宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●3ヶ月学習に役立つ電子書籍です
『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!: 3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52279384.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●1ヶ月学習をアレンジしての活用も有効的です
『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●メンタルも重要です。
 合格者から元気をもらおう!
『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓     ↓
   http://p.tl/p69w

●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

宅建お悩み相談

宅建試験・学習に関しての相談コーナーです。

11回目になります。

今回のお悩みはこちらです。


【Q11】宅建の過去問を解いていると、同じ問題を何度も間違えます。
     私の覚え方がだめなんでしょうか?

                         (Oさん:女性)

《A11》そんなに、悲観しなくても大丈夫です。
     誰にでも、よくあることです。

     私だって、同じ問題をよく間違いました。
     類似問題も、うまく出題者の術中にはまって間違えました。


     さすがの前向きな私も情けなくなりました。
     (今ほど、前向きではありませんでしたが・・)


     今のあなたとおんなじですね。


     それでも、合格できているのです。

    
     よく間違う問題が難易度の高い問題だったら、
     思い切って捨ててください。


     宅建試験は4肢からの選択なので、
     運がよければ、確率1/4で拾えます。


     よく間違う問題が基本的な問題なら、
     その問題だけを全文、暗記するくらいの気持ちで、
     何度も何度も、繰り返し繰り返しやってみてください。

     何度もやれば、問題に対する違和感もなくなりますし、
     問題と答えを完全に覚えているので、
     絶対に間違うことはありません。

     覚えてしまっては意味ないんじゃないの?

     そんなことはありませんよ。

     もともと学習は、教えられたことを忠実に守ることから
     始まります。

     読み書きなら、お手本を大きな声で読み、
     お手本の字をまねて書く。

     しっかりと声に出して、耳で聞いて、
     手で書いてやれば、一番効果的なことは
     現代人のあなたならわかるはずです。


     苦手な問題を、丸ごとのみこんじゃう気持ちで
     やってください。
     無理して、わかろうとしなくていいです。
     
     結果的にはこれが、あとから、わかった瞬間を
     迎えることになります。


     また、仮にわからない問題でも、
     絞り込んでいくできる確率が高くなのです。


     そうすれば、4択 ⇒ 3択 ⇒ 2択、
     確率1/2で、正解肢を手繰り寄せるチャンスを
     広がります。

     ゴルフのトーナメント選手が、
     パッドが好調で、見事なバーディラッシュ。
     これに似ていると思います。

     そのチャンスの流れを活かして、合格できるのも宅建試験です。

     幸運もあなたの実力の一つですよ。


人気ブログランキング参加中、目指せ宅建合格1ポチお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログも参加中、必勝!宅建合格1ポチお願いしま〜す!!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


ブログネタ
宅建試験 に参加中!

宅建学習をしているといろいろな悩みに遭遇することがあります。


一番いいのは、余計なことを考えずに学習に邁進することが、
効率よく展開できますが、現実にはなかなかそうはいかない状況だと
思います。


今のあなたはどうでしょうか?


さて、昨年も同時期に宅建お悩み相談のコーナーを設けて、
実例をあげて紹介しました。

ヤフーの知恵袋などでも、いろんな悩みに関する質問も見受けます。

宅建や資格だけにとらわれない、あなたの日々の生活が入り混じっているので、
悩みはつきないのが正直なところだと思います。

そういうこともあり、今年もお悩み相談のコーナーを開設することにしました。

しばらくは、私が想定しての事柄を書いていきます。

もし、相談したいことがあれば、コメント欄に記入してください。

できるだけ、記事の中でお答えしていきたいと思います。


さて、悩みの一発目を何にするか、多少迷いましたが、
この時期だからこそ、まだまだ関係するテキストにしました。


Q『宅建テキストは、何を選べばいいの?』

・これから、学習する方にとっては、当然最初の方にくる課題であり、
 心配される方は、ネットサーフィンであちこちの評判をみたり、
 中には、知恵袋などで質問され、合格経験者の意見を求めたりします。

・このブログサイドバー下に宅建テキストに関するアンケートがあります。

 5月24日AM8時時点では、

 出る順シリーズ(LEC)   16件 
 宅建塾シリーズ         14件 
 楽学宅建     6件 
 宅建どこでも過去問(日建)  4件
 DS・PSP宅建         4件 

 
 出る順と宅建塾が人気を二分している状況です。

 どちらも、ベストセラーで定評がありますし、
 総体的に使いやすいようにまとまっています。

 基本的には、どちらを選んでも同シリーズの過去問と
 あわせてしっかりと活用すれば、
 合格レベルに達するはずです。

 活用すればです。


 ここにかかっています。

 学習できる環境は、人によって違います。

 安易に人に進められるままに購入し、
 後で、自分の環境に合わないことに気づく。
 でも、もったいないので、そのまま学習を続けるものの、
 無理が出て、不調になる。

 記事内で何度も書いていますが、
 この自分に置かれた環境を考えて、テキスト・過去問を選んでください。

 電車学習が主体なのに、宅建塾を選ぶには無理があります。

 学習時間が限られた時間の場合、出る順より、宅建塾の方がいいかもしれません。


 何度もいいますが、学習ができてこその宅建合格ですから、
 学習ができる自分の環境を考えてから、テキストを選ぶべきです。

 テキストを購入してから、学習環境を考えるではありません。

 


読んで頂いた後の応援1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


目指せ宅建合格!応援ポチお願いしま〜す!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建試験 に参加中!

宅建学習をしていて、ちょっとしたことをきっかけに悩みはじめ、
深みにはまっていくことがあります。

「学習がうまくできない」

こんな悩みももつ方がでてくるのも、この時期の特徴です。

学習する場所の問題、時間の問題ではなく、
なんとなくヤル気がしない、調子がでないなどの
メンタルな面での方の方が多いと思います。

そう、このメンタル。

スポーツの世界では、このメンタル面について、
よく活躍された選手がインタビューで答えていることがあります。

一流の選手がそうなのですから、
一般の私達にとっては、もっとウェートが高いものだと思います。

メンタルな話をすると耳をふさぐ方もいますが、
若い体力のある内なら体力だけで押し切るなんて
力技もできないわけではありません。

でも、長続きするものではありません。

あくまでも短期勝負になります。


だからこそ、メンタルな面を強化してほしいのです。

「学習がうまくできない」
のメンタル面の課題はなんといっても、宅建試験を受験する目的意識が
薄れている、もしくは、もともとから弱いことが要因として考えられます。


宅建試験受験の目的意識。

あなたは、しっかりともたれていますか?


ただ、何となく必要そうだから受ける。

あったら有利そうだから受ける。

友達が、仲間が受けるから私も受ける。


よくある受験動機です。


残念ながら、前述の受験動機では、
目的意識が弱いのは言うまでもありません。


宅建試験を本気に考えている人に、メンタル面でかなうわけがありません。


たかが宅建ですが、されど宅建です。


たかが宅建となめてかかるとしっぺ返しを喰らいます。


うまくいけば短期学習で高得点で合格できることもあります。
うまくいけばです。

百発百中ではありません。


大型のプロジェクト物件。
10件見積もって1件とれればいいほうです。

10件の見積りを全力で資料を準備し、プレゼンし、仲間の協力を得て
してもです。最終に残っても、最後の決戦で敗れ去ることもあります。


たかが宅建試験であろうとも、全力で立ち向かう。


これでこそ、合格確率がアップしていきます。


あなたの宅建を受験する目的意識、
もう一度、見つめなおしてください。

そうすれば、「学習がうまくできない」とマイナス指向で悲観論を
唱える前に、「こうしてみよう」「ああしてみよう」の工夫が生まれる
はずです。

人は逆境を抱えても、諦めなければ、それを跳ね返す力が生まれてきます。


逆境が大きければ大きいほど、それを跳ね返すあなたのパワーは、
増大に膨れ上がります。

そのことを忘れないでください。


読んで頂いた後の応援1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


目指せ宅建合格!応援ポチお願いしま〜す!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建試験 に参加中!

宅建基本問題なのに、解き方がわからないものがある」


基本なので、人には聞きにくい面があります。

「そんなのもわからないの!」

こういう風に言われると辛いものです。


人にとって今まで学んだ内容は、年齢が上がれば上がるほど、
多岐にわたります。

それ故、こんなの当たり前だろうと言われることがわからない。

私は、あって当然のことです。

何も、悲観する必要はありません。


その基本のわからない度合いにも、もちろんよりますが、
テキストを一通りよんで、大半、頭に入っていかないようであれば、
通学講座などで一から学んだ方がいいかもしれません。

でも、大多数の方は、意味はわからないながらも、
知識としては蓄積されますし、問題を繰り返していけば
解けるはずです。


それでいいんですよ。


基本は1回目がわからなくても、2回目でわかればいいです。
2回目でわからなければ、3回目でわかればいいです。

このスタンスです。


考えこむ人にとっては、必要以上に宅建を深刻にとらえないことです。

その方が、考え方が柔軟になりますし、学習能率もあがっていくはずです。


そうしていけば、心配していたことがうそのように、
わからなかった基本問題もわかるようになるはずです。


なんで、あんなに悩んでいたのだろう・・・と思えるときがきます。


あなたにだって、きっとできます。


ファイト!!


読んで頂いた後の応援1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


目指せ宅建合格!応援ポチお願いしま〜す!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建試験 に参加中!

「1週間以上学習をさぼった。取り返しが聞くでしょうか」


こんな時、宅建講師の方なら・・・

1週間も学習をさぼっちゃ駄目だよ。
そんなことでどうするの?
本当に受かる気あんの?
やるべきこと、しっかりやんなさい。

というようなことを言うのかもしれません。


これはこれで間違いではありませんが、
私はあまり、感心はしません。


人それぞれ、人には言えない事情があります。

平素は、宅建学習の継続性を警鐘している私ですが、
1週間、ついさぼってしまった。

その気持ちはよくわかります。

たかが宅建です。

自分の確たる宅建受験の気持ちがなくなっていないのであれば、
まだ大丈夫な時期です。


むしろ、私が一番怖いのは、
高飛車に叱咤激励され、逆に萎縮してしまう。
ずっとずっと引きずってしまうことです。


それなりの人生経験を積んできた職場の中で、
こういうことに関したことを経験してきました。

時代の流れの変化もあります。

最近であれば余計に対応が難しくなっていると感じます。

 

1週間さぼってしまったことは、今となっては過去のこと。

スパッと忘れ、これからの残された学習期間のことに目を向けるべきです。

たかが宅建です。


1週間さぼったくらいで、不合格がきまるわけではありません。

自信をもって、今日、今から学習再スタートをきってください。
(明日では、気持ちがぶれますから今日にしましょうね)


そして、今後のことについてアドバイスです。

安易に人に助けを求めないことです。


独学でやる以上は、自分の学習の中で工夫し、答えを見つけていきます。

今は、何でも無料で質問すれば無料で答えてもらえる。
そんな風潮があります。

残念ながら、これでは身につくスピードが速いようで意外と遅くなります。


独学は、自分の中で頑張り切るこそ、
宅建合格だけでなく、今後の人生を生きて行く上での大切な要素を
つかむことができます。


今後の中で、いろんな問題に直面するかもしれません。


例えば、
模試の結果が悪かった、どうしたらいいですか?


よくある場面です。


もちろん、私の答えは簡単です。


模試は模試です。


模試は得点が大事ではありません。
模試を受ける目的をしっかりともてば、これに関する悩みはなくなります。
(この点は、後日話したいと思います。)


基本は、解決のためのヒントは書きますが、
そのヒントを基に、自分なりの答えを自分で導きだしてほしいのです。

これでこそ、本当の意味での自分のものになります。

人間的にもっともっと成長していけると思います。


安易さは安易さだけの価値しかありません。


自分自身の可能性をもっともっと広げていきましょう。

あなたならできるはずです。

自分に自信をもって!!


読んで頂いた後の応援1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


目指せ宅建合格!応援ポチお願いしま〜す!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ