宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
 宅建残り3ヶ月戦略オンラインセミナー開催します。
 8/11(火)13時〜
 8/14(金)19時〜
 ※詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.street-academy.com/myclass/8019#_=_

2) トピックス
 ●宅建電子書籍新刊発売中
 『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!:3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略(2020年版)』
 ※購入はこちらから
   ↓    ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B08C4S7FNG

 ●noteで幅広いジャンルの記事を毎日アップ中。
  無料で読めます。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan

3) 各種メルマガ紹介
 ●『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

 ●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

宅建合格のための学習

7月の宅建申込みと同時に学習を始めている方もいることでしょう。
むしろ、その方達の方が多いかもしれませんね。

電子書籍『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!(2020年版):3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略 』を読まれましたか?

3ヶ月学習に必要なことをコンパクトにまとめています。

さて、一足早くアウトプット学習一色期間でのコツについて1つだけ話します。

ちなみに、3ヶ月学習以上の方で、アウトプットの回転は何回転くらいできているでしょうか?

1回転ですか?
⇒普通のペースです。
 2回転、3回転に行くに従ってペースをあげてください。

中には、それ以上の方もいるはずです。

2回転ですか?
⇒いい調子です。
 言われる前に先手で進めることは、学習効果を倍増させます。
 この調子で頑張ってください。

えっ、3回転ですか?

すごいです。
⇒頑張っていますね。
 その頑張りが、10月18日に最高の成果を生み出します。

ただし、6ヶ月学習の方にとっては、3回転は当たり前のレベルです。
むしろ、5回転以上はいくべきですので、それ以下でしたら、少ないと自覚してください。


ここで初めての方のために、回転の意味の説明です。

1回転とは、過去問集を最初から最後まで一通り解き終わるです。
今回の場合では、宅建業法の分野を一巡させることになります。

今の時点で、回転を何回転できるかは、その人の置かれた学習環境によりますので、あまり深刻にならなくても大丈夫です。

1回転の人が3回転のつわもの方に対して、恐れおののく必要はありません。

予定の時間の捻出をしっかりされての1回転であれば、それで大丈夫です。

よって、最低条件はまずは1回転のクリアです。

1回転できていない方は、まずは1回転させてくださいね。

もちろん1回転させるのは、宅建業法だけではありません。
権利関係 → 法令上の制限へと広げていきます。
まずは、この3つの分野の1回転を完了させて、次の目標全体での2回転へと進めましょう。

もちろん、各分野同一ペースでなくてもいいです。

権利関係はそれなりに時間がかかりますので、宅建業法が先にいく位がちょうどよいかと思います。

最低限、3回転はさせることになります。

目標の期日は自分の学習状況を考えて決めてください。
要所要所での自己チェックも忘れずに・・・

現状2回転の方は4回転以上を、3回転の方は5回転以上を目指してください。

できるだけ多く回転させれば、それだけ知識として定着し、知識を瞬時に引き出せる瞬発力も身についていきます。応用力も自然にそれなりに身についていきます。

そして、宅建試験で必要な直感力があなたのものになっていきます。

これは個人差があるので、3回転でそれなりにつく人もいれば、10回転位しないと難しい方もいるかもしれません。

高い目標に取組む場合はいきなり10回転ではなく、1回転 → 3回転 → 5回転 → 7回転の順番で、ハードルをあげていってください。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は合格マインド思考について考えます。

このブログでは私自身がそうであるように、ポジティブ・プラス思考で記事を書いています。

もちろん私も昔からそうではなく、以前はむしろネガティブ・マイナス思考の考え方でした。

そのせいか仕事で行き詰ったとき、気がつけばマイナス思考に陥っている場面もあります。
それでも、切り替えは早く意識的にひきずらないように、工夫をしています。

宅建合格を考えた場合、基本はプラス思考の方を私は薦めています。

でもマイナス思考を完全否定しているわけではありません。

前述のように、人間はともすればマイナス思考に陥りやすくなります。

しかも、今の周りを取り巻く環境が重苦しいものだと仕方ない面もあります。

またリスク管理を考えた場合は、マイナス思考の中でのプラス思考という考え方になるかもしれません。

合格マインドはプラス思考の考え方の中で、宅建学習ロードの中で例えいろんなアクシデントがおころうとも、最低限で回避し10月15日にできるだけ万全の状態で受験できるように自分自身をもっていくようにしていく。

こういうことになるかもしれません。

今がたとえマイナスの絶頂期であろうとも・・・
プラスに転換していくことは可能です。

今がプラスの方であれば、さらにさらにプラスを増大させていく。
正のスパイラルへ。

自分で自分自身を調子にのせていく。
これでもいいですね。

人は他人からほめられるとうれしいものです。
他人からほめられたことで更に調子付いていく。
これでももちろんOKです。

学習は孤独かもしれませんが、可能な限り回りの協力を得ることも環境によってはできると思います。

折角のチャンスはできるだけ活用しましょう。

何も遠慮する必要はありませんから・・
もちろん協力してくれた人には合格の暁には、あなたの喜びを添えて何かのお返しをすれば言い訳ですから・・

それが家族だとしてもきちんと態度で表しましょう。
(家族だからこそ必要なことかもしれません)

過去の合格発表日の合格コメントに、そういう周りへの気遣いを書かれていた方がいました。

とても大事なことですね。

自分だけでなくあなたを取り巻くできるだけ多くの方に笑顔ができれば・・

そう願います。
令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ