宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)人気ブログランキングとブログ村ランキングはこちらに設置しました。
 宅建士試験合格目指して応援お願いします。
   ↓   ↓
 https://blog.with2.net/link/?366700

2)過去の宅建士合格体験記はこちらです。
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/cat_50050014.html

3)マガジン紹介
●宅建独学ペースメーカーマガジン登録受付中
 初月無料です。
 単発記事を読むことも可能です。
 学習のモチベーション維持に活用下さいね。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan/m/m6591c7db5979

ブログからのお知らせ

この宅建ブログでは、単に宅建だけにとらわれずに、資格全般と資格合格後を意識した内容として書いていた記事があります。
それが、『資格合格マインド☆徒然なるままに』になります。

資格取得がブームになりつつある中で、単に資格取得することだけが最終ゴールではない。
次につなげていくことが大事なんだ。

そういう思いで書き始めた記事です。
記事は、2010年1月3日より毎週日曜日に20話連載しました。
概ね好評をいただいた記事です。

いくつかをピックアップしてみますと・・・
・資格はとってからがスタート
・気力、体力、知力
・夢と現実
・学習に向く人向かない人
・考え方の二面性

・過去の栄光にしばられない
・常識の裏側にヒント
・自らの限界を決めない
・同時進行学習力

参考までに、最終話「同時進行学習力」の記事を転載してみます。

・・・ここから・・・

仕事において、沢山の仕事を併行してこなせるタイプの人がいます。
それとは逆に一つのことしかできず、複数仕事を頼むとどれも中途半端な状態に終わらせる人もいます。
ある専門職であれば、スペシャリストは歓迎されますが、今の時代は、総合的、複合的、トータル的な仕事が要求されます。
日々、時代は変遷していきますし、技術も進化していきます。
その中にあって、対応していくためには複合的な能力が必要です。

営業であれば、営業だけができればいい。
今は、決してそうではありません。
例え、営業であっても他の職種の能力が要求されます。

学習に話を置き換えると、今の時期宅建だけ学習している人・・・
いえ、宅建だけ学習できる環境の人は少ないと思います。
私自身も宅建を学習していたときは、技術系の学習、営業系の学習、マネジメントの学習、財務の学習などを同時進行でやっていました。
技術系でも、機械分野もあれば、電気分野、ネットワーク分野もありました。
学習だけではなく、いろんな本を読みますのでそういう観点でみるとかなり多岐にわたっていたと思います。
宅建試験を受けるために宅建だけを学習する。
決して間違いではありませんが、人間の度量、社会人としての実力アップを図っていく上では、トータルの社会人生活の時間を考えると物足りないと思います。
また、同時進行の学習をすることは、それぞれの知識が広がるだけでなく連鎖しあいます。

これが大事なのです。
単体の知識の塊がいくつもあっても・・・
1+1=2です。
1+1+1=3です。

でも連鎖しあえば・・・
1+1=2×2=4
1+1+1=3×3=9

連鎖が広がれば広がるほど、その差は更に広がっていきます。

連鎖は、更に進化させ単に1本のつながりだけでなく、2本・3本とつながっていきます。
そうなると、連鎖の拡がりは壮大になります。
是非宅建試験に向けての学習1本にするよりも、他のものと組み合わせて複合的にしていきましょう。
二兎追う者は一兎も得ずではなく・・・二兎追う者は二兎を得る。
更に、三兎追う者は十兎を得るです。
考え方を大きく広げていきましょう。

・・・ここまで・・・

宅建学習にゆとりがある今の時期だからこそ、あなたにとっての大切なヒントが隠されている可能性があります。
4月になれば誰でもまた学習意欲が芽生えてきます。

しかしその時期がすぎれば一過性となり、学習をやめる方も増えます。
だからこそ、4月より一歩前のこの3月に学習をスタートできた方は本物になりやすいのです。
そのためのきっかけになればと思いますよ。
是非、読んでみてくださいね。


『宅建学習の極意☆頑張るあなたに勝利は微笑む!』
過去連載していた記事です。
その中から、テキストを読む速度について紹介します。

・・・過去記事(ここから)・・・・
速読については、沢山の本が市販されていますが、ここでは一般に書かれている速度習得ではなく、意識的に早く読んで学習能力を向上させるレベルの速読になります。

読む速度 → 早く読む ⇒ 速読ペース。

早く読もうとすると、最初は、慣れなくて大変な面もありますが、何回も読んでいるといつのまにやら早く読めるようになっています。

テキストを2度目、3度目の方が、過去の記憶・イメージがあるので必然的に早くなるのは当然です。

誰でも、2度目、3度目の方が早く読めるようになります。

また、意識的に実行することにより、更に早く読めるようになります。

日頃慣れていない方は、早くを意識すると知識として定着しにく、理解もできないような気になると思います。

でも、実際はそうではありません。
繰り返しにより記憶の定着が増しますし、早いサイクルの方が脳が活性化されて、また前回の記憶がより残っているため知識の上積みがしやすいと思います。

テキストを少なくとも3回読めばそれなりに記憶が定着しますし、1回目にわからないことでも2回目にわかる。
1・2回目にわからないことでも3回目にわかる。

これは、よくあることです。

人間の脳は、本当に良くできています。
同じテキストを繰り返せば、繰り返すほど、確実に自分のものになっていくのですから・・・・

繰り返していくうちに、ある症状がでるかたがいます。

私もその一人です。

新しいテキストや問題集をつい買いたくなることです。
身に覚えのある方もいませんか?

出版社側からすれば、大変ありがたいことですが、決して勧められません。

同じテキストなら、読むスピードが更にアップし、知識もより一層定着していくのに・・・
そこに新しいテキストを入れたら、読むスピードも大幅に減速しまし折角の過去の知識とのつながりが複雑になります。

また、人間は、新しい事を覚えると、古いものを忘れていくようになっています。
折角、覚えたことを忘れるのは、本当にもったないことです。

特に、過去問を繰り返していると、この症状がでます。

3回転させたけど、まだやるの?

5回転で十分じゃない?

10回転やった、いい加減に新しい問題やりたい!

この気持ちは、本当によくわかりますが、絞りこんだ方が合格は近くなります。

時間に余裕のある方なら、沢山のものに手をだすのは本人の自由です。
高得点を狙いたい方には、とめはしません。

でも、限られた時間の中で学習されている方は同じテキストを何度も何度も繰り返すことが、最短距離になると思います。

速読は、一般的には沢山の本を読める効能がありますが、宅建学習においては繰り返すための速読であった方が効果は高いです。

もちろん、速度は人と比較しては駄目です。
自分の中で、昨日より今日、今日より明日と速度アップしていけば十分です。

他人と比較しないこと。

これも大事な要素です。

・・・過去記事(ここまで)・・・

いかがでしょうか?
参考になりましたでしょうか?

以前毎週日曜日に、私の書きたいことを気持ちをこめてアップしていたものがあります。

徒然なるままに・・・

2008年に全27回にわたって連載したものです。

宅建試験について感じること☆徒然なるままに
1.自分自身を知ることについて
2.試験について
3.宅建試験への思いいれについて
4.リベンジ合格について
5.最高齢合格者・最年少合格者について
6.宅建試験の当日の運(外的要因)について
7.内的要因について
8.宅建試験当日の実力発揮について
9.宅建試験会場ですることについて
10.宅建試験からのその後について

11.宅建試験後の自己採点について
12.宅建試験の歴史について
13.自己採点後の合格発表までについて
14.合格発表の瞬間について
15.宅建受験決意について
16.学習期間の孤独感克服について
17.学習成果について
18.学習の基本について
19.食育について
20.ヤル気について

21.受験申込について
22.テキストの状態について
23.得意項目について
24.健康管理について
25.直観力について
26.平常心について
27.自己管理について

2009年には続編として、全40回として連載しています。
『宅建☆徒然なるままに』
・宅建☆徒然なるままに1(笑顔)
・宅建☆徒然なるままに2(新年あなたへのメッセージ)
・宅建☆徒然なるままに3(人から何気なく言われた言葉)
・宅建☆徒然なるままに4(宅建との出会い)
・宅建☆徒然なるままに5(感謝の気持ち)

・・・中略・・・

・宅建☆徒然なるままに36(水泳の入江選手も宅建受験)
・宅建☆徒然なるままに37(RETIOメルマガ第4号より)
・宅建☆徒然なるままに38(宅建試験での1点の重み)
・宅建☆徒然なるままに39(独学)
・宅建☆徒然なるままに40(合格と不合格は紙一重)

『宅建試験について感じること☆徒然なるままに』は、宅建資格・試験から、それに派生する学習やメンタルについて書いています。

『宅建☆徒然なるままに』は、宅建から更に派生した内容に広げて書いています。

いずれにしても参考になる内容です。

学習の合間に息抜きとして読んでいただければと思います。


今回も過去の合格者の体験記より、注文すべきものをいくつかピックアップして紹介したいと思います。

(2人目のお子さんが産まれてからの受験決意)
お子さんが産まれてから受験される方もいます。
お子さんを身ごもった状況で受験される方もいます。
女性はたくましいですね。
今回は、2人目が産まれてから受験決意して合格された方の体験記です。


(熱心なブログ読者の合格・・)
ブログを熱心に読まれ、うまく活用された方の合格を読むと、大変うれしく感じます。
やはり、素直に実行される方は、手堅いですね。
いろいろと言われる昨今の学習法ですが、それに惑わされず、自分にあうスタイルを愚直に実行していく・・
これが、遠回りのようで実は近道なのです。


(異分野からでも合格できるんだ)
法律系とあまり無縁な理系や技術系の方が受験されるケースも多いですね。
いろんな分野にチャレンジすること・・・素晴らしいことですね。
合格体験記に応募してくれた理由も嬉しいですね。



他にも合格体験記は多数アップされています。
来年に向けて、まずは読んでみることおススメします。


今回は、過去の合格者の体験記より、注文すべきものをいくつかピックアップして紹介したいと思います。

(がん闘病中の父と親子で合格)
涙なくしては読めない合格体験記です。
お父さんのがん闘病中家計を支えるために、お母さんが家計を助けるためにチャレンジ・・・
しかし、1度目は無念の不合格・・・

そして、翌年は娘さんがお母さんを応援するために一緒にチャレンジ・・
その流れでお父さんも受験・・・
つまり3人で令和4受験したのです。
結果は、別れたしまいましたが、家族で受験するチャレンジは素晴らしいです。

令和5年にお母さんが3回目の受験をしたのかはわかりませんが、きっと受験されて合格されたことを信じたいです。

それでは、どうぞ!

(3回目の受験〜努力の後がにじみ出た学習計画)
非常に細かく書いてくれた合格体験記の内容です。
テキストや問題集の使い方や本試験におけるポイントマインドについてもかかれています。
とても参考になる内容だと思います。

来年リベンジされる方だけでなく、初受験の方も参考にしてください。


(50代おやじの気概〜やればできるんだ)
新入社員時に不合格・・・
そこから28年たっての再チャレンジ・・・
ネットを最大限活用しての勝利・・・
50代・60代の学習戦略の参考になると思います。


他にも合格体験記は多数アップされています。
来年に向けて、まずは読んでみることおススメします。

↑このページのトップヘ