宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●平成30年合格エールメール配信希望者募集中!
 10/1〜21まで毎日配信(無料)
 申込はこちらから。
  ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52282112.html

●9月以降の直前期に必読のシリーズ
『宅建試験本番!10の解答テクニックとコツ』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/bJIMMH

『宅建試験に向けて模試を100%活用する方法』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/dNDy3y

『宅建を絶対に諦めないメンタルサポート』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/gvLIcF

『宅建本試験☆絶対に諦めるな!今からが勝負だ!』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/lmpxfx

『宅建試験必勝対策☆前日・当日編』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/wBsKqT

『宅建もうやばい!今年の合格を絶対に決めるための逆転戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/zFgkj5

『宅建士試験!合格祈願御守り:神頼み、幸運、ツキ、ジンクス全てをあなたの味方に・・・』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/BfzyiM

●1ヶ月学習をアレンジしての活用も有効的です
『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

ブログからのお知らせ

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

平成24年宅建試験合格発表から、25日が経ちました。


今思えば、月日が経つのは本当に早いですね。

今では、遠い過去のような出来事のようにも感じます。


振り返ってみれば、
10月21日の宅建試験直後から、
12月5日の合格発表日までは大変長い道のりだったと思います。


合格者はそれを乗り切って、
見事合格を勝ち得たわけですから、本当にご苦労様でした。

特に、33点の方にとっては薄氷を踏む思いでしたね。


一方ではリベンジの方の中には、
しっかりと学習されてきた中で、
見事ボーダーラインを上回った方も多く、
悔しい思いをされた前年に比べると余裕の待機期間で
あった方もいました。


それもこれも、
しっかりと頑張ってこられてきたあなたの足跡があってこそでした。


当然の結果ですね。


リベンジ合格された方、本当に1年間の学習お疲れ様でした。

そして、改めて平成24年宅建試験リベンジ合格おめでとうございました。


見事、大輪を開花させての平成24年のフィナーレになり、
平成25年につなげるステップアップがなされていくことと思います。


リベンジで苦労した経験はお金を出しても買えない貴重な経験です。


人の痛みがわかってこそ真の強さ、優しさです。

そんな心の財産をあなたは得たことになります。


さて、一方、平成24年宅建試験に一発合格された方、
本当におめでとうございました。


45点でも33点でも同じ合格にかわりありません。

一番大事なのは宅建資格をとってからになります。


実務にタッチする方は、
新主任者としてバリバリ活躍していくことになりますし、
実務につかれない方は、
次のステップにどうつなげていくかです。


宅建合格は合格として、
ここからが本当の真価がとわれます。


宅建試験で高得点をとられた方は、
その気持ちにおごることなく、
謙虚な気持ちで自分の将来の絵を描いてください。


合格ぎりぎりだった方は、
べつに卑屈になる必要は何もありません。

立派な合格です。

自信をもって、これからの自分のビクトリーロードを歩んでください。
ハングリーな気持ちを持ち続ければ、更にあなたを成長させます。


最後に、もう一度、リベンジの方も初受験の方も含めて、
見事平成24年宅建試験で栄冠を勝ち得たあなた、
合格おめでとうございました。


実務講習に進まれる方は、
来年も引き続き、ご愛読いただければと思います。


あなたと出会えたことに改めて心より感謝いたします。


PS.明日は、私自身の今年の活動の総括と全読者へ向けての今年最後の挨拶になります。


今日も読んでくれてありがとう、1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブル感謝よろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


今回の記事にて3010回目になります。
(メルマガ解答の記事135回分含む)


思い起こせば、今年の宅建試験で7回目をこの宅建ブログとして
迎えた訳ですから当然かもしれません。


平成18年8月下旬からこのブログを立ち上げて、
最初の頃は不定期な記事掲載、
その数年後からは、毎日掲載に踏み切っていますので、
意外と私自身にとっては短い道のりだったかもしれません。


それぞれの年のその時々にいろんな思い出があり、
読者の方にとっても、
私にとっても、
思いで深い記事は存在するわけです。


どれが一番の記事か?

流石に、これは難しい質問です。


カテゴリーは100以上ありますので、
カテゴリーを見ても内容が思いだせないのものが
ありますので、
記事とすればもっともっと沢山あります。


今、改めて読み返せば、
その時々以上に心を揺らす文章があります。


流石に全文読み返すことは困難ですが、
私にとっては・・・

やはり、これでしょう。


読者の方のお役に立てた記事、
励みになった記事、
元気・勇気・ヤル気をあげることができた記事が、
私にとっては最高の記事ですね。


今の読者であるあなたへ。
あなたにとって、心に響いた記事はありましたか?


さて、そんな記念すべき3000回突破の記念記事として、
以下の記事をあなたに贈ります。

今、読者であるあなたに感謝に込めて・・・


『宅建試験はあなたにとって、必ず攻略できる試験』


この宅建ブログ、読者の方にとってはおなじみのように
メンタル面に関する記事がとても多いブログです。


メンタルは、直前期から宅建試験後、そして合格発表までの
期間こそ多くの共感を呼び、非常に沢山の人が訪れます。


しかし、これがその期間以外になると、
意外と認知されにく現実があります。


メンタルの大切さに気がつき、
それを上手に学習に組み入れられた方は、
宅建に勝利しやすくなります。


今のあなたが、もし、来年宅建を受験されるあなたなら、
是非、自分自身に強くその大切さを念じてください。


メンタルが必要な時期は、
直前期や試験当日ではなく、
むしろ、通常の宅建学習時期であり、
宅建学習をはじめる前の心構えを養う時期にこそあります。

それを是非、あなたは認知して下さい。


そういうことを常常私は強く持っています。

それだけ、メンタルは普通の時期は軽んじられやすいのです。


邪魔もの扱いもされます。

精神論なんかあほくさい。


確かに、学習を上手に組み立てられる方には、
それほど意識する必要はないことかもしれません。


そういう方はブログからとやかく言われなくても、
自分で計画を建てて進めていくことでしょうし、
宅建ブログ自体も読まないでしょう。


また、前に向かってドンドン進める方も、
ブログを学習のペースメーカー代わりに活用していけば、
メンタルを意識しなくても、結果はついてくることと感じます。


一番心配しているのが上記以外の方です。

今「何を言っての?」と余裕あるあなたが一番危険な方です。


調子のいい時は順調に進んでいく。
しかし、一旦調子をくずすと一気にくずれていく。

そういう方を毎年私は見てきています。


その方の傾向は・・・
多年受験になりやすい。

今、全くその片鱗さえないのに、
むしろ、調子がいいはずなのに・・・


宅建は攻略できる試験です。

宅建は自分自身に勝てる試験です。


宅建という敵ではなく、
自分自身への攻略法さえ間違えなければ、
合格確率は必然的にあがっていきます。


その根底にあるものは、
テクニックやコツではなく私は気持ちの問題=メンタルにあると思います。

あなたの気持ちのコントロールを最優先に考えてください。


あなたの気持ちを基に戦略・戦術を構築してください。

それさえ間違わなければ、
リベンジの方は、間違いなく来年がファイナルのリベンジになるはずです。


宅建合格しての晴れてブログからの卒業。

あなたが来年の卒業生です。


今回読んでいただいた受験生であるあなたへのはなむけの言葉とします。


そして、最後の最後に、今年を含めた過去の合格者であるあなた。


今も読んでくれているあなたに感謝します。

ありがとう。


今日も読んでくれてありがとう、1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブル感謝よろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建受験 に参加中!

来年初受験する方だけでなく、
リベンジする方も、
今一度、宅建試験に関連することを振り返っておく
必要があります。


そんな時に役立つのが、宅建試験Q&Aです。


平成19年の受験生にむけて作成したものですが、
内容的には参考になるものがあると思います。


全部で45項目のQ&Aです。


そもそも宅建試験とは?・・・から始まり、
宅建試験の中味、学習について、
試験の応募、試験当日、合格発表まで、
初めて、宅建試験に出会った方が疑問に思うことを、
順次紹介しています。


回答部には、私自身のエピソード等もまじえています。

読んでみて参考になるものですよ。


いくつかを転載してみます。


・・・ここから・・・


【Q21】学習は通学と独学はどちらがベストですか?


《A21》通学にすべきか、独学にすべきかは、あなた自身を取り巻く学習環境
     によります。
     費用面で考えれば独学が安くすみますし、基本を確実に身につけるな
     ら通学の方が有利です。
     通学の場合は、毎週、通えるかの問題がありますし、独学の場合は、
     自分のペースで自由に学習できます。
     最終的には、自分で判断するしかありません。
     どちらを選択するにしても、仮に、独学と決めたら、最後まで独学に
     こだわっていくべきです。
     いざ独学と決めたのに、途中で、やっぱり、通学しようかと迷ってい
     ると、試験までの期間がどんどんなくなります。
     もちろん、メインは独学で、単発講座や直前ゼミ・公開模試での専門
     学校の活用は、大変有効なので、くれぐれも独学の意味を履き違えな
     いないようにしてください。


【Q22】独学の場合、学習時間はどのくらい必要ですか?


《A22》一般的には、300時間前後と言われているケースが多いと思います。
     しかし、学習時間には個人差があります。
     集中して、学習時間が取れる人もいれば、細切れの時間しかとれない
     人もいます。
     自宅の自室で学習できる人もいれば、電車でしか学習できない人もい
     ます。

     学習スタイルは、千差万別です。
     自分の学習スタイルを決めれば、自ずと概略的な必要時間はわかりま
     す。
     今の時期からのスタートは、学習時間に余裕を持たせてください。
     300時間と決めてスタートしたのに、全然、予想に反して、足りな
     となると、後で、大いにあわてることになります。


<私の経験>

私は、独学を最終的には選択しました。
実は、最初は、通学を検討しました。
しかし、費用面と通うことは無理と判断し、独学にしました。
ただ、直前ゼミと公開模試は、LECさんを活用しました。
公開模試を受けたことは、大きな経験と自信につながりました。
(模試の成績は、不安定そのものでしたが・・・)


【Q23】通学先は、どこがお勧めですか?


《A23》通学先は、あなたの住む場所によって違ってきます。
     某校が良いと思っても、通うのに1時間以上かかるのであれば、
     長続きしないと思います。
     まずは、資料取り寄せから始めて、興味をひいた学校の公開説明会に
     参加してみることをおすすめします。
     公開説明会は無料なので、自分に合わないと思えば、別に申し込む必
          要はありません。
     当サイトのカテゴリー「各専門学校の講座紹介」を参照してください。


<私の経験>


私も最初は、通学を考えて、LECさんの公開説明会に参加しました。
最終的には、独学を選びましたが、本屋さん等におかれている無料の資料では、
わからない面があります。
実際、肌で目的の学校の雰囲気を感じるべきです。


【Q24】独学の場合のお勧めのテキストは何ですか?


《A24》テキスト選択は、結構重要です。
     書店に行けば、沢山の宅建関連のテキストがあり、目移りしてしまい
          ます。
     アマゾン等での一番の売れ筋は、「宅建塾」です。
     私が実際に使用したのは、「出る順」になります。
     当サイトのカテゴリー「お勧め市販テキスト(本)」を参照ください。


【Q25】テキストと問題集は同じ系列のものがいいですか?


《A25》テキストと問題集は、同じ系列で学習した方がわかりやすいです。
     「宅建塾」なら「宅建塾」のシリーズで。
     「出る順」なら「出る順」のシリーズで。
     信じて買ったテキスト・問題集を最後まで、何度も何度も使い倒すべ
     きです。
     学習途上、追加で同種のテキスト・問題集を買い揃えるのは、
     あまり関心しません。
     
<私の経験>

私が「出る順」を選択した理由は、メルマガの「合格体験記」の方に書いてい
るので参照してください。

実は、私自身は、追加でテキストを購入しました。
但し、同種のものでなく「出る順解法マスター」というものです。


その時点での弱点を補えたということでは役にたちましたが、
最初に購入した「出る順過去問集」ほどは、何回も繰り返せませんでした。

くれぐれも追加のテキスト購入は、その時点での自分の状況と、
試験までの残り期間を考慮して検討してください。

要は切り札的に使用できれば、逆に貴重な1点を拾えることもあります。


・・・ここまで・・・


他のQ&Aについては、
カテゴリー『宅建試験Q&A』を参照してください。

今日も読んでくれてありがとう、1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブル感謝よろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建受験 に参加中!

昨日、資格学び塾(宅建部会)/資格学び実践塾
概要について紹介しました。


それに伴いメルマガ読者を募集します。


資格学び塾(宅建部会)は、現行配信しています
宅建独自メルマガ『ウイナー』からの改変になります。


タイトルは、宅建学び塾『ウイナー』になります。

毎週金曜日が配信日のため、
本日配信が第18号になります。


現在、『ウイナー』を購読されている方は、
新規に申込する必要はありません。


あくまでも、現在購読されていない方が対象となります。


メルマガ購読は無料です。


【宅建学び塾『ウイナー』メルマガ募集要項】


申込は、「◎宅建学び塾メルマガ配信申込はこちらより」の
リンクをクイックするとメールフォームが立ちあがり
ますので、以下の必要事項を入力の上、
お申込みください。


・氏名


・メールアドレス(ホットメール・ヤフーメールは届きにくいので、
         なるべく、他のメールアドレスでお願いします。
         Gメールは迷惑フォルダーに振り分けられる場合が
         ありますので、注意ください。
         携帯アドレスでもOKですが受信設定が必要です。)


・都道府県 →お住まいの都道府県を選択してください。


・件名 → 「宅建学び塾メルマガ配信申込」


・メッセージ →ハンドルネーム、
        宅建受験に対する抱負・決意などお書きください。


宅建学び塾メルマガ配信申込はこちらより


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続いて、資格学び実践塾準備号のメルマガ新規募集です。


こちらは新規での発行になりますので、
創刊号からの配信となります。


配信開始は、1月より毎週火曜日発行を予定しています。


資格学び実践塾を4月に開講する予定であることを
昨日紹介しました。


そのための準備号になりますので、
どういう内容にしていくのか?


または、どんな内容を希望するかなど、
コミュニケーションをとりながら進めていければと思います。


もちろん、メルマガは無料ですので安心してお申込みくださいね。


新しい試みの塾なのであなたと作り上げていく、
そんな要素もあります。


人が生きていくには生き甲斐は必要ですね。


そういうこともこの学び実践塾であなたに体得してもらえればと
思います。


【資格学び実践塾準備号メルマガ募集要項】


申込は、「◎資格学び実践塾メルマガ配信申込はこちらより」の
リンクをクイックするとメールフォームが立ちあがり
ますので、以下の必要事項を入力の上、
お申込みください。


・氏名

・メールアドレス(ホットメール・ヤフーメールは届きにくいので、
         なるべく、他のメールアドレスでお願いします。
         Gメールは迷惑フォルダーに振り分けられる場合が
         ありますので、注意ください。
         携帯アドレスでもOKですが受信設定が必要です。)


・都道府県 →お住まいの都道府県を選択してください。


・件名 → 「資格学び実践塾メルマガ配信申込」


・メッセージ →ハンドルネーム、
        抱負や希望などお書きください。


資格学び実践塾メルマガ配信申込はこちらより


今日も読んでくれてありがとう、1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブル感謝よろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


かねてからブログで事前予告していましたが、
今後の新しい取組について紹介します。


【資格学び塾(宅建部会)】


資格学び塾(宅建部会)を会員制で開講します。


今年、私自身初めてリアルな場で宅建受験生の方と
接してきましたが、その中でブログに書かれていることを
実践されていた方もいました。


ただ、私が思っている以上に人の環境は千差万別であり、
総合的ブログの記事だけでは限界があること。

そして、宅建受験生単位での学習スタイル構築に
私の今まで6年の宅建ブログ運営でのノウハウが
いかせれば・・・


そういうわけで私らしい塾の内容にしていきます。

通常の塾のように学習内容を講義していくものでありません。


あなたにあった学習法をコーディネイト及び指導していきます。

そして一番大事に考えていることは、
その学習の継続をサポートしていくスタイルになります。


場合によっては、宮嵜塾を紹介することや、
連携することもあるかもしれません。
ユーチューブの活用も紹介するかもしれません。


市販のテキストや問題集活用であれば、
あなたにあったテキストをチョイスしていきたいですね。


学習を継続していくことに必要なこと。
そのサポートに主眼を置く内容になります。


サポートは、長年のブログで培った実績があります。

不特定多数の展開から会員という特定の方に
向けて注力を注いでいく。


募集開始及び詳細説明、1月になってからを予定しています。

これに先立ち、明日より無料宅建メルマガ読者募集を再開します。
(メルマガのタイトルは一部変更になります)


また、来年以降セミナーも昨年以上に開催していきます。


宮嵜さんとのジョイントイベント、
企画イベントももっと増やしたいですね。



【資格学び実践塾】

この塾が私が今後力を入れていく本命になります。


折角資格を取得したのに活かしきれていない方が沢山います。
そのことについて常々いろいろと私なりに考えていました。


資格を沢山とったのはいいけれど、
実践で全く役に立てれていない・・

そんな現実を見るたびに心が痛む・・・

資格は取ることが最終目標ではありません。

取って活かしてこそ価値が生まれます。


資格はとってからが本当のスタートです。


このことについては、宅建ブログを運営するなかで
毎年感じることです。


幸い、私自身は現在ビジネスマンであり、
多くの社会経験を積んでおります。


だからこそ、
そういう経験も踏まえて、
これからの若い世代の方、
自分の将来について不安な方、
学んだことを活かしていきたい方など・・・

支援していきたい。


特に、女性の方を応援したい。
主婦をされていて生き甲斐が見えない方、
子育てが一段落して頑張りたい方、
社会のために役立ちたい方、
働きたいけど就職が難しい方など・・・・


あなたにはあなたなりの才能が必ずあるはずです。


資格取得をきっかけにその才能の花を開花させて
ほしいのです。


そのための一緒に考えて作り上げていく実践塾を開講します。


資格学び実践塾のスタートは4月を予定しています。


それまでは、準備号としてメルマガをまずは購読していただければ
と思います。
(明日、無料メルマガを新規募集します。
     メルマガのタイトルは変更になります。)


詳細の案内は、1月以降ホームページで予定しています。


両塾とも有料にはなりますが、
私とともに一緒に走ってみませんか?


今日も読んでくれてありがとう、1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブル感謝よろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ