニックとコツ』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/bJIMMH

『宅建試験に向けて模試を100%活用する方法』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/dNDy3y

『宅建を絶対に諦めないメンタルサポート』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/gvLIcF

『宅建本試験☆絶対に諦めるな!今からが勝負だ!』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/lmpxfx

『宅建試験必勝対策☆前日・当日編』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/wBsKqT

『宅建もうやばい!今年の合格を絶対に決めるための逆転戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/zFgkj5

『宅建士試験!合格祈願御守り:神頼み、幸運、ツキ、ジンクス全てをあなたの味方に・・・』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/BfzyiM

●1ヶ月学習をアレンジしての活用も有効的です
『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

公開模試

今日は、9月8日です。
宅建試験まで、44日間となります。

公開模試受験での確認事項の続きです。

【模試受験での確認事項】

試験問題形式、解答用紙の確認と記入方法
試験問題の解き方練習
試験の雰囲気の場慣れ
時間配分の確認
解答後の見直し確認
マークシートの慣れ

今回は、「マークシートの慣れ」です。

マークシートについては、
皆さん、いろんな試験でなれているはずです。

慣れていて当たり前なのですが、
以外と後で、気になるものでもあります。

最初のマークシートをした段階では、
「鉛筆の色が薄い気がする?」
「ちゃんと機械が読み取ってくれるだろうか?」
       ↓
そこで、消しゴムで消してぬりつぶしのやりなおし。
       ↓
でも、まだ、なんか大丈夫かと気になる??


マークシート後に解答を修正する場合では、
消しゴムで消したけど、
「ちゃんと消えたかな・・?」
       ↓
更に、ゴシゴシ消すものの何か気になる。


基本的には、
鉛筆のHB、普通のプラスティクス消しゴムなら大丈夫です。


鉛筆は、1本と言わず2本、3本。
(鉛筆削り器も)
プラスティクス消しゴムは、新品を2個。

使い慣らした消しゴムは、逆によくありません。
消した時に、消しゴムの汚れがつき、
ますます気になっていきます。


毎年、宅建試験後、
マークシートのことについて、悩む方がいらっしゃいます。

ですから、用具の準備はきっちりとしていたら、
絶対、大丈夫です。

また、マークシートに転記するときも、
落ち着いてやれば大丈夫です。

もちろん、マークシート転記後の
再確認も忘れずに!!

LECさんの公開模試の申込は、こちらを参照。
(通学での模試参加は、LEC各校での申込み必要です)
   ↓  ↓
http://www.lec-jp.com/school/index.html


通信の模試の申しこみは、こちらへ。
   ↓  ↓
通信講座のお申込は、LEC東京リーガルマインド

人気ブログランキング参加中、1クリックよろしくお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しました、 こちらもポチっとお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今日は、9月7日です。
宅建試験まで、45日間となります。

公開模試受験での確認事項の続きです。

【模試受験での確認事項】

試験問題形式、解答用紙の確認と記入方法
試験問題の解き方練習
試験の雰囲気の場慣れ
時間配分の確認
解答後の見直し確認
マークシートの慣れ

今回は、「解答後の見直し確認」です。

問題を50問終わった後、
さあ、マークシートに転記したい気分になるはずです。

残り時間が後5分しかない場合は、
すぐに転記してください。

通常は、残り時間が10分〜20分
(人によっては、30分位)あるはずですから、
1問目から順にざっと見直してください。

見直しのポイントは、
考え直して、解答を変えることではありません。

あきらかな間違いを、マークシート転記の前に、
見つけるためです。

例えば、
問題が、まちがった解答肢を選びなさいといっているのに、
正しい解答肢を正解にしようとしていないか?

何か数値や用語を勘違いをしているものはないか?

解答肢を迷った問題で、
まちがった方を正解にしていないか?


ここで、断言できることは、
正解を変更する場合は、
よほどの確信がない限りは、
変えないほうがいいと思います。

私自身の経験では、見直しの段階で変えてしまったため、
4点をロスしました。

4点です。

普通なら、泣くに泣けない結果になって当然です。
(受かったからこそ言える、笑い話ですが・・)

最初に問題を解いた時の解答、
苦しんで正解肢を導きだした解答、
ファーストインスピレーション⇒直感での解答が、
案外、正しいのです。

正解肢を変えて泣くよりも、
自分の直感を信じて、最後まで初心貫徹した方が、
後悔はすくないと思います。

私が苦しんだ合格体験は、
メルマガのバックナンバー「私の合格体験記」を、
ご覧になってください。

メルマガバックナンバーは、こちらへ。

次回は、最終、「マークシートの慣れ」です。

LECさんの公開模試の申込は、こちらを参照。
(通学での模試参加は、LEC各校での申込み必要です)
   ↓  ↓
http://www.lec-jp.com/school/index.html


通信の模試の申しこみは、こちらへ。
   ↓  ↓
通信講座のお申込は、LEC東京リーガルマインド

人気ブログランキング参加中、1クリックよろしくお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しました、 こちらもポチっとお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今日は、9月6日です。
宅建試験まで、46日間となります。

公開模試受験での確認事項の続きです。

【模試受験での確認事項】

試験問題形式、解答用紙の確認と記入方法
試験問題の解き方練習
試験の雰囲気の場慣れ
時間配分の確認
解答後の見直し確認
マークシートの慣れ

今回は、「時間配分の確認」です。

試験時間120分を単純に50問で割ると、
1問あたり2.4分の時間配分になります。

しかし、これだと、時間ジャストとなってしまいます。

そこで、1問 2分とすると、
2分×50問=100分です。

残り時間は、20分です。

宅建業法からとき始めると、
問題によっては、1分か、それ以下の時間で解ける問題もあります。

法令上の制限でも、短時間でとける問題はあります。

宅建業法、法令上の制限で貯金した時間を、
権利関係に使ってください。

そうすると、余裕をもって、100分を使えます。

問題を解くときは、
1問1問とくたびに、マークシートしないでください。

50問の解答は、問題用紙に記入してください。
(解答記入のコツは、改めて別のコーナーで紹介します。)

50問の解き終わって、すぐにマークシートには、
解答を転記しないでください。

次に、やるべきことは、解答の見直しです。

次回へ。

LECさんの公開模試の申込は、こちらを参照。
(通学での模試参加は、LEC各校での申込み必要です)
   ↓  ↓
http://www.lec-jp.com/school/index.html


通信の模試の申しこみは、こちらへ。
   ↓  ↓
通信講座のお申込は、LEC東京リーガルマインド

人気ブログランキング参加中、1クリックよろしくお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しました、 こちらもポチっとお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今日は、9月5日です。
宅建試験まで、47日間となります。

公開模試受験での確認事項の続きです。

【模試受験での確認事項】

試験問題形式、解答用紙の確認と記入方法
試験問題の解き方練習
試験の雰囲気の場慣れ
時間配分の確認
解答後の見直し確認
マークシートの慣れ

今回は、「試験の雰囲気の場慣れ」です。

公開模試を受験する主要な目的の一つになります。

私が、受験した埼玉県の某大学での試験会場では、
最寄の駅から、人、人、人・・・
大学へ行く道路も、人、人、人・・・
大学の正門を入ってからも、人、人、人・・・
教室の中に入ると、もっと圧迫感がありました。

大きい会場では、とにかく、人だらけ・・・

そんな人にのまれた状態で試験開始になると、
結果はおのずとみえてしまいます。

そのため、試験の雰囲気の場慣れは必要なのです。
公開模試の会場は、宅建試験の会場程、
大きくない所が多いと思いますが、
できたら、試験会場に近い規模の教室があるところで、
受けた方が、実際と臨場感が近くなると思います。

公開模試の会場では、
実際の試験を受けることを、想定してください。

心を落ち着かせる⇒深呼吸。

周りの人を気にせず、自分自身に集中する。
⇒宅建試験は自分との戦いです。

とにかくにも、
集中、集中です。

LECさんの公開模試の申込は、こちらを参照。
(通学での模試参加は、LEC各校での申込み必要です)
   ↓  ↓
http://www.lec-jp.com/school/index.html


通信の模試の申しこみは、こちらへ。
   ↓  ↓

通信講座のお申込は、LEC東京リーガルマインド

人気ブログランキング参加中、1クリックよろしくお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今日は、9月4日です。
宅建試験まで、48日間となります。

公開模試受験での確認事項の続きです。

【模試受験での確認事項】

試験問題形式、解答用紙の確認と記入方法
試験問題の解き方練習
試験の雰囲気の場慣れ
時間配分の確認
解答後の見直し確認
マークシートの慣れ

今回は、「試験問題の解き方練習」です。

試験問題の解き方練習?
何の事か、わかりにくいですよね。

試験問題を解き方には、ある程度、基本的なテクニックがあります。

知ってて当たり前のことでも、知らない人にとっては、
不利なことになります。

特に、独学されている方は、情報がありませんので、
どうしても、世間一般常識的な解き方になります。

その常識的な解き方とは、
1問目から、順番に解く事です。

宅建試験においては、1問目から、
順番に解く方法は、良くない解き方です。

平成18年の問題を例にあげると、
1問〜16問目までが、民法を含む権利関係です。
17問〜25問目までが、法令上の制限です。
26問〜29問目までが、税その他です。
30問〜45問目までが、宅建業法です。
46問〜50問目までが、5点免除問題です。

1問目から、解く方は、
いきなり、民法からの問題解法スタートです。

民法、得意ですか?

得意と答える方は、少ないと思います。

得意な分野は何ですか?

そうですね。
宅建業法ですよね。

まずは、宅建業法、
平成18年で言えば、30問目からときはじめてください。

基本的には、
宅建業法→法令上の制限→税・その他→権利関係→5点免除問題、
の順番で言いと思います。

5点免除問題を権利関係の先に解いても、いいと思います。


私自身は、最初も模試では、1問目からしっかりと解きました・・・
独学だったので、常識的な解き方をしたのです。

あなたは、最初から、宅建業法を最初に解いてください。


LECさんの公開模試の申込は、こちらを参照ください。
(通学での模試参加は、LEC各校での申込み必要です)
   ↓  ↓
http://www.lec-jp.com/school/index.html

通信の模試の申しこみは、こちらへ。
       ↓  ↓

通信講座のお申込は、LEC東京リーガルマインド

人気ブログランキング参加中、1クリックよろしくお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しました、 こちらもポチっとお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ