宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
●宅建独学ペースメーカーマガジン登録受付中
 初月無料です。
 単発記事を読むことも可能です。
 学習のモチベーション維持に活用下さいね。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan/m/m6591c7db5979

●宅建電子書籍発売中!
 『令和3年宅建士資格試験☆独学短期学習の全エキス』
    ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B098DWSXRW/

2) トピックス
 ●noteで各種マガジン配信中です。
『軍師『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン入門編』
 https://note.com/iccyan/m/mc51b99b1568d

『『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン(実践編』
 https://note.com/iccyan/m/m7faff6892e7a

3)メルマガ紹介
●中高年向け支援マガジン・・是非、購読して下さいね。
『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

宅建士試験取得のための独学ペースメーカーマガジン

宅建士試験取得のための独学ペースメーカーマガジン
現在、8号になります。

あなたは読んでいますか?

いよいよ昨日から宅建士試験申込が開始され、10月本番に向けて学習を加速していく必要があります。

そんな時、独学の場合はいろんな誘惑があります。
特に今年はオリンピックがありますので要注意です。
コロナのこともあります。

モチベーションが高い間は良いですが、7月も半ばになると・・・
7月当初にあったモチベーションはどこへやら・・・
毎年同じような光景をみている私です。

ですから、このブログを読んでいるあなたにはそうなってほしくないのです。
そのためのペースメーカーマガジンです。

単体記事は、200円です。
でも、マガジンとして毎週定期購読すれば毎月500円。
月4回は発行されますので、マガジンとして読む方がはるかにお得です。
そして、初月はなんとなんと無料です。
つまりは、今申込むと7月は無料なのです。
とても、お得ですね。

テーマは、以下の5つです。
1)令和3年週末学習サポート
2)令和3年宅建初受験に向けて
3)令和3年宅建リベンジ受験向けて
4)独学者のメンタルを支えるワンポイントアドバイス
5)独学者へのエール

これに、参考資料がつきます。
参考資料には、大事なポイントをまとめています。
毎週見ることにより、如何に大事なことなのかをあなたの脳裏に植え付けていきます。

ここで、8号の一部を紹介します。

・・・8号の一部公開(ここから)・・・

5)独学者へのエール
前号で、夏場の学習の重要性を書きました。
その夏場の学習ですが一言に集約できます。
それは粘りです。
粘って粘って、後10分・後5分・後1分と学習するぞの立ち向かっていく気持ちが絶対に必要です。

夏はちょっとしたことがきっかけで、学習のモチベーションが一気に下がりますし、体調も壊しやすくなります。
メンタル・メンタルと何度も言いたくはないのですが、結果的には大事な要素になります。
年輩者は夏場の学習に強い。

それはメンタル面からきているのかもしれません。
だからこそ、メンタル面あなどらないでくださいね。
夏場の学習は、根気との戦いになります。
それに打ち勝つことが、9月以降の大きな実力アップにつながっていきます。

今は、過去問を間違ってばかりでも、十分実力アップが可能です。
要は宅建試験当日に最高の成果をだせばいいこと。
途中で受ける模試試験の結果も気にしないこと。
宅建学習途上の方ならなおさらです。

・・・8号の一部公開(ここまで)・・・

※毎週木曜日記事アップ
 (月平均4回発行)

※定期マガジン価格 月500円

是非、独学で頑張るあなたのサポートとして・・・
活用して下さいね。
あなたの申込をお待ちしています。



宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建士試験取得のための独学ペースメーカーマガジン
現在、6号になります。

絶賛好評です。

やはり学習は孤独との闘いです。
宅建試験本番まで約4ヶ月とはいえ、その4ヶ月の間には山あり谷ありです。
調子がいい時もあればそうでない時もあります。

一番怖いのは調子が悪い時に、一気に学習のペースが落ちることです。
そこから立ち直れない方が、実は多いのです。

普段通りに続けることが如何に難しいか・・・

この宅建ペースメーカーマガジンは、あなたにより沿っていきます。
まるで、マラソンの伴走者のようです。
あなたの学習のペースを刻んでいきます。

宅建試験を15年以上観ている私です。
おまかせくださいね。

単体記事は、200円です。
でも、マガジンとして定期購読すれば毎月500円。
月4回は発行されますので、マガジンとして読む方がはるかにお得です。

テーマは、以下の5つです。
1)令和3年週末学習サポート
2)令和3年宅建初受験に向けて
3)令和3年宅建リベンジ受験向けて
4)独学者のメンタルを支えるワンポイントアドバイス
5)独学者へのエール

これに、参考資料がつきます。
参考資料には、大事なポイントをまとめています。
毎週見ることにより、如何に大事なことなのかをあなたの脳裏に植え付けていきます。

ここで、6号の一部を紹介します。

・・・6号の一部公開(ここから)・・・

『宅建士試験取得のための独学ペースメーカーマガジン』の6回目です。
不動産適正取引推進機構から、正式に官報に公告した旨がホームページに掲載されました。
文字通りに今年の日程が確定したことになります。

ターゲット日は、10月17日(日)です。
間違っても12月19日(日)にターゲット日を設定して下さいね。
12月19日は、あくまでもコロナ禍での特例措置です。
学習の進捗状況が悪いから、後の受験日にしたい・・・
昨年の合格基準点が2点、12月の方が低かったからそうしたい・・・
気持ちはわかりますが、選ぶことはできません。

それに、12月までモチベーションを維持するのは大変なことです。
間違っても策略的に、そんな申込チャレンジをしないで下さいね。
申込を遅くして、そうなるようにする・・・
本末転倒です。

そういう人に勝利の女神は絶対に微笑まないはずです。

試験は公明正大・・・
堂々と王道での勝利を勝ち取りましょう。

(中略)

それでは、Vol.6のスタートです。

1)令和3年週末学習サポート(6月は残り21日間、7月への橋渡し)
6月は本日を入れて、後21日間となりました。
あなたにとっての6月の調子はいかがですか?

それぞれの宅建学習スタートをきられて、まだ学習半ばの人も多いかもしれません。
7月になれば宅建受験申込みと同時に、宅建学習をスタートさせる方がでてきます。
見えないライバルは日増しに増えていきます。

 「じゃあ、7月に気分一新再スタートする」

これはこれで気持ちの切り替えとしては間違いではありませんが、7月まで待たないことです。
これが大事です。
もちろん、答えはわかりますよね。
週末である今日から即再スタートをきる。
この先手先手の行動力があなたに勝利の美酒をグッと近づけます。

勝利の祝杯に向けて・・・
それでは、スタートです。

【金曜日の夜の学習】
再スタートをきるあなたには、金曜日の学習は土日の学習に橋渡しをすることです。
それだけを意識してください。
順調に学習をこなしてきた方は、本日が特別の日である必要はありません。
淡々と計画を消化していく。
これで十分です。

それぞれの思いをもって、土日に突入していく。
あなたの今日の学習メニューはどんなものでしょうか?
軽めのメニュー、趣向を凝らしたフルコース。
あなたなりの日をお過ごしください。
気持ちを新たに、本日の学習スタートです。

・・・6号の一部公開(ここまで)・・・

※毎週木曜日記事アップ
 (月平均4回発行)

※定期マガジン価格 月500円

是非、独学で頑張るあなたのサポートとして・・・
活用して下さいね。

宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建士試験取得のための独学ペースメーカーマガジン
現在、6号を迎えています。

あなたは読んでくれていますか?

刻一刻と宅建士試験申込開始月である7月に近づいています。
学習の準備は早めが一番です。

継続して学習していくには、帆走者であるペースメーカーが必要です。

是非、活用してくださいね。

単体記事は、200円です。
でも、マガジンとして定期購読すれば毎月500円。
月4回は発行されますので、マガジンとして読む方がはるかにお得です。

内容です。

1)令和3年週末学習サポート
 週末金曜日、そして休日である土曜日・日曜日に如何に継続をさせていくかが、学習を継続していく上でのポイントになります。
そのためのフォローをメインに行って行きます。
週末の学習を無事終えて、平日学習につなげていく。
この繰り返しであなたの学習のリズムを刻んでいくことになります。

2)令和3年宅建初受験に向けて
 このコーナーは、今年初めて宅建士試験を受験する方のためのアドバイスになります。
初受験の方にとっては当然のことながら宅建学習は初経験になります。
その時々、何をなすべきなのかを教えていきます。

3)令和3年宅建リベンジ受験向けて
 このコーナーは、宅建試験を過去1回以上受験した方のリベンジ受験のためのアドバイスになります。
2回目受験以降を初受験と同じ調子で学習していけば、落とし穴にはまりやすくなります。
それを防止して、リベンジ受験ならではの優位性を活かすことを教えていきます。

4)独学者のメンタルを支えるワンポイントアドバイス
 独学を継続するためには、メンタルが非常に大事になります。
宅建ブログ16年以上の経験値を結集して、受験生が陥りやすい状態を未然に防止しくアドバイスになります。

5)独学者へのエール
 学習のペースメイクをするマガジンですので、まるであなた専属の教師が隣りにいるような感覚であなたを励ましていきます。
エールには定評があります。
あなたの心も癒やすはずです。

また、特別に重要事項をまとめた参考資料もつけています。
ついつい忘れがちになる大事なポイントです。
とても便利だと思います。

※毎週木曜日アップ
 (月平均4回発行)

※定期マガジン価格 月500円

是非、独学で頑張るあなたのサポートとして・・・
活用して下さいね。
あなたの申込をお待ちしています。

宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ