宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
 ●宅建電子書籍新刊発売中
 『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!:3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略(2020年版)』
 ※購入はこちらから
   ↓    ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B08C4S7FNG

2) トピックス
 ●noteで幅広いジャンルの記事を毎日アップ中。
  無料で読めます。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan

3) 各種メルマガ紹介
 ●『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

 ●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

ランチェスター戦略

ランチェスター戦略って、ご存じですか?

ビジネスマンの方の中には、ご存じの方もいるかもしれません。

元々はイギリス生まれの兵法に関するものですので、アメリカで育ったものです。
それが日本に渡りビジネスに応用して成果を出している企業や商店・個人があります。

ランチェスターの法則には、大きく分けて二つの戦略があります。

ひとつは、大手のトップ企業などの強者の戦略。
そしてもうひとつは、中小企業や商店・個人などの弱者の戦略です。

これを宅建試験戦略に利用する場合、どちらをとるべきか?

リベンジの方は、いうまでもなく弱者の戦略をとるべきだと思います。

初受験の方で資格学習の経験がある方、学習に自信がある方は、強者の戦略でもいいかもしれません。

ここでは、リベンジの方、資格学習に不慣れな初受験の方に向けて弱者の戦略を紹介します。

弱者の戦法を見た場合・・・
1.局地戦
2.一騎討ち戦
3.接近戦
4.一点集中主義
5.陽動戦
になります。

この中から、宅建試験をにらんだ学習のために一部をピックアップしてみました。
1.局地優勢 ⇒ 特定の分野で優位に立つ。
         例えば、宅建業法では満点に近い得点力を持つ。
         
2.各個撃破 ⇒ 基本問題を重視し、自分にとって簡単な問題から解いていく。
         一般的には特AやAになると思います。
         リベンジの方は、Bランクも学習段階に応じてそうなると思います。

3.武器効率 ⇒ 宅建学習を苦手と感じた場合、通学講座を申し込む。
         あなたにとって強い参謀(講師)を味方につけるのも有効な手段です。
         また、独学の方は、テキスト・問題集もあなたにとって使いやすいものを選択することもこれにあたります。

         今後の中では、学習技術力をあげるのもそうなるかもしれません。
         読解力、判断力、選択力、絞り込み力を磨いていく。
         4肢から2肢へ絞り込んで、そこからの2択が勝負の分かれ道となります。

もう少し、内容を掘り下げると・・・

1.局地優勢
問題数を分野別に見た場合、令和元年の例では以下になります。

1)「権利関係」⇒14問
2)「宅建業法」⇒20問
3)「法令上の制限」⇒8問
4)「宅地建物の税」⇒2問
5)「宅地建物の価格の評定」⇒1問
6)「宅地建物の需要と取引きの実務」⇒3問
7)「土地建物の基礎知識」⇒2問


6番目と7番目は、いわゆる5点免除問題です。
最近は、この5点問題で大きな差にはなりにくくなっています。

一般的にみなさんにとって、やりやすい・得意になりやすい分野は宅建業法になります。

もし、満点をとれば・・・20点ゲットです。

仮に、得点目標を36点とした場合、宅建業法が満点なら後16点をそれ以外のところで稼げばいいことになります。

仮に、宅建業法が20点を正解したと考えます。

権利関係が半分正解でプラス7点(合計27点)
法令上の制限が半分正解でプラス4点(累計31点)
税が2問のうち1問ゲットでプラス1点(累計32点)
価格の評定でプラス1点(累計33点)
5点免除で3点ゲットで、トータル36点になります。

実際は最近の宅建業法では満点は難しく、最高でも18〜19点と考えた方が無難です。
また逆に権利関係や法令上の制限で半分よりもっと得点を重ねることも可能です。

それもこれも得意なあなたのベースがあってこそです。

人によっては民法が大得意だったり、法令上の制限が大得意だったりしますので、それをベースに構築するのもひとつの方法です。

一般的には宅建業法の20問が一番ウェートが高く、取り組みやすい分野なのでここに主眼を置くことこそが、逆転合格を狙う大事な要素となります。

宅建業法で、局所優勢から局所大優勢までいかせるつもりで取り組んでください。


2.各個撃破
自分にとって戦いやすい相手から勝負していく。
当然のことだと思います。

宅建試験本番において、几帳面に問題1番から順番に解く方。
一方、問題用紙の途中にある宅建業法から解き始め、自分が解ける問題をどんどん解いていき、わからない問題は一旦保留にしていく。

どちらが効率的だと思いますか?
私は、後者を勧めています。

自分にとって、わかる問題か、わからない問題かを瞬時に判断していくことになります。

その取捨選択力をつけるためにも、日ごろの学習では特AやAを意識してほしいのです。
基本問題を集中的に解くトレーニングをしていけば、選択力が磨かれます。

試験本番で、ある問題で立ち往生することが一番いけないことになります。
正解を導けないものは、例え2肢まで絞っても一旦そこで保留にするのです。

一通り、50問と対戦した後で、正解を出せていない問題と順次対決していけばいいのです。

3.武器効率
講座活用の例は割愛して、独学のケースで紹介します。

独学は自己学習なので、宅建試験に関連する自分自身の感性、テクニック・コツを磨いていくことになります。

感性が高い人と低い人では、同じものを視界に入れたとしても気づく人・気づかいない人に分かれます

きづくことができれば難なく正解できるのに、きづかなければ間違いの結果に落ちいっていきます。

とにかく自分の感性をまず、磨いてください。
そして、テクニック・コツ。

必要最小限のことを知らなければ、大きな損失になります。

特に、独学の方にとっては情報がありません。

この宅建ブログとご縁があれば、まだ救われますが実際のところこの宅建ブログと受験者との出会いは、宅建試験後が圧倒的に多くなります。

試験前に知っていれば・・・よく言われることです。

それだけに、最低限のテクニック武装はするようにしてください。

『ランチェスター戦略一点突破の法則』はこちらから
   ↓      ↓



ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

ランチェスター法則

サラリーマンやビジネスマンの方は、
書籍として読まれた方もいるかもしれません。

元々はイギリス生まれの兵法に関するものが、アメリカで育ったものです。

それが日本に渡りビジネスに応用して成果を出している企業や商店、個人があります。

ランチェスターの法則には、大きく分けて二つの戦略があります。

ひとつは、大手のトップ企業などの強者の戦略。

そしてもうひとつは、中小企業や商店・個人などの弱者の戦略です。

宅建試験に置き換えた場合、
今逆転合格を目指されている方は弱者の戦略をとるべきだと
考えます。

弱者逆転の3原則を見た場合、
1.局所優勢
2.各個撃破
3.武器効率

これを宅建試験をにらんだ学習に当てはめてみますと、

1.局所優勢 ⇒ 特定の分野で優位に立つ。
         例えば、宅建業法では満点に近い得点力を持つ。

2.各個撃破 ⇒ 自分にとって簡単な問題から解いていく。
         一般的には特AやAになると思います。

3.武器効率 ⇒ 読解力、判断力、選択力、絞り込み力を磨いていく。
         絞り込める問題の場合は絞り込む力。
         組合せや個数問題に関しては、1肢1肢解く力を磨く。

今回は、局所優勢について紹介します。
1.局所優勢 ⇒ 特定の分野で優位に立つ。
         例えば、宅建業法では満点に近い得点力を持つ。

問題数を分野別に見た場合、平成28年の例では以下になります。

「権利関係」⇒14問
「宅建業法」⇒20問
「法令上の制限」⇒8問
「税関連」⇒3問
「5点免除問題」⇒5問

5点免除問題で、最近は大きな差とはなっていません。

一般的にみなさんにとって、
やりやすい、得意になりやすい分野は宅建業法になります。

もし、宅建業法で満点をとれれば・・・20点ゲットです。

仮に、得点目標を36点としたば場合、
宅建業法が満点なら後16点をそれ以外のところで稼げばいいことになります。

仮に、権利関係が半分正解で7点(累計27点)
法令上の制限が半分正解で4点(累計31点)
税が2問のうち1問ゲットで1点(累計32点)
価格の評定で1点(累計33点)
5点免除で3点ゲットで、トータル36点になります。

実際は、最近の宅建業法では満点は難しく、
組合せ問題や個数問題の出題状況によっては増減しますので、
最高でも18点位にと考えた方が無難ですし、
権利関係や法令上の制限で半分よりもっと得点を重ねることも可能です。

それもこれも得意なベースがあってこそです。

人によっては、民法が大得意だったり、
法令上の制限が大得意だったりしますので、
それをベースに構築するのもひとつの方法です。

一般的には、宅建業法の20問が一番ウェートが高く、
取り組みやすい分野なので、ここに主眼を置くことこそが、
逆転合格を狙う大事な要素となります。

宅建業法で、局所優勢から局所大優勢までいかせるつもりで、
取り組んでください。

必ず、勝機は見えるはずです。

令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

ランチェスター法則

サラリーマンやビジネスマンの方は、
書籍として読まれた方もいるかもしれません。

元々はイギリス生まれの兵法に関するものが、アメリカで育ったものです。

それが日本に渡りビジネスに応用して成果を出している企業や商店、個人があります。

ランチェスターの法則には、大きく分けて二つの戦略があります。

ひとつは、大手のトップ企業などの強者の戦略。

そしてもうひとつは、中小企業や商店・個人などの弱者の戦略です。

宅建試験に置き換えた場合、
今逆転合格を目指されている方は弱者の戦略をとるべきだと
考えます。


弱者逆転の3原則を見た場合、

1.局所優勢
2.各個撃破
3.武器効率

これを宅建試験をにらんだ学習に当てはめてみますと、

1.局所優勢 ⇒ 特定の分野で優位に立つ。
         例えば、宅建業法では満点に近い得点力を持つ。

2.各個撃破 ⇒ 自分にとって簡単な問題から解いていく。
         一般的には特AやAになると思います。

3.武器効率 ⇒ 読解力、判断力、選択力、絞り込み力を磨いていく。
         絞り込める問題の場合は絞り込む力。
         組合せや個数問題に関しては、1肢1肢解く力を磨く。

今回は、局所優勢について紹介します。

1.局所優勢 ⇒ 特定の分野で優位に立つ。
         例えば、宅建業法では満点に近い得点力を持つ。

問題数を分野別に見た場合、平成28年の例では以下になります。

「権利関係」⇒14問
「宅建業法」⇒20問
「法令上の制限」⇒8問
「税関連」⇒3問
「5点免除問題」⇒5問

5点免除問題で、最近は大きな差とはなっていません。

一般的にみなさんにとって、
やりやすい、得意になりやすい分野は宅建業法になります。

もし、宅建業法で満点をとれれば・・・20点ゲットです。

仮に、得点目標を36点としたば場合、
宅建業法が満点なら後16点をそれ以外のところで稼げばいいことになります。

仮に、権利関係が半分正解で7点(累計27点)
法令上の制限が半分正解で4点(累計31点)
税が2問のうち1問ゲットで1点(累計32点)
価格の評定で1点(累計33点)
5点免除で3点ゲットで、トータル36点になります。

実際は、最近の宅建業法では満点は難しく、
組合せ問題や個数問題の出題状況によっては増減しますので、
最高でも18点位にと考えた方が無難ですし、
権利関係や法令上の制限で半分よりもっと得点を重ねることも可能です。

それもこれも得意なベースがあってこそです。

人によっては、民法が大得意だったり、
法令上の制限が大得意だったりしますので、
それをベースに構築するのもひとつの方法です。

一般的には、宅建業法の20問が一番ウェートが高く、
取り組みやすい分野なので、ここに主眼を置くことこそが、
逆転合格を狙う大事な要素となります。

宅建業法で、局所優勢から局所大優勢までいかせるつもりで、
取り組んでください。

必ず、勝機は見えるはずです。

平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

ランチェスター戦略

サラリーマンやビジネスマンの方は、
書籍として読まれた方もいるかもしれません。

元々はイギリス生まれの兵法に関するものが、アメリカで育ったものです。

それが日本に渡りビジネスに応用して成果を出している企業や商店、個人があります。


ランチェスターの法則には、大きく分けて二つの戦略があります。

ひとつは、大手のトップ企業などの強者の戦略。

そしてもうひとつは、中小企業や商店・個人などの弱者の戦略です。


宅建試験に置き換えた場合、
今逆転合格を目指されている方は弱者の戦略をとるべきだと
考えます。


弱者逆転の3原則を見た場合、

1.局所優勢

2.各個撃破

3.武器効率


これを宅建試験をにらんだ学習に当てはめてみますと、

1.局所優勢 ⇒ 特定の分野で優位に立つ。
         例えば、宅建業法では満点に近い得点力を持つ。

2.各個撃破 ⇒ 自分にとって簡単な問題から解いていく。
         一般的には特AやAになると思います。

3.武器効率 ⇒ 読解力、判断力、選択力、絞り込み力を磨いていく。
         絞り込める問題の場合は絞り込む力。
         組合せや個数問題に関しては、1肢1肢解く力を磨く。


今回は、局所優勢について紹介します。


1.局所優勢 ⇒ 特定の分野で優位に立つ。
         例えば、宅建業法では満点に近い得点力を持つ。


問題数を分野別に見た場合、平成28年の例では以下になります。

「権利関係」⇒14問
「宅建業法」⇒20問
「法令上の制限」⇒8問
「税関連」⇒3問
「5点免除問題」⇒5問

5点免除問題で、最近は大きな差とはなっていません。

一般的にみなさんにとって、
やりやすい、得意になりやすい分野は宅建業法になります。

もし、宅建業法で満点をとれれば・・・20点ゲットです。

仮に、得点目標を36点としたば場合、
宅建業法が満点なら後16点をそれ以外のところで稼げばいいことになります。

仮に、権利関係が半分正解で7点(累計27点)
法令上の制限が半分正解で4点(累計31点)
税が2問のうち1問ゲットで1点(累計32点)
価格の評定で1点(累計33点)
5点免除で3点ゲットで、トータル36点になります。

実際は、最近の宅建業法では満点は難しく、
組合せ問題や個数問題の出題状況によっては増減しますので、
最高でも18点位にと考えた方が無難ですし、
権利関係や法令上の制限で半分よりもっと得点を重ねることも可能です。

それもこれも得意なベースがあってこそです。

人によっては、民法が大得意だったり、
法令上の制限が大得意だったりしますので、
それをベースに構築するのもひとつの方法です。

一般的には、宅建業法の20問が一番ウェートが高く、
取り組みやすい分野なので、ここに主眼を置くことこそが、
逆転合格を狙う大事な要素となります。

宅建業法で、局所優勢から局所大優勢までいかせるつもりで、
取り組んでください。

必ず、勝機は見えるはずです。

本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


<
本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ