宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

職種別学習法

◎ブログ最新ニュース
●電子書籍新刊発売中です。
 『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●今年の宅建を諦める前に必ず読んでください。
「宅建もうやばい!今年の合格を絶対に決めるための逆転戦略:直前期受験生必勝の10の鉄則」
   ↓     ↓
 http://goo.gl/zFgkj5

●直前期の独学者必須の三冊!!
 最低限の宅建受験テクニックを身につけよう!
 「宅建試験本番!10の解答テクニックとコツ:戦術を決めて実行することが合格への最短距離」
   ↓     ↓
 http://goo.gl/bJIMMH

 1週間で明暗を分ける・・・
 「宅建本試験☆絶対に諦めるな!今からが勝負だ!:ラスト1週間の究極のスパート戦略」
   ↓     ↓
 http://goo.gl/lmpxfx

 前日・当日の戦略こそ、最重要”
 「宅建試験必勝対策☆前日・当日編:運命の日に勝利するのはあなただ!」
   ↓     ↓
 http://goo.gl/wBsKqT

※無料宅建エールメール企画希望者募集!
 あなたに9/30から宅建前日まで毎日エールメールが届きます。
 申込はこちらから。
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52254350.html

※宅建メルマガ読者募集中!

 詳細と申込みはこちらから
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52231259.html

職種別宅建学習法☆生活スタイルに学習を合わせる

ブログネタ
宅建試験 に参加中!

今回より、新しい学習法を紹介していきます。

それは、職種別学習法です。

職種によって、学習ができる場面が違うことがあります。
その特徴を活かした学習を、この職種別学習法で紹介します。

職種として5つを紹介します。

1.事務

2.営業・販売

3.ガテン

4.サービス系

5.工員


まずは、事務です。

一般的な例で紹介しますので、会社によって、
いろんな違い、特徴はありますので参考としてみてください。

○一般的な事務の仕事時間 9:00〜17:00

○昼休み 12:00〜13:00

○休憩 15時であったり、フリーであったり、なかったりです。

○残業 基本的にはないか、少ない。


【事務の学習法】

ヽ惱場所
 ・通勤時の電車
 ・昼休みの会社(公園など)
 ・休憩時間
 ・仕事帰りのコーヒーショップなど
 ・自宅

学習方法
 ・決まった学習時間をルーチン化する。
  例えば、夜9時から11時までの2時間
  昼食後の30分
  通勤時の片道30分(往復1時間)

私からのアドバイス
 ・学習にリズムをもたせやすいです。
  メインの学習時間帯、学習場所を決めてください。
  それ以外のものを流動的にすることで、
  時間にしばられすぎずやることも可能です。

 ・フレックスが使える人は、もっとやりやすいと思います。
  通勤時に、より学習をしやすくなります。

 ・自宅で学習ができない人は、
  電車、仕事帰りのコーヒーショップなどがメインになります。
  コーヒーショップは会社近くよりも、
  帰宅途上の比較的空いているコーヒーショップがベターですね。
  会社や自宅近くだと、知人や同僚にあって勉強を急遽中止なんて
  なりやすいと思います。

 ・残業がある方は、それを見越して計画をたててください。
  ただし、残業があるからと言って、学習をしない日を設けては
  絶対駄目ですよ。
  夜、飲みに行くなら、朝の通勤時、昼休みに頑張って帳尻を
  あわせていってください。


人気ブログランキング参加中、宅建合格祈願1ポチお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログも参加中、こちらも1ポチお願いしま〜す!!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


職種別宅建学習法☆営業・販売/ガテン編

ブログネタ
宅建試験 に参加中!

宅建の職種別学習法の2回目です。


職種として5つを紹介します。

1.事務

2.営業・販売

3.ガテン

4.サービス系

5.工員


今回は、営業・販売ガテンです。

悪までも一般的な例で紹介しますので、
会社によって、いろんな違い、特徴はありますので参考としてみてください。


【営業】

○一般的な仕事時間 時間は不規則、残業も多々あり、
          直行直帰も多い。
          
○昼休み 内勤時は、原則12:00〜13:00
     外勤時は、原則に従うものの訪問先の状況に応じて柔軟対応

○休憩  フリー(ないときもある)

○残業 状況に応じて(毎日、それなりの時間あるところが多い)


【営業の学習法】

ヽ惱場所
 ・通勤時の電車
 ・営業外出時の移動時間、待ち時間
 ・休憩時間
 ・自宅

学習方法
 ・営業外出中の細切れ時間をいかに活用するかが鍵です。
  電車やバスでの移動なら、特に、時間を確保できます。
  車でも、空き時間は出来ます。
  (運転中は、絶対に駄目ですよ)

私からのアドバイス
 ・空いた時間に学習をするかどうかは、
  本人次第です。
  空いた時間に学習の努力をしないで、
  時間がないと言い訳してはいけません。

 ・遅くまで残業があった中で、
  時には帰りの電車の中で席が空いていれば、
  座って寝たい気持ちはわかります。
  でも、あえて座らずにたったままで学習する
  心の強さは必要です。

 ・5分でも10分でも、とにかく、毎日続けることです。
  営業は大変、でも、これを絶対言っては駄目です。
  私も営業です。
  心おれかかることはありますが、それでも、
  毎日、本は意図的に開くようにしています。


【販売】

○一般的な仕事時間 10:00〜19:00
          早番、遅番などあり、いろいろ。
          
○昼休み 順番に取る。

○休憩  順番に取る。

○残業 状況に応じて


【販売の学習法】

ヽ惱場所
 ・通勤時の電車
 ・昼食時
 ・休憩時間
 ・自宅
 ・勤務後のコーヒショップなど

学習方法
 ・定時、早番、遅番などの前後の時間をうまく活用する。
  夜遅く終わる時間帯の方は、仕事から帰宅後に学習は正直厳しいと
  思うので、朝などを活用する。
 
  学習は夜、自宅でするものという固定観念は捨て、
  柔軟に考えて、適材適所の時間帯、場所で学習する工夫をする。

私からのアドバイス
 ・販売は立ち仕事なので、学習は座ってしたいもの。
  朝晩、遅番であれば比較的電車で座れる余裕があると思うので、
  座って学習する方がいいと思います。

 ・定時、朝晩、遅番などが1週間の中でめまぐるしく変わる方は、
  1日の学習時間を固定せず、週間単位で絶対時間の確保を
  考えてください。

 ・休憩時間などは、短時間でできる問題のアウトプット学習をメインに
  してください。それにより、問題数の消化をこなしてください。


【ガテン】

○一般的な仕事時間 8:00〜17:00
          
○昼休み 12:00〜13:00

○休憩  10時と11時

○残業 状況により、ある場合もある。


【ガテンの学習法】

ヽ惱場所
 ・昼食時
 ・昼食後
 ・自宅

学習方法
 ・自宅をメインの学習場所にしてください。
  お酒を飲まれる方は、学習期間中はなるべく控えてください。
  もし、付き合いで飲まれる場合は、翌日挽回するなどの対処を
  考えてください。

  基本的には、規則正しく、コツコツの学習を進めること。

私からのアドバイス
 ・雨などで外での仕事がなくなった場合こそ、
  学習の消化をこなすチャンスです。
  インプット、アウトプットとともにどんどん進めてください。

 ・小さい子供達がいる家庭では、子供達の起きている時間帯での学習は、
  厳しいと思いますので、寝た後、学習する時間を確保してください。

  子供達と一緒に寝て、子供達より朝早くおきて、学習をしてもいいです。

 ・状況によっては、寄り道をして学習をして、自宅に帰るでもいいです。


人気ブログランキング参加中、宅建合格祈願1ポチお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログも参加中、こちらも1ポチお願いしま〜す!!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


職種別宅建学習法☆サービス系/工員編

ブログネタ
宅建試験 に参加中!

宅建職種別学習法の3回目です。

今回が最終回になります。

職種として5つを紹介しています。

1.事務

2.営業・販売

3.ガテン

4.サービス系

5.工員


今回は、サービス系と工員です。

悪までも一般的な例で紹介しますので、
会社によって、いろんな違い、特徴はありますので参考としてみてください。


【サービス系】

○一般的な仕事時間 勤務時間帯はいろいろ、休みは割り当てにより決まる。
          土・日以外のケースも多い。
          
○食事 勤務時間帯により、昼の場合もあれば、夜の場合もある。

○休憩  フリー

○残業 お客様訪問中の作業状況によっては、十分あり。
    
【営業の学習法】

ヽ惱場所
 ・通勤時の電車
 ・サービス対応時の移動時間、待ち時間
 ・休憩時間
 ・自宅

学習方法
 ・勤務時間帯によって、学習時間を確保していくしかありません。
  週によって、変則になるケースでは、メリハリがつけにくいため、
  かなり大変だと思います。
  素直に受け入れて、学習時間構築をする心の柔軟さが必要です。

私からのアドバイス
 ・夜間対応される方は、本当に大変だと思います。
  可能であれば、出勤前にまとまった学習時間がとれればベスト
  です。

 ・細切れ時間の活用も鍵です。
  お客様の対応が予想より早く終わった場合は、チャンスです。

 ・習うより、慣れろです。
  自分の与えられた環境を活かす努力をしてみてください。
  その工夫は、今後の自分自身の財産になるはずです。


【工員】

○一般的な仕事時間 8:30〜17:00
          2交替の場合は違う時間あり。
          (ここでは、通常に絞ります)
          
○昼休み 12:00〜13:00

○休憩  10時と15時に10分

○残業 状況による


【工員の学習法】

ヽ惱場所
 ・通勤時の電車
 ・昼食時
 ・休憩時間
 ・自宅

学習方法
 ・決まったルーチンワークが主体のため、
  毎日、毎週の単位で固定した時間割を作成し、
  基本的にはそれにのっとって対応してください。

私からのアドバイス
 ・固定した時間というのは、油断をすると、
  明日に回そうとか、先延ばししてしまいます。
  固定した学習時間は最大のあなたにとっての恩恵です。
  それを活かさないてはない。
  肝に命じてください。

 ・残業があった日は、定番学習時間がくずれることもあります。
  この場合は、柔軟に考えてください。
  緩急の使い分けが学習を長続きさせるコツです。

 ・肉体が疲れると夜はやはり眠くなりやすいです。
  風呂に入る前に学習をするか、
  風呂の後に落ち着いて学習をするか、判断が分かれるところです。
  私としては、気分を入れ替えての風呂上り後に、
  軽いストレッチをして学習を始める位でいいのではないかと思います。

  落ち着きすぎると、逆にやる気がなくなりやすいですから・・・


5つ(実質は6つ)の職種別学習法は、いかがでしたでしょうか?

参考になりましたでしょうか?

本当は、細かく学習の中味を分けようと思っていましたが、
人により、状況がいろいろと変わるため、
概略的なことにとどめました。

自分の今おかれている職種を十分に理解し、
前向きに活用する気持ちこそ、
大きな成果を生むポイントになります。

決して嘆くことなく、前向きに考えてください。

きっと活路を見出せるはずです。

そこから、本当のあなたの学習が始まります。


人気ブログランキング参加中、宅建合格祈願1ポチお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログも参加中、こちらも1ポチお願いしま〜す!!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


Categories
Amazonライブリンク
記事検索