宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
1)宅建無料メルマガ募集中です。
 ※申込はこちらから
   ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52286532.html

ブログからのお知らせ

過去週日曜日に私の書きたいことを気持ちをこめてアップしていた
ものがあります。

徒然なるままに・・・

2008年に全27回にわたって連載。

宅建試験について感じること☆徒然なるままに

1.自分自身を知ることについて
2.試験について
3.宅建試験への思いいれについて
4.リベンジ合格について
5.最高齢合格者・最年少合格者について
6.宅建試験の当日の運(外的要因)について
7.内的要因について
8.宅建試験当日の実力発揮について
9.宅建試験会場ですることについて
10.宅建試験からのその後について

11.宅建試験後の自己採点について
12.宅建試験の歴史について
13.自己採点後の合格発表までについて
14.合格発表の瞬間について
15.宅建受験決意について
16.学習期間の孤独感克服について
17.学習成果について
18.学習の基本について
19.食育について
20.ヤル気について、

21.受験申込について
22.テキストの状態について
23.得意項目について
24.健康管理について
25.直観力について
26.平常心について
27.自己管理について


2009年には続編として、全40回として連載。

宅建☆徒然なるままに

・宅建☆徒然なるままに1(笑顔)
・宅建☆徒然なるままに2(新年あなたへのメッセージ)
・宅建☆徒然なるままに3(人から何気なく言われた言葉)
・宅建☆徒然なるままに4(宅建との出会い)
・宅建☆徒然なるままに5(感謝の気持ち)

・・・中略・・・

・宅建☆徒然なるままに36(水泳の入江選手も宅建受験)
・宅建☆徒然なるままに37(RETIOメルマガ第4号より)
・宅建☆徒然なるままに38(宅建試験での1点の重み)
・宅建☆徒然なるままに39(独学)
・宅建☆徒然なるままに40(合格と不合格は紙一重)

『宅建試験について感じること☆徒然なるままに』は、宅建資格・試験から、
それに派生する学習やメンタルについて書いています。

『宅建☆徒然なるままに』は、宅建から更に派生した内容に広げて書いています。

いずれにしても参考になる内容です。

学習の合間に息抜きとして読んでいただければと思います。

記事はこちらから

2019年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建独自メルマガ購読者募集中です!

今年に入りに、新しくブログを読まれ始めている方も
いると思いますので、宅建メルマガの案内をさせていただきます。

タイトルは、宅建学び塾『ウイナー』

文字通り、あなたに宅建試験での勝者になっていただきたい思いをこめています。

1/25の発行で351号になりました。
無料の宅建に関するメルマガです。

配信は、毎週金曜日17時頃になります。

この宅建学び塾『ウイナー』ですが、
意外と多いのが宅建合格後も読まれていることです。
試験後に出会う方もいるので当然そのケースがあって不思議ではないのですが、
合格後もずっと読んでいただいている方が多いのが特徴です。

発行者としては大変嬉しい限りです。

参考までに1/25に発行分の一部を転載いたします。
ブログの掲載予定もついているので便利ですよ。


・・・・転載ここから・・・・

大坂なおみ選手やりましたね。
きっとこのメルマガが発行されている頃には、全豪オープン優勝、
世界ランキング1位になっていると信じたいです。

さて1月も残りわずかです。
2月もあっという間です。
そして3月は卒業シーズン。
すぐに4月はやってきます。

メール相談の方には、最初にやっていただいているのが過去の分析です。

ブログにも書いていますが、意外とこれをやっていない方が多いのです。
やっている方でもやはり主観的か漠然ととらえているケースが大半です。

客観的にみてあげることがどれだけ大切か?は、
やってみてよくわかります。

また、分析をしないで今年の学習をスタートさせている方も多いですね。
自分のことは自分が一番わかっているから、当たり前じゃないの?

そういう声も聞こえてきそうですが、
自分が何に不合格の原因や要因があるのかを
自分の脳にしっかりと植え付ける必要があります。

というのは学習していくなかで、段々と自分の学習に対する意欲が
ぼやけていきます。

特に、漠然と学習をスタートした人はそうなりやすいのです。

目に見える形 ⇒ 数字 できちっと自分自身に示すこと。

何が駄目だったのかを・・・


私も長い間、営業の世界で生きてきましたので、
数字の厳しさは人一倍理解しています。

もちろん仕事の過程も大事にしますが、結果も重視します。
達成できないのは達成できない理由があります。

それを市況や他責にしていたのでは、
自分が思うように物事は進んでいきません。

一生受け身の人生を進んでいくのなら、
それでもいいのですが、
人はやはり自分のやりたいことをしたい。

これが自分の幸福感につながっていきます。

自分は何のために生まれてきたのか?

その答えも堂々と言えるようになります。

このメルマガを読まれている方は、
宅建というキーワードでつながってはいますが、
当然日々、宅建だけをやっているわけではないですよね。

むしろ宅建はあなたにとってはほんの一部分です。

沢山やるべきことのほんの一部分です。

ほんの一部分だけに、最小限の時間で最大の効果を生む工夫が必要ですし、
ほんの一部分だけど、今後のあなたがやるべきことに派生して可能性が
あります。

だからこそ、自分の足跡だけは整理してみてください。

このことは、ユーチューブでもアップしています。

是非、みてください。

◯イッチャンの平成25年宅建試験リベンジへの道(その1)
http://www.youtube.com/watch?v=hGb0F97Hq_g

◯イッチャンの平成25年宅建試験リベンジへの道(その2)
http://www.youtube.com/watch?v=oEDxIWAV6qg

◯イッチャンの平成25年宅建試験リベンジへの道(その3)
http://www.youtube.com/watch?v=t91TE9w__38
____________________________________
◎2019年宅建初受験に向けて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
できる・できないについてです。

あなたはできるを選択しようとする方ですか?
それとも、できないを選択しようとする方ですか?

難しいこと、新しいことにチャレンジする場合、
どうしても、いろんな壁にぶつかります。

それは、自分にとって未知の分野であればあるほど、
壁も大きく、高く険しくなると思います。

その壁を乗り越えるためには、
それなりの努力が必要ですし、
考えても考えても、
なかなか突破できない時もあります。

それでも、前向きなできるを前提に考える人であれば、
その壁を乗り越えようと、
いろんな角度から考え、行動し、
乗り越えるべくチャレンジを怠りません。

一方、壁にぶつかると、
すぐに諦める人もいます。

何度かチャレンジするものの、
自分にはできないと諦める人もいます。

諦める人の多くは、
できない理由を先にならべていきます。

できない理由は、
ごもっともなことなのですが、
残念ながらそれを盾にこばもうとすれば、
その時点でその人には、新しい道を切り開く力はなくなっています。

宅建学習に置き換えた場合、
学習できない理由をあげようとすれば、
沢山でてくると思います。

・仕事が忙しい
・家では学習する場所がない
・電車学習なんか無理
・法律は苦手
・勉強が苦手・・・・

できない理由を先にあげる人は、
私の回りにも沢山います。

できない理由が先には出るけれど、
そこから、プラス思考に考えて、
そこから、できる理由を考える人もいます。

長い目でみていると、
あきらかに後者の方が大きく伸びますね。

また中には、
最初から、例え困難な未知なものでもできる理由から考え始める人もいます。

この人の場合は、最初から好スタートを切れますし、
前向きに考える人には、味方や支援してくれる人が集ってきます。

これは、本当に不思議なことですが、
人の良縁は、プラスにひきつけられるように集ってくる気がします。

本当に不思議ですよ。

私自身は、以前は、できない理由を考える方でした。

できない理由を重ねていき、自分自身のできない理由を
援護していく。

もちろん、新しい未知なるチャレンジはできるわけがありません。

しかし、今の私は、できる理由を考えます。

人間の脳は不思議です。

できる理由を考えようとすると、
糸口がみつかることがよくあります。

また、今までにない角度で物事を考えていきますので、
それだけに新しい発見もあります。

あなたも是非、できない理由よりできる理由から考えるようにしてください。

そうすれば、新しいあなたと出会えるようになるはずです。

あなたはあなた一人であり、
可能性は前向きに考えることをやめない限り、無限にあります。
____________________________________
◎2019年宅建リベンジ受験への道
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ブログではリベンジに関して、計画と準備段取りについて書いています。

分析をし、自分の状況がわかる。
その後は、今年の自分の学習環境を想定して計画を立案していくことになります。

今の時期でしたら長期・中期・短期の3つに分ける方がいいですね。
6ヵ月学習なら長期と短期でもいいです。

自分の学習できる時間は、概算で割り出せます。
土日休日は何時間、平日は何時間。

詰めすぎた窮屈な予定は禁物です。
予備日をもたせる柔軟さが大事です。

テキストや問題集はどうするか?
買い直すのか?
継続して去年のものを使うか?

以下のブログ記事を参考にしてください。

『平2019年宅建絶対リベンジ☆計画、準備段取り』
    ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/

・‥…━━☆・‥…━━☆☆☆・‥…━━☆・‥…━━☆☆☆・‥…━━☆

・・・転載ここまで・・・


以下の募集内容をご確認の上でお申し込みください。

【宅建無料独自メルマガ募集内容】

申込は、「◎宅建独自メルマガ申込はこちらから」の
リンクをクイックするとメールフォームが立ちあがり
ますので、以下の必要事項を入力の上、
お申込みください。

・氏名(ハンドルネームだけはご遠慮ください)
・メールアドレス
・都道府県 →お住まいの都道府県を選択してください。
・件名 → 「宅建独自メルマガ配信申込」
・メッセージ →リベンジの方は今年の受験結果、
        初受験の方は受験に対する思いなどお書きください。


2019年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


現在、アマゾン電子書籍kindle版の宅建シリーズを発売しています。

現時点では22冊。
直前期ものが8冊あります。

直前期もの8冊を除いた人気ランキングにしてみました。

         3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』



一番読まれているのが中高年の方に向けたものです。
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
〜中高年の武器を120%発揮する17の手法〜


中高年の方の強みをいかした戦略を17手法書いています。

2位は、3ヶ月学習に焦点をおいた学習法を紹介したものです。
時期的には早いかもしれませんが、考え方は参考になるはずです。

3位は、『宅建受験生必読!資格合格から未来像を描く成功鉄則20』

単純に宅建合格だけではなく、その先を見てほしい私の願いを強くこめています。
第一章、第二章、第三章の3章構成で、本編に成功鉄則20をまとめています。

第一章では、私の経験を踏まえてメッセージ性を色濃くした内容にしています。
第二章では、宅建の概要から宅建後に目指していくことを書いています。
そして第三章では宅建の経験を踏まえて、あなた自身の経験を踏まえて大事な20の鉄則マインドを紹介します。
以上がベスト3です。

4位以下もみてみましょう。
4位は、電子書籍の新刊『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』

意外とこの時期はあまり読まれていません。
まだピンとこないのでしょうね。

この時期にこそ、読んでほしいものなのですが・・・

第一章はメンタル面に重点を置いています。
学習を頑張る12のエールはブログ読者にはお馴染みです。
学習スタイル・学習時間の捻出は、昨年の宅建フェスティバルでの
参加者の声を反映させています。
メンタル軽視しては駄目やモチベーションについては、
今年の宅建フェスティバルに参加している方にはお話を
していることです。

第二章は試験本番に向けての内容です。
それゆえ、今すぐに読まなくてもいい章です。
8・9月になったら読んでください。
内容的には、直前期に不安に思うことに対するエールを
いろんな角度からおくっています。
解く順番、マークシートのやり方、試験テクニック、迷った時の対処は
9月模擬試験前には忘れずに読んで下さい。
直前期の今日の一言は、10月になってから読んでもらってもいいと思います。

過去の合格者の声に関しては、
今読んでいただいてもOKです。
合格者の喜びの声は、あなたの元気・ヤル気につながるはずです。

第三章は、いろんな合格体験やエールのオンパレードです。
最初は、私の合格体験記です。
宅建試験当日から合格発表日までを掲載しています。
自分の想定と違った自己採点の結果に心が大きく揺れまくった経験は
反面教師としてのあなたに参考になることでしょう。

次に、合格者14人の体験談です。
いろんな方の合格体験が掲載されています。
おそらく、ここまで掲載されているものは初めてだと思います。
受験生へのエールも入っていますよ。

そして、宮嵜先生のエール、最後に私のエールとなります。
お互いに心をこめて書いています。

最後の最後は、書道です。
書道家矢部澄翔さんに書いていただきました。
矢部さんと言えば、電子書籍では渡辺淳一さんに書かれた後の私が二番目です。
本来ならお願いする相手ではありませんが、
私の宅建受験生に対する思いを快く引き受けてくれました。
思いは相手に伝わりますね。
この書による宅建合格の言葉を宅建学習に節目節目や宅建試験前日、
宅建試験当日試験前に見るだけでも価値があると思います。


5番目は、
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
宅建初受験の方に読まれています。
また、リベンジの方にも読まれています。
大事なポイントがまとめられていますと、適度なボリュームなので読みやすいのが特徴。
文字通り、宅建試験初受験の方に向けた入門教材です。

宅建とは?から始まり、
宅建試験とは?、宅建学習、宅建試験、宅建試験後のことについて書かれています。

Q&Aなので大変読みやすいと思います。

43項目について質問に答える形で回答しています。

また、私の経験からによるアドバイスを必要に応じて書いています。

そして、一部の記事は宅建ブログにリンクさせています。

宅建ブログでは、カテゴリーが100以上に及びますので、
どこにどんな記事があるかカテゴリータイトルだけでは
わからないものもあります。

質問の回答に対して、一部リンクさせています。

リンクをつかえるのが電子書籍のいいところですね。


6位・7位・8位は、ストーリー物です。
『もしも黒田官兵衛があなたの軍師だったら』
『宅建リベンジストーリー』
『宅建とるぞ!☆宅建月人の初受験ストーリー』

『もしも黒田官兵衛があなたの軍師だったら』は、
以前大河ドラマで盛り上がった官兵衛、現代によみがえって不動産業界で
大活躍します。
楽しく読みながら、宅建学習のポイントも抑えられます。

『宅建リベンジストーリー』とは・・・
このブログの読者の方ならご存知ですね。
以前、某ブログで連載していたものです。

ヒロイン桜井咲が前年の宅建不合格の悔しさを胸に、
宅建学習に頑張る様子を小説タッチにしたものです。 

読むだけで、宅建リベンジに必要な心構えや学習のポイントなどが
わかるようなっています。
またkindle版発売に伴い番外編を特別に加えました。
あるライバル?の側面からの内容のものを掲載しています。

それは何か?・・・・
それは、読んでのお楽しみです。
友情あり、恋の予感もかんじさせながら物語は進行していきます。 

『宅建とるぞ!☆宅建月人の初受験ストーリー』
男性の主人公 宅建月人(たくたて つきと)が宅建試験合格を目指す物語です。

作成コンセプトとしては、この宅建学習・受験物語を通して
あの有名なビジネス本『ザ・ゴール』のように、
物語を読むことにより宅建の概要だけでなく、
ポイントやコツ・注意点などが自然とみにつくように構成しています。
途中思考錯誤する場面もありますが、
独学の受験生が特に陥りやすいことを反面教師として警鐘をならす意味合いもこめています。

宅建初受験の方だけでなく、リベンジされる方にとっても役にたつ形にしています。

2019年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


今年宅建初受験をされる方のために、
カテゴリー「宅建試験について知る」を紹介します。

このカテゴリーには、
過去の宅建試験データ・宅建Q&A・宅建徒然なるままに・アンケートなどから、
初受験の方に必要なものをピックアップしてその時々の記事として紹介しています。

記事の切口は、いろいろと変えています。

宅建初受験される方にとって、
まだまだ宅建についてピンとこない方もいると思います。
しかし、少しでも早い段階で宅建について知ってほしいという気持ちであえて、
1月の早い段階で紹介しています。

4月になれば必要性は自ずと高まりますが、
平穏な今の時期に読んでこそ効果が高いです。

少しでも早く知ってもらえていれば、
それだけ宅建試験を余裕をもって迎えさせてあげられる。

そういう意味もあり、この時期にあえて紹介させていただきます。

逸早く読んでいただいたあなたには、
間違いなく合格に向けて、
合格のためのマインドを理解していただけると思います。

私としては宅建試験での華々しい成功体験よりも、
失敗した上で見事栄冠を勝ち取ったものの方がこれから受験される方には参考になると思います。

ビジネスの世界でも成功例はもてはやされます。
本もサクセスストーリーものは沢山あります。
しかし、実際このサクセスものは多くの方にとっては参考になりません。

しかし失敗例は、参考になるのです。
それは、勝利に導く重要ヒントが隠されているからです。

成功の裏には実は多くの失敗が隠されています。
その一部分である成功をまねるだけでは、
成功しないのです。

あのユニクロの柳井社長でさえ、
「一勝九敗」の本を書かれています。

また、「成功は1日で捨て去れ」も書かれいます。

柳井さんでさえそうなのですから、
一般の私にとってはハードルが高いのはおわかりいただけると思います。

それと同様に、
苦労して合格した経験はそれ以上にこれから学習する方にとって、
反面教師として大いに参考になることでしょう。

人間、修羅場をくぐった経験は強いですよ。

宅建初受験のあなたにとっては、
今は縁になりたくもない経験かもしれませんが、
その経験が必要な時はあなたに突然やってきます。

本当に突然やってきますよ。

その時に、あわてなくてもいい経験が失敗例なのです。

過去ニュースや新聞で想定外、想定外という言葉を何度も見聞きしました。
想定外のことは、実は失敗の中にヒントが隠されているのです。
成功例ばかりみていると、ちょっとした失敗に対処できない。

あの時イッチャンが言う通り読んでおけばよかったと思っても、
その事態に遭遇した時は時既に遅しです。

あなたにとって役立つことがあるからこそ、
紹介しているわけです。

ここは、素直に読んでみてくださいね。

私の合格体験記もそんな失敗例の塊ですが、
機会があれば読んでみることをお勧めします。

「宅建試験について知る」を読んで、
あなたのモチベーションをアップしていきましょう。

心強い試験対策になることと思います。

〇カテゴリー『宅建試験について知る

また、時間がない方は電子書籍の方で代用しても構いません。
以下の2つのものには必要なエキスが詰まっています。

是非、この機会にご利用ください。



2019年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


大河ドラマ西郷どんが懐かしく感じられます。
印象深い大河ドラマのなかで、『軍師官兵衛』があります。

過去の大河ドラマですが、最近の中では一番良かったと思います。
とにかくV6の岡田さんの演技が本当に良かったです。
ダークなイメージの黒田官兵衛を見事に変えてくれました。

その黒田官兵衛、大河ドラマによって初めて知った方もいることでしょう。
ゆかりの地、大分県中津市も放映当時のゴールデンウェイークに立ち寄った際は、大変盛り上がっていました。
ふるさと納税も伸び、地域貢献になっていました。
今はどうでしょうか?
気になるところです。

私も縁あって、黒田官兵衛本を2冊書きました。
1冊目はサラリマーンと結び付けての活用術、
2冊目は黒田官兵衛を現代によみがえらせての小説です。
それに宅建受験の要素を加味しています。

黒田官兵衛をご存じの方は、総集編として読んでいただいても結構ですし、
初めての方は、入門書的に読んでいただいてもOKです。

特に、小説の方は年末年始休暇に気軽に読んでいただければと思います。
不動産業界を舞台にしていますので、楽しめると思います。

◎『軍師黒田官兵衛に学ぶサラリーマン処世術
−アマゾンより転載−

NHK大河ドラマでV6岡田准一さんが主役黒田官兵衛好演したことが、今でも思いだされます。
ドラマは終われど、黒田官兵衛の知略はまだまだ現代に通用するものです。

むしろ、混沌と複雑化した今の世の中だけに学ぶべきことが多いと感じます。

本書では、30年以上の営業を主体としたサラリーマンとしての経験を活かして、
サラリーマンが活用する観点から軍師官兵衛に学ぶべきことをまとめています。

今の複雑な社会情勢において、
強く逞しく生きていくためには・・
家族を養っていくためには・・・
自分の未来を開拓していくためには・・・
毎日変化する荒波を超えていくヒントが随所にちりばめられています。

人生の指南書として、官兵衛のエピソードを交えながら、今後のサラリーマンの生き方を示しています。

今は日本では戦争のない平和な社会ですが、隣国や国際情勢を考えると危険性は
秘められています。
また、今までには考えられない事件や事故、自然災害の発生など私達を取り巻く
環境は一段と悪化しています。

外的な問題だけはなく、内的なものにもいろんな多種多様な問題を抱えています。
精神を病んで苦しむ方も多く、賃金格差の発生も逆風となっています。

若者に未来はないのか?

いえ、そんなことは決してありません。

例え、どんなに今が苦難な状況にあろうとも、
あなた自身が、諦めないチャレンジする気持を持ち続ければ、活路は開けます。

将来に向かって力強く生き抜いていこう!
元気に明日に向かって走っていこう!!

あなたの輝かしい道を切り開くためにも、本書を是非ご活用ください。

【目次】
●第一章 何故今?黒田官兵衛なのか?
 目次1 日本を取り巻く環境
 目次2 私の黒田官兵衛との出会い
 目次3 癸欧箸靴討寮犬方
 目次4 知謀と野望、そして恩情
 目次5 NHK大河ドラマでの起用

●第二章 サラリーマンを取り巻く環境は厳しい
 目次1 大企業に所属しても安穏としていられない
 目次2 中小企業はまさに下剋上
 目次3 グローバルの荒波
 目次4 アベノミクスに浮かれているとバブルの二の舞
 目次5 消費税アップは敵か味方か?
 目次6 あなたの家族を誰がまもるのか?
●第三章 官兵衛に学ぶ逞しく幸せに生き抜く10の処世術
 目次1 処世術1(どんな環境からも希望を見出す)
 目次2 処世術2(知謀は知略なり、調絡は調整術なり)
 目次3 処世術3(不可能を可能にするアイディア術)
 目次4 処世術4(先見の明)
 目次5 処世術5(意にそぐわぬことへの反論上手)
 目次6 処世術6(反面教師、上から好かれる)
 目次7 処世術7(飛ぶ鳥を落とす勢いは最初が肝心)
 目次8 処世術8(争いを避ける技術)
 目次9 処世術9(生きた金を使う)
 目次10処世術10(嘘も方便)

◎『もしも黒田官兵衛があなたの軍師だったら
〜駄目駄目社員の痛快成功ストーリー

大河ドラマから火がついた黒田官兵衛ブーム。
姫路、長浜、福岡、中津など各都市で黒田官兵衛にまつわるイベントが開催されていました。

また、一方では黒田官兵衛を主人公とした歴史書、歴史小説も沢山発行されました。
ビジネスの世界でも軍師としての戦略を見習っていろんなセミナー・講演が実施されました。

そんな状況の中で今回、実際に黒田官兵衛が現代に登場したらどんな活躍をするのか?
もし、あなたの軍師となったら、どんな戦略を施してくれるのか?

そんな可能性と期待感をモチーフに、現代版小説として書きあげました。

主人公黒田元気は、不動産業界に努める駄目駄目社員。
そんな駄目駄目社員が黒田官兵衛が軍師になったことにより、
劣勢を挽回し、一気に上昇機運にのっかかっていく。

状況分析から戦略立案・・・
ち密な戦略に基づく展開・・・
半沢直樹ばりの結末・・・
不動産必須資格の宅建に関してリベンジ・・・

成功の階段を登りつめていくなかで、本当の成功とは何か?
幸せとは何か?

恋愛模様も絡みながら、物語は進行していきます。

今が辛い状況のあなた。
苦労しているあなた。
一人で苦しんでいるあなた。

今の生活から、上を目指したいあなた。

そんなあなたが、本書を読むことにより、勇気・希望・元気がでれば・・

20代・30代の若い世代に激励の願いをこめて・・・
40代・50代には更なる活躍のために・・・
60代からの第二の人生スタートとして・・・

真の幸せな成功をつかむために、お役立ていただければ幸いです。
【目次】
●第一章 運命の出会い
・埋没した生活
・自信喪失         
・出会いは突然       
・あなたは何者?      
・黒田官兵衛とは?     
・戦国武将に今何ができるのか
・お手並み拝見

●第二章 半沢直樹を期待する
・会社に見参        
・情勢分析         
・戦略立案         
・和平交渉         
・噂・口コミ戦術
・10倍返しだ!
●第三章 リベンジ宅建
・新人君みてろよ
・必勝宅建大作戦      
・ライバルの存在?      
・試験当日の秘策      
・明暗分ける合格発表 

●第四章 リベンジ宅建
・連戦連勝
・部長に意見する
・一目おかれる存在
・奇跡の人事発令     
・彼女ができた  

●第五章 幸せな結末?
・部下ができた
・紹介戦略        
・臨時報酬ゲット
・キャバクラでもてまくり 
・好事魔多し
・まさかのジェットコースター




2019年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ