宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

●平成30年宅建士試験を受験される方へ。
まずは、こちらの電子書籍よりお読みください。
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260849.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●まずは、漫画で概要をつかむ
『平成30年宅建受験対策入門書としての活用』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260619.html

ブログからのお知らせ

宅建無料メルマガを毎週末に発行しています。

あなたは購読されていますか?

学習のペースメーカーとしてブログ同様に購読されることをお勧めいたします。

「宅建学び塾『ウイナー』」
先週の金曜日発行で、第311号になりました。

・毎週金曜日17時頃の配信
・無料メルマガ
・宅建直前期には特別フォローメールも配信
・宅建試験前日/当日エールメールも配信

メルマガのいいところは、定番の日時に必ず届きますので、学習のペースメーカーに利用しやすいです。

内容的には、
1)その時々に必要なこと。(今後は、週末の学習フォローがメインになります。)
2)平成30年宅建初受験に向けて、必要なことを書いています。(ブログ記事とは別物です)
3)平成30年宅建リベンジ受験への道を連載しています。(リベンジの方は、ブログと併行して読むことをお勧めします。)
4)宅建ブログの今後の記事予定について、いち早くアナウンスしています。
5)有益な情報、その他お知らせ
6)編集後記、結構これを楽しみにされている方もいます。近況の話題など。


参考までに第311号の一部を転載いたします。

・・・転載ここから・・・

5月も来週が実質的なラストウィークです。
 調子どうですか?

ここから気分一新すればまだ間に合います。
 継続して学習をコツコツ行っていきましょうね。

それでは週末学習サポートです。

◎平成30年週末学習サポート☆平成29年宅建試験公告真近、心の準備は?

 平成30年宅建試験の公告が6月1日にあります。

 現在、不動産適正取引推進機構のホームページに、
 宅地建物取引士資格試験の一般的なスケジュール案内がアップされています。

 日程など概要は変わらないとは思いますが、
 変更されることがないとは言えないので
6月1日以降に確認することをお勧めします。

 今年が宅建士試験になっての第四回目の試験です。

こういう要所要所の行事を取り入れることが
大事なモチベーションの維持につながっていきますよ。

 軽んじないでくださいね。

 公告が終わると1月後には、試験の申込受付がスタートします。


それでは、スタートです。

 【金曜日の夜の学習】
 公告は来来週末になりますので、
 今週は2週間前の心の準備的な要素となります。

 何も特別なことをするわけではなく、意識としてもっていてください。

その意識が本日の学習実施につながればOKだと考えます。

 学習後に合格発表のイメージングをすることも効果があります。

 何を今の時期から・・・そう考える方もいるとは思います。

ですが自分自身の合格のイメージつくりは、
まだまだ宅建試験までの道のりの中でいろんな山あり谷ありを迎えていきます。

そんなとき学習を継続するか否かの分岐点にさしかかる場面があるかもしれません。
 仮にそれがなかったとしても、大事な学習モチベーションにつながっていくのです。

 短期的には明日土曜日への学習意欲につながっていきます。

 些細に感じることでも貪欲に自分の味方につけていく。
こういう姿勢が大事です。

 貪欲な考え方、物事の捉え方で宅建学習期間を乗り切っていきましょう。

 【土日の学習】
ゴールデンウィークからそれなりの期間が経ちましたので、
 連休ぼけの方は流石にいないと思います。

それでも、なんとなくヤル気がしない五月病っぽい方はいるでしょうか?

 6月に入ると梅雨を迎えます。

 梅雨寒もあれば、蒸し暑い日もあります。

 今年も節電が必要になりますので
昨年同様に厳しい学習環境下になるかもしれません。

そういう状況になろうとも、
ここで踏ん張れる人が合格という勝利に自らを近づけていくことにつながります。

 障壁と思えることも自分の味方につける。

 例えば雨はうっとうしさを感じますが、
 雨音は心を穏やかにする効果があります。

 雨音をバックミュージックにしながら学習をすると効率があがります。

 蒸し暑い日など逆に自分でホットなタオルをつくって
額にあてると気持ちがよくなりいい気分転換になります。

 自然の環境と同期をとること、共存する考え方をすること。

こういう心構えが学習の進展につながっていきます。

 自分の環境を不幸ととらえず、
 共存する前向きな考え方、是非試みてください。

それでは、週末学習ファイト!
____________________________________
◎1.平成30年宅建初受験に向けて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回のテーマは、宅建学習をいつの時間帯にやっているかについて考えます。

あなたの宅建学習は、朝型、昼型、夜型のどれでしょうか?

あなたは、宅建学習をどの時間にメインにやっていますか?

 朝型ですか?

 昼型ですか?

それとも夜型ですか?

やはり半数以上の方が夜型かもしれません。

 私も隙間時間や細切れ時間を除くと、平日でのメインの学習は夜型でした。

 休みの日は午前中も一部使いました。

どうしても苦手だったのが朝です。

 早朝なんて超苦手。

 学生時代、何度も朝早くおきて勉強しようとして、
 夜は早めに寝て、早起きにチャレンジしましたが、
 結局はいつもどおりで朝学習はできず。

こんなことの連続でした。

それだけにトラウマとなっていました。

でも不思議ですね。

 今となっては朝の方がむしろ超得意です。

 単なる食わず嫌いならぬ本気でのやらぬ嫌いだったのかもしれません。

どうしても宅建に合格するためには、ある程度の学習は必要です。

 学習時間をとれない言い訳を、
 朝出来ないから、
 夜出来ないからと言いはじめたらきりがありません。

 出来ないのなら出来るように工夫をする。

これこそが宅建絶対合格に必要なマインドかもしれません。

 宅建だけの合格にとどまらぬ
自分のこれからの人生においても勝てる自分を目指しましょう。
____________________________________
◎平成30年宅建リベンジ受験への道
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リベンジの方、調子がでないとき、昨年の悔しい気持ちを思いだして下さいね。

 去年の二の舞は絶対にしたくないですよね。
そのためにも日々の頑張りです。

ただし、学習は去年の延長上で無計画で何となくで進めないことです。

このメルマガを今年から読まれている方は大丈夫ですが、
 途中から読まれている方へ、念のためのアドバイスです。

 過去の宅建受験結果の自分なりの分析をしておいてくださいね。
 分野別の正答率は?
ランク別の正答率は?
 何が去年の敗因だったのか?

 外的要因・内的要因は何だったのか?

その上で学習計画をたてて実行しているかです。
 細かい学習計画はいりません。

 月間単位のラフな計画で、その中で週間単位で進捗チェックをかけてください。

 得点の固め方は、
 宅建業法、法令上の制限、権利関係、税・その他です。

 自分の過去の結果によりますが、自分の得点イメージは想定しておいてください。
 権利関係14点満点を狙う。
これはこれで否定はしませんが、現実的ではありません。
それよりも例え個数問題が増えたとはいえども、狙うは業法満点です。

こちらの方がより現実的です。

・・・・・転載ここまで・・・・・

登録は、『宅建独自メルマガ申込はこちらから』をクイックすると
メールフォームが立ちあがりますので必要事項を入力の上、
お申込みください。


・件名 → 「宅建メルマガ配信申込」と入力ください。
        
宅建メルマガ配信申込はこちらから


本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


すでに、宅建試験まで5ヶ月をきり、学習進捗はいかがでしょうか?

今回より、毎年読者に好評な6ヶ月学習サポートコーナーをスタートします。

毎週、6ヶ月学習を取組まれているあなたをサポートしていく記事をアップしていきたいと考えています。

もちろん、学習期間が6ヶ月以上の方でも、5ヶ月位の方でも、もちろん、4ヶ月の方でも参考になると思いますし、モチベーション維持につながることと思います。

原則、日曜日におおくりします。
(第二回目より日曜日枠に移動します。)

さて、6ヶ月学習をされている方の中では、今はインプット学習をしながらもアウトプット学習に進まれている方もいると思います。

あなたの状況はいかがですか?

スローペースの方は、アウトプット学習がまだの方もいると思いますので、サポートコーナーの第1回目としては、アウトプット学習に入っていった場合のポイントを紹介します。

アウトプット学習は、例え最初は解けない問題があっても、まずは気にしないことです。

気にすると、ますます解けない問題が気になりだし、解くスピードが落ちます。

最初の1回転目は、とにかく先に進むこと。
これにつきます。

ただ、間違った問題にはレ点をいれてください。

2回転目の間違った問題には、更にもう一つレ点を入れてください。
3回転目になると、レ点の状況で自分の苦手なところがそれとなく見えてきます。

苦手な問題は不思議とよく間違います。
ある程度間隔があくと、それが如実に現れます。

そんな時、それをどうするか?

ここがポイントですね。

宅建学習は、過去問に始まり過去問で終わります。
言い換えれば、アウトプットに始まりアウトプットで終わります。

とにもかくにも、繰り返し、繰り返し過去問学習することが、真の意味でのあなたの実力アップになっていくのです。

このことについては、何度となく記事の中に書いていることです。
何度も繰り返していると、読んでいると飽きてくるのが人情です。

でも、そこで、やめては絶対に駄目ですよ。

今までやってきたことが・・・・効果が半減以下以下になります。

3回転やってからが実力が倍増、三倍増となっていくチャンスなのに、自ら放棄することになります。

繰り返すことは、確実に知識として定着していきます。
確実になった知識は、いつでも、まるでドラえもんのポケットのように、あなたの必要に応じて、自分のポケットより知識をひっぱりだすことができるのです。

しかも、その時々に必要な形にしての便利な姿に加工される場合もあります。

これにより、試験場で見慣れない問題に直面しても、解決の糸口をさぐり、選択肢を絞込み正解へと導いていけるのです。

アウトプット学習を単調にしないためにも工夫はやってみてください。

自分の性格に照らし合わせて考えてみてください。

A型の真面目なあなたなら、ほっておいても大丈夫な気がします。
AB型のあなたは、独自な方法を編み出すでしょう。
心配なのは、B型とO型の方です。

自分の胸に手をあてて、しっかりと自分の気持ちを確かめてみてください。

覚悟はできましたか?

さあ、今日も頑張っていきましょう。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建直前期用に販売した人気シリーズとして、「1ヶ月学習法」があります。


必勝!宅建試験に1ヶ月学習で合格する方法: もう今年の合格を諦めたあなたへ逆転合格のコツを伝授
これを直前期シリーズの1冊目として、その後5冊発売をしました。


1ヶ月学習法と言っても短絡的にものではなく、それなりにハードな物になります。

ただ、過去のブログに掲載していて好評だった内容を再編集したものになります。

好評だった理由は、実際に1ヶ月学習で合格した方もいましたが、
その内容をアレンジして、2ヶ月学習、3ヶ月学習、4ヶ月学習とアレンジされて
使われている方多かったですね。

内容的には、前述のように奇をてらった秘策ではありません。
短期間ながらも王道に近い学習法です。

工夫をすれば、短期間でも効率よく合格のレベルまであげる方法はあるのです。

要は、右方あがりのカーブを緩やかにするのではなく、急カーブで上昇させていく戦略です。
今の時期でも作戦の方法は参考になるはずです。

今まで改訂版として発売を継続していましたが、昨年より毎年版として発行しています。

昨年は2017年版としてリニュアールし好評でしたので、今年も2018年版として
発行することにしました。

発売する場合は、またアナウンスしますが、
現行の内容でも考え方は全く変わらないので、2017年版でも利用できます。
今すぐ見たい方は、現行版を活用ください。


以下、2017年版のアマゾンでの掲載内容です。

・・・アマゾンより転載・・・

宅建士試験を今から合格を目指すあなた。

書店でテキストを手に取り、一般的な学習方法が書かれたものを参考にして、
学習を開始しているあなた。

ネットで紹介されたアプリを活用して学習しているあなた。

合格体験記を読み、なんとなく学習をはじめて苦労しているあなた。

その学習方法は本当にあなたにあっていますか?

独学の方にとっては、ネットでいろんな情報がとれる反面、
情報に翻弄されて学習が右往左往したりとぶれていく方をよくみかけます。

そのままでは、今年の宅建合格は厳しいといえざる終えません。

でも、今軌道修正すれば、あなたにも合格の可能性は残されているのです。
今年の宅建試験日までの残された期間は限られています。
その限られた中で、学習戦略と学習戦術を組んで取り組んでいけば、
あなたにももちろん合格する可能性が大きく広がるのです。

本書は、宅建を1ヶ月学習で逆転合格に導く方法を書いています。
しかし、1ヶ月学習だけでなく、それ以上の期間(例えば2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月)で
学習される方にとってもとても参考になる内容になっています。

合格するための学習をするためには、どうするのか?
そのコツやポイントだけでなく実践すべき内容がわかるものになっています。

宅建士試験は、数年受験して合格する試験ではありません。
決してハードルが高い試験でもありません。

あなたが、自らハードルを高くしているのです。

宅建試験は、決して難しい試験ではありません。

その事を自分自身の肝に銘ずることです。

本書を目にとめたあなたは、チャンスをつかんだともいえます。

本日のあなたとのご縁に感謝です。

学習はシンプルに・・

効率よく自分風にアレンジして、平成29年(2017年)の宅建士試験合格を
勝ち取りましょう。

販売価格は、159円。
一発合格の思いを込めています。

本年度の合格を絶対に勝ち取りましょう。

【目次】
第1章 逆転合格への道(準備編)
・強い合格への意思       
・3つのイメージトレーニング         
・合格おめでとうメール予約       
・必要学習時間は?      
・使用するテキストは?  
・マンガも使いようで効果あり 
         
第2章 逆転合格への道(学習編)
・1日の学習スタイル(平日)        
・1日の学習スタイル(土日祝)         
・モデルプラン(インプット)        
・モデルプラン(アウトプット)
・アウトプット中にインプットのスパイス

第3章 公開模試の活用
・公開模試の活かすポイント
・成績は無視      
・あなたの実力は発展途上 

第4章 アウトプット一直線
・大車輪編
・中車輪編
・小車輪編

第5章 ラスト一週間の学習
・成否を分ける学習ポイント
・試験前日直前セミナーの活用
・前日に必ずやること
・最後に一番大事なことをあなたへ


※別途販売しています他の宅建直前シリーズと一緒に読んで頂ければより効果的です。

【他の宅建直前期シリーズ】
「宅建試験に向けて模試を100%活用する方法:模擬試験は得点よりも大事なことがある」
「宅建を絶対に諦めないメンタルサポート: 学習中の不安を救う16のエール」
「宅建試験本番!10の解答テクニックとコツ:戦術を決めて実行することが合格への最短距離」
「宅建本試験☆絶対に諦めるな!今からが勝負だ!:ラスト1週間の究極のスパート戦略」
「宅建試験必勝対策☆前日・当日編:運命の日に勝利するのはあなただ!」

※宅建逆転合格を目指すなら・・・
『宅建もうやばい!今年の合格を絶対に決めるための逆転戦略:直前期受験生必勝の10の鉄則』

※宅建3ヶ月学習合格を狙うなら・・・
『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!: 3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』

※電子書籍御守りも用意しています。
「宅建士試験!合格祈願御守り:神頼み、幸運、ツキ、ジンクス全てをあなたの味方に・・・」

・・・アマゾン転載ここまで・・・

 購入は、以下のアイコンリンクよりお願いいたします。






本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建試験直前期には、いろんなメンタルや技術面に関する記事をおおくりしています。
特に、試験当日朝にアップする記事は特別なものになります。

雌雄を決するのは、当日13〜15時までの2時間。
この成果によって合否の明暗が分かれます。

まだ、今の段階では遠い先にしかみえないけどしれませんが、
時の経つのは早いです。
あっという間に試験直前期はやってきます。

5月になれば、7月はすぐです。
7月になれば、試験申込みが始まりますので、だまっていてもそわそわしてきます。

そこで、あえて、昨年の試験当日朝にアップした記事をアップします。
あなたのハートに届いてもらえれば幸いです。

・・・・2017年10月15日朝の記事(ここから)・・・・・

平成29年宅建試験当日☆ブログ読者受験生への心からのエール!


とうとう平成29年宅建試験当日の朝を迎えました。

あなたのお目覚めの気分はいかがですか?
今日はあなたの地域はどんな天気でしょうか?

関東は、雨または曇りの予報ですが実際はどうでしょうか?

カーテンを開け朝日がさんさんと降り注げば最高の気分ですが、
たとえ曇りでも、外の空気を部屋一杯にいれましょう。

さて予定通り早起きされたあなたのために、
私から、心からの最終最後の・・・
本当に最後のエールを贈りします。
あなたのために、心をこめて・・・
あなたの合格を祈願して・・・

《平成29年宅建試験を受験するあなたへ》

あなたは自分の置かれた生活環境の中で、
本当に一生懸命頑張ってこられました。

これはこれで素晴らしいことです。

学習期間は人それぞれですが、
限られた時間の中でやってこられたことには変わりありません。

仕事をもたれている方へ。
仕事をしながらの学習は、すごく実は大変なことです。
いろんな誘惑、疲れ、残業、もう一人の甘い自分自身との戦い、
それもこれも見事、今日のこの日まで継続して突破してきたあなた。

見事な完走です。

これは、本当に本当に立派なことですよ。
是非、完走した自分に自信をもってください。

波風もあったでしょう。
学習できない日もあったでしょう。
それもこれもを全て乗り越えて今があるわけですから・・・

宅建試験当日のスタートラインに立てたこと、素晴らしいですね。
自分自身に誇りをもってくださいね。

今日のあなたは試験会場において、
きっと自分の実力を如何なく発揮されることでしょう。

次に大学生の方へ。
今は仕事をもたれていないあなた。
自分の持分をしっかりと理解され、準備万端で望まれることでしょう。

自分の持てる力を如何なく発揮してください。
あなたなら、できるはずです。

このブログを読まれている宅建士受験生全ての方へ。

宅建試験に秘策はいりません。
あたりまえのことを当たり前のようにコツコツやる。
王道こそ、最大の合格への近道なのです。

・基本問題を確実にこなす。
・わかる問題からどんどん解きましょう。
・記号をしっかりとつけて、ミスや勘違いに注意する。
・見慣れない問題に対しても、どうじない。

・基本から派生させた読解力で応用問題をなぎたおしてください。
・難しい問題は、最後に回しましょう。
・個数問題は逆にチャンスととらえてください。
 一問一問慎重に対処しましょう。
 あせらなければ、対処できるはずです。

・あなたが難しく感じる問題、それはどの受験生でも一緒です。
 そこで食い下がれるかのハートの部分が大事になるのです。
・諦めない、粘って粘って粘りまくる。
・最後にマークシート転記、総点検で完了です。

見事な成果を残しましょう!

例え、予想外の展開になったとしても、あわてては絶対に駄目です。

例え、困難な場面に直面しても、諦めては絶対に駄目です。

勝負は最後の最後まで何が起こるかわかりません。
わからない問題は、一旦保留して次に行こう。
時間をとられすぎたら、あせりにつながります。
わかるところからどんどんと一問一答式に解いていこう。

最後まで諦めない強い気持ちが11月29日合格発表日、あなたに笑顔をもたらします。
今のあなたならそれができます。

私はあなたの頑張りを信じます。
何が何でも合格切符を、自らの手で力強くたぐりよせてください。

今日のあなたは、それが絶対にできる人です。
あなたらなら、絶対大丈夫です。
絶対にできます。

あなたには、目に見えない多くの心の仲間がいます。
あなたは、今年絶対に合格する人です。
合格するっきゃない人です。

同じ心でつながった仲間とともに、合格を絶対に勝ち取ろう!

絶対合格!

合格のステージは、あなたのために用意されています。
合格あるのみ!!

ファイト!!
思う存分奮闘されたし!!

最後に、合格祈願の1クリックも忘れずに!

元気に行ってらっしゃい!!!

・・・ここまで・・・

いかがですか?

臨場感が伝わってきましたか?

是非、試験当日ベストを尽くせるように、時々平成30年宅建試験当日に思いをはせてみてください。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


いつも当宅建ブログを読んでいただき、ありがとうございます。
沢山ある宅建ブログの中からあなたに選ばれていることに、深く感謝いたします。

また中には、今日が初めての方もいるとは思います。

はじめましてイッチャンです。

あなたとご縁ができたことに深く感謝いたします。

そんな初めての方に、当宅建ブログについて改めてご案内いたします。

一番このブログを訪れる方が増える時期は、宅建試験後になります。
合格への不安の中で多くのボーダーライン上の方が集ります。

そんな中で逸早く、しかも宅建試験まで、まだ約5ヶ月ある今の時期に出会えたことは、ある意味ラッキーともいえます。

事実コメントやメールで宅建試験後によく頂くことは・・・

「もっと早く、このブログに出会えていれば良かった」
「学習の時期に出会えていれば、孤独感を感じなかった」
「宅建受験前に出会いたかった」などなど・・・・・・

ヤフーでは、カテゴリー「宅建試験」に登録されています。

またグーグルの検索では、
「宅建 ブログ」で3番目から7番目あたりを上下しています。

また、他の宅建との組合せ表示のキーワードで上位表示されています。

しかしそれでも全宅建受験者20万人からすると、ほんの一握りの方しか出会えていない現実があります。

そう考えれば前述のコメントはうなずけます。

今日のこの日の出会い・ご縁を大切にしたいと私は考えています。
さてそんなあなたのために、当ブログの120%活用方法を紹介いたします。

【宅建初受験者のために】
・6ヶ月学習/3ヶ月学習の定番なものから、性格別学習法/職種別学習法/風水を活用した学習法などユニークな学習法を紹介しています。

・宅建試験について理解していただくために、各種受験関連のデータ/疑問を解決するためのQ&A集を用意しています。

・平成27年宅建試験カテゴリーの記事を見ていただければ、概ね今年の試験についての概要、ポイントを把握できるようにしています。

今後も随時記事がアップされていきます。
毎週月曜日に原則アップしています。

・モチベーションを保つためやヤル気/元気をだしてもらうため、あなたを励ます記事が定期的にアップされます。
フォローアップのための6ヵ月学習サポートは無料宅建メルマガにて行っています。
(購読を希望される方は、冒頭の案内より)

・少しゆとりある学習をするためには6月頃が限界線になります。
これをすぎると集中力を要求される3ヶ月学習となります。
また新しい学習法を紹介するかどうかは未定です。

・宅建試験1ヶ月前から1点をもぎとるためのテクニックやコツ、失敗しない方法など短期集中連載します。

宅建資格=初心者のための宅建試験一発合格サイトではありますが、宅建以外の資格を目指す方にも参考になるサイトを目指しています。

例えば資格初受験の方にとっての、

・目的/目標設定。
・受験決意/大義名分/気持ちの持ち方。
・合格後の自分をイメージ/合格発表時の自分をイメージ
 /試験で頑張る自分をイメージ。
・学習計画の仕方、学習方法、学習環境、細切れ時間の活用。
・学習中のモチベーション維持。

・プラス志向/ポジティブシンキング。
・試験前の過ごし方。
・回答のコツ/試験中気をつけること。
・試験後に心が不安で一杯な時、合格発表までの気持ちの持ち方。
・マークシートミスで夜も眠れない時/心の落ち着かせ方。

また各種資格をリベンジされる方にとっても、参考になるはずです。
リベンジについては特に強い思い入れで書いています。

最後に、是非活用していただきたいのが、癒し(いやし)の効果と心が沈んだ時に元気を与えるブログとしてです。

癒しについては多くの方に言われることです。

「癒されました。」

私にとってはうれしいかぎりの感想です。

自分では全く普通の言葉を使って書いているつもりですが、根が楽天家でありポジティブな私ですから、自然と言葉にその明るさがにじみでているのかもしれません。

元気を与えるブログ。

これについても自分でもそうありたいと考えています。
人に元気を与えるとますます自分も元気になります。
不思議ですね。

あなたに元気を与えること、私にとっても本当にうれしいことです。

また今後の記事の中で、当ブログの活用についてはポイント毎に説明していきます。

宅建試験まで5ヶ月ちょっとですが、無料メルマガとあわせて是非活用してください。


宅建試験を目指す学習の羅針盤/道しるべとして・・・

あなたの心の友として最後の最後まで応援しています。

お気に入りにいれて頂き、毎日の学習ペースメーカーに活用ください。


本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ