宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

試験直前ワンポイントアドバイス

◎ブログ最新ニュース
●宅建無料メルマガ購読者募集します。
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52254888.html

◆合格発表までの待機期間中に読んでほしい電子書籍2冊
 1)いろんな合格体験記に掲載されています。
   『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
     ↓      ↓
   http://p.tl/p69w

 2)以前大河ドラマで盛り上がった官兵衛、現代によみがえって不動産業界で
   大活躍します。楽しく読んでください。
   『もしも黒田官兵衛があなたの軍師だったら』
     ↓      ↓
   http://goo.gl/vLxI7Q

●平成29年宅建本試験後のアンケートへのご協力ありがとうございました。
 結果公開中。
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52255884.html

平成29年宅建試験直前期☆ワンポイントアドバイス2

本日2回目の記事です。
本日おおくりした直前期ならではのワンポイントアドバイスの2回目です。


4.学習に迷いが生じた時は原点にもどる

この時期、学習に迷う方が毎年でます。

特に、模試で結果が出ていない方、
自分実施で50問実施した得点が奮わなかった方に、
その傾向が見られます。

何度もいうようですが、
模試は模試です。

模試は、本番前の予行演習であり、いろんなことの確認の場です。

あなたにとっての本番は、
もちろん、10月15日日曜日午後1時からの本試験です。

この本試験で結果を残せればいいのです。

さて、学習に迷いが生じた時はどうするか?

予想問題に運命を託す。
⇒もちろん、これは正しい選択とは言えません。

私は、あなたの原点の学習に立ち返ることをお勧めします。

原点のあなたのテキストや過去問には、
あなたが刻んできた学習のプロセスが満載です。

その一度インプットした知識に回帰することは、
その記憶を呼び戻すだけではなく、
より確実な知識としてグレードアップし、
更に、他の知識とリンクしやすくなります。

他の知識とリンクするということは、
あなたの選択の間口が広がることであり、
解答を絞り込んでいくときに大きなあなたの直感の助けとなります。

迷った時は原点に戻る。

自分自身が一番後悔しない選択でもあると思います。


5.貴重な情報は有効に活用する

先般、統計や5点問題について、あるブログの活用を紹介しました。

これを知っているか知らないかでは全然違います。

独学をされている受験生にはどうしても届かない情報があります。

公開模試を勧めるのは、その点にあります。


でも地域によっては公開模試に参加することは難しいため、
その場合は、ネットから探すことになりますが、
流石に玉石混同です。


6.自分を元気づけるエールやメッセージの必要性

この時期になると、このリクエストが増えてきます。

自分自身を鼓舞するために・・
モチベーションを維持するため・・
追い込みのためのヤル気を出すため・・

そのため、このブログでもメッセージ性が強くなっています。

そして、ブログを保管するものとして、メルマガもあります。
登録をお忘れなく。



以上、2回に渡って実施しました。

ご参考になれば幸いです。

本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成29年宅建試験直前期☆ワンポイントアドバイス

本日、午前と午後に限定の直前期ならではのワンポイントアドバイス
おおくりします。

宅建試験前日まで書ける記事に限りが出てきました。

そんな中で、今必要なことは何か?
今年、久しぶりに復活した記事になります。


1.基本を手堅く押さえ得点のベースをつくること

試験である以上は、得点によって振り分けられ、
合格基準点を決められ、それ以上が合格、
それ未満が不合格となります。

厳しい現実です。

そのため、1点1点の積み重ねが必要になります。

難しい問題も1点、
基本的な問題も同じ1点です。

そうであるならならば、確実に手堅く基本である1点を押さえ、
その得点でベースを作る。

後は、そのベースの得点に何点上積みできるかです。


2.皆ができる問題は確実に押さえること

宅建試験後、主要予備校から自校に集まったデータの正答率が公開されます。
高い正解率のものから低いものまで・・・

合格基準点を上回るためには、
高い正答率のものを確実に自分も押さえること。

これが必要です。

そうすれば、合格基準点がどこに着地しようとも、
あなたは合格基準点を上回る点数でいられるのです。


3.試験本番で適度な緊張は必要、でもあせりは禁物

試験本番では、受験会場、受験教室によっては沢山の人がいます。

人、人、人・・・

一種の独特の雰囲気です。

この光景に飲まれてしまうと、普段のあなたの実力は発揮できなくなります。

宅建試験は、日本一受験生の多い国家試験なので、
こういうものだという認識をする必要があります。

ただ、全く緊張感がないというのも困りますので、
適度な緊張感をもって試験本番に突入していくことが大事です。

試験に入ってからはペースメイクが大事になります。
時間配分をするためには、
あなたにとって解きやすい問題をテキパキと解き、
考えさせる問題、2択まで絞り込んだ問題、
個数問題で解答仕切れてない問題など、
あまった時間で割り当てていくことになります。

このあたりの詳細は、
を参考になさってください。

さあ、10月最初の週の平日のスタート、
限られた時間を有効に活用しましょう。

ファイト!

本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成28年宅建試験直前期☆ワンポイントアドバイス2

本日2回目の記事です。
本日おおくりした直前期ならではのワンポイントアドバイスの2回目です。


4.学習に迷いが生じた時は原点にもどる。

この時期、学習に迷う方が毎年でます。

特に、模試で結果が出ていない方、
自分実施で50問実施した得点が奮わなかった方に、
その傾向が見られます。

何度もいうようですが、
模試は模試です。

模試は、本番前の予行演習であり、いろんなことの確認の場です。

あなたにとっての本番は、
もちろん、10月16日日曜日午後1時からの本試験です。

この本試験で結果を残せればいいのです。

さて、学習に迷いが生じた時はどうするか?

予想問題に運命を託す。
⇒もちろん、これは正しい選択とは言えません。

私は、あなたの原点の学習に立ち返ることをお勧めします。

原点のあなたのテキストや過去問には、
あなたが刻んできた学習のプロセスが満載です。

その一度インプットした知識に回帰することは、
その記憶を呼び戻すだけではなく、
より確実な知識としてグレードアップし、
更に、他の知識とリンクしやすくなります。

他の知識とリンクするということは、
あなたの選択の間口が広がることであり、
解答を絞り込んでいくときに大きなあなたの直感の助けとなります。

迷った時は原点に戻る。

自分自身が一番後悔しない選択でもあると思います。


5.貴重な情報は有効に活用する。

先般、統計や5点問題について、あるブログの活用を紹介しました。

これを知っているか知らないかでは全然違います。

独学をされている受験生にはどうしても届かない情報があります。

公開模試を勧めるのは、その点にあります。


でも地域によっては公開模試に参加することは難しいため、
その場合は、ネットから探すことになりますが、
流石に玉石混同です。


6.自分を元気づけるエールやメッセージの必要性

この時期になると、このリクエストが増えてきます。

自分自身を鼓舞するために・・
モチベーションを維持するため・・
追い込みのためのヤル気を出すため・・

そのため、このブログでもメッセージ性が強くなっています。

そして、ブログを保管するものとして、メルマガもあります。
登録をお忘れなく。



以上、2回に渡って実施しました。

ご参考になれば幸いです。

今年の宅建合格を目指して、必勝祈願よろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成28年宅建試験直前期☆ワンポイントアドバイス

本日、午前と午後に限定の直前期ならではのワンポイントアドバイス
おおくりします。

宅建試験前日まで書ける記事に限りが出てきました。

そんな中で、今必要なことは何か?
今年、久しぶりに復活した記事になります。


1.基本を手堅く押さえ得点のベースをつくること。

試験である以上は、得点によって振り分けられ、
合格基準点を決められ、それ以上が合格、
それ未満が不合格となります。

厳しい現実です。

そのため、1点1点の積み重ねが必要になります。

難しい問題も1点、
基本的な問題も同じ1点です。

そうであるならならば、確実に手堅く基本である1点を押さえ、
その得点でベースを作る。

後は、そのベースの得点に何点上積みできるかです。


2.皆ができる問題は確実に押さえること。

宅建試験後、主要予備校から自校に集まったデータの正答率が公開されます。
高い正解率のものから低いものまで・・・

合格基準点を上回るためには、
高い正答率のものを確実に自分も押さえること。

これが必要です。

そうすれば、合格基準点がどこに着地しようとも、
あなたは合格基準点を上回る点数でいられるのです。


3.試験本番で適度な緊張は必要、でもあせりは禁物

試験本番では、受験会場、受験教室によっては沢山の人がいます。

人、人、人・・・

一種の独特の雰囲気です。

この光景に飲まれてしまうと、普段のあなたの実力は発揮できなくなります。

宅建試験は、日本一受験生の多い国家試験なので、
こういうものだという認識をする必要があります。

ただ、全く緊張感がないというのも困りますので、
適度な緊張感をもって試験本番に突入していくことが大事です。

試験に入ってからはペースメイクが大事になります。
時間配分をするためには、
あなたにとって解きやすい問題をテキパキと解き、
考えさせる問題、2択まで絞り込んだ問題、
個数問題で解答仕切れてない問題など、
あまった時間で割り当てていくことになります。

このあたりの詳細は、
を参考になさってください。

さあ、10月最初の週の平日のスタート、
限られた時間を有効に活用しましょう。

ファイト!


今年の宅建合格を目指して、必勝祈願よろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成23年宅建試験直前期☆ワンポイントアドバイス2

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

本日2回目の記事です。


昨日おおくりした直前期ならではの宅建試験ワンポイントアドバイス
2回目です。


4.学習に迷いが生じた時は原点にもどる。


この時期、学習に迷う方が毎年でます。


特に、模試で結果が出ていない方、
自分実施で50問実施した得点が奮わなかった方に、
その傾向が見られます。


何度もいうようですが、
模試は模試です。

模試は、本番前の予行演習であり、いろんなことの確認の場です。


あなたにとっての本番は、
もちろん、10月16日日曜日午後1時からの本試験です。


この本試験で結果を残せればいいのです。


さて、学習に迷いが生じた時はどうするか?

予想問題に運命を託す。
⇒もちろん、これは正しい選択とは言えません。


私は、あなたの原点の学習に立ち返ることをお勧めします。


原点のあなたのテキストや過去問には、
あなたが刻んできた学習のプロセスが満載です。


その一度インプットした知識に回帰することは、
その記憶を呼び戻すだけではなく、
より確実な知識としてグレードアップし、
更に、他の知識とリンクしやすくなります。


他の知識とリンクするということは、
あなたの選択の間口が広がることであり、
解答を絞り込んでいくときに大きなあなたの直感の助けとなります。


迷った時は原点に戻る。


自分自身が一番後悔しない選択でもあると思います。



5.貴重な情報は有効に活用する。


先般、統計や5点問題について、あるブログの活用を紹介しました。

これを知っているか知らないかでは全然違います。


独学をされている受験生にはどうしても届かない情報があります。

公開模試を勧めるのは、その点にあります。


でも地域によっては公開模試に参加することは難しいため、
その場合は、ネットから探すことになりますが、
流石に玉石混同です。


そのために紹介したブログとユーチューブ。
一読、一見しておくだけでも違うと思います。


法改正・統計・住宅瑕疵担保法の対応と5点免除対策



6.自分を元気づけるエールやメッセージの必要性


この時期になると、このリクエストが増えてきます。


自分自身を鼓舞するために・・
モチベーションを維持するため・・
追い込みのためのヤル気を出すため・・

そのため、このブログでもメッセージ性が強くなっています。


そして、今年は、新企画を考えています。


その告知は、10月13日午後記事を予定しています。

短期間での応募受付となりますのでお見逃しなく。



以上、昨日と2回に渡って単発企画を実施しました。


いかがでしたか?


試験直前まで、何かリクエストがあればコメントしてください。


宅建合格祈願!頑張る宅建ブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願!応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

Categories
Amazonライブリンク
記事検索