宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●3ヶ月学習に役立つ電子書籍です
『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!: 3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52279384.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●1ヶ月学習をアレンジしての活用も有効的です
『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●メンタルも重要です。
 合格者から元気をもらおう!
『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓     ↓
   http://p.tl/p69w

●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

宅建お悩み相談

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

「私は勉強が苦手です。頭も悪いし、テキストや問題集だけで
           手一杯で振り回されている状況です。」


宅建試験に合格されている方の中には、
勉強が苦手な方もいます。


頭の良し悪しは、直接の要因になりません。

頭が良くないと感じているいる方も結構いるのではないかと思います。

私自身も頭が良いとは思っていません。

ですから、自分に劣等感を抱くのはやめましょう。


また、テキスト・問題集も手を広げる必要はありません。
(但し、出る順などのように最低限の過去問ボリュームは必要です)


時折、過去の宅建試験後から合格発表までのコメントを読み返すことが
あります。


試験直前のコメントを読み返すこともあります。


その時々の試験によって、試験後の心の揺れ方に変化はありますが、
試験前においては、いつの時期でも同じだと感じます。


私が直近の試験前で強く印象に残っているのは、
平成21年宅建試験でリベンジされた方のコメントです。


そのコメントを読むと、
昨年の出来事のように思い出されます。


その方は、出る順に絞り過去問を繰り返し繰り返し
回転させていました。

回転させている途中で、やはり不安になり、
ほかの問題集に手を広げなくて大丈夫かと
コメントされたりもしました。


そして宅建試験本番を迎えました。


しかし、宅建試験後、なかなかコメントがなく心配していました。


後のコメントでわかったことですが、
どうやら、試験時にできたという感触がなく、
自己採点をためらっていたのでした。


でも、私からの励ましもあり、
勇気を出して自己採点をされました。


結果は、40点オーバー。


後でわかったことですが、
その方は、最終的には過去問(出る順)を12回転させていました。


12回転ですよ。

そりゃ、実力も知らず知らずについて当然です。


宅建試験では、必ずといっていいほど、見慣れない問題が出ます。


でも、基本ができていれば、それなりに苦しみながらも対処して
いけるケースがあります。


その基本をつけるのが、過去問の繰り返しなのです。


学習の手を広げ、たくさんのいろんな問題にチャレンジすることが
いいことと受け止められると思います。

確かに間違いではありませんが、
時間が限られた方にとっては、大変難しいことになります。

それよりも限られた時間の中で、
基本を中心に完全習得していくほうが結局は合格の早道になるのです。


宅建合格に満点は必要ありません。

45点も必要ありません。

40点、結果的にそうなればいいです。


最終的には、合格基準点を超え、
できればボーダーラインより上にくる点数であればいいのです。


そのために、学習はシンプルにするのが一番です。


出る順でいえば、3回転がひとつの目安になります。

全部3回転無理なら、特A、A、Bだけでも3回転させてください。

できれば、細切れ時間を活用して、
特A・A⇒5回転、B⇒3回転にチャレンジしてください。


気がついたら、特A・Aだけは10回転やっていた、
なんてことも考えられますよ。


とにかく、まずは、頑張ることです。


あなたにも必ずできます。


自分に自信をもって!


自分の力を信じよう!!


本日でお悩み相談に関する記事は最後になります。

目指せ、宅建合格、応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
平成26年宅建試験 に参加中!


宅建受験
にあたり、独学で受験される方は一人で思い悩んでいる方も
結構います。

ヤフー知恵袋などを活用される方もいることが、事実を物語っています。

学習というものをなめてかかるとしっぺ返しにあいますし、
かといって身構えるものではありません。

学習は勉強と違って主体的にやるものです。
であるなら、楽しくするべきです。
苦痛な学習をすべきではありません。

学習を楽しくする。
そのためには工夫が必要です。

宮嵜さんのユーチューブがヒットしたのは、
そのあたりでしょうね。

楽しく学習という点では、宮嵜さんとも考えは一致していると思います。

さて、過去いろんな相談に私ものってきました。
カウンセリングをしていると、最初の段階で答えが見えている場合が
多いです。

みなさん、自分の事情は一番自分がわかっているのです。
でも、決断できない。
自分の考えが正しいのかどうか?
そのまま突き進めていいのかどうか?

その場合の私の答えは、優しくあなたの背中を押してあげることです。
もちろん、押すのは最初だけ・・・後は自分の力で歩いていってほしい。
もし、つまずいたら、一人悩まず声をかけてほしい。
いつでも、飛んでいくから・・・

こういうスタイルで学習相談は進めていきます。

では、ここで過去の一般的な相談事例を2つ紹介します。

(事例1)
【Q1】学習は、大学卒業以来です。
    テキストを開いて学習を始めようとするのですが、
    なかなか先へ進めません。
    気ばかり、あせってしまいます。
    なにか良い学習のコツがあれば教えてください。         
                         (Aさん:男性)

《A1》私も、宅建学習を始めた時は、テキスト(権利関係)を買って、
    しばらくの間、本棚の隅でほこりをかぶった状態になっていまし
    た。
    試験までまだ相当の期間があったのと、法律系のテキスト内容に
    馴染めず、スタートが切れなかったのです。

    どの分野からスタートされたのかわかりませんが、
    一番、とっつきやすい宅建業法から学習してみてください。
    学習というよりも、本を読む感覚でいいと思います。

    最初は、本を読むことすら苦痛かもしれませんが、
    徐々に慣れてきます。

    特に、宅建業法関連は、自分がこれから取得する宅地建物取引
    主任者についても書かれていますので、興味もひきやすいですし、
    読みやすいと思います。

    自分の脳に、言い聞かせるように読んでいってください。
     
    それと、大事なことは、やはり気持ちの問題です。
    これから、少なくとも宅建試験までの間は、
    考え方は、ポジティブにしてみてください。
    「僕は、できない」が前提となると、なかなか伸びていきません。
    仕事上においても、素直な人はどんどん伸びていきます。
     
    自分を残り4ヶ月間ちょっと、のせていく工夫をしてみてください。

    まずは、学習環境づくりからですよ。


(事例2)
【Q2】仕事が忙しくて、なかなか勉強時間が確保できません。
    勉強できる日もあれば、できない日もある。
    できない日の翌日は頑張ろとしますが・・・        
                         (Sさん:女性)

《A2》勉強時間の確保は、それぞれ一人一人のの仕事環境、通勤方法、
    生活環境により千差万別であり、自分なりに工夫して考える
    しかないのが現実です。
  
    私が実際にやった学習時間の確保は、
    サイトにて紹介していますが、

    (平日)

     夜 ⇒ 自宅で布団を敷いた上(寝る前)
     朝 ⇒ 電車通勤時、乗り換え電車待ち時
     昼 ⇒ 昼休み、営業での電車移動の中、電車を待っている
         ホーム上、営業での空き時間
     夕方⇒ 帰宅時の電車の中、仕事がやや速く終わった場合、
         帰宅途上のコーヒーショップ

     出張⇒ 移動電車、フェリー、飛行機の中、宿泊先のホテル
     
     (休日)

     朝 ⇒ リビング
     夜  ⇒自宅で布団を敷いた上(寝る前)

     (旅行中)

     1泊2日で海水浴に行った時は、家族が寝ている早朝にも
     学習しました。

     3ヶ月学習でしたので、とにかく、細切れ時間のフル活用でした。

     とにかく、継続することです 
     例え1分でもいいです。
     疲れている時、酔っ払っている時でもテキストを広げてください。
     途中で寝てしまってもOKです。
 
     どんな時でも、テキストを開く癖と、
     自分自身へ意識づけが重要なのです。


この代表的な事例については、電子書籍にもまとめています。
『宅建お悩み相談!問題解決のための22の事例』
現在再編集を進めています。
再編集後は、値下げの予定です。(100円)

気軽に読んでほしい願いもこめて値下げに踏み切ります。

もちろん現行価格は200円ですので・・・
それでも購入していただける方は、とてもうれしいですね。
 


今年の自分の目標達成・宅建合格に向けて、応援クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログ村への応援もお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建試験 に参加中!
先日、東京での宅建学習相談他お悩み相談を募集し、
メール相談、カウンセリング、アドバイスを実施しています。

お話していると、目から鱗の方が多いらしく、
満足いただいています。

そこで、お知らせです。

11/14(金)に所用で大阪に行きますので、
そのまま宿泊して、翌日11/15(土)にカウンセリング・アドバイスを
行いたいと思います。

場所は、梅田か難波あたりのホテルロビーか喫茶店を利用します。

折角の機会ですので、活用ください。

募集内容としては、前回どおりです。


まずは、既に来年宅建リベンジに向けてスタートされる方、
来年初受験される方に向けてのご案内です。

平成27年版のテキストや問題集などは今後発売されていきますが、
その間を利用してリベンジの方は今年の学習を振り返って、
カウンセリングやアドバイスを希望される方はいませんか?

まずは自分で自分自身の足跡を分析することが大事ですが、
なかなか自分のことになると適切に判断できない面もあります。
そうした場合、客観的に第3者からみたアドバイスは、
自分では気づかないところを教えることができますので、
今後の学習を構築していく上では大変有効になります。

また自分の今置かれている環境を話すことによって、
気持ちも楽になります。

私自身それなりに苦労していますので、
その苦労を乗り越えた経験は、
あなたにとって必ずお役立ちできます。

独学されてきた方にとっては、
なかなか今まで相談する機会はなかったと思います。
試行錯誤は素晴らしいことですし、
その中で見つけた答えはあなたのこれからの大事な指針に
なることでしょう。

一方では、なかなか方向性や答えを見いだせない方もいます。

流されるままに予備校に通う。
皆がいいというから通信講座に申し込む。

これでは、成果はなかなかでません。

実際、宅建フェスティバル参加者やセミナー、
メール相談・カウセリングで話をきいてみると、
私が思っていると意図と違う解釈をされたり、
学習の突っ込み方や突っ込む箇所を間違えていたり、
もったいなく感じることが多々あります。

学習のポイントを間違えなければ遠回りすることがないのに、
これは毎年感じることです。

どうしても、学習環境や本人の状況は人それぞれです。

総体的なことはブログでもいいのですが、
個別に対応しないとより適切なアドバイスがしにくいの現状です。

個別で相談にのってこそ、最適なアドバイスができる。

特にメンタル面は、徐々にあなたの心を蝕んでいきます。
気がついた段階ではなかなか修正しにくいのも現実です。

心や気持ちの問題は、短期では克服しにくいものです。

できるだけ早いうちに、
対処していくことが最善の解決策につながっていきます。

日本人は哀しからずやどうしても、
このメンタルを軽視しがちになります。

占いとかお参りとかは熱心なのに、メンタル=精神論と考えてしまう
からかもしれません。

たるんでる・・・とか、
甘ったれるな・・・とか、

簡単に一言で終わらせてしまうことがありますよね。
ここにくすぶる要因が隠されています。

某オリンピックでも、
某競技の監督がメンタル面が駄目だったと反省の弁を述べられていましたが、
その競技は本来メンタル面が充実していて当たり前と一般的に見える競技です。

それが、こういう現実ですから・・・
やはりメンタルはなめてはいけません。

メンタルを含めてお気軽に相談ください。

流石に時間の切り売りなので無料とはいきませんが、精一杯対応させていただきます。


概要を記載します。

【メール相談】 

・メール相談1件で3,000円→※初回のみ1,000円

【カウンセリング・アドバイス】 

・カウンセリング場所は、大阪梅田、難波あたりを予定しています。

 時間は、11/15(土)10:00〜16:00の間に
  1〜2時間程度になります。 
 (延長も可能です。)

  1時間1,000円(特別価格)
 (飲み物は別途、ランチ時間を希望する場合はランチ代をご負担ください) 
  
 *お子さん連れでもOKです。 
 *ベビーカーでの小さいお子さんと一緒でもOKです。 
 *友達と一緒でもOKです。(最大3人まで、友達を含めて1H単位1,000円です。) 
 *ご夫婦でもOKです。(ご夫婦で、1H単位1,000円です。) 

 希望される場合は、テキストを書店に一緒に選びに同行することも可能です。 
 現物を手にとっての話が一番はやいですからね。 



最後にボーダーライン上で不安なあなたのためにも、
リアルカウンセリングを実施します。

こちらに関しては、ボーダーラインの方へのサービスとして無料とします。
(飲物代のみご負担ください。ランチ時間を希望する場合はランチ代をご負担ください)

2名限定です。
 
一人でも悶々としているより、話した方が楽ですよ。
是非、気軽にご利用ください。



 宅建絶対合格、応援クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、あなたの合格を信じて。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建試験 に参加中!
宅建受験にあたり、独学で受験される方は一人で思い悩んでいる方も中にはいると思います。

ヤフー知恵袋などで質問をされている方もみかけます。

学習というものをなめてかかるとしっぺ返しにあいますし、
かといって身構えるものでもありません。

学習は勉強と違って主体的にやるものです。
であるなら、楽しくするべきです。
苦痛な学習をすべきではありません。

学習を楽しくする。
そのためには工夫が必要です。


さて、過去いろんな相談に私ものってきました。
カウンセリングをしていると、最初の段階で答えが見えている場合が
多いです。

みなさん、自分の事情は一番自分がわかっているのです。
でも、決断できない。
自分の考えが正しいのかどうか?
そのまま突き進めていいのかどうか?

その場合の私の答えは、優しくあなたの背中を押してあげることです。
もちろん、押すのは最初だけ・・・後は自分の力で歩いていってほしい。
もし、つまずいたら、一人悩まず声をかけてほしい。
いつでも、飛んでいくから・・・

こういうスタイルで学習相談は進めていきます。

では、ここで過去の一般的な相談事例を2つ紹介します。

(事例1)
【Q1】学習は、大学卒業以来です。
    テキストを開いて学習を始めようとするのですが、
    なかなか先へ進めません。
    気ばかり、あせってしまいます。
    なにか良い学習のコツがあれば教えてください。         
                         (Aさん:男性)

《A1》私も、宅建学習を始めた時は、テキスト(権利関係)を買って、
    しばらくの間、本棚の隅でほこりをかぶった状態になっていまし
    た。
    試験までまだ相当の期間があったのと、法律系のテキスト内容に
    馴染めず、スタートが切れなかったのです。

    どの分野からスタートされたのかわかりませんが、
    一番、とっつきやすい宅建業法から学習してみてください。
    学習というよりも、本を読む感覚でいいと思います。

    最初は、本を読むことすら苦痛かもしれませんが、
    徐々に慣れてきます。

    特に、宅建業法関連は、自分がこれから取得する宅地建物取引
    主任者についても書かれていますので、興味もひきやすいですし、
    読みやすいと思います。

    自分の脳に、言い聞かせるように読んでいってください。
     
    それと、大事なことは、やはり気持ちの問題です。
    これから、少なくとも宅建試験までの間は、
    考え方は、ポジティブにしてみてください。
    「僕は、できない」が前提となると、なかなか伸びていきません。
    仕事上においても、素直な人はどんどん伸びていきます。
     
    自分を残り4ヶ月間ちょっと、のせていく工夫をしてみてください。

    まずは、学習環境づくりからですよ。


(事例2)
【Q2】仕事が忙しくて、なかなか勉強時間が確保できません。
    勉強できる日もあれば、できない日もある。
    できない日の翌日は頑張ろとしますが・・・        
                         (Sさん:女性)

《A2》勉強時間の確保は、それぞれ一人一人のの仕事環境、通勤方法、
    生活環境により千差万別であり、自分なりに工夫して考える
    しかないのが現実です。
  
    私が実際にやった学習時間の確保は、
    サイトにて紹介していますが、

    (平日)

     夜 ⇒ 自宅で布団を敷いた上(寝る前)
     朝 ⇒ 電車通勤時、乗り換え電車待ち時
     昼 ⇒ 昼休み、営業での電車移動の中、電車を待っている
         ホーム上、営業での空き時間
     夕方⇒ 帰宅時の電車の中、仕事がやや速く終わった場合、
         帰宅途上のコーヒーショップ

     出張⇒ 移動電車、フェリー、飛行機の中、宿泊先のホテル
     
     (休日)

     朝 ⇒ リビング
     夜  ⇒自宅で布団を敷いた上(寝る前)

     (旅行中)

     1泊2日で海水浴に行った時は、家族が寝ている早朝にも
     学習しました。

     3ヶ月学習でしたので、とにかく、細切れ時間のフル活用でした。

     とにかく、継続することです 
     例え1分でもいいです。
     疲れている時、酔っ払っている時でもテキストを広げてください。
     途中で寝てしまってもOKです。
 
     どんな時でも、テキストを開く癖と、
     自分自身へ意識づけが重要なのです。


この代表的な事例については、電子書籍にもまとめています。
よければ、参考になさってください。

宅建を通じてのご縁に感謝、応援クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログ村も併せて、応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建初受験にあたり、独学で受験される方は一人で思い悩むことがあると思います。
学習一つとってもみても、今始める方法が自分にあっているのかどうかなど・・
特に、地方にいると情報が入りにくいので当然だと思います。

ネットでもみても情報がありすぎて、どれが自分にマッチングするのか?
判断できない場面が多いと感じます。


そのためか、ヤフー知恵袋などで質問をされている方もみかけます。

学習というものをなめてかかるとしっぺ返しにあいますし、
かといって身構えるものでもありません。

学習は勉強と違って主体的にやるものです。
であるなら、楽しくするべきです。
苦痛な学習をすべきではありません。

学習を楽しくする。
そのためには工夫が必要です。

さて、過去いろんな相談に私ものってきました。
カウンセリングをしていると、最初の段階で答えが見えている場合が
多いです。

みなさん、自分の事情は一番自分がわかっているのです。
でも、決断できない。
自分の考えが正しいのかどうか?
そのまま突き進めていいのかどうか?

その場合の私の答えは、優しくあなたの背中を押してあげることです。
もちろん、押すのは最初だけ・・・後は自分の力で歩いていってほしい。
もし、つまずいたら、一人悩まず声をかけてほしい。
いつでも、飛んでいくから・・・

こういうスタイルで学習相談は進めていきます。

では、ここで過去の一般的な相談事例を2つ紹介します。

(事例1)
【Q1】学習は、大学卒業以来です。
    テキストを開いて学習を始めようとするのですが、
    なかなか先へ進めません。
    気ばかり、あせってしまいます。
    なにか良い学習のコツがあれば教えてください。         
                         (Aさん:男性)

《A1》私も、宅建学習を始めた時は、テキスト(権利関係)を買って、
    しばらくの間、本棚の隅でほこりをかぶった状態になっていまし
    た。
    試験までまだ相当の期間があったのと、法律系のテキスト内容に
    馴染めず、スタートが切れなかったのです。

    どの分野からスタートされたのかわかりませんが、
    一番、とっつきやすい宅建業法から学習してみてください。
    学習というよりも、本を読む感覚でいいと思います。

    最初は、本を読むことすら苦痛かもしれませんが、
    徐々に慣れてきます。

    特に、宅建業法関連は、自分がこれから取得する宅地建物取引
    主任者についても書かれていますので、興味もひきやすいですし、
    読みやすいと思います。

    自分の脳に、言い聞かせるように読んでいってください。
     
    それと、大事なことは、やはり気持ちの問題です。
    これから、少なくとも宅建試験までの間は、
    考え方は、ポジティブにしてみてください。
    「僕は、できない」が前提となると、なかなか伸びていきません。
    仕事上においても、素直な人はどんどん伸びていきます。
     
    自分を残り4ヶ月間ちょっと、のせていく工夫をしてみてください。

    まずは、学習環境づくりからですよ。


(事例2)
【Q2】仕事が忙しくて、なかなか勉強時間が確保できません。
    勉強できる日もあれば、できない日もある。
    できない日の翌日は頑張ろとしますが・・・        
                         (Sさん:女性)

《A2》勉強時間の確保は、それぞれ一人一人のの仕事環境、通勤方法、
    生活環境により千差万別であり、自分なりに工夫して考える
    しかないのが現実です。
  
    私が実際にやった学習時間の確保は、
    サイトにて紹介していますが、

    (平日)

     夜 ⇒ 自宅で布団を敷いた上(寝る前)
     朝 ⇒ 電車通勤時、乗り換え電車待ち時
     昼 ⇒ 昼休み、営業での電車移動の中、電車を待っている
         ホーム上、営業での空き時間
     夕方⇒ 帰宅時の電車の中、仕事がやや速く終わった場合、
         帰宅途上のコーヒーショップ

     出張⇒ 移動電車、フェリー、飛行機の中、宿泊先のホテル
     
     (休日)

     朝 ⇒ リビング
     夜  ⇒自宅で布団を敷いた上(寝る前)

     (旅行中)

     1泊2日で海水浴に行った時は、家族が寝ている早朝にも
     学習しました。

     3ヶ月学習でしたので、とにかく、細切れ時間のフル活用でした。

     とにかく、継続することです 
     例え1分でもいいです。
     疲れている時、酔っ払っている時でもテキストを広げてください。
     途中で寝てしまってもOKです。
 
     どんな時でも、テキストを開く癖と、
     自分自身へ意識づけが重要なのです。


この代表的な事例については、電子書籍にもまとめています。
『宅建お悩み相談!問題解決のための22の事例』
よければ、参考になさってください。



本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ