宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

平成23年宅建試験

◎ブログ最新ニュース
●宅建メルマガ読者募集中!

 詳細と申込みはこちらから
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52231259.html

●宅建初受験、最初に読むべき電子書籍4冊です。
 『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓   ↓
 http://goo.gl/oHSEfz

 『宅建受験生必読!資格合格から未来像を描く成功鉄則20』
   ↓   ↓
 http://goo.gl/VW3WKR

 『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓   ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

 『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓   ↓
 http://p.tl/p69w

平成23年宅建受験生に贈る☆試験での明暗を分ける必須7か条

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

平成23年宅建試験まで後6日になりました。


最後の3連休、しっかりと学習されていますか?


宅建試験本番
まで、カウントダウン状態になりました。


ここで、一足早いですが、当宅建ブログをみているあなただけに、
試験の明暗を分ける必須7か条を贈ります。



【第1条】


◎宅建業法から解き始め、できる問題を確実におさえる。


 ・テンポよく、流れにのり、テクニック編で書いた記号付けを   
  適時行っていきます。
  問題をテンポよく、解く流れに、自分をうまくのせていくことが大事です。


【第2条】


◎難しい問題で深追いしない。


 ・自分が難しいと感じる問題で、易しいと感じる問題とおなじように
  完全な状態(つまりは確定)まで、もっていかなくてもいい。
  特に、真面目な人ほど、1問1問完結させないと前へ進めない
  人がいます。
  貴重な時間の浪費につながります。
  絶対要注意です。


【第3条】


◎スピーディに正確に。


 ・ゆっくり確実は、誰でもできます。
  スピーディに、確実に、記号付けを行っていってください。
  普通なら、一通り解き終わって、20〜30分の時間があまるのが
  理想です。


【第4条】


◎民法では、相関図を忘れずに書く。

 ・登場人物の相関関係を必ず書いてください。
  わかりにくいことは図解にする。
  シンプルにまとめる。
  これが、ポイントです。


【第5条】


◎3つの力を最大限発揮!3つの力とは、読解力、直感力、判断力。


 ・読解力は一朝一夕にはつきませんが、ヒントは、必ず問題文に
  隠れています。クイズ番組でよくありましたね。あれと一緒です。


 ・直感力。これは絶対に馬鹿にできません。
  あなたには、すばらしい力が生まれもって備わっています。
  それを信じきれるかどうかです。


 ・判断力。
  経験にも影響されますが、勇気と度胸です。
  最近は、女性の方が強いですね。
  男性も負けてはいけませんよ。


【第6条】


◎粘りと諦めない気持ち。


 ・粘って、粘って、粘りまくる。
  絶対、絶対、絶対、最後の最後まで諦めない。


 ・最後は、合格に対する執着心が大事です。
  1点を積みかねる執着心です。
  諦めたら、そこでジ・エンドです。
  過去の試験で、諦めなかったからこそ合格した人は沢山います。
  私もその一人です。


【第7条】


◎解答を変えない、一途な気持ち。


 ・下手に解答を変えない、初心貫徹。


 ・一途な気持ち、浮気をしない気持ちが勝利を呼び込みます。
  変えて後悔するケースが多々あります。
  人間、一旦迷いが出始めると、その時は変えた方が気持ちが楽になります。
  それが、悲しい結果を生んでいくのです。



そして、今年は、プラスおまけの一条です。


◎自分の信念を貫く。


 ・上記7条を踏まえて、自分なりのアレンジを加えてください。
  人によっては宅建業法からではなく、統計がある5点免除から始めても
  いいと思います。


  特に、最後の2択まで絞った解答肢からの判断が明暗を分けます。
  自分はどうするんだということを試験を受ける前に決めておくことです。
  あやふやな状態だと試験当日、判断がぶれます。


  自分の信念を最後まで貫くこと。



いかがでしたか。


よければ、携帯電話に画面メモなどして試験までの毎日見ていただければと思います。


PS.いつも応援1クリックありがとうございます。
   初めて当サイトを訪問された方、あなたの気持ちを
   以下の2つのブログランキングに1クリックの形で
   おねがいします。
   あなたの暖かい1クリックが私の記事の原動力となります。


宅建合格祈願!頑張る宅建ブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願!応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

平成23年宅建初受験・リベンジされる方へ☆逆転合格に向けてのメッセージ

今日は、10月3日です。

平成23年宅建試験まで後13日になりました。


平成21年受験では、この時期のブログの読者はリベンジの方が多かったと思います。
予想より合格基準点が下がらなかったため、
リベンジすることになった方が多かった気がします。

平成22年受験では、前年の合格率が願いかなって上がったため、
ボーダー上の沢山の方が救われ、この年のリベンジ受験の比率は前年より
下がっていると感じます。


そして、今年平成23年受験では、合格基準点が36点となり、
かつ合格率も下がったために、
平成21年受験同様にリベンジ受験の方が多いと思います。


それだけに、今年リベンジの方、絶対絶対に頑張ってくださいね。


さて、リベンジの方だけでなく初受験の方も含めて、
今、学習不足などで厳しい状況におかれている方への
逆転合格に向けての私からの熱いメッセージです。



【逆転合格に向けてのメッセージ】


今現在、まだ合格レベルに達せられていないあなた。
模試で、結果のよくなかったあなた。

基本問題を間違え、自信をなくしかけているあなた。

人と比較して、自分のふがいなさを感じているあなた。

本番に自信のないあなた。


理由はないけどなんとなく毎日が不安になってくるあなた。


自信をもって言います。


あなたに合格するチャンスは、大いに残されています。

なぜなら、あなたは合格を諦めていないからです。


勝負の世界は下駄をはくまでわかりません。


ビジネスの世界でも大型物件の内示が出て受注だと喜んでいたのに、
正式発注は出ず失注。

よくあることです。


マラソンでも38kmまでトップを独走してても、
39km時点で失速し、トップを明け渡しただけでなくメダルにも手がとどかない。


ゴルフでもロングホールを2打でグリーンにインさせても、
パットで大たたきすれば終わりです。


そこで、上記と視点を変えて、
逆の立場の方から逆の展開を考えたらどうでしょうか?


ビジネスの世界で、他社に内示が出て失注寸前。
社内からは責められ八方塞。
でも、最後のプレゼンで成功し大逆転受注する。


マラソンで2位グループで虎視眈々とスタミナ温存、
トップが落ちてきたところで、勝負のラストスパートでトップでゴールイン。


ゴルフで、第3打がグリーン手前のバンカーにつかまったけど、
見事リカバリーショットで、チップインバーディー。


逆転は、現実に沢山起こります。

だからこそ、今のあなたにもチャンスはあるのです。


「宅建試験まで後13日しかないよ。絶対間に合わないよ。」

→いえ、あきらめなければ合格の可能性はなくなりません。


逆にいえば、後13日もあると考えてください。


今日が宅建試験日当日ではありません。


10月の3連休もこれからです。


やる気になって必死でやれば、いくらでもチャンスは残されているのです。


逆転合格は、
信じて最後の最後まで諦めずに頑張る人のみ権利があります。


最後まで、喰らいつく勇気がある人に栄光の合格は舞い降りるんです。


諦めない人に、勝利は微笑みます。


幸運は待っていてもつかめません。


白馬の王子様は、向こうからはやってきません。

自分から手を伸ばしてつかみ取りにいくのです。

自分が出会うチャンスを作るのです。


ですから自分から、
残り13日間を自分のものにする努力をしてください。


今は、まだ、自分で切り開く時間が残されています。

十分残されています。


そんな最後まであきらめないあなたに、
逆転合格の栄冠が授かることと私は固く信じます。


PS.いつも応援1クリックありがとうございます。
   初めて当サイトを訪問された方、あなたの気持ちを
   以下の2つのブログランキングに1クリックの形で
   おねがいします。
   あなたの暖かい1クリックが私の記事の原動力となります。


宅建合格祈願!頑張る宅建ブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願!応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建本番で全力を出す☆健康管理に注意を!

今日は、10月1日です。

平成23年宅建試験まで後15日になりました。

とうとう10月ですね。


日に日に、胸の鼓動が高鳴りますね。


私が直接受験するわけではありませんが、
なんだか、そわそわします。

毎年のこの時期の特徴です。


この宅建ブログとしては、6回目の宅建試験を迎えることになりますが
この時期の私の状態は毎年変わりません。


あなたの今の心境はいかがですか?


さて、今回のテーマは健康管理です。


若い方だと気にされないケースが多いですが、
健康管理は一番の曲者になる場合があります。


試験直前に風邪をひいた。


試験直前に怪我をした。


あっても不思議ではないことです。


これからの試験本番までの日程の中で、
体調を壊しやすい気象条件が重なることもありえます。


外出して家に帰ってからのうがい・手洗いの他に、
会社に出勤してのうがい・手洗いも必要かもしれません。


また外的な予防の他に、やることもあります。


それは、病は気から・・


ついついいろんな不安から心配事に派生していくと危険です。

不安な気持ちを引きずっていくことは、
間違いなく体調にはよくありません。

また、不安な気持ちは不運につながります。


不安的中。


これは、今のあなたには絶対にあってはいけないことです。


それをさせないためにも、気持ちの転換を図ってください。

不安 ⇒ 前向きな気持ちへの転換です。


心や気持ちはあなたの体の中心に位置しています。

あなたの体の内からにじみ出る暖かさの源になります。


その暖かさがあれば、病気とも発病の前に対峙できるはずです。


最後に、もう一言。

学習をしていると不足がちになるのが睡眠です。

私も残念ながら睡眠不足です。


睡眠不足は、心にも体にも影響してきます。

ちょっとした油断が、病気のもとになります。

せめて睡眠の中味は、熟睡時間が得られるようにしていきましょう。


知力、気力、体力の3つの力が共存してこそ、
100%以上の力が宅建試験で発揮されます。


あなたが、平成23年宅建試験で素晴らしい力を
発揮している姿を想像しながら・・・・・


合格に向けて心より祈ります。


PS.いつもご愛読と応援ありがとうございます。
   あなたの応援に感謝です。

   初めて訪問された方へ。
   あなたの気持ちを以下の2つのブログランキングに
   1クリックの形で応援おねがいいたします。
   あなたの暖かい応援が私の今後の記事の原動力となります。


宅建合格祈願!頑張る宅建ブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願!応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

平成23年宅建試験☆10月16日試験本番までのカウントダウン計画

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

今日は、9月26日です。

平成23年宅建試験まで後20日です。

今週、多くの方に受験票が届くことと思います。

最後の宅建受験に向けての区切りです。


はがきの内容を確認するだけでなく、
あなたの気持ち・意欲・モチベーションを是非高めてくださいね。


さて、最終月である10月1日から宅建試験前日までの
カウントダウン計画を考えてみました。


1日(土)後15日
 ・アウトプット学習


2日(日)後14日
 ・弱点分野(Aランク・Bランク)の補強−インプット
 (13〜15時に必ず過去問50問を解く)


3日(月)後13日
 ・Aランク問題総点検
4日(火)後12日
 ・Aランク問題総点検
5日(水)後11日
 ・Aランク問題総点検
6日(木)後10日
 ・Bランク問題総点検
7日(金)後9日
 ・Bランク問題総点検


8日(土)後8日
 ・Bランク問題総点検

9日(日)後7日
 ・テキストをハイスピードで読み返してみる
  (13〜15時に必ず過去問50問を解く)


10日(祝)後6日
 ・弱点分野(Aランク・Bランク)の補強−アウトプット


11日(火)後5日
 ・アウトプット実践演習(A・B・Cランダムに)

12日(水)後4日
 ・アウトプット学習演習(A・B・Cランダムに)

13日(木)後3日
 ・アウトプット学習演習(A・B・Cランダムに)


14日(金)後2日
 ・Aランク(基本)問題総まとめ点検


15日(土)宅建試験前日
 ・基本問題を中心におさらい、
  数値、統計、住宅瑕疵担保法などのチェック

16日(日)宅建試験本番


あくまでもモデルプランなので、
自分の今現在の学習状況、学習できる時間、学習環境にあわせて、
組み立てなおしてみてください。


計画を立てるコツは、
ある程度柔軟な大きなくくりでの計画であることです。


時間単位、ましてや分刻みの細かいスケジュール管理はタブーです。


土曜・日曜であれば、大きく午前、午後、夜の3段階位で
分ける程度でいいと思います。
(朝型の人は、朝、午前、午後になります。)


今後、この宅建ブログでは、テクニックやメンタル、
モチベーションを高める記事とともに、
あなたにエールを贈る記事内容が中心になります。


心の友として、最後まで走りましょう。


PS.毎日の1ポチありがとうございます。
   資格村ブログランキングで今年は苦戦していますが、
   それに負けず、私も更にパワーアップして、
   記事を書いていきたいと思います。


   一人でも多くの合格を目指して・・・

   引き続きの人気ブログランキングと資格ランキングの1ポチをお願いします。

   合格を確信に変えるために!!


宅建合格祈願!頑張る宅建ブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願!応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

平成23年宅建試験☆合格と不合格は紙一重

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

平成23年宅建試験まで後22日です。

宅建合格不合格は紙一重」です。


今現在、宅建学習に取組まれている方で既に合格レベルに実力が
達している方は、ある程度の余裕のある得点での合格を目指されて
いると思います。


片や今現在、合格レベルに達していない方は、
ボーダーライン上でもいいから、
合格レベルに達する得点で、
何とか合格に喰らいつきたいと思われていることと思います。


最終的には、その年の合格基準点以上であれば、
同じ合格になります。


平成22年宅建試験の合格基準点は36点でした。


『宅建合格WebCD講座』さんの平成21年度解答速報と動向の
データによると、


データ1,356人中


30点  24人(1.77%)
31点  30人(2.21%)
32点  33人(2.43%)
33点 105人(7.74%)
34点 120人(8.85%)
35点 201人(14.82%)
36点 183人(13.50%)
37点 147人(10.84%)
38点 102人(7.52%)
39点  36人(2.65%)



ちなみに平成21年宅建試験の合格基準点は33点でした。


データ1,596人中


30点  45人(2.82%)
31点  57人(3.57%)
32点 100人(6.27%)
33点 151人(9.46%)
34点 210人(13.16%)
35点 210人(13.16%)
36点 152人(9.52%)
37点 116人(7.27%)
38点  76人(4.76%)
39点  58人(3.63%)



最後に、平成20年宅建試験の合格基準点は33点でした。


『宅建合格WebCD講座』さんの平成20年度解答速報と動向の
データによると、

データ2,836人中


30点 157人(5.54%)
31点 219人(7.72%)
32点 336人(11.85%)
33点 308人(10.86%)
34点 274人(9.66%)


合格基準点あたりのウェートが高くなっています。

平成21年は、平成20年より合格率があがったため、
若干、下方にずれています。
逆に、平成22年は合格率が下がったためやや上方にずれています。


合格基準点は、いろんな要素が加味されますので、
残念ながら最終的な確定は合格発表まで待つしかありません。

それ故、ボーダーライン上に不幸にも該当してしまった方にとっては、
苦しい期間を過ごすことになりますし、
合格基準点がどの点数になるかによっては、
雲泥の差となる結果となって自分自身に跳ね返ってきます。

また、合格率がどうなるかも結果から見てしか判断できないので、
試験が終わった直後は、あくまでも予想にすぎないことになります。


もし、平成22年宅建試験の合格基準点が35点になっていたら・・


たらればを考えてはいけませんが、
35点の方にとっては昨年は本当に厳しい現実でした。


平成23年宅建試験の合格基準点がどうなるかは、
11月30日になるまではわかりません。
(昨年と一昨年は、日付が変わってまもなくわかってしまいましたが・・)


また、一昨年はいち早く前日の昼ごろに私の所に情報がよせられましたが、
あまりにもうれしい情報でしたので、(大方の予想より合格基準点が下回る情報)
半信半疑でした。


3回目の連絡をいただいたときに、これは本物だと確信し、
ブログ記事を書いている途中に、さるところから公開されたことになります。

その方は、結局は善意としての情報をいち早く寄せてくれていたのでした。

苦しんでいる方に少しでも早く安心してほしかった。

それがいつわざる心境だったと思います。


最後に、仮に、不幸にもボーダーライン上にあなたの自己採点結果が
きてしまった場合は、合格・不合格は紙一重だと思ってください。


それをさけるためには、今の頑張りしかありません。


1点の重みをしっかりと認識してください。


とれる問題を確実にとる。→その1点を積み上げていく。

絶対、余裕の合格、果しましょうね。


宅建合格祈願!頑張る宅建ブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願!応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


Categories
Amazonライブリンク