宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

読者の宅建合格体験記

◎ブログ最新ニュース
●電子書籍新刊発売中です。
 『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●3ヶ月学習に必須の学習指南書です。
 『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!:
     3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』
  ↓     ↓
 http://goo.gl/FqcjKg

●夏の学習を書き抜くために・・
 『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓   ↓
 http://p.tl/p69w

●宅建メルマガ読者募集中!

 詳細と申込みはこちらから
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52231259.html

よっちゃんの平成23年宅建試験合格体験記

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

〜まさかのサプライズ合格?〜


*プロフィール→28歳、女性
 ユーキャン通信口座で勉強、期間3ヶ月


〇ユーキャンの教材を取り寄せて勉強を始めたのが今年7月でした。

 『今年は雰囲気を掴む位のスタンスで受験しよう。本番は来年だ』
  と思い勉強を始めたのですが・・・


 『この勉強をあと一年するのはイヤ今年合格したい』と思いはじめ、
  そこからは必死に勉強を始めました。


  7月→民法
  8月→業法
  9月前半→法令上の制限 
  9月後半→民法&業法の復習
  10月→ひたすら過去問

  過去問では大体40点を取れる位までもっていきました。

  そして試験当日極度の緊張からなのか、
  問題文の内容が頭に入ってこない焦りました。

  それでも何とか問題を解き進めていきました。


  まず問題文をよく読み、
  何を問われているのかをハッキリさせるためにラインを引きました。
  (間違いの肢を問われているのか、正しい肢を問われているのか)


  問題は問1から順に解いていきました。
  50問目を解き終ったのが終了10分前。


  迷った問は印を付けていたので、
  そこを確認→自分のマークした答を問題文の隅に転写
                 (自己採点するタメ)。

  全体を見直す時間なんてありませんでしたね。


  帰宅して、自己採点の結果
    →34点その後の没問の影響で1点Upの35点 なので、
      合格発表の当日に速報を見た時点で諦めてました。

  それでも『頑張って勉強したのだから、
      機構のHPで自分の番号を入力して
  不合格の事実を受け止めよう』と思い、
  9時30分になり携帯から確認。


  すると・・・・・・・・・・・・・・・・・ 『合格です』の文字が・・・


  何かの間違いだと思い、
  時間を置き再度アクセス→『合格です』


  母の携帯からアクセス→『合格です』


  思わず最寄りの宅建協会に行き、合格者の名前を確認しました。


  ちゃんと自分の名前があって、その場で泣き崩れちゃいました。


  ちなみに自分の名前の部分を写メまで撮っちゃいました。


  その日の夕方に合格証書を手にし、やっと実感が湧いてきましたね。


  自己採点が間違っていたわけではなく、
  試験終了前にした(自分の解答を問題文の隅に転写)を間違ってたみたいです。


  どうりで『何故この問を間違っちゃったのかな・・・』と
  思う所があったんです。


  ケアレスミスも実力の内!と、諦めてましたが。

  ですので、正直自分の点数は分からずじまいです

  でも36点でも50点でも合格は合格。


  必死に勉強した3ヶ月は、今振り返ると楽しかったです。


頑張るブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

ひげもじゃ先生の平成23年宅建試験合格体験記

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

〜異業種・長時間勤務者(コンビニ店長)の宅建攻略〜


*プロフィール→大学土木工学科を中退した後、
          アルバイト先だったコンビニにそのまま入社、
          現在コンビニ店長。
          入社後趣味のバンド活動を宅建合格向けて辞め、
          ギターを片手にではく過去問を片手に持ち替えました。


〇今の仕事に体力的その他もろもろ将来に不安を感じたため、
 昨年宅建を決意。


 宅建初年度は資格サイトの宅建学習期間は3か月くらいあれば
 大丈夫的な真に受けて、
 7月くらいから勉強初めて昨年の試験は32点。

 初年度ももそれなりに勉強したが、
 得意科目不得意科目の差が多すぎて、
 準備期間不足である意味全然戦力的には話になりませんでした。
 
 今年は余裕をもって合格してやると決意しました。


 去年の負けから、このまま、宅建ごときにこのまま
 負けたまま終われないしょっていうことでっ!!
 自分に成功事例を作るために。

 自分に自信を持つために。呪縛を解き放つために!
 負けて馬鹿だなー俺って思いたくなかった。
 

 4月から勉強スタート。
 
 ★「私の1週間タイムスケジュール」


  土〜水 勤務日 勤務時間9:00〜22:00(土曜日のみ9:00〜17:00)
  木・金 休日

  日から水 8:00〜8:45 出勤電車で過去問演習(lec walk問 銑)
  (出勤日)23:00〜23:45 帰宅電車 過去問演習
         23:45〜24:00 駅のベンチに座って過去問演習
         24:45〜25:15 浴槽に浸かって基本書音読(日建学院 どこでも宅建)
         25:30     就寝
            7:30     起床

    木・金 12:00まで寝貯め
    (休日)13:00〜22:00 図書館→ドトールA →ドトールB→ドトールC
             (lec walk問 銑、市販模試、一問一答1000本ノック)

         22:00〜23:30 帰宅電車 過去問演習
        23:30〜23:45 駅のベンチに座って過去問演習
        24:00〜24:30 浴槽に浸かって基本書音読
        25:00     就寝


   土曜日  8:00〜8:45 出勤電車で過去問演習
  (出勤日)17:00〜17:45 帰宅電車 過去問演
         18:00〜   勉強off


ほとんど6か月この時間で過ごしました。

6か月間は帰宅してからの、ビール、ネット、you tubeを遮断。

仕事の出勤日は座ってじっくりという勉強ができなかったので、
出勤、帰宅電車でカバーその分休日はがっつりと。
 
毎日勉強し始める前は、俺に果たして合格することができるんだろうか?
俺は今年も勉強しても不合格になるのではないか?
また勉強して落ちて自分に負けてしまうのではないか?
 
等々マイナスの思考を毎日してしまっていましたが、
勉強始める前は毎日必ず絶対に勝つんだを
心の中不安が消えるまでで唱えて、
11月30日の合格発表に自分の番号があったことをイメージして、
試験直前はさらに不安が倍増されてきましたが、
いっちゃんさんに教えていただいて声に出して
「俺は絶対に合格する」を発して勉強していました。
 
全くの異業種のため5問免除のアドバンテージはありません
でしたが(今年は4問免除ですね<(`^´)>)、
変な意味ではないですが、
本業の方々には絶対に負けないってことを意識してやりました。

 
〇使用テキスト
基本書 日建学院 どこでも宅建
過去問 lec walk問3冊
1問1答 1000本ノック
 
基本的にひたすら過去問を回す勉強法です。
(walk問は18廻しさせてしまった)

もちろん基本書も大事なので、入浴時間を使って読み込みました。
休日を使って1問1答、直前は市販模試も。
 

効果絶大だった勉強法ものを記します。

過去問で不安定な知識を抜き出して
ミニメモ帳で暗記・携帯の音声メモ・メモ帳・podcast使いました。

特に音声メモは自分が講師になったつもりで、吹き込みました。


あと、直前には(直前といっても、2か月くらい前)
レポート用紙横長に使って、
レポート用紙中心に 
キーワード(相続だの借家法だの)書いて白紙からフリーでかける
とこまで書くその後軽く基本書を読んで確認、
出てこなかった事を暗記等確認。

後日、同じことを繰り返す。(基本事項の確認)
問題ばっかりやってると、
感覚で解いているんじゃないかと不安だったため、
これで穴を無くすことができました。
 
大学受験の時から自分は不安になると参考書を
ころころ替える悪い癖があったので、
今年は絶対使っているものだけを最後まで使いとおすことを
決めてやりました。
 
でもやはり1番の合格の決め手は勉強の前のイメージング、
絶対に合格するっていう気持ちが最終的には大事だと痛感させられました。


〇合格証書

17


〇エール
 
 次はあなたが絶対に合格する番ですよ!
 リベンジは一回で!
 
 自分を信じれば必ず合格できる!

 信念岩をも打ち砕く!!


 イッチャンさんのブログを知ったのは不安倍増時期、
 試験10日位前ですが、直前期には本当に本当に勇気をありがとうございました!!
 イッチャンさんのおかげで勝てました!
 

頑張るブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

amarinrinさんの平成23年宅建試験合格の感謝のメールより

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

私宛にいただいたメールの中から、
特に、印象に残った方のメールを本人の了解のもとに転載いたしました。


平成23年宅建試験
後に当ブログと出会い、
残念ながら来年のリベンジをする方、
特に自己採点35点で無念の結果に終わった方に向けて、
参考になればの思いからです。


・・・ここから・・・


イッチャンのブログを知ったきっかけは、
去年、平成22年の宅建試験後でした。


「合格推定点」と検索をかけるとイッチャンのブログに出会い、
初めは流し読みしていましたが、
毎日毎日、試験の結果が気になるので、
「合格推定点」と検索するとイッチャンのブログがヒットする。


イッチャンは毎日ブログを更新しているので、
ついつい読んでいる内に親近感を覚え、
いつしか、試験後の不安な精神状態を支えてくれました。


実は、平成22年宅建試験、自己採点は「35点」でした。

合格発表の日が近づくにつれ、
どうも今年は「35点」超えの感の雰囲気が出てきた時、
イッチャンは、「自己採点35点の方へ」のメッセージで
「あなたは合格する運命の人です」と書かれたのを読んだ時、
心が救われた思いは忘れません。


結果は、8年ぶりの35点越えでしたが、
合格発表後のイッチャンのメッセージにも助けられ、
リベンジを決意しました。


実は、宅建試験の受験を決意した時から
今の会社を早く辞めたいと思っていました。


人間関係、変わり映えしない仕事が、

嫌で嫌でと思っていましたが、家族もあり、
簡単には転職できないという思いから宅建の受験を決意しました。

休みが少ない仕事と家庭との両立で勉強をするのは難しいと
思いながらもユーキャンの通信講座で勉強を続けました。

そこで迎えた平成22年の宅建試験、
自己採点で合格ギリギリの「35点」!


これどうなんだ!と思い悩む一ヶ月半。
去年、12月1日深夜の合格点「36点」の速報!
血の気が引く思いをしました。


これって、俺は、この会社にまだ居ろという事か?と達観しました。

それから、イッチャンのアドバイス通り、
リベンジの人は、平成23年試験では、
ぶっちぎりの点数で合格しようのメッセージ通り、
早めに宅建試験の勉強を始めました。


と言っても3月の震災後からです。
(あまり早くないかな?)
自分なりにはイッチャンのおかげで、
早くから学習のペースが掴め、
7月上旬にはすべての範囲の知識がかなり定着した感がありました。


あとは過去問10年分やれば、大丈夫だろうと思いました。

過去問も5年分ぐらいは実際には解いて、理解してました。

過去問10年やろうと思ったものイチャンのアドバイスのおかげです。


よし!これで平成23年試験は大丈夫と思いきや、
7月下旬から仕事が超超忙しくなったのです。

私の仕事は、長くなるので敢えて言いませんが、
季節、天候と密接な関係のある仕事です。
又、夏、秋は唯でさえ忙しいのに、
今年は、台風が少なくとも3回日本列島を襲いました。
(まさに災害の年です!)

台風が襲ってもすぐに去るから大丈夫と思うでしょうが、
去った後はその後始末が何日も何日も掛かかり、
結局は、この台風の後始末で4ケ月掛かり、
宅建試験後、その後始末に追われました。


残業、残業、しかも7月下旬から宅建試験日まで
5日ぐらいしか休んでないと思います。
休みは当然、体を休めるのと試験勉強に
当てたかったのですが、
家族の不満爆発でその内、2日は家族旅行でした。


一度、定着した知識も当然にだんだん不安なものに
なりましたが、
1日中勉強したいと思うも休みが取れない、
仕事後勉強しようとも限られた時間しかないと
又、駄目かなという思いもありましたが、
直前期は食いしばりながらも過去問を解き続け、
平成23年度宅建試験に臨みました。


試験中、あれ、今年の試験、
過去に問われた問題多いなと思いつつやりました。

試験終了後、すぐに図書館で
テキストを見ながら答え合わせしました。


ネットで解答速報を見れば良いのでしょうが、
すぐに正誤がわかるのは怖すぎたので、
1つ1つ自分でテキストを見ながらやりました。
しかしそれでは、とても時間が足りなくて図書館も終了。

すかさず、家から電話
「試験終わったんだからご飯を食べに連れてって」と。

手ごたえはありましたが、多くの問題が、
それがほんとに正解肢なのか?という感じがありました。

時間がないので、私は宿直の仕事もあり、
宿直時、ネットからユーキャンの解答サービスへアクセスし、
自分の解答を入力すると、なんと「39点」!


やった!やった!ボーダーを超えた!

心がすっと晴れた気分になりました。


ただ、マークミスも怖いなと思うと
イッチャンのメッセージで
「マークミスを気にする人は、それだけ注意深い性格の人」
というメッセージにまた心が救われました。


確かにそうだなと思いました。


それから、合格発表までの2回目の膠着状態、
各予備校の合格推定点、宅建の先生のブログ、
2ちゃんねるなどなど情報は飛び交い、
11月22日には、統計問題が没問になりました。

私は、この統計問題が正解だったので、
又、ハードルが来たと思いました。

しかし、最終的にはイッチャンの心の支えがありました。


合格を信じる事、自分を信じる事、
またそのマインドが
宅建合格後の次の自分の人生につながる事、
確かにそうだと思いました。


昨日、合格発表日の夕方、
家から会社に電話がありました。

「不動産適正取引推進機構から書留が来たよ」と。

またしても、私は宿直です。

妻に封筒を開けてもらい、携帯から写メで送ってもらいました。
妻はご丁寧にも合格証書だけでなくそのほか書類まで
何枚も写メで送ってくれました。


うれしいです!

(こう文章を書いているうちに目頭が熱くなり、
            涙が止まらなくなりました。)


私は41歳ですが、
年を取ってきたせいか昔と今をよく比べて考えますが、
昔と比べるとお客さんとの関係や仕事の同僚との関係など
人間関係がだんだん殺伐としてきている様に見えます。


そんな中、宅建を通してイッチャンと出会えた事が
本当に良かったと思います。

私はイッチャンに本当に頭が上がりません。
イッチャンは、恐らく、ボランティア精神で他人の為に
毎日、毎日ブログを書いて励ましの言葉、
アドバイス、心の支えとなってくれていると思いますが、
世の中にはこんな立派な人がいるんだなと思いました。

とても私にはマネが出来ませんが、
イッチャンへの感謝、人にお世話なった事への感謝の気持ちは
忘れない様努めたいと思います。

これから、イッチャンのブログで登録実務講習の事など
次のステップをアドバイスを頂くと思いますが、
今までの様にイッチャンのブログを見なくなるのでは
ないかと思いますが、
(このげんきんな自分がイッチャンに頭が上がらない
                     所ですが)
時々は拝見させて頂きます。


本当に本当に1年間ありがとうございました。


どうぞ、お体には気を付けてお仕事、ブログに励んで下さい。
最後にもう一度、ありがとうございました。


・・・ここまで・・・


いかがでしょうか?

自分の素直を気持ちを赤裸々に綴られています。

ライドドアメールだったため、
読むタイミングが遅れましたが、
(普段、あまり開かないメールのため)
内容には私も心を打たれました。


順調に行った方の事例もいいのですが、
私は、苦労された方の例の方が参考になると思います。


真面目な方、
忙しい方、
一生懸命に前向きに取り組んでいる方、
仕事ができる方など・・・

意外と想定外のことが次々と起こりやすいのです。

逆に解せば、それだけ社会から必要とされているからでしょう。


そんな方ほど、苦労されている現実があります。


私も器用貧乏なだけに、
その気持ちは痛いほどわかります。


それだけに、そういう方には頑張ってほしいのです。


来年リベンジされる方、
絶対に合格しましょうね。


あなたのリベンジ合格に願いをこめて・・・


頑張るブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

桜井さんの平成24年宅建試験合格体験記

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

〜 絶対にあきらめなかった宅建取得 〜


*プロフィール→桜井 裕理
          福岡県在住  38才 女
           主人、義母、3男1女の7人家族
           10年前から自営の建設業と宅建業を手伝う
                    去年ヘルパー二級取得


〇本文
 
 正直、何から書いて良いのか分からない程苦しい3年間でした。
  つらかったのは勉強もさながら、
  精神的なものが大きかったと思います。


  家業の建設業の経営が悪化するばかりで会社は倒産寸前、
  当然のごとく夫婦喧嘩ばかり、
  私は金銭回収に追われ精神的に追いつめられるばかりでしたが
  4人の子供達を食べさせるためにはくよくよするひまもないと、
  確実な収入を得るためにヘルパーの仕事をし始めました。


  ホームヘルパーの仕事は時給も高く、
  隙間時間が取れたので空いた時間は図書館に通い続けました。
  夜は家事をこなして 毎日睡魔との戦いでした、
  辛くて泣きながら車の運転をする時も
  一度や二度ではありませんでした。

  文字どおり 歯を食いしばるという感じでした。

  でも、けして一人で頑張った訳ではなく、
  日建の直前コースに行く費用の5万円を
  主人が都合してくれたり
  生活費を義母が応援してくれたり、
  どこにも遊びに行けなくても子供達は我慢してくれて
  さりげなく応援してくれたり、
  家族みんなのおかげでの合格でした。


  合格発表の時は私と主人と義母の3人で泣くという、
  ちょっと恥ずかしい光景でした(笑)
 
  3年前に初受験 独学免除者
  ほぼ勉強せず→27点
  去年  独学 過去問10回程回す→34点
 
  今年  独学 日建の模擬試験5、6回→34点

桜井さん合格証書アップ用



◎来年の受験者へのエール

 合格者の皆さんにはそれぞれのドラマがある事だと思います。
 置かれている状況は誰一人同じ人はいないでしょう。

 だからやり方もそれぞれだと思いますが、
 勉強はマラソンだと思います。
 毎日少しずつ進んでゴールしてください。

  止まらずに、 棄権せずに絶対ゴール出来ます!
 
  来年の合格者の皆さんは今から スタートですね。


【イッチャンからのコメント】


 本当にご苦労されたことが、文章の読み進める度に
 ひしひしとかんじます。

 しかも実名で書いていただきました。


 これだけの苦労をされての合格ですから、
 その覚悟は並大抵のことではなかったと思います。


 それにしても家族はやはり大事ですね。
 そして有難い存在です。

 7人家族の学習環境、その環境の中で学習を継続していく
 ことは家族の協力あってこそになります。


 苦労は一杯したけど、幸せな合格になりましたね。

 本当に合格おめでとう。


 今後、例えどんな荒波がこようとも家族全員で乗り切って
 いくことでしょう。


 桜井さんに心からエールを贈ります。

今日も読んでくれてありがとう、1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブル感謝よろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


あきひさんの平成24年宅建試験合格体験記

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

〜 猛烈主婦あきひの独学奮闘記 〜

*プロフィール→3歳専業主婦 : 不動産は勿論法律も知識なし。
           独学 : 勉強期間5ヶ月
              一日の勉強時間 : 平均4〜5時間位?
 
◯本文


1.宅建受験を決意するまで


  私が宅建を志した動機は主に3つ。
  ・一生ものの資格が欲しい
  ・宅建事務をやりたい
  ・昨年合格した夫へのささやかなライバル心


  販売職しか経験のない私。
  しかし「事務職がやりたい」と思うように。
  とはいえ事務は未経験者の求人が少なく、
  先ずパソコンスキルをつけようとMOS検定の勉強をしていました。

  しかし7月のある日、
  胸の奥に眠っていた感情がいきなり飛び出してきました。


  「宅建取りたい!!」


2.参考書と最初の格闘


  私はマンガで読む入門書→詳細な参考書→分野別問題集
      →10年分の過去問集&過去問アプリの順で勉強しました。
  
  最初にマンガ入門書を読んで本当に良かったと思っています。
  そうでなければ「難しいから無理!!」となっていたでしょう。
  入門書を2度読み、その後詳しい参考書を熟読する日々。
  自分の脳が嫌がるのをなだめつつ、頑張って読み進めました。
  勉強期間ではこの時期が一番辛かったです。


3.問題が解けた喜び


  勉強を始めて1カ月弱、いよいよ問題を1問解きました。
  正解。
  その時、初めて宅建受験が夢でなくなった気がしました。

  その後はひたすら参考書片手に問題解きました。
  とにかく過去問を解いて解いて解きまくる。
  私の勉強法はそれだけでした。


4.33歳の知恵熱


  元来性格が猪突猛進型なものですから、限度を知りません。
  家事以外の時間はひたすら勉強をしていました。

  毎日夫の帰りが遅いのもあり、
  勉強時間はエスカレートしていきました。

  毎日6時間以上ガリガリガリガリ。


  ある日風邪っぽいなーと熱を測ったら、38度超。
  ちょっとやり過ぎたようです。

  しかし懲りない私は、布団の中でも勉強しようとスマホで
  「宅建過去問アプリ」を始めたのでした。
  もう名前はわかりませんが、
  そのアプリは試験直前まで私を助けてくれました。


5.家族や友達の応援


  宅建を受けると決めた時、自分を追い込む為、
  なるべく多くの人に宣言しました。

  プレッシャーはありましたが、
  勉強に疲れた時「辛いよ〜」と泣きつける人達がいるのは
  心強かったです。

  受験を通し、自分の周りにいてくれる全ての人達に改めて
  感謝しました。

  ちなみにドラゴン桜主題歌だったmelody のrealizeという曲
  には、試験当日まで励まされました。


7.試験当日〜これ、宅建の試験なのかな?


  試験会場は大学。夫も去年受験した場所です。
  仕事が休みだった夫は一緒に来てくれました。
  綺麗な校舎だな〜なんて思いつつキョロキョロ。
  夫が居てくれたお陰でリラックスして試験に臨めました。


   試験開始。
  「あれ?知らない言葉があるぞ」
  「個数問題多い」
  「時間経つの早すぎる」
  「宅建の試験じゃないみたい…」


  見直ししたかったのに、
  マークミスのチェックが精一杯でした。


8.苦しかった待機期間


  自己採点は34点、ボーダーラインです。
  2問、問題を勘違いしていて悔しかったですが、
  それが試験ですね。


  予想点が出されてから合格発表まで、
  ギリギリの状況に一日一回はのたうち回りました。
  試験勉強より苦しかったです。
  右手の親指にできたペンだこを見て
  「こんなに頑張ったんだから!!」と自分を励ます毎日。


9.嬉し涙の一日


  合格発表はHPで確認しました。
  深夜に発表された合格点を見ていたので落ち着いてましたが、
  緊張の一瞬。


  えーと、私の番号は、、、
  横から夫の声「あったよ。ほら、ここ、ここ。」

  ちょっと拍子抜けでした。


  最初に涙したのは、
  ずっと心の支えだったイッチャンさんの記事を読んだ時。
  優しい言葉に声を出して泣きました。

  午後には自分の名前が入った合格証書が届き、
    本当に合格したんだなあとまた泣きました。


◎来年の受験者へのエール


 色々な事との両立で大変だとは思いますが、
  努力は絶対報われます。
  自分の事がもっと好きになれます。

  そして、お身体だけは大切にして下さい。
  心から心から、応援しています!!


【イッチャンからのコメント】


 私もついつい目頭がウルウルしてきました。
 あきひさんの頑張りもさることながら、
 旦那さんがとても素敵に映りました。
 
 我が身に照らしてみると・・・
 (好き勝手にやらせてもらっている嫁さんに感謝)

 学習も自分が選択した方法を信じて邁進する。

 まさに、シンプル。

 アプリを使って遊び心も取り入れたこと、
 そして、音楽の活用。


 頑張った努力は報われる。
 まさにそれを実践されたあきひさん。

 合格おめでとう。


 この頑張りがあれば希望される事務職にも就けることでしょう。

今日も読んでくれてありがとう、1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブル感謝よろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


Categories
Amazonライブリンク