宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●平成30年合格エールメール配信希望者募集中!
 10/1〜21まで毎日配信(無料)
 申込はこちらから。
  ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52282112.html

●9月以降の直前期に必読のシリーズ
『宅建試験本番!10の解答テクニックとコツ』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/bJIMMH

『宅建試験に向けて模試を100%活用する方法』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/dNDy3y

『宅建を絶対に諦めないメンタルサポート』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/gvLIcF

『宅建本試験☆絶対に諦めるな!今からが勝負だ!』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/lmpxfx

『宅建試験必勝対策☆前日・当日編』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/wBsKqT

『宅建もうやばい!今年の合格を絶対に決めるための逆転戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/zFgkj5

『宅建士試験!合格祈願御守り:神頼み、幸運、ツキ、ジンクス全てをあなたの味方に・・・』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/BfzyiM

●1ヶ月学習をアレンジしての活用も有効的です
『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

中高年のための宅建試験

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

今回は実にシンプルです。


宅建学習において、
テキストに追記するとき、
過去問に追記するとき、
ノートに記入するとき、
大きく書くようにする。


とにかく大きくが合言葉です。


私自身、小さい字を手帳やノートに書きます。

仕事上では、そちらの方が多くかけますしいいのですが、
時折、やはりみにくいときがあります。


支障はないため、そのままのスタイルを貫いていますが、
学習において、特に中高年の学習において、
折角の手を使う学習で、
文字を小さく書くことは効果を弱めている気がします。


特に、記憶力が落ちていると感じているならば、
大きく書いて、視覚にも訴えかけていく。


より効果的になると思います。


ぱっとみて、そのときのイメージがあなたの右脳に刻まれます。


それが大事な気がします。

小さな字では、やはり訴える効果が薄いと思います。


日頃、左脳を酷使している方は、
右脳をつかうべき、
一つの手段にもなるような気がします。


とにもかくにも大きく書くことを実践してみてください。


今回はシンプルな内容にしました。


シンプル。


やはり、齢を重ねてくると、
シンプルにする工夫は大事ですね。


難しく、難しくするのではなく、
シンプルに転換させていく。

これが中高年の方の学習にとって、
大事な要素だと感じます。


シンプルでの実践。


その一つの簡単は方法として、
大きく書く。


実践してみてくださいね。


頑張るブログへの応援1クリックお願いしま〜す!

↓   ↓
人気ブログランキングへ


応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

今回は一問一答集の活用です。


宅建学習の要所要所で一問一答集の活用を書いてきました。


中高年の方にとって、
この一問一答集をもっと有効的に活用出来ないかとおもい、
今回の記事としました。


基礎力を磨くために、このやり方は効果を発揮します。


リベンジの方であれば、一問一答をやり、
通常のアウトプットにつなげていく。


初受験の方であれば、インプットをやり、
通常のアウトプットの前に一問一答をいれる。


弱点補強のために活用するのも一つの方法です。


その場合は項目を絞って使うことになります。


もったいないからといって、
全項目をやるのは、
時間的制約を考えると効率的とはいえません。


弱点補強の場合はぜいたくに活用する。

これが鉄則になります。


私が書籍を買う場合、
1点でも得るものがあれば、
費用対効果はあったと判断します。


どうしようかと迷う時間に使うより、
まずは買う。
そして、何かを得ようとする考え方です。


迷っている時間がもったいないですね。

直感的に書籍を購入していきます。


7月〜8月の学習中盤戦で新しいエキスを投入する場合は、
ぜいたくな活用を考えてください。


もちろん、基本のテキスト・過去問集は変えないことです。

基本の主軸がぶれると学習全体がぶれてきます。


何を学習をしているのか?

何のために学習しているのか?


などなど、悩みやすくなる原因となります。


スパッ、スパッと割り切っていくことです。


記憶力が低下している中高年にとっては、
一問一答の活用は確実に記憶の定着力をあげます。


4肢択一のアウトプットの前の活用、
考えてみてください。


今は、一問一答集、充実してきました。


頑張るブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

今回は空想力を駆使するです。


インプット学習において、文章だけを単純によみ、
文章、語句として認識していく。

学習でのよくある一場面です。


でも、同じ学習をするのであれば、
左脳を使うだけでなく、
しっかりと右脳も使うべき。


図解やイラストがあるものなら、
そこから連想を拡げていく。


図解やイラストがないものでも、
イメージとして膨らませていく。


特に、法令上の制限を苦手としている人は、
頭の中で立体的に学習している場面を
空想させていくことです。


経験豊富な中高年の方の方が
この空想力を活用しやすいのでは
ないかと思います。


いろんな用途地域を空想力でイメージし、
インプットしていく。


建築基準法の数値との組合せも、
3Dばりのイメージと結びつけて
認識していく。


左脳と右脳のバランスよい相互通行により、
あなたの脳をより活性化させていく。

ぜひ、空想力を駆使してみてください。


アーチストだけでなく、
我々一般人にもできることです。


しかも費用は一切かかりません。


電車学習であれば、車窓からの景色が
あなたの空想力に刺激を与えてくれると
思います。


それにより、
あなたの寝ぼけ眼を呼び覚ます。


そんな効果もあるのではないかと思います。


是非、活用してみてください。


頑張るブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

今回は経験を活かすです。


中高年のための最大の武器は、やはり経験です。


多かれ少なかれ、いろんな経験をされてきていると
思います。


学習のためだけに限定せず、
一度、自分の経験の棚卸しをしてみてください。


自分では大したことないと感じる経験も、
ある人からみるとよだれがでるような経験かもしれません。


おそらくは、最低でも1個、2個は、
これだという経験があると思います。


私も何度か自分の経験をたな卸ししたことがあります。

それをノートに列記し、
分類わけをしてみると、
やはり面白いですね。

結構、いろんなことをしています。


このブログでは、その経験談をあまり書いていませんが、
折角なので、アメブロの方で少しづつ掲載しています。


あなたが棚卸しした中での経験。


その中から学習というフィルターにかけてみると、
あなたなりのスタイルが浮かんでくるのではないでしょうか?


素晴らしい短期集中力を発揮した経験をお持ちかもしれません。


試験で満点をとった経験をお持ちかもしれません。


もう駄目だと思った中から逆転した経験をお持ちかもしれません。

一夜漬けの王者だった方もいるかもしれません。


ある科目については勉強しないでもできたという経験をお持ちかもしれません。


その経験があなたにとっての強みなのか、
弱みなのかを選別し、
強みを主体に戦術を組む。


弱みの度合いが強いのであれば、
弱みを回避する戦術を組む。


経験をプラスにいかすも、
マイナスにいかすも、
戦術や戦略次第になります。


もちろん、いかす以上はプラスに活かしたいですね。

そのための経験の活用です。


あなたは、だてに年をくっているわけではありません。


その経験を弱気になっている自分がいるとしたら、
自分自身にみせつけてやりましょう。


経験を再認識することにより、
自分の自信にかえていきましょう。


今、私の知人や仕事関係でも60歳以上が元気です。

ともすれば、30代より元気な方をよくみかけます。


60歳代がそうであれば、
40代、50代は負けておれませね。


ファイト!


頑張るブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

今回は度胸です。


何だか宅建とは大きくそれた印象を受けるかもしれません。


いえいえ、学習にとって、
この度胸も大事ですよ。


自分の学習に自信をもてないため、
自分の知識に自信をもてないため、
次々と新しい問題集、予想問題集に手をつけ、
常に新しい問題とのチャレンジ。


一見、素晴らしい実力がつきそうですが・・・


はたしてそうでしょうか?


時間のあり余っている方なら、それでもいいでしょう。

しかし、現実には時間のやりくりに苦労しているかたの
ほうが多いですよね。


効率的、能率的に考えるのであれば、
限られた教材で、限られた時間を有効活用する。


これには、度胸が必要です。


限られたものだけで今年の宅建試験に賭ける。

これも度胸だと思います。


今の世の中を考えた場合、
男性より女性の方が度胸がある方の比率が高いと感じます。


私の仕事関係でも女性の方の方が度胸がある方が
多い気がします。


子供を生む力、育てる力は・・・偉大ですね。


それ故、敵にまわすと怖いですね。


取引先の度胸ある女性を味方につけること。
(もちろん、社内もですが・・・)


最高の戦術になります。


学習中、モチベーションが下がったとき、
壁にぶつあたったとき、
それを乗り切る力も自分自身の度胸が必要です。


最終的に決断する覚悟も度胸が必要ですね。


覚悟を決めるために、このブログを活用していただくのも
必要です。


イッチャンが言っているから・・・


このブログでは、6年の歴史がありますので、
多くの先輩諸氏が経験したことも、
逐次盛込んでいます。


私の考えだけではなく、
先輩諸氏の成功例や失敗例も盛込んでいます。


それだけに、覚悟は決めやすいです。


頑張るブログへの応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ