宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

ウィナー

◎ブログ最新ニュース
●電子書籍新刊発売中です。
 『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●3ヶ月学習に必須の学習指南書です。
 『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!:
     3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』
  ↓     ↓
 http://goo.gl/FqcjKg

●夏の学習を書き抜くために・・
 『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓   ↓
 http://p.tl/p69w

●宅建メルマガ読者募集中!

 詳細と申込みはこちらから
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52231259.html

無料宅建メルマガ〜宅建学び塾『ウイナー』購読者募集中

宅建無料メルマガを毎週末に発行しています。
あなたは購読されていますか?

学習のペースメーカーとしてブログ同様に購読されることをお勧めいたします。

「宅建学び塾『ウイナー』」
先週の金曜日発行で、第253号になりました。

・毎週金曜日17時頃の配信
・無料メルマガ
・宅建直前期には特別フォローメールも配信
・宅建試験前日/当日エールメールも配信

メルマガのいいところは、定番の日時に必ず届きますので、学習のペースメーカーに利用しやすいです。

内容的には、
1)その時々に必要なこと。(今後は、週末の学習フォローがメインになります。)
2)平成29年宅建初受験に向けて、必要なことを書いています。(ブログ記事とは別物です)
3)平成29年宅建リベンジ受験への道を連載しています。(リベンジの方は、ブログと併行して読むことをお勧めします。)
4)宅建ブログの今後の記事予定について、いち早くアナウンスしています。
5)有益な情報、その他お知らせ
6)編集後記、結構これを楽しみにされている方もいます。近況の話題など。


参考までに第253号の一部を転載いたします。

・・・転載ここから・・・

宅建電子書籍の1ヶ月学習法については2017年版として新刊として
出す予定です。
また、3ヶ月学習法については改定だけにする予定です。
 今年のカレンダースケジュールにあわせて形になります。
ただ、このメルマガを読まれているあなたは、このスケジュール通りに
実践しないでくださいね。

1ヶ月学習>3ヶ月学習>6ヶ月学習

上記の比率でハードになります。
かなりハードですから・・・

但し、学習のやり方は参考になると思いますので、
そういう意味では読んでください。
 独学でのやり方がわかると思います。
 販売価格は、1コイン100円です。

 「必勝!宅建試験に1ヶ月学習で合格する方法:
        もう今年の合格を諦めたあなたへ逆転合格のコツを伝授」

※アマゾンでの販売ページはこちらから
   ↓   ↓
 http://goo.gl/guVW21

 『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!: 
             3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』

※アマゾンでの販売ページはこちらから
   ↓   ↓
 http://goo.gl/FqcjKg


さて、あなたの学習状況はいかがですか?
ゴールデンウィークぼけしていませんか?
 大丈夫ですよね。

 仮にゴールデンウィーク明けが忙しくとも、
 限られた時間の中で継続していくことが大事です。

それでは週末学習サポートです。

◎平成29年週末学習サポート☆学習の進捗が早い項目とそうでない項目

ある程度学習が進んでくると、
 学習の進捗が早い項目とそうでない項目がでてきます。

 学習の進捗が早い項目は、自分にとってなじみやすい分野だったり、
 内容的にわかりやすい分野だったりします。

そうでない項目は、日頃あまり縁のない、
 聞きなれない用語などがでてくる分野だったりします。

 前者の代表格が宅建業法であり、
 後者の代表格が民法であることが一般的です。
 (もちろん、人によって違う場合もあります。)

 最近では法令上の制限もそうだといえます。

 今週末は、そういう点に着目して考えて見ます。

それでは、スタートです。


 【金曜日の夜の学習】
 宅建の場合、大きく項目をわけると以下になります。
 1.民法を中心とする権利関係
 2.宅建業法
 3.法令上の制限、税、その他

 一般的に、
 1回転目の学習を考えた場合、学習の進捗が早いのが宅建業法であり、
 学習の進捗が遅いのが権利関係になります。

 金曜日の何度もいうようですが、土日につなげる意味づけがあります。

そのためにも学習の進捗が遅いものよりも、
 早いものをあてがったほうがつなぎやすいと思います。

もちろん計画的に学習している方にとっては、それほど意識する必要はありません。

 計画を立てて進めているものの、
なかなな計画どおりに進んでいない方に意識してほしいことです。

 週末での学習のリズムをつくるためにも、金曜日は宅建業法に主眼を置く。

 宅建業法であれば、例え短時間でもそれなりのボリュームはこなせます。

ボリュームをこなした方が学習をした達成感は高くなります。

 達成感は、土日につなぐためにも一番大事なことかもしれません。


 【土日の学習】
 土日については、学習の進捗スピードを気にせず、
じっくりと学習の進捗スピードが遅いもの
=苦手意識が強いものに重点を置くのも一つの方法です。

インプットの段階であれば、普段よりも噛み砕いてゆっくりと読むのもいいです。

また逆に意識的に早く読む。頭にはいりにくい分野は、何度も繰り返し読む。

 今週紹介したように、黙読だけでなく、口・耳・手と総動員させるのも効果的です。

ただし、長時間、総動員作戦で望むのはそれなりに疲れますので、
ある分野だけに絞る、例えば、苦手な抵当権だけにするとか・・・

 それ以外のものは、黙読だけで進めるなど・・・

自分の今の力量にあわせて工夫してみてください。

 今のあなたにとって大事なことは、
 立てた計画を実行していくために、学習の時間を確保すること、
そして学習を継続させることです。

そのための今回の工夫の紹介です。

 特に飽きっぽい方は学習に遊び心を取入れるなど、
 継続させる工夫をしてください。

 単調に理詰めで進めるだけでは、長続きしない方もいます。

 自分なりに・・・ですよ。

それでは週末学習、ファイト!
____________________________________
◎1.平成29年宅建初受験に向けて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回のテーマは、夏を制するものは宅建を征すについて考えます。

 「夏を制するものは宅建を征す」

この夏場の時期、必ず書く文章です。

 今回のテーマはリベンジされる方には、耳が痛い言葉かもしれません。

 夏場の学習がだめで、敗北につながった。
そんな経験をお持ちの方もいるかもしれません。

 私自身は、3ヶ月学習でしたので、それこそ夏場は徹底的に学習をしました。
 8月には運悪く、北海道への1週間ちょっとの出張が重なりました。

 飛行機で行くのならいざしらず、車と一緒でのフェリー移動の必要があったのです。

フェリーでの学習には、本当に苦労しました。

 夏場の北海道行きフェリー・・・
想像できる人には想像できることと思います。

 部屋は個室ではなく、ザコ寝の一ランク上の2段の狭い固いベッドです。

 狭いベッドでの学習はそれなりに苦痛ですし、ツーリングのグループの方が多く、
 学習に集中しにくいざわめく環境でした。

じゃあ、他のところで学習しようと思って、ロビーとか行くと、そこは当然夏休み。
 家族連れが多く子供達の元気な声と、走り回っている状況はとてもとても・・・
苦労しました。

それでも、そんな環境下でも学習したことは、精神力をタフにしましたし、
 外出先でのいろんな環境下での学習に違和感がなくなりました。
 (むしろ、電車の中の方が静かでやりやすい・・・)

 自宅の自室の机の上でしか学習できないと言うあなた。

それは恵まれています。

 小さい子供がいれば、そういうわけにはいきません。

 夏場は、子供達も夏休み。
 当然のごとく、休日は相手を強いられます。
 平日でも、下手な時間に帰宅すれば、待ち構えていたかのようにつかまります。

また、子供がいなくても、たとえ独身で奥さんや旦那さんがいなくても、
 夏は、遊びの誘惑が沢山あります。

 暑いので、下手な場所での学習もしにくいです。

そんなときだからこそ、頑張った人には頑張ったなりの成果がでるのです。

これは、本当に不思議ですよ。

 効果覿面(こうかてきめん)です。

その成果は、9月以降、あなたの実力となって間違いなく現れます。

 夏場をそれなりに過ごした方との実力差は、歴然となって現れます。

 実力がアップする人は、間違いなくこの夏場を制しています。

 「夏を制するものは宅建を征す」

この夏を征して、9月の残暑の中で更に加速させ、
 10月のラストスパート、そして見事な宅建合格のフィナーレを飾りましょう。
____________________________________
◎平成29年宅建リベンジ受験への道
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リベンジ学習中の方、学習の状況はいかがですか?

 計画どおり順調の方は余計なことは、考えないで邁進してください。
 順調でない方は、週単位もしくは2週間単位、
 状況によっては月単位で軌道修正してください。

 学習途上での自分の実力はそれほど意識する必要はありません。
 自分が立てた計画に対して、どう進捗しているか?
ここにポイントをおいてください。

 学習したことを忘れるのは、誰にでもあることです。
 忘れることを恐れたり、気にする必要はありませんよ。

 自分が計画したことを実行していくことで自信が深まります。
そこが大事です。

 不安は誰しもあります。
しかし、不安は考えれば考えるほど増長していきますので、
 目の前のやるべきことをこなしていくことで、
 不安とうまくつきあっていくことです。

 決して敵対心をもったり、無理に排除しようとしないことです。

 私にも沢山の不安があります。
 不安の常に身にまとっています。

それでもポジティブに強く生きていける。

 自信をもってくださいね。

『平成29年宅建試験必達リベンジ☆予想外・想定外』
    ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52245294.html

・・・・・転載ここまで・・・・・

登録は、『宅建独自メルマガ申込はこちらから』をクイックすると
メールフォームが立ちあがりますので必要事項を入力の上、
お申込みください。


・件名 → 「宅建メルマガ配信申込」と入力ください。
        
◎宅建メルマガ配信申込はこちらから


本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建メルマガ購読者募集中!

ブログネタ
宅建試験 に参加中!



宅建無料メルマガを毎週金曜日に発行しています。

「宅建学び塾『ウイナー』

宅建学習のペースメーカーとしてブログ同様に購読されている方が多いです。

今週の金曜日発行で、ちょうど記念すべき100号になりました。

2012年9月7日から独自メルマガ配信をスタートしたことになりますので、1年10ヵ月ほど経過したことになります。

このブログが8年目を迎え、今年の9月で9年目に突入することを考えればまだまだひよこのメルマガです。

・毎週金曜日17時頃の配信
・無料メルマガ
・宅建直前期には特別フォローメールも配信
・宅建試験前日/当日エールメールも配信

メルマガのいいところは、定番の日時に必ず届きますので、学習のペースメーカーに利用しやすいことです。

内容的には、
1)その時々に必要なこと。(今後は、週末の学習フォローがメインになります。)
2)平成26年宅建初受験に向けて、必要なことを書いています。(ブログ記事とは別物です)
3)平成26年宅建リベンジ受験への道を連載しています。(リベンジの方は、ブログと併行して読むことをお勧めします。)
4)宅建ブログの今後の記事予定について、いち早くアナウンスしています。
5)有益な情報、その他お知らせ
6)編集後記、結構これを楽しみにされている方もいます。近況の話題など。


参考までに第100号の一部を転載いたします。

・・・転載ここから・・・

・‥…━━☆・‥…━━☆☆☆・‥…━━☆・‥…━━☆☆☆・‥…━━☆

◆宅建学び塾『ウイナー』第100号◆

・‥…━━☆・‥…━━☆☆☆・‥…━━☆・‥…━━☆☆☆・‥…━━☆
     
(はじめに)

それでは週末学習のスタートです。

◎平成26年週末学習サポート☆4日後より平成25年宅建試験受付開始

平成26年宅建試験願書配布と申込み受付まで後4日となりました。

インターネットでされる方は願書を取りにいく必要がありませんので、
必要なものを準備すれば申込みに取り掛かれます。

願書配布先は、リンクをたどっていけば配布している場所がわかります。

あなたの近くの書店に置かれている場合もあるので、
確認してから取りに行ってください。

もちろん願書は無料です。

この申込み受付が開始されると、
今年も宅建シーズン到来の気になりますね。

手続きは、とにかく先手先手で早めに完了させること。

これにつきます。

手続き完了後にやることは一つです。

後は学習にまい進していくしかありません。

それでは、スタートです。

【金曜日の夜の学習】
6月も本日を入れて後4日です。
4日後には7月に入ります。

7月・8月は勝負のポイントになりますので、いかに学習の波にのっていくかです。

そういう意味でも6月最終手前の今日を、分岐点に据えてほしいですね。

月曜日ではなく今日です。

通常の金曜日と違って、夏場の学習を乗り切る大事な初日としてください。

今日は単純に土日につなぐだけでなく、
7・8月につなぐ気概をあなた自身に意識づけして学習に取り組んでください。

今日に限っては、いつもより大目の学習時間を確保することを進めます。

普段30分の方なら1時間。
普段1時間の方なら2時間。

あなたの脳に学習するぞの意識を植え付けてほしいのです。

夜集中しての学習が無理なら、隙間や細切れ時間、
通勤時間を活用してくださいね。

【土日の学習】
金曜日に意識付けした学習意識を確固たるものにする今週の土日です。

学習の前に、10月21日宅建試験までの学習プランを全体的に確認してください。

今の自分の立ち位置。

富士山登頂に例えると、何合目ですか?

5合目の人もいれば、すでに8合目あたりの人もいると思います。
中には、2合目や3合目の方もそれなりにいても不思議ではありません。

この時点では、自分の尺度や感覚によって達成状況の感覚は違うからです。

感覚的に立ち位置を確認し、10月19日には登頂を成功させることになります。

できれば早い時間帯に登頂し、頂上からの眺めを楽しむ余裕ができればベストです。

学習プランの全体的な確認をした後は、7月の短期学習目標を確認してください。

インプットを完了させる。
過去問2回転目を完了させる。

短期目標もひとそれぞれですね。
現時点での人の学習進捗状況を気にする必要はありません。

自分でのペースメイキングができているのなら、それで問題ありません。

最終的に、10月19日にあなたの実力が最大(自己ベスト)に
なっていればいいのですから・・・

さあ、金曜日、土日学習、頑張りましょう
ファイト!ファイト!!
____________________________________
◎1.平成26年宅建初受験に向けて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回のテーマは、今の時期の学習はシンプルが一番です。

宅建試験まで後114日になった今、
おかれている受験生の状況は人によってさまざまです。

苦境におかれている人ほど、
いろいろと悩み考え、学習の戦術を複雑化していきます。

あれもこれもやらなくちゃ、皆に追いつけない。

弱点補強、得意分野の強化、法改正、特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保に
関する法律、統計・・・・

学習計画を組み立てるだけでも大変なのに、
計画通り進まないとあせり、更に進まない悪循環に陥ります。

今の時期、確かにあれもこれもの気持ちはわかります。

でも、そんなに複雑にして本当にいいのでしょうか?

統計などは資料さえ持っていれば、
極端な話、宅建試験当日、試験会場でも十分ですし、
もっといえば、今後ご紹介するものをみておけば十分になります。

法改正も何度も何度も繰り返すべきことではありません。

確かに、法改正が頻出した年もありました。
(平成19年がそうでした。)

でも、ポイントを絞れば限られた時間でできるはず。
対策が不要の年もありました。
(最近は、気にしないでいい年がふえてきました)

確かに貴重な1点の場面はあります。
でもその対策に費やす時間を必要以上にとることはやめましょう。
最低限のことだけを押さえて、もしそれ以外であれば、
もっととりやすい1点を絶対確実に取ることの方が簡単です。

ゴルフで言えば、ドライバーでのナイスショットも、
グリーン上での1パッドも同じ1打であることには変わりありません。

今の時期の学習戦術は、複雑しないこと。

つまりはシンプルにする。

これが一番です。

シンプルだと実力がつかないと一見思われがちかもしれませんが、
シンプルだからこそ、短期間で効果が得られるのです。

シンプルに基礎力を固め、宅建試験会場で解答肢を絞れる力を養う。

2肢に絞った後の最後の選択が明暗を分けます。

条件反射的に、これだと絞れるほうが正解を得やすいです。

悩み考え苦しんで、時間をかけた答えの方が間違いをうみやすいのです。

このことで多くの受験生が過去、泣いています。
悔やんでいます。

あなたもそうなりますか?

なりたくはないですよね。
であれば、答えは一つです。

学習はシンプルに。

これが夏場の今こそ、言えることです。
___________________________________
◎2.平成26年宅建リベンジ受験への道
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リベンジを強みにするのも弱みにするのも、あなた次第です。

またしてもサッカーではメンタル面の弱さが露呈していました。

宅建も一緒ですね。
学習をして効率よく積み上げていくのも、
直前期にプレッシャーをものともせずに突破していくのも、
試験本番で自分のその時にベストを発揮できるのも・・・
やはりメンタル面が大事です。

どんな学習しても・・・
メンタル面で負ければ失敗します。

本試験当日、力を発揮できずに終わる・・・
その時々で問題の状況も一部変わる面もあります。
でもそれは一部です。

一部に翻弄されて、基本的なものをケアレスミスをしてしまう。
またしても1点差で泣く。

こうならないためにも、メンタル面を学習と同時に強化していきましょう。
メンタルを笑うとメンタルに泣きます。

メンタルの強化は一朝一夕にできないだけに、
常日頃からのトレーニングが大事です。

そのあたりのやり方は、改めてブログを読んでください。

『宅建カテゴリー☆メンタル面』

・・・・・転載ここまで・・・・・

そこで、宅建試験申込時期も始まりますので改めてメルマガ購読者を募集いたします。

まだ購読されていない方。
今日が初めての方。

是非、登録くださいね。

登録は、『宅建独自メルマガ申込はこちらから』をクイックするとメールフォームが立ちあがりますので必要事項を入力の上、お申込みください。

・件名 → 「宅建メルマガ配信申込」と入力ください。
        
今年の自分の目標達成・宅建合格に向けて、応援クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログ村への応援もお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


Categories
Amazonライブリンク