宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

●平成30年宅建士試験を受験される方へ。
まずは、こちらの電子書籍よりお読みください。
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260849.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●まずは、漫画で概要をつかむ
『平成30年宅建受験対策入門書としての活用』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260619.html

テキスト

2016年版どこでも宅建士 とらの巻

直前期物として・・・
短期学習に・・・

私が勧めているのはLECの定番「どこでも宅建とらの巻」です。

このブログでも、1ヶ月短期集中学習での合格を目指される方の推奨テキストして紹介しているものです。

もちろん、今の時期から1ヶ月学習にポイントを絞る必要はありませんので、それ以外の活用でも十分効果を発揮できるテキストです。


◎出る順宅建テキストだけでは量が多すぎて・・
・こんな風に感じる方は、大事なエッセンスが詰まったとらの巻で大事なことを先に押さえる。
 その後に、通常の出る順に立ち返る。
 こんな使い方もありだと思います。

◎権利関係が苦手・・
・とらの巻は、とてもわかりやすいので、読めば権利関係の苦手意識が薄れるかもしれません。
 権利関係の苦手克服のためだけに使う。
 こんな活用の仕方もありです。

◎法令上の制限でわかりにくいところが・・
・解法のポイントがわかりやすいので、同じ例がない場合もありますが参考になるはずです。


宅建学習に出る順シリーズを使われてる方にとっては、大事なサブテキストになります。

使い方によっては虎の巻をメインテキストにし、出る順をサブテキストにする。
こういうやり方もできます。

是非、そろえてみることをお勧めます。


また、出る順シリーズ以外のテキストを使用されている方には不要でしょうか?
いいえ、そんなことはないです。

逆に、出る順以外のテキストを使っている方にこそお勧めです。

・違うエキスのテキストを追加する。
・宅建学習の慢性化した学習の活性化のために活用する。

もちろん、とらの巻も使ってこそ活きてきます。

ここでいう使うとは・・・
何も端から端まで全部活用するという意味ではないですよ。
あなたにとっての必要な項目、必要なポイントだけを活用する。

それでこそ、とらの巻きです。

贅沢に使うのがポイントです。
折角買ったのだからもったいないといって、隅から隅まで読み倒すのはやめましょうね。
(1ヵ月だけの学習の活用の方法とは違ってきます。)

 <特徴>
【1】2016年法改正に完全対応! 
【2】過去問を徹底的に研究し尽くし、合格のエッセンスを秘伝「とらの巻」にまとめました。A・B・Cの3段階で重要度も掲載しています。
 【3】豊富な図表でイメージがつかみやすい! 弊社過去問の定番『ウォーク問過去問題集』ともリンクしています。
 【4】LEC専任講師による「目からウロコのポイント解説」を掲載。資格予備校ならではのオプションが満載。
 【5】合格に欠かせない超重要知識を、別冊付録『とらの子』に一挙収録! 
   本体から取り外し可能なので、持ち歩いて勉強したり、予習、または繰り返し確認、暗記用にもなります。
   試験当日の直前チェックにも効果的です。
2016年版どこでも宅建士 とらの巻
東京リーガルマインド LEC総合研究所 宅建士試験部
東京リーガルマインド
2016-05-25



宅建ブログへの応援よろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログの方も応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成28年宅建受験用テキストについて、改めて私の推奨を紹介します。

◎初受験の方へ

一番総合的に優れているものはこちらです。

言わずと知れた出る順宅建です。

ただ、昨年は表紙がぱっとしませんでしたが、
今年は戻りました。
良かったです。
中身は総合的にはまとまっています。

出る順宅建合格テキスト
出る順宅建 ウォーク問過去問題集

いきなり隅々まで学習する必要はありません。
全部を細かくやると効率を下げます。
自分が確保できる学習時間によって、どこまで最初やるかを決めましょう。

概要をやって、段階に応じて掘り下げていく。

でる順のメリットを活かしましょう。

法律系が初めての方にはこちらもお勧めです。

スッキリわかる宅建 2016年度  
スッキリとける宅建 過去問スーパーベスト 2016年度

非常にわかりやすく、初心者の方に勧めています。
ただし、スッキリのキャラクターについては男性は向かない方がいるかもしれません。


後、過去問はスーパーベストなので、
状況によっては同じTACの『わかって合格(うか)る宅建 過去問10年PLUS(プラス) 2016年度 』で補完してください。


◎女性の方には・・

テキストに関しては『宅建士の教科書 』を勧めます。
黒板の板書のようでわかりやすいですね。

問題集は、ぱっとしませんので、他のを利用してください。


◎マンガから取り組みたい方

マンガと言えば今までなら、
平成28年版マンガ宅建はじめの一歩 よりも、
2016年版 マンガ宅建塾  の方がお勧めです。

平成28年版 楽学宅建 マンガ入門  もいいですね。

平成26年版のkindle版 は特に人気でした。


◎個性を臨むなら

個人的に好きなのは、この方のテキスト です。

大澤さん
彼の都市計画の講義は秀一です。

あの講義を聞けば、法令上の制限をみんなが好きになれるかもしれません。

ユーストリームで放映していますので、活用するなら検討してみてください。
テキスト自体はちょっと個性があるため、やはり書店で手にとって確認してください。
(但し、今年は若干一般向になりました。個人的には以前までの方が良かったです。)


◎無難を選びたい方

無難で済ませたいなら、選択肢は2つです。

宅建塾シリーズ
パーフェクト宅建シリーズ

宅建塾は、人気です。
といっても売れていると意味です。
ただし、テキストだけではだめです。

3巻の問題集と併用してください。
アウトプット重視での学習で効果がでます。

パーフェクトはオーソドックスです。

長年の定番ですから、学習にまじめに取り組んでいけば一定の成果が期待できます。
ごっついので、分冊しないと電車などでは使いにくいです。

以下の過去記事も参考にしてください。
平成28年宅建テキスト☆自分に合うものを選ぼう!』

どうしても自分にあうテキストや問題集がわからなくて、相談した場合は、以下のホームページよりお申込みください。

有料にはなりますが、メール相談とカウンセリング相談を受け付けます。

宅建学習相談はこちらへ


宅建ブログへの応援よろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログの方も応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


前回、アマゾンでの人気度から宅建テキストの販売状況をみてみました。


あくまでも人気は人気です。
単なる参考にしかすぎません。

では、自分に合うテキストや問題集を選ぶにはどうするのか?


やはり、手にとって確認してほしい。

その上で、書店で買うなり、アマゾンや楽天で注文するなり、
自分にメリットある方法で購入してください。

書店であれば、ポイントがつくところも増えてきました。

ネットであれば、自分がよく使うのがアマゾンなのか?
楽天なのか?
それとも、コンビニを良く使うからセブンネットという方もいると思います。


さて、そのテキスト選びの基準をどうするのか?

このブログを読んでいる読者の方ならわかりますよね。
答えは、自分の学習環境にまず合わせる。

そして、自分のフィーリングとあうか?
特に、女性の方はこのフィーリングとフィット感を大事にして下さいね。


なんとなくフィットしないけど・・・人気があるし・・・
沢山積まれているから・・・・

これが一番危険です。


みんなと一緒 = 安心感

この感触を一瞬得たとしても、学習していく中で簡単にくずれていきます。

約6ヵ月間の学習期間を考えた場合、いろんな紆余曲折があって当たり前です。

それを乗り越える必要があります。
そのためにも・・・・大事にしてくださいね。

そしてそして、何よりもあなたがどこで、いつ学習するかです。


自宅の自室やテキストを広げられる環境であれば、
大型のものを使ってもいいでしょう。

でも、電車や外出先が主の学習場所になるなら、これは危険です。


持ち運び性の良さ、さっとバックから取り出せて、しまえるか?・・
こんなことも電車学習なら必須の判断材料になります。

場合によっては、耳での学習主体を考えた方がいいかもしれません。
DVDをスマホに落としての学習を補足するのもいいかもしれません。


自分の学習環境もしっかりと意識してくださいね。

迷う方に参考にしていただきたいのが、今私が出していますこちら電子書籍です。


◎総合的に宅建全体をまず見回すためには・・
宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント


もちろん、宅建テキストや学習環境についても書かれています。

最後に、例年、出る順で一本で推しています。
出る順を押している理由は、はずれがないからです。

総合的に判断してまとまっています。

ただ、より自分に適していると言う視点で考えていくと他にもあります。

法律系に対して、とにかく苦手意識が高い人は、
マンガから入り、スッキリなどのわかりやすいものやボリュームの少ないものを
使用する。

これも大事なことです。

出る順は、それなりのボリュームになりますので・・・

学習後半戦は、アウトプットが主体となっていきます。
アウトプットが主体となれば、テキストの出る幕は少なくなります。


考え方を180度変えれば、
それほど斜に構えて意識しない。
これも一つの方法です。

自分の性格にもよります。

是非、自分に最適な一冊を見つけてくださいね。


テキスト・問題集の書店に同行して、一緒選ぶこともやりますので、
お声をかけてください。


一緒に手取り足とり選ぶのが、一番手っ取り早いです。
ある程度の種類を置いている書店があれば大丈夫です。


宅建ブログへの応援よろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログの方も応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


久しぶりにアマゾンでの売れ行き状況をみてみました。
3月14日(月)AM8時現在で、「宅建 2015」人気度で検索。


【第1位】
みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 2016年度

【第2位】
スッキリわかる宅建士 テキスト+過去問スーパーベスト
              2016年度 (スッキリわかるシリーズ)

【第3位】
2016年版らくらく宅建塾 (らくらく宅建塾シリーズ)

【第4位】
2016年版 マンガ宅建塾 (らくらく宅建塾シリーズ)

【第5位】
うかる! マンガ宅建士入門 2016年度版 (うかる!宅建士シリーズ)

【第6位】
わかって合格(うか)る宅建士 基本テキスト 2016年度 (わかって合格る宅建士シリーズ)2015

【第7位】
みんなが欲しかった! 宅建士の12年過去問題集 2016年度

【第8位】
パーフェクト宅建一問一答〈平成28年版〉 (信頼と実績本気になったらパーフェクト宅建シリーズ)

【第9位】
2016年版宅建士問題集 過去問宅建塾【壱】権利関係 (らくらく宅建塾シリーズ)2016

【第10位】
2016年版出る順宅建士 合格テキスト 2 宅建業法 (出る順宅建士シリーズ)


トップが例年からついに入れ替わりましたね。
(ただ、人気順がなくなりキーワード検索になった違いもあります)
昨年登場し、にわかに人気の高まった宅建士の教科書がトップをとりました。

2位は、昨年同様にスッキリです。
この時期、わかりやすさ、みやすさを重視する姿勢が色濃く反映されています。
ボリュームが少ない方に行っている傾向は昨年と同様です。

宅建士の教科書の問題集、昨年のデキは最低でした。

今年は、12年のボリュームで勝負。
内容はどうでしょうか?
後日評価してみます。
レビューはまだついていないですが・・・

TACさん、きっと改良してくれているでしょう。
期待して、近日中に書店で拝見いたします。


例年の人気商品、宅建塾は3位交替です。
書店では相変わらず、平積みされていますので、
書店での売上はトップかもしれません。

3位はまんが宅建塾です。
まんがシリーズは今や最初の学習の登竜門的存在になっています。
宅建塾がトップだけに、まんがのトップも宅建塾になっているようです。


マンガ宅建塾などのマンガシリーズ。
今年も健在です。

初受験される方にとって・・
概要を掴む入門書としては最適です。


ちなみに昨年のこの時期の順位を参考までにつけておきます。


・・・平成27年3月16日当時(ここから)・・・


【第1位】
2015年版 らくらく宅建塾 (QP books)

【第2位】
スッキリわかる宅建士 2015年度 (スッキリ宅建士シリーズ)

【第3位】
2015年版 マンガ宅建塾 (QP books)

【第4位】
みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 2015年度

【第5位】
民法がわかった2008/2

【第6位】
2015年版 過去問宅建塾[壱] 権利関係 (QP books)

【第7位】
平成27年版 パーフェクト宅建過去問10年間 (パーフェクト宅建シリーズ)

【第8位】
2015年版 過去問宅建塾[弐] 宅建業法 (QP books)

【第9位】
平成27年版 パーフェクト宅建 基本書 (パーフェクト宅建シリーズ)

【第10位】
2015年版 過去問宅建塾[参] 法令上の制限・その他 (QP books)


・・・平成27年3月16日当時(ここまで)・・・


一問一答集がこの時期に飛び込んできましたね。
昨年、更に難易度があがったので、
一問一問一肢一肢、大切に解くことが効果的なのがわかったと思います。

その現れかもしれませんね。
この時期に一問一答集、いいと思います。
特に、パーフェクトは一番のお勧めです。

昨年登場した『民法がわかった』が2ページの表示まで落ちていました。

ただし、法律部門のカテゴリー1位の表示なので、
宅建というキーワードにひっかかりにくかっただけです。
良書なので、是非、今の時期に読んでください。

面白いところでは、大澤さんもの。

合格しようぜ! 宅建士2016 音声付き過去10年問題集
大変、面白く個性的な方なので、
合うか?合わないか?がポイントになります。
あなたにあえば、より宅建学習が楽しくなるでしょう。


何度もこのブログでは言っていることですが、
大事なのは自分の学習環境に照らしあわせること。

人気が高い = あなたの学習にピッタリ

では決してありませんからね。


これは、人気講師=あなたにピッタリもあてはまりません。
講師の姿にあこがれて、受験は失敗する。
これもあることです。

流れに惑わされないことです。


あくまでも主体は自分自身の環境にありです。
宣伝に流されるのではなく、自分の目で見極めることです。

幸い、このブログには過去の先輩諸氏の経験が蓄積されています。


是非、活用ください。

どうしても・・・わからない。

何をどう選んだらいいかわからない。

そういう方は、宅建学習個別相談に応じます。


宅建学習個別相談はこちらから


宅建ブログへの応援よろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログの方も応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建初受験の方にとって、
学習方法を独学と決めた場合、次に考えるのがテキストです。


ただし、このブログを読まれている方にとっては、
あなたが今後おかれる学習環境を先に想定してから、
使用するテキストを選ばれると思います。


学習環境を想定しないと、
あなたが選んだテキストがあなたにとって使いにくいものに
なる可能性があるからです。

もちろん学習環境などの外的要因だけでなく、
内的要因も考慮する必要があります。


何度もいうようですが、
よく売れているテキストが、あなたにとって一番適切なものではありません。
一般的に勧められているものが、あなたにとって一番最適なものではありません。


ワインのソムリエのように・・・
本のソムリエのように・・・

あなたの学習にとって最適なものを選んでくれるソムリエが
近くにいると便利なのですが・・・

困った場合は、一度メールにてご相談くださいね。

有料にはなりますが、あなたにとっての最適なものを提案いたします。

独自判断で選ぶと、遠回りをする可能性も秘めています。
スパッ、スパッと決めれる方はいいのですが、
迷われる性格の方はアドバイザーにゆだねてみるのもいいことです。


最初にいろいろとこちらから質問させていただきます。
それに答えていただいた内容により、
性格などの内的要因や学習環境などの外的な要因を分析し、
アドバイスしていきます。


一番いいのは、メール相談よりも直接お会いして、
喫茶店などで面談した後、実際に書店に訪問して、
テキストを手にとりながら選んでいく方法です。

できるだけ自分にマッチングしたもので決める。


例えば、私がよく利用する丸善オアゾ店(東京駅・地下鉄大手町駅近郊)
などは、テキストが豊富にあるので逆に迷ってしまうかもしれませんが、
お勧めできるものはある程度限られていますので、
自分の使い勝手などのフィーリングとも合わせて決めればいいと思います。


あなたにとってのテキストや問題集(過去問集)は、
あなたにとっての最後までつきあう相棒になりますので、
一旦決めたら、最後まで添い遂げる方が効果が出やすいです。

ちょっと使って変更する・・・これはもってのほかです。


とことん使い倒す。

あなたにとっての最適な一冊を選びましょう。


宅建ブログへの応援よろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログの方も応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ