宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

ブログからのお知らせ

◎ブログ最新ニュース
●電子書籍新刊予約受付中です。
 予約お願いいたします。
 『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●宅建メルマガ読者募集中!

 詳細と申込みはこちらから
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52231259.html

●宅建初受験、最初に読むべき電子書籍4冊です。
 『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓   ↓
 http://goo.gl/oHSEfz

 『宅建受験生必読!資格合格から未来像を描く成功鉄則20』
   ↓   ↓
 http://goo.gl/VW3WKR

 『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓   ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

 『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓   ↓
 http://p.tl/p69w

過去のメルマガより☆自己ブランディングについて

あなたは、今年宅建試験を受けようとしています。
何かの動機ときっかけ、目的があって宅建をうけようとされていると思います。

自分の将来を考えた場合、企業に属さなくなったことも考えておかなくては
いけません。

そんな時、必要になることに一つに自己ブランディングがあります。
転職先を探すのも一つの方法ですが、独立をするのも一つの方法です。
そんなとき、この自己ブランディングが役にたつのです。

過去発行していたメルマガ『社学メンタル塾』より引用します。

・・・引用ここから・・・

■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………… 

今回は、自己ブランディングについてになります。

あなたは、何かあなた自身の自己ブランディングをされていますか?

自己ブランディングというと、
士業などで独立されている方、
起業されている方、
医師やコンサルタントなどをイメージされる方が大半だと思います。

しかし、会社に帰属していても自己ブランディングは可能だと思いますし、
むしろ、会社に勤務されている方ほど、
この意識を持ってほしいと思います。

会社の服務規程により、なかなかおおっぴらにやりにくい会社もあることとは
思います。
(私の会社がそうです)

しかし、定年後を考えた場合、絶対に必要な要素になります。

また、今の時代であれば、いつ何時、あなたが今の会社を辞める立場に
ならないとはいえません。

今期、あれだけ多くの有名な弱電に関する企業が大きく赤字を出し、
リストラの記事を目にします。

中小企業にとっては、
倒産・・・は、いつも頭の片隅に存在している言葉です。

私とて、いつ何時、今の会社を辞めるときがきます。

それは、定年後かもしれませんし、
場合によっては、明日かもしれません。

責任ある立場であればあるほど、
突発的な事態で、責任をとらざるおえないことになりやすいです。

そのためにも、自己ブランディングをしていくこと。


さて、自分にとって何が人のために役立つ内容になるのか?

私には、人の自慢できるようなものは何もないよ。

こういう方は多いと思います。

自慢できる内容は必要ありません。


自慢話は、度が過ぎれば不快になります。

むしろ、人の共感をうつのは、
失敗からの成功です。

失敗ならありませんか?

私は沢山ありすぎて、
失敗例だけでも毎日ブログ記事が書けるかもしれません。

その失敗を克服したこと。

それが、他のとっては大事なことになります。


また、人からよく聞かれること。

これもあなたにとってのブランディングになりやすいです。

忙しいときに聞かれると、
うざい時があると思います。

そういう経験ありませんか?

あなたは、その聞かれる内容において、
頼りになる人と思われているはずです。


もちろん、すごい成功例を持つ方もブランディングはできます。


しかし、セレブでの成功例は人のねたみを買うことが多いので、
やはり、私は失敗例と結びつけた方がいいと思います。

私の宅建ブログは、
その失敗例からなりたっています。
だからこそ、読む方の心に届くのだと思います。

もし、私の今のブログが40点以上で一発合格のブログなら、
読者層は180度変わって、
多くの宅建ブログの中に埋もれていたことでしょう。

宅建講師の方のブログと違う側面だからこそ、
読む方がいるのではないかと思います。

特にメンタルと結び付けている。

これが、私自身のブランディングになっていると思います。

あなたには、あなたなりのものがあるはずです。

是非、それを再発見し、
これからの社会を生き抜くための手段としてください。

そして、いつの日か、
あなたとジョイントのセミナーが企画できれば・・・

私にとっても最高にうれしいことになります。

・・・引用ここまで・・・・

いかがでしたか?

たまには、宅建以外にこういう記事もいいかもしれませんね。

あなたの参考になれば幸いです。

本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


アマゾン電子書籍kindle版宅建シリーズ好評販売中

まず一番先に紹介するのは、『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』〜中高年の武器を120%発揮する17の手法〜です。

累積して一番人気です。

中高年、特に40代以上にスポットをあてているとこがいいのか?
価格が123円とステップアップのイメージがいいのか?

とにかく人気です。

この子書籍を作成した当時は、てさぐりのなかで作成しましたので、私の中でも思いで深いです。
電子出版関連の書籍もいいものがなく、限りある電子書籍を独学で学び、自分で思考錯誤して出版した形になります。

宅建シリーズを3ヵ月で10冊出版する。
この目標を達成しましたが、10冊目にだしたのが上記電子書籍だったのです。

そのため、私自身思いいれが一番強い電子書籍です。

常々、同じ中高年の方を応援したい思いが強かったので、世に出せたことは満足しています。

そこで、改めて紹介させていただきます。

・・・・アマゾン紹介文より転載・・・・

40代以上の年齢いわゆる中高年の方のために、背水の陣で臨む宅建資格受験に挑む崖っぷち戦略としてまとめました。
今まで宅建資格試験に向けて苦労されている中高年の方を、ブログ『宅建試験!初心者のための一発合格サイト』を通じて数多くみてきました。

その度に、中高年の方に向けて何か特別なアドバイスができないか?
助けてあげるとことができないか?と考えさせられていました。

今の日本を支えている(または支えてきた)中高年の方の力になりたい。
支援してあげたい。
そんな私も中高年です。

同じ世代の思いは痛いほどよくわかります。

いろいろと考えていく中で、私自身の経験からヒントになるものはないのだろうか?

中高年ならではのことで多くの方が実践できること。

意外と見落としているかもしれない軽視されがちなこと。
そういうものこそが中高年の力になるのではないか?

そこで中高年としての武器として、中高年の可能性や実力を最大限に引き出し、かつ活用していくことで最高の自分自身の成果につなげてほしい。

そういう熱い思い、エールの気持ちをこめて書きあげました。

これから40代以上の方で宅建学習を開始されるあなた。
何も宅建臆することはないですよ。

されど宅建試験、たかが宅建試験です。

あなたにはあなたの強みが必ずあります。

今回の戦略を実行していただき、またあなたしかもっていないあなたの才能も発掘し、それを適時加味していただくことによりあなたのオリジナルあふれる戦略に変えて実践していきましょう。
自分に自信をもって学習していけば、必ず活路は見出せます。

中高年の底力、強い信念を示しましょう!

そのためには宅建建試験日のゴールに向かって、まずは第一歩を踏み出すことです。
宅建初受験、宅建リベンジ受験両方の方に参考になります。

是非、中高年ならではのあなたの強みを活かして宅建合格を絶対に勝ち取りましょう!

あなたになら絶対にできます。
もう今年宅建合格するしかないでしょう。

ファイト!

【目次】
・戦略1(超短期サイクルでの繰り返し)
・戦略2(連想力)
・戦略3(アウトプットスタート)
・戦略4(五感をフル動員)
・戦略5(大きく書いて演習)

・戦略6(一問一答の活用)
・戦略7(空想力を駆使する)
・戦略8(経験を活かす)
・戦略9(度胸)
・戦略10(基本に専念)

・戦略11(記憶とマネ)
・戦略12(継続力)
・戦略13(開きなおり)
・戦略14(自分が学んだことを教える)
・戦略15(1週間のリズム作り)

・戦略16(朝型に切り替える)
・戦略17(中高年としての役目)




次に、『宅建お悩み相談!問題解決のための22の事例』です。

今まで、寄せられた相談の中から参考になりそうなものをピックアップしてまとめています。

もし、今あなたに学習上の悩みがあるなら、読んでみてください。

価格は、1コイン100円です。

また、今現在学習に関する悩みがない方でも今後の参考になると思います。

以下、アマゾン掲載の紹介文を転記します。

・・・アマゾン転記ここから・・・

人にはいろんな悩みがあります。
宅建受験を志したものの・・・はたして大丈夫かと不安になる。

人間ですから初めてのことなら、不安があって当然です。
また宅建学習を進めていく中でも、いろんな課題がでてきます。

宅建ブログ運営10年間の中で、いろんな相談を受けてきました。

その経験を活かして、今回の本にまとめています。

困ったときに読んでこそ、即効性の効果があるかもしれません。

でも、実際は事前に読んでこそ、一番の効果が生まれます。
事前に想定できることを知ることにより、最大の防御効果・リスク対処につながります。

悩み相談の事例を読んでいると、きっと共感する項目もあるでしょう。

反面教師に見える場面もあるかもしれません。

多くの方が悩み・苦しんで経験したエキスが詰まっています。

内容的には、具体的相談例が9件、一般相談例が13件、合計22件の事例が詰まっています。
具体的相談例のなかには、私からのスーパーアドバイスを3つ組み入れました。

◎具体的相談例
 ・相談例1 学習は久しぶりのための不安
 ・相談例2 学習時間の確保ができない
 ・相談例3 複数回受験でのアドバイス
 ・相談例4 同じ問題でよく間違ってしまう
 ・相談例5 学習できる環境の作り方
 
 ・相談例6 昼食後の眠気との戦い
 ・相談例7 苦手な問題対処法
 ・相談例8 試験内容は、各都道府県で違うの?
 ・相談例9 学習不足、学習の最低必要時間は?

◎一般相談例
 ・相談例1 テキストについて
 ・相談例2 学習がうまくできない
 ・相談例3 基本なのにダメ
 ・相談例4 サボった後の挽回策は?
 ・相談例5 専門用語が苦手、こんな私も合格できる?
 
 ・相談例6 独学に対して不安?
 ・相談例7 人の学習法が気になる
 ・相談例8 試験まで3カ月で活用できる講座は?
 ・相談例9 学習中に突然不安になる
 ・相談例10何をやってもうまくいかない、合格できますか?

 ・相談例11忙しくて学習する時間がありません
 ・相談例12あせっています、自分のペースをどうすれば?
 ・相談例13勉強が苦手です、学習するだけで手一杯





三番目は、『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』です。

現在、今第二版となっています。

宅建初受験の方によく読まれています。
また、リベンジの方も試験について再度認識するためにも読まれています。
大事なポイントがまとめられていることと、適度なボリュームなので読みやすいです。
宅建試験初受験の方に向けた入門教材です。

宅建とは?から始まり、宅建試験とは?、宅建学習、宅建試験、宅建試験後のことについて書かれています。

Q&Aなので大変読みやすいと思います。
43項目について質問に答える形で回答しています。
また、私の経験からによるアドバイスを必要に応じて書いています。

宅建ブログでもいろんな情報が網羅されていますが、カテゴリーが100以上に及びますので、どこにどんな記事があるかカテゴリータイトルだけでは、探しにくい面があります。
その点、電子書籍なら目次から目的のことを簡単に探すことが可能です。





最後は、『宅建受験生必読!資格合格から未来像を描く成功鉄則20』です。
これが今の時期だからこそ、読んでほしいものです。
特に、宅建学習が順調でない方やこれからの方は必読ですよ。

単に宅建について書いた本ではなく、宅建を取得後、どう自分の未来像を描いていくのか?
そのために必要なエキスを満載しています。

特に成功鉄則20には、これからのグローバルの時代を生き抜くポイントをまとめています。
そのため、これから受験される方だけでなく、合格者の方にも読んでほしいです。

宅建合格後、悩んでいる方はいませんか?
これからどうしよう?と考えている方はいませんか?
宅建取ったけれど・・・先が見えていない方はいませんか?

その答えはこの本の中にあります。

人生の道しるべとして・・・
指南書として・・・
ヒントを探る手段として・・・
活用ください。

他の資格受験生方にも読んでほしい内容です。

【目次】
第一章 宅建試験を極める
・あなたは最終的に何をやりたいですか?
・自分の経験の棚卸から始めましょう!
・私の経験を紹介します
・宅建ブログ開設と口コミで話題に!
・メンタルを徹底重視
・宅建学習アドバイザーになった訳は?
・宅建取得後にみる現実の姿
・メンタルに苦しむ方を救いたい強い思い
・宅建資格と自分の将来への関連付け
・大いなる志を持とう
・宅建受験1点の重み・痛みを知ること
・宅建受験を決意する

第二章 宅建合格後のストーリーを考える
・宅建主任者しかできない業務とは?
・宅建取引主任者の概要
・宅建試験の歴史
・宅建試験の概要
・宅建合格後の進むべき道
・宅建資格からのステップアップ
・宅建資格からのステップアップ
・宅建資格からのステップアップ
・資格取得だけがゴールなのか?
・自分のやりたいことを実現するためには?
・未見の我

第三章 成功するマインドを磨く20の鉄則
・鉄則1(気力・体力・知力の三位一体)
・鉄則2(自分の現状の実力を知る)
・鉄則3(夢と現実の違い)
・鉄則4(マニュアルに頼らない)
・鉄則5(他人と比較しない)
・鉄則6(考え方の二面性)
・鉄則7(過去の栄光にしばられない)
・鉄則8(一つの枠にとらわれない)
・鉄則9(大局から物事を見る)
・鉄則10(常識の裏側にヒントあり)
・鉄則11(人のご縁を大切にする)
・鉄則12(自己変革を宣言する)
・鉄則13(自己投資をケチらない)
・鉄則14(自らの限界を決めない)
・鉄則15(幸運は勇気と度胸から生まれる)
・鉄則16(感謝の気持ちを忘れない)
・鉄則17(幸せになる)
・鉄則18(逆転の発想)
・鉄則19(信念という強い気持ち)
・鉄則20(成功する絶対条件)





本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


無料宅建メルマガ〜宅建学び塾『ウイナー』購読者募集中

宅建無料メルマガを毎週末に発行しています。
あなたは購読されていますか?

学習のペースメーカーとしてブログ同様に購読されることをお勧めいたします。

「宅建学び塾『ウイナー』」
先週の金曜日発行で、第253号になりました。

・毎週金曜日17時頃の配信
・無料メルマガ
・宅建直前期には特別フォローメールも配信
・宅建試験前日/当日エールメールも配信

メルマガのいいところは、定番の日時に必ず届きますので、学習のペースメーカーに利用しやすいです。

内容的には、
1)その時々に必要なこと。(今後は、週末の学習フォローがメインになります。)
2)平成29年宅建初受験に向けて、必要なことを書いています。(ブログ記事とは別物です)
3)平成29年宅建リベンジ受験への道を連載しています。(リベンジの方は、ブログと併行して読むことをお勧めします。)
4)宅建ブログの今後の記事予定について、いち早くアナウンスしています。
5)有益な情報、その他お知らせ
6)編集後記、結構これを楽しみにされている方もいます。近況の話題など。


参考までに第253号の一部を転載いたします。

・・・転載ここから・・・

宅建電子書籍の1ヶ月学習法については2017年版として新刊として
出す予定です。
また、3ヶ月学習法については改定だけにする予定です。
 今年のカレンダースケジュールにあわせて形になります。
ただ、このメルマガを読まれているあなたは、このスケジュール通りに
実践しないでくださいね。

1ヶ月学習>3ヶ月学習>6ヶ月学習

上記の比率でハードになります。
かなりハードですから・・・

但し、学習のやり方は参考になると思いますので、
そういう意味では読んでください。
 独学でのやり方がわかると思います。
 販売価格は、1コイン100円です。

 「必勝!宅建試験に1ヶ月学習で合格する方法:
        もう今年の合格を諦めたあなたへ逆転合格のコツを伝授」

※アマゾンでの販売ページはこちらから
   ↓   ↓
 http://goo.gl/guVW21

 『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!: 
             3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』

※アマゾンでの販売ページはこちらから
   ↓   ↓
 http://goo.gl/FqcjKg


さて、あなたの学習状況はいかがですか?
ゴールデンウィークぼけしていませんか?
 大丈夫ですよね。

 仮にゴールデンウィーク明けが忙しくとも、
 限られた時間の中で継続していくことが大事です。

それでは週末学習サポートです。

◎平成29年週末学習サポート☆学習の進捗が早い項目とそうでない項目

ある程度学習が進んでくると、
 学習の進捗が早い項目とそうでない項目がでてきます。

 学習の進捗が早い項目は、自分にとってなじみやすい分野だったり、
 内容的にわかりやすい分野だったりします。

そうでない項目は、日頃あまり縁のない、
 聞きなれない用語などがでてくる分野だったりします。

 前者の代表格が宅建業法であり、
 後者の代表格が民法であることが一般的です。
 (もちろん、人によって違う場合もあります。)

 最近では法令上の制限もそうだといえます。

 今週末は、そういう点に着目して考えて見ます。

それでは、スタートです。


 【金曜日の夜の学習】
 宅建の場合、大きく項目をわけると以下になります。
 1.民法を中心とする権利関係
 2.宅建業法
 3.法令上の制限、税、その他

 一般的に、
 1回転目の学習を考えた場合、学習の進捗が早いのが宅建業法であり、
 学習の進捗が遅いのが権利関係になります。

 金曜日の何度もいうようですが、土日につなげる意味づけがあります。

そのためにも学習の進捗が遅いものよりも、
 早いものをあてがったほうがつなぎやすいと思います。

もちろん計画的に学習している方にとっては、それほど意識する必要はありません。

 計画を立てて進めているものの、
なかなな計画どおりに進んでいない方に意識してほしいことです。

 週末での学習のリズムをつくるためにも、金曜日は宅建業法に主眼を置く。

 宅建業法であれば、例え短時間でもそれなりのボリュームはこなせます。

ボリュームをこなした方が学習をした達成感は高くなります。

 達成感は、土日につなぐためにも一番大事なことかもしれません。


 【土日の学習】
 土日については、学習の進捗スピードを気にせず、
じっくりと学習の進捗スピードが遅いもの
=苦手意識が強いものに重点を置くのも一つの方法です。

インプットの段階であれば、普段よりも噛み砕いてゆっくりと読むのもいいです。

また逆に意識的に早く読む。頭にはいりにくい分野は、何度も繰り返し読む。

 今週紹介したように、黙読だけでなく、口・耳・手と総動員させるのも効果的です。

ただし、長時間、総動員作戦で望むのはそれなりに疲れますので、
ある分野だけに絞る、例えば、苦手な抵当権だけにするとか・・・

 それ以外のものは、黙読だけで進めるなど・・・

自分の今の力量にあわせて工夫してみてください。

 今のあなたにとって大事なことは、
 立てた計画を実行していくために、学習の時間を確保すること、
そして学習を継続させることです。

そのための今回の工夫の紹介です。

 特に飽きっぽい方は学習に遊び心を取入れるなど、
 継続させる工夫をしてください。

 単調に理詰めで進めるだけでは、長続きしない方もいます。

 自分なりに・・・ですよ。

それでは週末学習、ファイト!
____________________________________
◎1.平成29年宅建初受験に向けて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回のテーマは、夏を制するものは宅建を征すについて考えます。

 「夏を制するものは宅建を征す」

この夏場の時期、必ず書く文章です。

 今回のテーマはリベンジされる方には、耳が痛い言葉かもしれません。

 夏場の学習がだめで、敗北につながった。
そんな経験をお持ちの方もいるかもしれません。

 私自身は、3ヶ月学習でしたので、それこそ夏場は徹底的に学習をしました。
 8月には運悪く、北海道への1週間ちょっとの出張が重なりました。

 飛行機で行くのならいざしらず、車と一緒でのフェリー移動の必要があったのです。

フェリーでの学習には、本当に苦労しました。

 夏場の北海道行きフェリー・・・
想像できる人には想像できることと思います。

 部屋は個室ではなく、ザコ寝の一ランク上の2段の狭い固いベッドです。

 狭いベッドでの学習はそれなりに苦痛ですし、ツーリングのグループの方が多く、
 学習に集中しにくいざわめく環境でした。

じゃあ、他のところで学習しようと思って、ロビーとか行くと、そこは当然夏休み。
 家族連れが多く子供達の元気な声と、走り回っている状況はとてもとても・・・
苦労しました。

それでも、そんな環境下でも学習したことは、精神力をタフにしましたし、
 外出先でのいろんな環境下での学習に違和感がなくなりました。
 (むしろ、電車の中の方が静かでやりやすい・・・)

 自宅の自室の机の上でしか学習できないと言うあなた。

それは恵まれています。

 小さい子供がいれば、そういうわけにはいきません。

 夏場は、子供達も夏休み。
 当然のごとく、休日は相手を強いられます。
 平日でも、下手な時間に帰宅すれば、待ち構えていたかのようにつかまります。

また、子供がいなくても、たとえ独身で奥さんや旦那さんがいなくても、
 夏は、遊びの誘惑が沢山あります。

 暑いので、下手な場所での学習もしにくいです。

そんなときだからこそ、頑張った人には頑張ったなりの成果がでるのです。

これは、本当に不思議ですよ。

 効果覿面(こうかてきめん)です。

その成果は、9月以降、あなたの実力となって間違いなく現れます。

 夏場をそれなりに過ごした方との実力差は、歴然となって現れます。

 実力がアップする人は、間違いなくこの夏場を制しています。

 「夏を制するものは宅建を征す」

この夏を征して、9月の残暑の中で更に加速させ、
 10月のラストスパート、そして見事な宅建合格のフィナーレを飾りましょう。
____________________________________
◎平成29年宅建リベンジ受験への道
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リベンジ学習中の方、学習の状況はいかがですか?

 計画どおり順調の方は余計なことは、考えないで邁進してください。
 順調でない方は、週単位もしくは2週間単位、
 状況によっては月単位で軌道修正してください。

 学習途上での自分の実力はそれほど意識する必要はありません。
 自分が立てた計画に対して、どう進捗しているか?
ここにポイントをおいてください。

 学習したことを忘れるのは、誰にでもあることです。
 忘れることを恐れたり、気にする必要はありませんよ。

 自分が計画したことを実行していくことで自信が深まります。
そこが大事です。

 不安は誰しもあります。
しかし、不安は考えれば考えるほど増長していきますので、
 目の前のやるべきことをこなしていくことで、
 不安とうまくつきあっていくことです。

 決して敵対心をもったり、無理に排除しようとしないことです。

 私にも沢山の不安があります。
 不安の常に身にまとっています。

それでもポジティブに強く生きていける。

 自信をもってくださいね。

『平成29年宅建試験必達リベンジ☆予想外・想定外』
    ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52245294.html

・・・・・転載ここまで・・・・・

登録は、『宅建独自メルマガ申込はこちらから』をクイックすると
メールフォームが立ちあがりますので必要事項を入力の上、
お申込みください。


・件名 → 「宅建メルマガ配信申込」と入力ください。
        
◎宅建メルマガ配信申込はこちらから


本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


メンタルについて考える☆独自メルマガ『社学メンタル塾』第4号より

2012年1月から11月まで発行していたメルマガがあります。
『社学メンタル塾』

現状は、資格学び実践塾→チャレンジサークル→ワンツリーへと変遷しています。

内容については、宅建とは直接関係ありませんが、
現代でも参考になる内容ではないかと思い、掲載させていただきます。


・・・・独自メルマガ『社学メンタル塾』第4号より(ここから)・・・・

今回は、メンタルについて考えてみます。

メルマガのタイトルがメンタル塾ですが、ここ2回はメンタルは逸れた内容で
展開していました。

もちろん、いろんな人間の行動もメンタルとは密接に関係がありますので、
そういう意味ではメンタルに関連しないものは何もないかもしれません。

新聞記事の三面記事をみていますと、
孤独死、餓死などの記事を見かけます。

餓死?

今の日本でこんなことがありえることが残念でなりません。
高度成長を経験して豊な国になったはずなのに・・・

これを氷山の一角ととらえれば、
現実はもっと多くの現実が存在しているのかもしれません。

今後、益々の就労難を考えていきますと、
もっと若い世代で・・・・そう考えるとぞっとしますね。

またそれ以外にも、先日、小学生の女の子が飛び込み自殺の記事が
出ていました。

痛ましいですね。

保護者のコメントは思いあたる所があることを書かれていました。

それだけに、何故、防げなかったのか・・・
そんな気持ちだけが残ります。

私にも小学校3年生の娘がいます。

難病の影響で知的障害を抱えています。

知的障害を抱えているお母さん方をみていると、
本当にたくましく、強く、周りに対して優しいですね。

それを援助する方たちも社会貢献の強い志をもたれています。

そういう思いが詰まった日本社会は、
まだまだ立ち直るきっかけは沢山あると思います。

政治や官庁が混迷しているときは、
民間がしっかりとやる。

地域社会がしっかりとやる。

個人ベースでのつながりを育み育てる。

今年になってセミナーやオフ会などをやり始めたのは、
そういう思いも含まれています。

私の子供も廻りからの援助を受けていますので、
そういうものの一部分でも違った形で社会に還元できればと
思っています。

メンタルは、確かに孤独との戦いの部分はありますが、
せめて、一人で学習に取り組んでいても
一人じゃない、共通の仲間で取り組んでいる意識を与えてあげたい。

過去のブログのコメントに、こんなことが書いていました。

「独学だったけど、イッチャンさんが一緒に走ってくれている気持ちで
                         取り組めた」

そういう感覚的に受験生の心を一部の方たちだけでも
してあげられたことは本望な結果です。

今後、メンタル面を重視してのセミナーを続けていきますが、
私自身も生活の面がありますので、
多少、有料になるセミナーや個人アドバイスもありますが、
ご了承ください。

社会人学習メンタルコンサルタント。

不思議な肩書きもつけましたが、
要はメンタル面であなたを支えていければとの思いが一番強いですね。

長い学習ロードの中で、
生きていく中で、
壁にぶつかっていきます。

基本は一人で、
状況によっては家族の力を得て、地域の力を得て、仲間の力を得て、
乗り越えていかれることと思いますが、
そんな時の一つの手段として、私のアドバイスが活きてくればと思います。

私自身、仕事では今新しいことに取り組んでいます。

新しいことは、私にとっても会社にとっても未知なる世界になりますので、
不安を上げればきりがありません。

しかし、その壁を乗り越えていかないと新しい道は開かれません。

時には弱気になるときもあります。
しかし、それを1日で前向きな気持ちに転換する。
この切り替えの早さも、もやもやをためない秘訣ですね。

メンタルはちょっとしたことをきっかけでマイナスに傾きかけていきます。

そういうときこそ、ブレーキをかけてくれる人が回りにいれば、
更に傾きかけていくことを防いでくれます。

もし周りにいない場合、
私のブログがその一躍でも願うことができれば・・・

そんな思いがあります。

・・・・独自メルマガ『社学メンタル塾』第4号より(ここまで)・・・・

ご参考になれば幸いです。


本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建電子書籍☆「1ヶ月学習法」☆2017年版発売予定

宅建直前期用に販売した人気シリーズとして、「1ヶ月学習法」があります。


「必勝!宅建試験に1ヶ月学習で合格する方法: もう今年の合格を諦めたあなたへ逆転合格のコツを伝授 」
これを直前期シリーズの1冊目として、その後5冊発売をしました。


1ヶ月学習法と言っても短絡的にものではなく、それなりにハードな物になります。

ただ、過去のブログに掲載していて好評だった内容を再編集したものになります。
好評だった理由は、実際に1ヶ月学習で合格した方もいましたが、
その内容をアレンジして、2ヶ月学習、3ヶ月学習、4ヶ月学習とアレンジされて
使われている方多かったですね。

内容的には、前述のように奇をてらった秘策ではありません。
短期間ながらも王道に近い学習法です。

工夫をすれば、短期間でも効率よく合格のレベルまであげる方法はあるのです。

要は、右方あがりのカーブを緩やかにするのではなく、急カーブで上昇させていく戦略です。
今の時期でも作戦の方法は参考になるはずです。

今まで改訂版として発売を継続していましたが、2017年版としてリニュアールし新刊
として発売することになりました。

発売する場合は、またアナウンスしますが、
現行の内容でも考え方は全く変わらないので、2016年版でも利用できます。
今すぐ見たい方は、現行版を活用ください。


以下、今現在アマゾンに掲載している内容です。

・・・アマゾンより転載・・・

あなたは、もう今年の宅建試験を諦めていませんか?
最後の手段を予想問題集に一涙の望みをかけていませんか?

もう時間がないから・・・

でもこの瞬間、合格の可能性を信じて今から奮起する方もいます。

合格は、諦めた瞬間に消滅します。
であるなら、諦めなければ宅建試験当日午後3時までは、あなたにも合格の権利があるのです。

ただ、そのためには闇雲に学習をしても駄目です。
戦略をきめ、計画を立て、その目標に向かって実行していけば合格の可能性は残ります。

宅建学習1ヵ月で合格した方もいます。
中には1週間で合格した兵(つわもの)もいますが、それにはコツがあります。

この電子書籍では、宅建学習1ヵ月で合格の可能性に導いていく方法を満載しています。

本書にあわせて、他の直前期シリーズも一緒に読んでいただければ、より効果的です。
本年度の合格を絶対に、自分の手で勝ち取りましょう。

◎宅建直前期シリーズ
 「宅建試験に向けて模試を100%活用する方法:模擬試験は得点よりも大事なことがある」
 「宅建を絶対に諦めないメンタルサポート: 学習中の不安を救う16のエール」
 「宅建試験本番!10の解答テクニックとコツ:戦術を決めて実行することが合格への最短距離」
 「宅建本試験☆絶対に諦めるな!今からが勝負だ!:ラスト1週間の究極のスパート戦略」
 「宅建試験必勝対策☆前日・当日編:運命の日に勝利するのはあなただ!」

『必勝!宅建試験に1ヶ月学習で合格する方法』
【目次】
第1章 逆転合格への道(準備編)
・強い合格への意思       
・3つのイメージトレーニング         
・合格おめでとうメール予約       
・必要学習時間は?      
・使用するテキストは?  
・マンガも使いようで効果あり 
         
第2章 逆転合格への道(学習編)
・1日の学習スタイル(平日)        
・1日の学習スタイル(土日祝)         
・モデルプラン(インプット)        
・モデルプラン(アウトプット)
・アウトプット中にインプットのスパイス

第3章 公開模試の活用
・公開模試の活かすポイント
・成績は無視      
・あなたの実力は発展途上 

第4章 アウトプット一直線
・大車輪編
・中車輪編
・小車輪編

第5章 ラスト一週間の学習
・成否を分ける学習ポイント
・試験前日直前セミナーの活用
・前日に必ずやること
・最後に一番大事なことをあなたへ

・・・アマゾン転載ここまで・・・

 購入は、以下のアイコンリンクよりお願いいたします。

本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


Categories
Amazonライブリンク