宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●3ヶ月学習に役立つ電子書籍です
『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!: 3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52279384.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●1ヶ月学習をアレンジしての活用も有効的です
『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●メンタルも重要です。
 合格者から元気をもらおう!
『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓     ↓
   http://p.tl/p69w

●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

宅建学習について

宅建試験15日間逆転合格プラン4回目になります。

2006年版どこでも宅建 とらの巻」を3日間で読んだ後は、
今度は、2日間でもう一度、スピードを上げて読んで下さい。

「えっ!また読むの?」と思わないで下さい。
私達は、アインシュタイン博士のような1回読んだだけで、
覚えれるだけのIQを持っていません。
何事も繰り返しにより、頭の脳みそに記憶をたたきこんでいくのです。

それに、1回目よりは2回目の方が、読む速度は上がるはずです。
(人によっては、1日ですむかも知れません。)
意識的に速度を上げて読んでください。

学習時間についてですが、平日は4時間でしたが、
土日・祝日の休みは、10時間とってください。
「えっ、10時間も?」とまたまた思わないで下さい。

泣いても笑っても、後15日しかありません。

ここは、遊びも、旅行も、お酒も忘れて、学習に集中しましょう。

今の集中こそが、「宅建制す」につながります。

宅建試験15日間逆転合格プラン3回目になります。

さあ、今からが正念場です。
気合を入れなおして取り組みましょう。

具体的な最短学習法の紹介です。

宅建試験は、試験年度の受験者の正答度によって、合格点が決まります。
近年、35点を越えることは考えられないので、
合格点を35点と仮定します。

と言う事は、逆に考えると、15問不正解でも構わないと言う事です。
何度も言います。
15問も間違っていいのです。

そうです。
15問は、きっぱり捨てましょう。

捨てる分野は、権利関係です。
権利関係は、かなりの勉強をしてても誤答率が高いのが現実です。
事実、私も、結構間違えました。

短期学習の真骨頂は、やはり、暗記分野に絞るべきです。
ひたすら、暗記しましょう。
一夜漬けならぬ、15夜漬けです。

感のいい人ならわかると思いますが、
暗記=点数に反映しやすいのが、宅建業法になります。
次に、法令上の制限・税・その他になります。

「1に宅建業法、2に宅建業法、3・4がなくて、
             5に法令上の制限・税・その他です。」

ただし、権利関係を全く知らないのも困りますので、
前々回に紹介した「2006年版どこでも宅建 とらの巻」を使います。

さすがLECさん。頻度の高いものを集約させています。
項目や問題の選別は、プロ中のプロの任せて正解です。

まずは、「2006年版どこでも宅建 とらの巻」を徹底的に読みましょう。

学習時間は、平日4時間×3日=12時間を確保してください。
自宅だけで確保できない方は、あらゆる所で細切れ的でも良いので、
絶対確保してください。

通勤途中の電車の中、電車を待っている間、
会社での昼食時間、休憩時間。
営業マンなら、移動中の電車の中。商談の合間。
とにかく、とらの巻を読んで下さい。

さあ、スタートです

宅建試験15日間逆転合格プラン3回目になります。

さあ、今からが正念場です。
気合を入れなおして取り組みましょう。

具体的な最短学習法の紹介です。

宅建試験は、試験年度の受験者の正答度によって、合格点が決まります。
近年、35点を越えることは考えられないので、
合格点を35点と仮定します。

と言う事は、逆に考えると、15問不正解でも構わないと言う事です。
何度も言います。
15問も間違っていいのです。

そうです。
15問は、きっぱり捨てましょう。

捨てる分野は、権利関係です。
権利関係は、かなりの勉強をしてても誤答率が高いのが現実です。
事実、私も、結構間違えました。

短期学習の真骨頂は、やはり、暗記分野に絞るべきです。
ひたすら、暗記しましょう。
一夜漬けならぬ、15夜漬けです。

感のいい人ならわかると思いますが、
暗記=点数に反映しやすいのが、宅建業法になります。
次に、法令上の制限・税・その他になります。

「1に宅建業法、2に宅建業法、3・4がなくて、
             5に法令上の制限・税・その他です。」

ただし、権利関係を全く知らないのも困りますので、
前々回に紹介した「2006年版どこでも宅建 とらの巻」を使います。

さすがLECさん。頻度の高いものを集約させています。
項目や問題の選別は、プロ中のプロの任せて正解です。

まずは、「2006年版どこでも宅建 とらの巻」を徹底的に読みましょう。

学習時間は、平日4時間×3日=12時間を確保してください。
自宅だけで確保できない方は、あらゆる所で細切れ的でも良いので、
絶対確保してください。

通勤途中の電車の中、電車を待っている間、
会社での昼食時間、休憩時間。
営業マンなら、移動中の電車の中。商談の合間。
とにかく、とらの巻を読んで下さい。

さあ、スタートです

宅建試験15日間逆転合格プランの2回目です。

合格のイメージトレーニングだけでは、短期学習を克服をするのは、
かなり厳しいため、「マーフィーの法則」を取り入れます。

「マーフィーの法則」とは、
人間がもつ2つの意識(顕在意識と潜在意識)のうち、
潜在意識に意図的に働きかけることにより、顕在意識につたわり、
自然と創造どおりに具現化していくことです。

続きを読む

宅建試験15日間逆転合格プランの2回目です。

合格のイメージトレーニングだけでは、短期学習を克服をするのは、
かなり厳しいため、「マーフィーの法則」を取り入れます。

「マーフィーの法則」とは、
人間がもつ2つの意識(顕在意識と潜在意識)のうち、
潜在意識に意図的に働きかけることにより、顕在意識につたわり、
自然と創造どおりに具現化していくことです。
続きを読む

↑このページのトップヘ