宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●平成30年宅建試験、合否投票受付中です。
 ご投票ください。
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52284820.html

●アンケート実施中です。
(受験動機、合格発表後にすること、目指す資格、合格発表をみる方法、使用テキスト)
   ↓      ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52284432.html

●平成30年宅建合格体験記を募集します。
 ご協力お願いします。
   ↓      ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52284461.html

読者の宅建合格体験記

それでは、2つめの合格体験記になります。


【I・Rさんの平成29年宅建試験合格体験記】

私は現在、48才です。
初めて宅建受験をしたのが24才でした。

それから今年まで、諦めてはリベンジの繰り返しを何年間隔かは忘れましたが、
昨年が約10年ぶりのリベンジでした。
(記憶が定かではないですが今年が7回目だと思います)

昨年はボーダーライン上で辛い1ヶ月半を過ごし一点足らずで不合格でした。

宅建学習は今までで昨年が一番本気モードでした。
(真面目に勉強したのは高校2年時の測量仕補受験以来。これは一発合格)

昨年の不合格確定後は来年(29年度)のリベンジを誓いました。

今年の勉強開始は5月からでした(昨年は2月〜)

昨年の学習時間は日曜日以外は毎日約2時間でしたが、今年は仕事や生活環境の違いもあり、毎日1時間半でした。

昨年と今年の違いは
昨年は机上学習のみ。
今年は机上学習プラス、アプリ学習
(名称は気にしないで適当に見つけたアプリを7月から始めて、
途中で宮嵜先生の一問一答アプリを発見して9月から寝返り)

※宮嵜先生の一問一答アプリはどう利用したか?
先程、学習環境の違いと記しましたが、どう利用したかは
まず、朝の出勤前、自宅トイレ(用を足しても計20分位学習)
出勤後は会社駐車場で車から出る前に数問題学習。

就業中、休憩時間(10分)に休憩所片隅でアプリ学習。昼休みも食べ終わったら学習。

帰宅後、仕事の疲れもあり、いきなり問題集を開くのは億劫だがアプリだと、たばこ吸いながらでも学習できちゃう。
宮嵜先生のアプリは9月〜1日あたり約1時間使わせて頂きました。
(利用した結果は出ました。昨年の法令は2点でしたが、今年は7点でした。)

昨年の私の点数配分は権利関係10点、法令が2点、業法16点、その他税2点、免除4点。
昨年の反省点は法令上の制限の学習時間が他に比べて少なかったのが点数にでました。

費やした学習時間は結果に現れます。
法令上の制限だけ、極端に低い。
バランス悪すぎ。

アプリの利用を特に法令をその隙間時間に当てました。
学習の質と量は現実に現れますね。
昨年と今年の項目ごとの質と量の比較。

昨年
権利、40%(10点)
法令、10%(2点)
業法、40%(16点)
その他、10%(6点)

今年
権利、15%(7点)
法令、40%(7点)
業法、40%(16点)
その他、5%(6点)

昨年と今年の解く順番は
昨年は業法、免除、権利、法令、その他。

今年
業法、免除、法令、その他、権利。

時間配分に予定とは違った展開結果でした。
昨年は全問題回答合格、10分ありました。
今年は権利関係を解く時に時計を見たら14時30分。

正直、めちゃくちゃ焦りました。
今年の合格は無理かもと思いました。

なぜなら、昨年に比べて残り2肢の選択に困惑する場面が多かったなのと、
権利関係を解く残り時間が少なかったからです。

結果、後回しにした問23や時間足りずの問13、問14は不正解。
(時間があれば正解出来たかもしれません。)

受験後、帰りの車中で今年の合格は半分諦めていました。
帰宅後の自己採点の結果は36点。
昨年より上回るとは思ってもみなかったので驚きでした。

残り2肢の選択を変更しなかったのは良い結果だったかもしれません。
(時間がなく読みか返す事が出来なったが現実でした)

試験中はイッチャン様の「最後まで諦めない」を思いだし、
冷静さを取り戻し結果としてボーダーライン上にのらなかったと思います。

本当にありがとうございました。
来月は賃貸不動産経営管理士の受験を控えています。
その後はFPを受験する予定です。

<イッチャンより>
I・Rさんありがとうございました。
多年受験での念願の合格、本当に良かったですね。
アプリをうまく活用されていますね。
一番の過去との違いは、やはり最後まで諦めなかったことだと思います。
見事、壁を自分の力で超えたことが立派ですね。

IMG_20171202_200018


本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


それでは、3つめの合格体験記になります。


【K・Tさんの平成29年宅建試験合格体験記】

合格発表を終えて・・・

プロフィール
・20代
・男
・地方公務員

合格発表日から10日が経過しました。
私は今年初受験で独学で1発合格しました。
そこで今後受験を予定されている方の参考になればと思い、
受験まで取り組んだ学習法について記述したいと思います。

まず初めに、宅建を受験しようと思った動機ですが、
宅建は宅建業法以外の法律(民法・税法・都市計画法・農地法・・・)が
私の職場で活かせると考え受験しました。

実際に現在までに会議等で開発許可等の知識が役にたちました。

宅建の受験勉強についてですが、私は2月から学習を開始しました。
参考書はユーキャンの平成27年度版をフリマアプリで購入しました。
ユーキャンの参考書は「権利関係」、「宅建業法」、「税その他」が
基礎と実践テキストとの2分野に分かれて計6冊あります。

この基礎テキストを2月から4月までとりあえず読みとおしました。
この際に付属してあった分野ごとの基礎問題も解きました。

5月から7月にかけては、上記3分野の実践テキストを読みながら、
分野ごとに過去問を解きながら読み進めました。

8月から9月の中旬までは実践テキスト内の過去問を学習し、
理解しながら解けた問題に○、何となく解けた問題に△、
解けなかった問題に×を書いて、
2回目以降の過去問学習は△と×を中心に過去問を繰り返し学習しました。

9月中旬以降は、実践的な2時間で50問を解く過去問演習に入り
平成18年度からの過去問演習及び復習をし、本番を迎えました。

本番は40分前には試験会場の教室に入室し、統計問題対策を中心に学習しました。
統計問題はこの当日だけの準備で対応できました。
統計対策としましては、Youtubeの宅建動画の渋谷会を利用しました。

試験が始まり1時間30分程度で問題が解き終わり、
10分で解答用紙のマークシートの塗りつぶし、
残りの20分で見直しとマークミスのチェックを行いました。

私の問題の解き方は、最初に問題を解いていき
不安な問題は解答せずに自信のある問題だけ最初にダァーと解いていき
2周目で悩んだ問題に取り組みました。

解き終わって見直しの時間を設けて確認していたため
自己採点で38点でしたがマークミスについては
何も感じることなく安心して合格発表を迎えることができました。

長々と書いてきましたが、
まとめると最初のうちはテキストを読破→過去問→苦手克服→実践形式の過去問という風に学習し
平日は1時間から2時間、休日は半日程度の学習を2月から試験日まで取り組みました。

たまに勉強から離れてリフレッシュしながらオン、オフしっかり切り換えて
コツコツ勉強すればどなたでも可能性はあると感じました。

今後受験される方のご検討を御祈りして私の体験談とさせていただきます。

<イッチャンより>
K・Tさんありがとうございました。
初受験で一発合格おめでとうございました。
こちらも非常に参考になる内容ですね。
学習方法を時期別に時系列にまとめて頂いてます。
初受験の方、参考にしてくださいね。

IMG_1567


本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


それでは、最後の4つめの合格体験記になります。


【Sさんの平成29年宅建試験合格体験記】

宅建試験から、大分時間がたち、本日の合格発表で、無事合格していました。

私は、2歳と5ヶ月のこどもを抱えています。
私自身が、宅建の受験を決めたのは、出産を控えた、4月のことでした。


1人目を出産後に正社員だった会社を、遠方に引越ししたため退職し、
すぐに、ある県警の臨時職員をしていた時でした。

ちょう ど、民法に触れる機会があり、興味が湧いた時でした。
民法をもう少し知りたい。
そう思ったとき、2人目の妊娠がわかり、退職させられました。
また、賃貸に住んでおり、契約時に重要事項説明がなかったのもあり、
不動産の事も知りたい、再就職で履歴書に箔をつけたいのが、きっかけでした。

二人目の出産の約二ヶ月前から、市販のテキストを細々と読みめ、
出産をはさみ、 産後二週間位からテキストを読むことを再開しました。

お互いの両親を頼らず、また里帰り出産をあえてせず、
主人と協力しながら、二人の育児をしてました。
幸い、二人目は昼も夜ぐっすり眠ってくれたので、
育児の合間に、眠さと戦いながら、勉強をすることができました。

そして、7月に受験申込をし、本格的に受験勉強に力を入れました。
しかし、過去問題や模試を解いても、思うように得点できず、孤独になっていました。
法律系の国家試験の勉強がこんなにも大変で、この孤独だとは、思っていませんでした。

どうしても合格したい。自分に自信をつけたい。
そんな思いを抱え、あっという間に9月になりまし た。

9月になっても点数は、伸びず。
もう、宅建受験の申込みなんかしなければ、よかった。
そう思ったとき、エールメールのことを知り、申込みました。
くじけそうなとき、少し息抜きしたいとき、 エールメールを読むと、
不思議と勉強を頑張ろうと思えたのです。

また、普段温厚な夫に「もう、だめだ。絶対に、受からない」と話すと、
「そんな生半可な気持ちで受験決めたの?」と、鞭を打たれました(笑)
夫のその言葉もあったため、「絶対に合格してやる!!」と、妙に燃え出したりしました。


毎日、テキストを開き、過去問を解き、間違えた個所の解説を読み、テキストに戻るの繰り返し。
解説は、「なぜ、この解答なのか」と意識しながら読みました。
また、問題を解く際には、なるべく本番でも見直しの時間が取れるように、
時間を計り、1時間半で全問解き終えるようにしました。
それでも、一度も、合格点には届きませんでした。

すでに 時間がなかったため、民法は軽く読み流し、深入りはしませんでした。
よくでる借地借家法等の特別法は、さすがに繰り返しました。

それでも半分くらいは、とれていたので、
宅建業法と法令上の制限/税・その他は、何度も繰り返しましたが、宅建業法が、伸びず、苦戦しました。

本当は、過去問も10年分を何回も繰り返したほうが良いのかもしれません。
しかし、過去問を始めたときには、すでに試験まで、3週間を切っていました。
もう時間がありませんでしたので、直近5年分を3回転しました。
今となっては、それが良かったのかもしれません。

宅建試験前は、すでに決まっていた上の子の運動会があり、試験当日は、 試験直前まで、追い込み。

受験中は、統計、その他、宅建業法、法令、税、民法の順に解きました。
時間も1時間半で、全問解き終わり、見直しの時間も十分にとることができました。

宅建試験後は、いつも通りに家事や育児をし、寝る前に、自己採点しました。
自己採点では、34点。
ボーダー上でした。
あんなにやったのに。宅建試験、甘くない。
これでダメならば、しかたないと思いながら、 今日を迎えました。

速報で、合格点35点と知ったときは、「終わった」と、正直、思いました。

合格発表の照会をするにあたり、なかなかボタンが、 押せませんでした。
勇気を出して、ボタンをおしてみたところ、
「合格」の2文字がありました。
その瞬間、「うそー。信じられない」
涙があふれ、震えてきました。
きっといい意味でのマークミスがあったのだと思います。
(逆を返せば、かなりハイリスクにもなりますが)

合格したことが、信じられず、受験した県庁の合格発表の掲示板まで、見に行きました。
そこでも、確かに自分の受験番号がありました。
そして、外出から帰ってくると、合格通知が届いており、改めて合格したことを実感しました。

私は、居住地が過疎の進んでいるところに住んでいるため、出産して翌年度には、働きに出たいことで、
たまたま上の子を保育園に育児休業扱いとして、預けられたこと、夫がときに鞭を打ってくれたこと、
また、勉強時間が取れたこと等があったので、なんとか合格することができました。

中には、働きながら子育てや家事をし、その合間で宅建受験や、難関国家資格を受験し、見事合格している方もいます。
私は、そのような方をとても尊敬します。

独学で宅建受験をして感じたことは、本当に孤独です。
法律初学者は、特に。
わからないことがあっても、自力で調べるしかなく、何度もくじけました。
でも、くじけても、エールメールのように、励ましてくれる方もいたから、何とか立ち直り、勉強を続けられました。

もし、あ のときエールメールを申し込んでいなかったら、 独学で勉強していた私は、試験を棄権していました。
ありがとうございました!

<イッチャンより>
Sさんありがとうございました。
女性の方は、どうしても家事・お子さんのこと、そして出産が絡むケースがあります。
その中での向学心の思いを最後まで結果にするのは、とても大変なことだと思います。
本当におめでとうございました。
女性の受験生にとって、とても参考になると思います。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成30年宅建試験受験された方へのお願いです。

あなたの宅建合格体験記を募集します。

現在、このブログには私自身の合格体験記と
平成23年〜29年の宅建合格者の方の合格体験記を掲載しています。

平成23年〜29宅建合格者の方の合格体験記は、
カテゴリー『読者の合格体験記』に掲載しています。

平成28年だけは・・・申込がゼロでした。
(>_<)
平成29年はその反動か?多くの申込がありました。

平成28年の例もありますので、
今年も合格発表日前に募集することにしました。
以下のような形で今年も掲載いたします。
紹介例です。

(紹介例)
 『○○さんの平成30年宅建試験合格体験記』

  〜 *ここにサブタイトルが入ります。  〜
        ↓
      サブタイトルをご自身で指定してください。


        *プロフィール
            ↓
     プロフィールを掲載可能な範囲でお書きください。
     書きたくない方は、不要です。
     写真(イメージ)、似顔絵もOKです。

    *本文
      ↓
     本文の書き方は自由です。
     改行もご自身で設定してください。
     但し、ブログの表記上、内容を修正・変更する場合があります。)


    *合格証書
      ↓
     可能な方のみ。
     (名前や番号は隠します)

    *来年受験される方へのエール
          ↓
     エール、アドバイスをご記入ください。


平成30年宅建合格発表前に事前告知しているのは、
合格発表後だと見られる人に限りがあるため早めの告知としています。

いろんな宅建合格例が、来年以降に受験される方の貴重な経験談となります。

初受験で今現在ボーダーを越えている方。
見事今年リベンジでボーダーを越えている方。
そして、今現在ボーダーですが合格の暁には書いてもいいよという方。

メールフォームから件名に「宅建合格体験記」と記入し、
必要事項を入力してご応募ください。

可能な方は、合格証書も掲載したいと思います。
(ペイントソフトで名前や番号など個人情報に触れる部分を、
         消してデータを送ってもらえれば幸いです。
          私の方でも加工はできます。)

合格発表日から数日後に、
体験記の送付先などの案内を記載したメールを、
メールアドレスに連絡いたします。

また、このブログに掲載するだけでなく、
電子書籍
改訂時に掲載します。

あなたのご協力をお待ちしております。

応募条件:ブログ読者であること又は読者だった方
     (宅建試験後の読者でももちろんOKです。期間も全く問いません)
     *私が発行するメルマガ購読者、運営するフェイスブックグループ加入者、
      あてる宅建でご覧になった方ももちろんOKです。

応募期限:12月8日(金)PM11:00まで


平成30年宅建合格を祈願して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ