宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●平成30年合格エールメール配信希望者募集中!
 10/1〜21まで毎日配信(無料)
 申込はこちらから。
  ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52282112.html

●9月以降の直前期に必読のシリーズ
『宅建試験本番!10の解答テクニックとコツ』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/bJIMMH

『宅建試験に向けて模試を100%活用する方法』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/dNDy3y

『宅建を絶対に諦めないメンタルサポート』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/gvLIcF

『宅建本試験☆絶対に諦めるな!今からが勝負だ!』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/lmpxfx

『宅建試験必勝対策☆前日・当日編』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/wBsKqT

『宅建もうやばい!今年の合格を絶対に決めるための逆転戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/zFgkj5

『宅建士試験!合格祈願御守り:神頼み、幸運、ツキ、ジンクス全てをあなたの味方に・・・』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/BfzyiM

●1ヶ月学習をアレンジしての活用も有効的です
『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

宅建学習について

宅建試験15日間逆転合格プラン3回目になります。

さあ、今からが正念場です。
気合を入れなおして取り組みましょう。

具体的な最短学習法の紹介です。

宅建試験は、試験年度の受験者の正答度によって、合格点が決まります。
近年、35点を越えることは考えられないので、
合格点を35点と仮定します。

と言う事は、逆に考えると、15問不正解でも構わないと言う事です。
何度も言います。
15問も間違っていいのです。

そうです。
15問は、きっぱり捨てましょう。

捨てる分野は、権利関係です。
権利関係は、かなりの勉強をしてても誤答率が高いのが現実です。
事実、私も、結構間違えました。

短期学習の真骨頂は、やはり、暗記分野に絞るべきです。
ひたすら、暗記しましょう。
一夜漬けならぬ、15夜漬けです。

感のいい人ならわかると思いますが、
暗記=点数に反映しやすいのが、宅建業法になります。
次に、法令上の制限・税・その他になります。

「1に宅建業法、2に宅建業法、3・4がなくて、
             5に法令上の制限・税・その他です。」

ただし、権利関係を全く知らないのも困りますので、
前々回に紹介した「2006年版どこでも宅建 とらの巻」を使います。

さすがLECさん。頻度の高いものを集約させています。
項目や問題の選別は、プロ中のプロの任せて正解です。

まずは、「2006年版どこでも宅建 とらの巻」を徹底的に読みましょう。

学習時間は、平日4時間×3日=12時間を確保してください。
自宅だけで確保できない方は、あらゆる所で細切れ的でも良いので、
絶対確保してください。

通勤途中の電車の中、電車を待っている間、
会社での昼食時間、休憩時間。
営業マンなら、移動中の電車の中。商談の合間。
とにかく、とらの巻を読んで下さい。

さあ、スタートです

宅建試験15日間逆転合格プラン3回目になります。

さあ、今からが正念場です。
気合を入れなおして取り組みましょう。

具体的な最短学習法の紹介です。

宅建試験は、試験年度の受験者の正答度によって、合格点が決まります。
近年、35点を越えることは考えられないので、
合格点を35点と仮定します。

と言う事は、逆に考えると、15問不正解でも構わないと言う事です。
何度も言います。
15問も間違っていいのです。

そうです。
15問は、きっぱり捨てましょう。

捨てる分野は、権利関係です。
権利関係は、かなりの勉強をしてても誤答率が高いのが現実です。
事実、私も、結構間違えました。

短期学習の真骨頂は、やはり、暗記分野に絞るべきです。
ひたすら、暗記しましょう。
一夜漬けならぬ、15夜漬けです。

感のいい人ならわかると思いますが、
暗記=点数に反映しやすいのが、宅建業法になります。
次に、法令上の制限・税・その他になります。

「1に宅建業法、2に宅建業法、3・4がなくて、
             5に法令上の制限・税・その他です。」

ただし、権利関係を全く知らないのも困りますので、
前々回に紹介した「2006年版どこでも宅建 とらの巻」を使います。

さすがLECさん。頻度の高いものを集約させています。
項目や問題の選別は、プロ中のプロの任せて正解です。

まずは、「2006年版どこでも宅建 とらの巻」を徹底的に読みましょう。

学習時間は、平日4時間×3日=12時間を確保してください。
自宅だけで確保できない方は、あらゆる所で細切れ的でも良いので、
絶対確保してください。

通勤途中の電車の中、電車を待っている間、
会社での昼食時間、休憩時間。
営業マンなら、移動中の電車の中。商談の合間。
とにかく、とらの巻を読んで下さい。

さあ、スタートです

宅建試験15日間逆転合格プランの2回目です。

合格のイメージトレーニングだけでは、短期学習を克服をするのは、
かなり厳しいため、「マーフィーの法則」を取り入れます。

「マーフィーの法則」とは、
人間がもつ2つの意識(顕在意識と潜在意識)のうち、
潜在意識に意図的に働きかけることにより、顕在意識につたわり、
自然と創造どおりに具現化していくことです。

続きを読む

宅建試験15日間逆転合格プランの2回目です。

合格のイメージトレーニングだけでは、短期学習を克服をするのは、
かなり厳しいため、「マーフィーの法則」を取り入れます。

「マーフィーの法則」とは、
人間がもつ2つの意識(顕在意識と潜在意識)のうち、
潜在意識に意図的に働きかけることにより、顕在意識につたわり、
自然と創造どおりに具現化していくことです。
続きを読む

宅建試験15日間逆転合格プラン1回目になります。

私自身も、1999年の試験で、見事一発合格しました。
私の場合は、学習期間3ヶ月の独学合格です。
3ヶ月独学の経験と、管理業務主任者試験の一発合格経験との、
ダブル合格の経験を活かせて、どのようしたら、
15日間での短期成果を出せるのかをアドバイスしていきます。

続きを読む

↑このページのトップヘ