宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1) 最新ニュース
 ●不動産業界へ転職のためのエージェント紹介
  登録は無料、詳細はこちらの記事へどうぞ
   ↓  ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52298837.html

2) 各種メルマガ紹介
 ●『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

 ●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

 ●ネクストチャレンジ『ワンツリーサークル』(無料)
  いろんなチャレンジを応援します。
 ※詳細と申込はこちらから
    ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52296419.html

 ●宅建学び塾『ウィナー』(無料)
  宅建受験生必須のメルマガです。ブログと合わせて購読で効果発揮!
 ※詳細と申込はこちらから
    ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52296418.html

お勧め本・書籍

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

アメブロの方で先に紹介しましたが、
このブログでも紹介します。

民法改正


契約のルールが百年ぶりに変わる?


民法とはそんな古い法律だったのかを
初めて知ったことになります。


私自身、民法との最初の出会いは悪い印象でした。


確かに、宅建試験を始める方の最初の壁に、
民法はなるケースが高いですね。


その現在の民法が生まれたのは、なんと1896年(明治29年)。


19世紀末の日本が近代国家として
西洋諸国と伍していくために、
国家戦略の一環として制定されています。


ちょうど昨年12月に坂の上の雲が放映されていましたが、
そんな時代に生まれたものだといった方がわかりやすいと
思います。


特に、この本『民法改正』で取り上げている内容は、
契約法に関する部分です。


契約は、いろんな場面で登場しますし、
いろんな様態も現代では登場しています。


流石に、100年以上前に作られたものでは当てはまらない
ものが出てくるのは必然だと感じます。


日本がモデルとした民法は、フランス民法であり、
解釈に関してはドイツ民法の影響を受けているようです。


本書によると、
著者の知人の弁護士や裁判官に改正の話をすると、
嫌がられる方もいるようです。


解釈でうまくまわっている現状もあるわけですから・・
せっかく条単位で覚えているのが無駄になる・・・

また、先般の会社法の改正のように、条文の中の文字数が増え、
対応に苦慮した経験を踏まえ反対される意見も多いようです。


ただ、一般市民の立場にたつべきだと書かれている
この著者の意見には賛成です。


大企業には法務の専門部署があり、
大手の論理から見れば不要かもしれません。


また、ベテランの法曹関連の方からみれば、
改正は不要なのかもしれません。


しかし、実態に即さないものがこの本を読んだ後に、
多々あることを実感できました。


これから、法律関係の仕事に進まれる方は、
是非グローバルな視点を必ずもってほしいですね。


ヨーロッパ諸国で民法が現実に則して改正されている流れの中で、
日本だけが旧態依然に固執することは、
子供達の未来のために決していいことではありません。


幸い、日本の法曹界は、世界にも誇れる水準にあるようです。


事実、カンボジアの民法について、
日本の民法学者が深く関与し、
現在に則した立派な民法を作られているようです。


今、私達が勉強した(または、勉強している)民法が、
改正により、更に勉強しないとついていけなくなることは
考えられます。


しかし、一般企業であれば、
栄枯盛衰があり、技術革新、サービス改革など、
改善、改良を怠れば、倒産という現実が待っています。


そう考えると、
一般市民の根幹である民法がいつまでも時代に則さない状況で
あることは決していいことではないと思います。


改正のプロセスは、現時点では、法制審議会の部会で審議が
なされている段階のようです。


契約法の改正までには、順調にいっても数年かかるようですし、
財産法全体で考えると、20年になる可能性もあるとか・・・


20年では、現在の変化に対応しきれない気がします。


東日本大震災のような自然災害が、
いつまたおきるともいえません。

現在、被災された方にとって不合理なものは、
いち早く改正されるべきだと思います。

ただ、安易なうわべだけの改正だけで、
グローバルの視点から欠如されるものにはなっては困りますが。


この本を書かれた方は、
内田 貴さん。


東京大学法学部教授を経て、
2007年10月より
法務省経済関係民刑基本法整備推進本部参与になられている方です。


安定した東大教授の職を捨て、
自らいばらの道に飛び込んだ情熱の熱い方だと推測されます。


専門は民法学です。


是非、今、宅建試験学習において民法にアレルギーを
感じている方、読んでみてください。


民法の背景や今後の課題を知ることは、
民法がより身近に感じられ、
今後の学習意欲が増すとともに、
理解がより深まると思います。


ただし、興味をもったからといってのめりこまないでくださいね。

もし、のめりこむ場合は、
宅建試験の民法とは切り離して考えてください。


宅建試験の民法は、
宅建試験用として、
別物でとらえてください。


でないと、深みにはまります。


宅建試験本番において、
民法をより正確に解くことに時間を割きすぎると、
他の項目の対応がおろそかになります。


民法が満点であっても、
得点配分の多い宅建業法を多く落とせば不合格です。


この割り切りが成否を分けます。


そういう恐れがあるものの、
やはり、私はお勧めしたい本です。


あわせて、他の民法改正の本も列記します。



ご参考に。

頑張るブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

子供のころ、魔法使いサリーちゃんをよくみていました。

ひみつのあっこちゃんより、
間違いなく、魔法使いサリーちゃんの方が好きでした。

そんなサリーちゃんを思い出させてくれた。

金光サリィさんの
人前で話すのがラクになる!5つの魔法

アマゾンで分野別で1位、総合でも2位を記録した
口コミ評判の高い本です。


魔法と聞くと何やら怪しげな本を連想してしまいますが、
内容はなるほどと感心させられるものです。


具体例がとてもわかりやすいですね。


実は、あるビジネスセミナーの懇親会の席でお隣になり、
少し話しをさせていただきましたが、
ご本人もとても魅力ある方でした。


私の肩書きにもメンタルコンサルタントを書いていましたので、
多少共通点もありました。


名刺交換をさせていただきましたが、
名刺もまぶしく、インパクトある女性らしいものでした。


さて、アマゾン高評価の今回の著作ですが、
DAIMの今年の癸欧硲海旅臺珊罎傍事が載っていました。


2012年の自分を成功に導く8つのメソッドの一つとしての
「魔法のメンタルトレーニング」。


内容的には、スピーチを成功させるテクニックを、
7つの事例で紹介していました。


読んでみれば、なるほどな?と感心させられるもので、
これだけでも十分に参考になると思います。


そんな著作の5つの魔法とは?


1.言葉の魔法
2.態度の魔法
3.行動の魔法
4.イメージの魔法
5.1枚の魔法


DAIMに紹介されたスピーチのテクニック同様、
参考になるものです。


言葉によって自分に魔法をかける。


イメージによって、過去の悪い記憶を成功の記憶に
書き換える。


一見、難しく感じられるかもしれませんが、
どれもこれも実践可能なことです。


あなたも是非、自分に自信をつけましょう。


魔法使いのサリィさんの魔法に、
素直にかかることもユニークですよ。


頑張るブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

お勧めの新刊の紹介です。


私も購読しています「メルマガ成功法」のメルマガコンサルタント平野友朗さんが、
新刊を出されました。


「『つながり』を武器にする!
       ソーシャルメディア時代のビジネスメッセージ59の届け方」




今は、メールだけでなく、
FacebookやTwitterでメッセージを届けることも多いはずです。


私は、メールとTwitterだけですが、
特定の相手とのやりとりでは、それほど意識することはありませんが、
複数相手だとそれなりの気をつかった文章になります。


相手の顔が見えている相手だけでなく、
相手の顔が見えない相手とのやりとりの方が
今のビジネスでは増えてきています。


そんなネット社会だからこそ、
リアルな人と人とのつきあい以上に配慮が必要となりました。


どうせおくるのなら、相手の心にとまらないものだと悲しくなりますよね。


発信したものが読まれない。


ごみ箱に直行・・・


それでは溜まりません。


この本は、ビジネスで使われる方だけでなく、
個人で利用される方にも参考になると思います。


目次を見てみますと、


第1章 ソーシャルメディア時代のメールテクニック(作成編)

第2章 ソーシャルメディア時代のメールテクニック(送信編)

第3章 ソーシャルメディア時代のメールテクニック(応用編)

第4章 ツイッターでのメッセージの届け方

第5章 フェイスブックでのメッセージの届け方


既に、10月28日(金)からアマゾンキャンペーンをされていて、
本日が最終日です。


私も購入してみました。


今なら、アマゾン購入特典として、


・セミナー無料招待チケット(東京・大阪)
・本書の解説音声(MP3)
・教材の90%OFFのクーポン券


などがついてきます。


今がチャンスかもしれません。


東京のセミナーは興味深いと思います。
(席が埋まってきているようです。)


興味のある方は、以下の詳細よりどうぞ。


詳細はこちらから


宅建合格祈願!頑張る宅建ブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願!応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

「ユーホー」って知っていますか?


ユーホーとは、「有価証券報告書」のことをいいます。


上場している会社が、投資家に対してさまざまな情報を提供するために、
作成・開示することを義務付けられている書類です。


決算情報だけでなく、歴史や事業内容、グループ会社の状況、
従業員の給料、はたまた倒産の危険性など、
たくさんの情報が詰まっているので、
就活生にとっても役立つ情報の宝箱です。


私自身も多少、株の取引きをしますので、
購入先のユーホーをよく拝見します。


また、仕事においても相手先の確認と将来にわたっての取引きが可能か、
信頼できる相手などの確認のためにみます。


そんなユーホーを就活生向けに取り入れたユニークな本です。


業界研究、企業研究、ESの作成、面接などで使えるように、
具体例をふんだんに織り交ぜながら、
できる限り分かりやすく、そして応用できるように
ユーホーの活用例を紹介しています。


「当社の強みや課題は何だと思いますか?」

といった定番の質問に対する答えは、
ユーホーの中にはっきりと書かれていますので、
それを参考に自分なりの考えとしてまとめればよいわけです。

自社HPや会社四季報などにはけっして載っていない情報は
就活において最大の武器になるでしょう。


「就活生はユーホーをさがせ」


この宅建ブログを読まれている方にも学生さんが多くいると思います。


「早く内定がほしい!」


そんな学生さんは、是非本書を読んで参考にしてください。


アマゾンのレビューは2件でした。


・書名は柔らかいが、内容は本物の一冊


・就活生は必読です!!


評価はいずれも5です。


別なブログでいち早く紹介し、早速読まれた方もいました。


物事はクイックアクションが勝機を見出しますね。



宅建合格祈願!頑張る宅建ブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願!応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

本日2回目の記事です。


今回はある本を紹介します。


宅建試験直前期
になると、書く記事があります。


『宅建試験本番に向けて、不安で心が折れそうな方へのエール』


文字通り、直前期を不安ですごされている方へむけてのエールに
なります。


そんなせいか、ある日の書店である本のまえで立ち止まりました。

『「折れない心」をつくるたった1つの習慣


折れない心に目が留まりました。


手にとってぱらっとページをめくってみると、
とても読みやすくまとめられているものです。


内容的に掘り下げているものではないですが、
両開き1項目でまとめられているので、
わかりやすい本だと思いました。


受験生の参考になればと思い、購入し、読んでみました。


内容的には、普段私が実践していることが多く書かれていました。


そのためか、15分程で読み終えました。
(多少、速読しています)


今回お勧めする理由としては、


・今不安に感じている方にとって役に立つ項目があること。
・普段、本を読まない方でも読みやすい内容であること。
・時間がなければ、各項目のタイトルと太書きで書かれている
 ところだけを読めること。


不安で悩んでしまい、ついつい学習の手を留めて深みにはまる前に、
気分転換として読んでみることをお勧めします。


多少なりとも、あなたの不安が安らぐことを期待します。




頑張る宅建ブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログも応援1ポチお願いしま〜す!!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ