宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●平成30年宅建試験、合否投票受付中です。
 ご投票ください。
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52284820.html

●アンケート実施中です。
(受験動機、合格発表後にすること、目指す資格、合格発表をみる方法、使用テキスト)
   ↓      ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52284432.html

●平成30年宅建合格体験記を募集します。
 ご協力お願いします。
   ↓      ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52284461.html

宅建取得後のスキルアップ

前回は、管理業務主任者を紹介いたしました。

今回は、マンション管理士になります。

マンション管理士は、
よく、管理業務主任者と対で考えられます。
試験範囲がラップする部分も多く、
試験も1週間差で実施されます。

マンション管理士の資格が誕生したのは、
管理業務主任者と同時期で、
その誕生した背景は、
管理業務主任者の時に紹介したとおりです。

※参照「宅建からのステップアップ☆管理業務主任者について


管理業務主任者がマンション管理のスペシャリストに対し、
マンション管理士は、マンションに関するトラブルに対して、
適切かつ的確なアドバイスができる専門家になります。

マンション管理士が登場するまでは、
トラブルといえばやはり弁護士に相談するというのが相場でしたが、
マンションの専門家ではない弁護士が、必ずしも的確な対応が
できるかというと、そうともいえない現状がありました。


さて、仕事内容は、どのようなことがあるのでしょうか?

マンション管理組合、区分所有者のアドバイザーもしくは、
コンサルタントになります。

管理業務主任者が、業務の独占資格なのに対し、
マンション管理士は、独占業務はありません。

但し、そこは士資格。

マンション管理士」という名称が独占資格なのです。


名称の独占なので、
実際の仕事については、外側からなかなか見えない側面があります。

そんな中で、昨年、
マンション管理士で独立開業して確実に成功する本』が、
発売されました。

この本を読むと、マンション管理士の現状がよく見えます。

仕事的には、まだまだ確率されたものではありませんが、
それだけに、今後の活かし方は、
あなたなりにできるのではないでしょうか?


最後に受験ですが、
管理業務主任者と1週間差に実施されるため、
同年に受けられる方もいます。

今の時期から学習するのであれば、
マンション管理士の学習からスタートさせ、
その後、管理業務主任者を始めるのが効率的には良いと思います。

試験範囲はラップしますが、
試験の視点は異にします。

その点だけは、誤解のないようにしてください。

一番確実な方法は、今年、管理業務主任者1本に絞ります。
合格後、マンション管理士受験に際して、5点免除されます。

宅建の時は、不動産実務にタッチしていない方には、
恩恵がなかった、あの5点免除がもらえるのです。

5点免除を活かして、
合格率一ケタ台のマンション管理士にチャンレンジすることを、
一番にお勧めします。

私自身は、マンション管理士は、
結局は受けませんでしたが、
管理業務主任者合格者なので、
いつしか、受験意志が芽生えたときは、この5点免除がいかせるのは、
うれしい限りです。

その時は、どこかの会場で、隣の席になるかもしれませんね。
そんな、偶然も素敵なことです。


人気ブログランキング参加中、今日も応援ポチお願いします!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しています、こちらも一緒に、ポチをお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


今週より、毎週、宅建資格をとってからの、
ステップアップについて考えていきたいと思います。

宅建資格をゲットしてから、どうするべきか?

一昔前なら、不動産鑑定士、司法書士、
行政書士といったところがまず先に思い浮かびますが、

2001年に、この資格が登場して以来、
俄然、この資格に注目が集まるようになりました。

この資格とは、
管理業務主任者、マンション管理士のことです。

今回は、管理業務主任者にスポットをあてます。


「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」が、
2001年8月に施行され、管理業務主任者が誕生しました。

まさに、21世紀になってからの資格です。

現状、多くの方が、マンションで生活をされています。
今現在も、マンションは新築されており、
その一方で、今後は、老朽化したマンションの数も、
年々拡大されています。

こんな状況の中で、
マンションでは、様々な問題が発生しています。

・修繕や建物維持に係わるトラブル
・管理業者の倒産によるトラブル
・ペットや音などの生活に関するトラブル・・・・

沢山の問題が、日々発生しています。

こうした問題に対応するため、
上記の「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」が、
施工され、マンション管理のスペシャリストとしての
管理業務主任者が生まれました。

管理業務主任者は、
登録された管理会社への配置を義務付けられています。
(30の管理組合に一人の管理業務主任者)

この点においては、
宅建取引主任者と似た側面をもっていますね。

管理業務主任者は、
管理会社の中に所属して、マンション管理のスペシャリストとして、
現場での役割を果たします。

宅建主任者に似ている点は、もう一つあります。

独占業務です。

・重要事項書面への記名押印
・説明会のの際の説明役
・管理委託契約書への記名押印
・管理報告

同じ主任者という言葉からして、
似ているのかもしれません。

私自信は、宅建資格取得の3年後位にとりましたので、
知識にブランクがあきましたが、
宅建合格後の翌年受験すれば、
効率よく、学習し、合格できると思います。

管理業務主任者は、仕事柄、
現行では、年配者、男性の方が主体ですが、
将来的には、ひょっとしたら、
男女同数位になっているかもしれません。

あなたも、今年、受験してみませんか?

まずは、資料請求から!
  ↓  ↓
スクール・通信講座の徹底比較!一括資料請求【無料】


人気ブログランキング参加中、今日も応援ポチお願いします!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しています、こちらも一緒に、ポチをお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


↑このページのトップヘ