宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

アウトプット学習のコツ

◎ブログ最新ニュース
●宅建メルマガ読者募集中!

 詳細と申込みはこちらから
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52231259.html

●宅建初受験、最初に読むべき電子書籍4冊です。
 『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓   ↓
 http://goo.gl/oHSEfz

 『宅建受験生必読!資格合格から未来像を描く成功鉄則20』
   ↓   ↓
 http://goo.gl/VW3WKR

 『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓   ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

 『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓   ↓
 http://p.tl/p69w

アウトプット学習のコツ☆苦手な問題の克服をどうするか?

アウトプット学習で、
よく間違う問題について、単に答練を繰り返すだけでなく、
インプットでの復習が必要になります。

インプットでの知識武装を再度注入すれば、
それなりに、わかるようになります。

しかし、それだけでは、
完璧とは言えないときがあります。


それは、苦手な項目、問題です。


インプットを入れた直後は、わかりますが、
歴史は繰り返されます。

つまり、
ある程度、間隔をおいて、もう一度、解いてみると、
魔力に吸い込まれるが如く、間違った方の答えに導かれるのです。

摩訶不思議ですが、
顕在的に対処はしても、
やはり苦手は苦手、あなた自身の潜在意識が拒絶しているのかも
しれません。

もちろん、解ける問題もあると思いますが、
間違う問題は、やはり間違うのです。


そういった場合、どうするか?


ゞ貅蠅別簑蠅鮗里討
 ⇒これも一手です。
  無理に、苦手な嫌な問題に執着することはありません。
  得意なものを、更に、パワーアップすることでカバーする。

⇔犹問題を解く
 ⇒これも有効です。
  ただ、類似問題を毎回探すのが、大変なものもあります。


*最後の方法です。
 カードを作ってみてください。
 持ち歩ける大きさのもので、
 表に、問題を書く。
 裏に、答えと解説、ポイントを書く。

*合わせて、類似問題、関連性のある問題をカードにする。

このカードに書かれた問題を、1週間に1回、解いてみてください。

細切れ時間の活用でいいです。


通常の時間を使うのは、もったないです。

この方法を取れば、本試験まで約7回はできます。

間隔をおいての7回ですから、まちがいなく、身につきます。

あなたの潜在意識に深く定着します。
苦手が好きな問題に変わっているかもしれません。

昨日の敵は、今日の友です。


人気ブログランキング参加中、目標宅建試験1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しています、こちらも一緒に、1クリックを忘れずに。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


アウトプット学習のコツ☆民法攻略、知ってて当たり前

アウトプット学習のコツの2回目です。

前回は、苦手の克服について書きました。

今回は、民法の攻略です。


アウトプット学習は、すき間時間や細切れ時間の活用には、
向いています。
とにかく、塵も積もれば山となる細切れ時間を活用することが、
効率、効果を上げることはまちがいありません。

後1問、後1問を繰り返していけば、
知らず知らずのうちに、結構な問題量をこなしていることに、
驚くことがあります。

さて、そんな超有効な細切れ時間活用ですが、
ある分野については、課題があります。

それは、もちろんわかりますね。

民法です。

特に、登場人物が沢山登場する問題では、
登場人物の相関関係を図で書かないと、わかりにくい問題があります。

立った状態で学習するケースがおおい、
すき間時間では、苦労する場面でもあります。

また、独学の人にとっては、
図を書くこと自体を知らない人も多いです。

事実、私が図を書く必要性を知ったのは、
公開模試に出たときです。

図を書くことは、それだけで、正解を導き出すことに有効なのです。


そこで、学習のポイントです。

。各に一回は、
 机・テーブルのある場所で、民法の問題を、図を書いて解く。

過去問集の余白に図をしっかり書き込む。

L簑蠅正しい解答肢を要求している場合は、
 問題文に大きく○をつける。
 問題が間違った解答肢を要求している場合は、
 問題文に大きく×をつける。
 これにより、明確に、その問題分が何を要求しているのかを、
 わかるようにする。

これにより、
2回目以降、同じ問題を解く場合、自分で書いた図をみながら
問題文を読むことにより、図を脳裏に焼き付けられる。

また、○×をつけることにより、
瞬時に、問題文の意図がわかるようになります。

○×をつけることは、本当に重要です。

特に、民法で有効です。

また、悩んでいる問題でも有効です。
悩んでいると、正しい肢が答えなのか、
間違いの肢が答えなのか、わからなくなるときがあります。
そんなとき、つい、うっかり、勘違いしやすいのです。

それが、宅建試験本試験での魔力です。

普段では、考えられないことが、
起こるのです。

問題文の意図と逆な解答肢を正解として、
間違って導き出したりするのです。

○×をつけて問題の意図を明確にすること。


日頃からの習慣づけが必要なのです。

民法は、図を書く習慣を必ずつけましょう。


これにより、
難しい問題をゲットできたりしますし、
基本問題を落とさずにすみます。

本当ですよ。


必ず、実行してください。


人気ブログランキング参加中、目標宅建試験1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しています、こちらも一緒に、1クリックを忘れずに。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


アウトプット学習のコツ☆民法攻略、知ってて当たり前

アウトプット学習のコツの3回目です。

前回に引き続き、民法のアウトプット学習のコツについて話します。

民法学習において、

・登場人物の相関関係を図に書くこと、
・3日に1回は、机やテーブルのある所で図を書くこと、
・過去問集の問題の余白に直接書くこと、
・問題分に○×をつけること。

を紹介しました。

これは、ある意味、最低限、問題を解く上で必要なことでもあります。


残念なことに、
Bランク、Cランクの問題となると、
図を書いてもわからない問題があります。

Bランクについては、
繰り返し学習していくしかありません。

が、有効な対策方法があります。

それは、どうするかと言うと・・・・


カードを作成してください。


よく間違う問題、苦手な問題等に作成してください。

よくわからない問題こそ、真価を発揮します。

カードの表に、問題文、相関関係の図、○×を書く。

カードの裏に、正解肢と説明、ポイントを書く。


カードは、持ち運べて、
電車の中等、細切れ時間にさっと取り出せる大きさにする。

カード1枚に、1つの問題とする。
(複数の問題を書かない。)


不得意の一つ一つを、攻略していきましょう。

不得意を普通に変える。
場合によっては、得意に変えることにより、
得意問題の項目を増やしましょう。

民法については、苦手にしている人が多いです。
私もそうでした。


でも、みんなが苦手だからこそ、
差を広げるチャンスであり、
苦手な民法を克服すれば、
多少、法令上の制限で失敗しても、
民法に救われる、なんてことになったりします。

普段は駄目なのに、
試験本番では、Cランクの問題を、なんなくとけたりするのです。

あなたも、不得意=苦手を得意に変えてみませんか?

こんなことができるのも宅建試験の民法ならではです。

もちろん、民法に深入りしないでくださいね。
宅建試験では、それ程、深い知識は要求されません。

民法が好きになった人は、試験後にじっくり取り組んでください。

今は、宅建試験に合格する知識で十分です。


人気ブログランキング参加中、目標宅建試験1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しています、こちらも一緒に、1クリックを忘れずに。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


アウトプット学習のコツ☆宅建業法はスピードが鍵

アウトプット学習のコツの4回目です。

今回は、宅建業法アウトプット学習のコツについて話します。

宅建業法は、ダントツの得点源になります。

平成18年・19年宅建試験を見た場合、


              【平成18年】 【平成19年】
Aランク:基本問題       12問          10問
Bランク:やや難しい問題     3問      6問
Cランク:難しい問題       1問      0問
            (合計)16問     16問

圧倒的に、基本問題が多く、
難しい問題であるCランクは、わずか1問だけです。
(平成19年は0です)

そのため、
確実に、基本問題、やや難しい問題を正答していくことが重要です。

それと、
問題を解くリズムも大事です。

テンポよく解けば、宅建業法の問題は、
ハイスピードで解ける問題が多いです。


よって、宅建業法のアウトプット学習でのポイントは、

_甬醋笋鬟謄鵐櫃茲、早く解くようにする。
 通勤電車の中で、各駅停車なら、1駅1問、1駅2問といったように、
 駅間を活用して、リズミカルに問題を解く。

罰則など、数値を覚える事項は、自分なりの語呂合わせの活用と、
  カードを作って覚える。

B襍業法の過去問の回転数は、他の分野よりも増やす。
  他分野が3回転なら、宅建業法は5回転。
  他分野が5回転なら、宅建業法は10回転。

げ鹽召里気司は、1回目より2回目、
  2回目より3回目の回転させるスピードを意識的に上げること。

  回転させれば、させるほど着実に実力がつきます。
 
  多回転させる場合、3回転に1回くらいは、
  テキストの読み直しか、間違った問題の関連項目を読み直すことを
  おすすめします。
 
  宅建業法の目指す得点は、ズバリ16点、満点です。

 決して、狙えない得点ではありません。

  宅建業法で高得点を取れば取るほど、
  自信につながりますし、
  他の分野も余裕をもって解けます。

 この心の余裕が大事なんです。


人気ブログランキング参加中、目標宅建試験1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しています、こちらも一緒に、1クリックを忘れずに。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


アウトプット学習のコツ☆法令上の制限、短期集中

今日は、10月2日です。
すでに、10月ですね。

宅建試験まで、後16日です。

アウトプット学習のコツの5回目(最終回)です。

今は、アウトプット真っ只中の方も多いと思います。
今回は、今からの実力アップも可能な法令上の制限の
アウトプット学習のコツについて話します。


法令上の制限は、用語や数値が沢山登場します。

自分なりに、うまく工夫、体で覚えていくことが大事です。

宅建業法は、誰もが得意分野です。
法令上の制限の出来が、宅建試験の合格基準点突破に影響します。

それは、得点しやすいようで、間違えやすいのです。
いわゆる勘違いをしやすいのが特徴です。

正しく理解していれば、何でもないことなのに、
用語の意味や数値がはっきり思い出せないときがあるのです。

一旦迷いだすと、
不思議と、間違った方向に吸い込まれていきます。

一通り解き終わった後で、解答を見直したときに、
判断を迷い、結局、答えを修正して、間違えたなんてことになります。

経験した私が言っているのですから、
間違いありません。

明暗を分ける法令上の制限。
自分の味方にしっかりつけましょう。


法令上の制限のアウトプット学習でのポイントは、

ー尊櫃侶物、風景をみて、できるだけ右脳を使ってイメージ
 しながら脳に記憶を植えつける。
 あなたの目(レンズ)で、右脳のカメラを使って、
 パッシャ、パッシャと撮ってください。
 
過去問で間違えた問題は、間違え問題の解説を読むだけでなく、
 関連する用語、数値をまとめて復習する。

数値は、カードを活用する。
 特に、カードは、関連する数値一覧表作成だけでなく、
 見方をいくつか変えてのカードを作成する。
 特に、間違えやすい数値には、効果あり。

ぢ襍業法同様、回転させるスピードを上げること。
 右脳で覚えたことは直感的に解答ができます。
 *下手に左脳を使って、考えすぎないことです。


私自身、数値では、建築基準法の防火・準防火をよくまちがえました。

学習しているときは、結構、自信あるのに、何故か間違えてしまう。
これは、もう理屈では語れません。

そのため、いろんな角度から、数値を引っ張りだせるようにしたのです。
それにより、パーフェクトになりました。

一応、建築学科出身なので・・・・・

でも、宅建問題を解くのに、建築出身、法科出身は関係ありませんよ。

下手な余計な知識がない方が学習はしやすいです。

ですから、あまり深く考えないで、
右脳をしっかり使ってくださいね。

通勤の電車から見る光景の中にも、
沢山のイメージングのヒントが隠されています。

もちろん、あなたが勤める会社周辺にもあります。


人気ブログランキング参加中、目指せ宅建試験1ポチお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しています、こちらも一緒に、1クリック!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


Categories
Amazonライブリンク