宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)令和3年宅建試験自己採点結果投票受付中!
  ※投票はこちらから
   ↓   ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52318443.html

2) トピックス
 ●noteで各種マガジン配信中です。
『軍師『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン入門編』
 https://note.com/iccyan/m/mc51b99b1568d

『『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン(実践編』
 https://note.com/iccyan/m/m7faff6892e7a

3)マガジン紹介
●宅建独学ペースメーカーマガジン登録受付中
 初月無料です。
 単発記事を読むことも可能です。
 学習のモチベーション維持に活用下さいね。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan/m/m6591c7db5979

3)メルマガ紹介
●中高年向け支援マガジン・・是非、購読して下さいね。
『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

メルマガ

以前書いたカテゴリーがあります。


宅建関連だけではなく宅建から派生させたもの・・・
自由に発想を広げたもの・・・
あなたの今後の展開の参考として、徒然なるままにして連載していました。

発想の展開は無限ですから、いろんな方向に自由に伸ばすことができます。
発想を固定化させると、自由度がなくなり考え方も固執し、新しい行動ができなくなります。
2021年宅建受験にも大いに参考になりますので、是非参考にしてください。
宅建合格者の方にも今後の参考になると思います。

その「イッチャン式徒然なるままに」の中から初回のものを転載します。

・・・転載(ここから)・・・

独身であれば、自由に使える時間は、仕事の時間を除いてもそれなりに確保されると思います。

しかし、妻帯者となり、子供を持つ親としては、それなりに制約をうけてきます。

資格学習する上においても、自分が自由に使える時間の中から確保していくことになります。

例えば、私がブログの記事を自宅で書くときがあります。
夜であれば子供は寝ていますが、嫁さんは起きています。

ある程度、構想がまとまっているものなら、淡々と入力していくだけなので、嫁さんとの会話をしながらでもできますが、考えながらの記事であればそうはいきません。

時には、生返事をすることになります。
そうすると、嫁さんからは、人の話を聞いていないと・・・
不平不満を言われて訳です。

そうなると、気持ちのこもった記事は書きにくくなりますので、一旦パソコンは閉じるということになります。

書斎にとじこもってというのであれば(書斎があるわけではないですが)理想ですが、そうすると、家族とのコミュニケーションはとりにくくなりますので、あまりいいことだとは思いません。

はて、私の自由空間は?

よく言われるトイレ?

トイレに閉じこもることはしません。

一番は、電車の中。

周りの人に気をつかいながらにはなりますが、集中しやすい場所ですね。

私がメインで利用している小田急は、比較的静かです。

帰りの電車では、本を読みにくい場面が多々ありますが、構想を練ることには影響を受けません。

第二は、早朝の会社です。
流石に誰もきていない環境は、思考をめぐらすにはうってつけです。

今の時期であれば、暖房を入れることから始めますが温まってくると同時に思考力、想像力も絶好調になります。

第三は、出張での移動中の新幹線の中。
大阪には最低1ヶ月には1回行きますので、往復で考えるとそれなりの時間を確保できます。

それに出張中のホテル。
付き合いのアルコールをほどほどにすませば、時間を確保できます。

こういう時間をつかって、記事をまとめ書きすることが多いです。

毎日規則正しく1記事作成は、現状の仕事を考えれば難しいですね。
それ故の対応です。

自由空間の確保は、自分を見つめなおすいい機会にもなります。

これからの自分。

そういう中から、今年の私はリアルの世界に飛び出す。
そういう考えで臨んでいます。

今の混沌とした時代だからこそ、
リアルでのつきあいは大事だと考えています。

ネット ⇒ リアルへ
リアル ⇒ ネットへ

この循環がうまくいけば、また新しい人間関係や交流が生まれてくる気がします。

遠方の方とはなかなかリアルで会うことが難しいかもしれませんが、機会創出だけは積極的に行っていきたいと思います。

全都道府県に行った経験がある私ですから・・・

夢は、セミナー・懇親会での全都道府県制覇。

・・・転載(ここまで)・・・

2012年2月12日に書かれた記事になります。
その時の思いがよくあらわれていますね。

昨年までは、セミナー・懇親会はストップした状態になっていますが、今年は復活していきます。
インスタやフェイスブックなど他の媒体ともあわせて実施できればと今も考えています。

また、今の私の取組みを読むにはこちらが一番。

●『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法
毎週金曜日配信(まぐまぐより)月額550円 
初月無料です。


宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


最後は、まぐまぐさんから発行している有料メルマガの紹介です。

昨年9月にまぐまぐさんより新規メルマガとして創刊しました。
ちょっとしたご縁があり、発行に至った次第です。

『一木秀樹の中高年のための支援マガジン〜未来を切り開く方法』
自分の名前を冠にしたメルマガになります。
配信日:毎週金曜日
費用:550円/月
(毎月、4回配信が目安になります)

内容としては、タイトル通り中高年の方の支援が目的になります。
私の今までの経験とこれからのチャレンジを含めて一緒に頑張ってやっていこうの内容になります。

1)はじめに
2)収入の第二の柱を作る方法
3)SNS活用について
4)チャレンジについて
5)イッチャンのグルメレポート
6)映画感想・書評

中高年の方だけでなく、20代・30代の方にとっても参考になる内容になっています。
こちらもサンプル誌がまぐまぐさんサイトに公開されていますが、特別に今回は通常号の一部を公開します。

・・・ここから・・・・
______________________________________________
◎2.収入の第二の柱を作る方法(国内株式の購入・・・何が自分にとっての一番ベストなのか?)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
前号では、「noteやココナラで有料記事として販売する」を紹介しました。
いかがでしたか?

さて、今号は「国内株式の購入・・・何が自分にとっての一番ベストなのか?」について紹介します。
株の話ですが、以前ダイフクの株を買い損ねた話しを書きました。
10月7日現在の終値は、前日+190円の10,740円にまでなっています。

本当に、たらればいけませんが・・・
あの5,000円ちょっとの時に買えていれば・・・・
いわずもがなですね。

しかし、そんなことがまた起こってしまいました。
実は、「まぐまぐ」が新規上場する情報が入ってきました。
まぐまぐというと・・・
このメルマガの発行母体です。

それだけに関心が高いですね。
IPOに当選しなくても、公開されてから買ってもいいかなと思っていました。
しかししかし、うっかり公開される日を自分のiPhoneにリマインダー登録していなかったので・・・
公開された日を見過ごしてしまったのです。
気がついた時は、右肩あがりの真っ最中・・・
このタイミングでは買えませんね。

公開が1,500円あたりだったと思います。
気づいた時の株価が5,000円あたり・・・
またしても・・・二度あることは三度ある・・・
今度ピピッときた株価には注意したいと思います。

国内株式については賛否両論あります。
いずれ大きく下がるという人もいます。

直近ではアメリカの選挙の行方も株価の乱高下の一因にもなります。
逆に下がった時は、購入するチャンス到来になります。

そのためにも、常日頃から自分が購入したい株を意識してみることが大事です。
今なら、ヤフーファイナンスのアプリをiPhoneにインストールすれば簡単に見ることができます。
狙いのつけどころをどこにおくのか・・・

1)長期保有
2)株主優待
3)短期勝負

(中略)

____________________________________________
◎3.SNS活用について(Googleマップローカルガイドの写真表示数・動画視聴数も鈍化・・我慢のしどころ)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
note連続投稿・・・
いつしか210日も突破しました。

一応7ヶ月突破の区切りです。
次は、8ヶ月240日です。

こういう風に区切りをつけていった方が目標達成が楽ですね。
次は300日に置くと90日先・・・つまりは3ヶ月先です。
マイルーチンとして決めてしまっても、やはり土日祝日関係なく更新していきますので、こまめな目標が必要になります。

noteでは、定番の記事の他に以下の記事もアップしてみました。

『私の血液型・・・イメージで聞くとまずはずれます・・何型なのか?』
https://note.com/iccyan/n/n575f6ea31e6e
血液型別学習法など、以前血液型にこだわって経験からアップしました。

『麒麟がくる・・織田信長・・・黒田官兵衛の登場はいつ?』
https://note.com/iccyan/n/n068241096964
黒田官兵衛記事、宣伝活動のためのアップです。

『ピンクのガネーシャの写真が大人気!』
https://note.com/iccyan/n/nb43cc61e194b
ピンクのガネーシャが、noteで使われた例を紹介しています。
写真としてはダントツ一番人気です。

(中略)
___________________________________________
◎4.チャレンジについて(某マテハン機器メーカー商品を物流最適化コンサルタントとして初評価)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回のチャレンジは・・・某マテハン機器メーカー商品を物流最適化コンサルタントとして初評価です。

ついに、物流最適化コンサルタントとしての最初の記事をnoteにアップしました。
EC物流に対しての5つのキーワードを使って加点主義で評価しました。

そして、ありがたいことに某大手物流センターの責任者からのコメントを頂いての許可を頂いて、記事の中に追記しました。
もちろん、紹介したメーカー側にも連絡をいれていました。

概ね、感謝されています。

今後の課題としては・・・今度、紹介した商品をどう末広がりさせていくのか?です。
そのあたりの戦略を考えてあげられるかがポイントになりますね。

また、マテハン機器の評価としては、今後評価していく商品をストックしていくことが需要になります。
EC物流につながる機器の発掘もポイントになります。

いろんな機器の玉をもっていてこそ、ユーザーへの提案のし甲斐がでてきます。
そのためにもまだまだマテハン機器メーカー巡りが重要になってきます。

しばらくは動きまわらなくてはいけないので、支出が続きますね。
先行投資なくしては、新規開拓も果たせないですからね。

『垂直搬送機で有名なホクショー☆EC物流にぴったりな商品『EASY』を発見!』
https://note.com/iccyan/m/m9c227d4e05ea/hashtag/13860

・・・ここまで・・・・

登録した初月が無料になります。
本日の登録ですと10月分が無料になります。
(10月発行分については、まぐまぐより配信されます)

この機会に是非登録をお願いいたします。

宅建でできたご縁、末広がりになっていければと思います。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


現在メルマガについては、5誌発行しています。
個人で発行しているものが2誌、まぐまぐさん経由で発行しているものが3誌になります。
まぐまぐさんで発行されているもののうち、1誌が有料メルマガです。
それ以外は無料になります。

まずは、個人で発行している2誌について紹介します。
1誌目は、宅建ブログを読まれている方におなじみなのは、宅建独自メルマガです。

●宅建学び塾『ウィナー』
宅建試験において勝者になってほしいとの願いをこめています。
毎週金曜日に配信しています。

参考までに、試験直前期に配信したもの転載いたします。

・・・転載ここから・・・
令和2年宅建試験前としては、公式としては最後の発行になります。
ただし、実際の所は3段構えの構成になっています。
本日のこのメルマガは、試験前のメルマガ3段階シリーズの第一弾になります。
明日試験前日に第二弾のメールが飛びます。
そして、最終最後は試験当日の合格エールメールです。
このメルマガを読まれている方、全員に送ります。
配信は、午前8時頃を予定しています。

【今日のテーマ】
今日のテーマは、宅建試験当日です。
ここでは大事なポイントだけ書きます。
詳細は、「宅建士試験土壇場対策☆前日・当日編(2019年版):宅建士合格を勝ち取れ!」
                       販売価格:159円

1)試験会場の最寄り駅から試験会場に行く間に、予備校の方からチェックシートをもらったら、それは試験場では利用しないでください。
 (元気運だけをありがたくもらって、鞄にしまっておきましょう)
2)試験会場で学習をする場合は、普段自分が利用した過去問、法令上の制限などの数値のチェック、統計など基本的な項目を確認する軽めのメニューしましょう。
3)緊張しやすい方は、試験会場内の教室の自分の席で学習するよりも違う場所を利用した方がベストです。
回りの人が賢く見え、急に自信がなくなる方がいます。
そんな時は、エールメールや7カ条の記事をチェックしましょう。
4)食事は軽めにしましょうね。
 13時はどうしても脳の回転が鈍くなります。
 集中力が一番発揮できる時間帯には限りがあります。
 宅建業法を先に解くことを勧めるのはそのためです。
 集中力のある時に、固い点数固めを行うのです。
 ケアレスミスは、集中力が段々とおちてくる時間帯におこりやすいのです。

 人間の集中力は20分とも30分とも言われています。
 適度な間隔で、一旦、手をとめ、深呼吸するなど。
 それも、集中力を継続させるためのコツです。

5)宅建業法から解き始める。
 または、先に統計の1問をかたづける。
 あわせて5点免除をかたづける。
 これは、自分の状況を勘案して決めて下さい。

6)どの順番で解いていくか?
 マークシートの転記のタイミング?
 前日に決めておきましょうね。 
 試験当日の流れにまかせるとブレます。
 ケアレスミスの誘発になるので、必ず決めておきましょう。

7)わかる問題からどんどん解いていく。
 わからない問題はいったん保留にして、先に進めていきましょう。
 そのあたりのやり方はブログに書いていますので、読んでおきましょう。

一番大事なことは最後の最後まで、試合終了のホイッスルがなるまでは絶対にあきらめないことです。
わかる問題が解き終わったあと、あなたには、どれくらいの保留した問題がのこるでしょうか?
残り時間を確認して、ペース配分を決めましょう。

いずれにしても絶対することは、マークシートを全問埋めること。
そして不用意な解答の変更はしない。

なぜ、変更をしない方がいいかはブログを読めばわかることです。
最後は、自分が最初に決めた答えを信じる方が、結果的には正解につながっていくのです。
変えないことの後悔より、変えたことによる後悔の方が大きいのですよ。
(多くの失敗した先輩諸氏が経験しています。無論私もです。)

試験前日の明日と当日のブログ記事を必ず読まれることをお忘れなく。
きっと、あなたへの心からのエールになるはずですよ。

__c0__さんの絶対合格を信じて!!
____________________________________
◎1.令和2年宅建初受験に向けて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回のテーマは、6ヶ月学習、3ヶ月学習、1ヶ月学習と・・・
人により学習期間の違いはありますが、頑張られてきたことには変わりありません。

それもこれも明日の宅建試験本番で最高の成果を発揮するためにです。
そして、見事、目標である宅建合格を手にするためにです。

そんなあなたに、私から最後のエールをおおくりしたいと思います。

それでは、最後のエールをお贈りします。

《6ヶ月学習の方へのエール》
・あなたは、本当にコツコツと頑張られてきました。
 本当に頑張られましたね。

 たとえ、宅建試験本番中に、難しい問題に直面した時でも、頑張った自分を思いだし、なにくその気持ちで難局を突破してください。
 頑張って学習したあなたには、合格する権利があります。
 
 普段の実力を発揮さえすれば、あなたはきっと大丈夫です。
 合格切符は、あなたのためにあります。
 あなたの合格ステージは、あなたのためにすでに用意されています。
 後は自ら、合格ステージに立ちましょう。

《3ヶ月学習の方へのエール》
・私も同じ3ヶ月学習でした。
 見事一発合格です。
 もちろん、あなたにもできるはずです。

 最後まで、1点のあくなき追及をしてください。
 1点、1点、積み重ねていってください。
 そうすれば、栄光の扉は開きます。
 待っていては駄目です。
 自らの手でつかみとってください。
 
 泥臭くてもいい。

 はいつくばってもいい。

 合格を必ずや奪い取りましょう。

 あなたのために最高の舞台が整っています。

 あなたは合格できる人です。

 自信をもって全力でぶつかろう。

 そんなあなたに勝利の女神が、宅建の神様が微笑むことを祈ります。

《1ヶ月学習の方へのエール》
・勢いで頑張っているあなた。
 その勢いを最後迄忘れないで下さい。

 立ち止まっては駄目です。
 最後まで走りぬきましょう。

 勝利の女神は、時には無邪気です。
 そんな頑張るあなたに、奇跡の合格切符を与えてくれるかもしれません。
 それには、あなたが合格を諦めないことです。

 棚から牡丹餅もおおいに結構、何でもいいから合格をこの手でもぎとりましょう。

 奇跡は、決して起こらないことではありません。
 起こるからこそ、奇跡なのです。
____________________________________
◎3.令和2年宅建士試験に向けて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リベンジの方に対する思いは、今までお伝えしてきました。
運命で決定づけたくないですが、私はリベンジのあなたは今年合格できる運命の人だと思いたい。

リベンジは必ず一発で達成すること。
これは、ブログの当初で書いていること。

一度失敗すると、二度三度といきやすい。
だから、一発で決めましょう。

もちろん、今が複数回受験の方は、絶対に今回が最後です。

いいですか!

絶対に絶対にですよ。
今回がファイナル受験。
そして、宅建士試験としての最初の試験を華やかに飾ろうではないですか

◎令和2年年宅建試験☆あなたは令和2年宅建試験に合格する運命の人
____________________________________
◎4.令和2年宅建士試験リベンジへの道
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リベンジのあなた、10月も2周目になり、気持ちが高ぶってきていませんか?
武者震いも結構です。

意識の表れですから、不必要に緊張しすぎることはありません。

今まで自分が学習してきたことを信じて、自信をもって臨みましょう。
そして、大事なのは当日の戦略・戦術です。

これを決めて取り組まないと、試験当日、試験開始後に自分の対応がブレルことになります。
このブレが、後悔を生む要因になります。

是非、当日の戦略・戦術をしっかりと決めましょう。

・・・転載ここまで・・・

以下の募集要項をご確認の上でお申し込みください。

【宅建独自メルマガ募集要項】
申込は、「◎宅建独自メルマガ申込はこちらから」のリンクをクイックするとメールフォームが立ちあがりますので、以下の必要事項を入力の上、お申込みください。

・氏名
・メールアドレス(ホットメール・ヤフーメールは届きにくいので、
         なるべく、他のメールアドレスでお願いします。
         Gメールは迷惑フォルダーに振り分けられる場合が
         ありますので、注意ください。
         携帯アドレスでもOKですが受信設定が必要です。)

・都道府県 →お住まいの都道府県を選択してください。

・件名 → 「宅建独自メルマガ配信申込」


令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


先週、宅建メルマガの購読者募集案内を行いました。
申込みされた方、今週末からの配信になります。
よろしくお願いします。

今回は私の別のメルマガを紹介いたします。

タイトルは、「ネクストチャレンジ『ワンツリーサークル』」

ネクストチャレンジ。
文字通り次のチャレンジに向けて頑張るあなたの応援していきたい。
そういう思いを込めたメルマガです。

そのため、内容は多岐に渡っています。
私自身もいろんなことにチャレンジしていますので、その途中経過や結果なども掲載しています。

発行者と購読者がともに刺激しあって、自分のモチベーションをアップしていく。
また、新しい自分のチャレンジに向けて参考にしてもらう内容です。

もちろん、無料メルマガです。

ブログに書けないこと。
フェイスブックにもかけないこと。
宅建メルマガにもかけないことなど・・・

内容は掘り下げた骨太の内容、本音もズバズバといれています。

また、いろんな情報も盛り込めればと考えています。
ネットの情報は玉石混合です。
私自身、いろんなネットでご活躍される方とのつながりもできてきました。
リアルでいろんな業界の方とのおつきあいがあります。
普通では絶対に知り得ないことも可能なかぎり書いています。

内容は多岐に渡りますので、単なる資格メルマガ・メンタルメルマガではなく、幅広く柔軟な内容にしています。
きっとあなたの今後のいろんなヒントになるはずです。

そこで、「ネクストチャレンジ『ワンツリーサークル』」の新規購読者を募集します。

毎週火曜日の配信です。

登録は、『ネクストチャレンジメルマガ申込はこちらから』をクイックするとメールフォームが立ちあがりますので必要事項を入力の上、
お申込みください。

・件名 → 「ネクストチャレンジメルマガ配信申込」と入力ください。
        

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


昨年9月に新規に創刊した有料マガジンです。
おかげさまで、今週4月3日発行号にて30号を迎えます。

有料マガジンを毎週継続していて、果たして続くのだろうか?
なんて心配はよそに、いつしか私の中でルーチンワークされて今に至っています。

発行部数については、まだまだ厳しい状況が続いています。
が、応援あってこその有料マガジン。

このブログでは宅建でのご縁になりますが、内容は宅建とは全く関係ありませんが、これからの生きるヒントやSNSを活用した戦略、収入の第二の柱を作る方法など幅広いです。

ここで、先週3月27日発行号(第29号)より、その一部を引用します。

・・・引用・・・・
______________________________________________
◎2.収入の第二の柱を作る方法(作業量に対して倍々ゲームになるしくみを考える)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
昔もてはやされたものに、本のせどりがあります。
今は、あまり聞かれなくなりましたね。
でも、やられている方はいると思います。

一時は、ブックオフの100円本の中からお宝をみつけて、Amazonなどに出品してその差額で稼ぐ。
Amazonではマーケットプレイスで出品するわけですが、特定の条件だと手数料が安くなり差額での儲けがでやすくなるのです。
そのため1円販売とかもありましたね。

結果的には本の転売になりますが、転売のイメージがマスクの転売によって悪くなりました。
中国や韓国からの日本での転売も今は苦しくなりましたね。

中国から購入したものを転売 → コロナ大丈夫?のイメージになりますので、中国とは表記せずに売ることになります。
実際の日常品でも中国で生産されたものは多いのですが、人間の心理はご都合主義です。
普段身につけているものの製造先などは気にしないのに、そうでないものにはかなりの警戒をする。
消費者心理からすると仕方ないですね。

ただ、転売という作業・・・
一人では作業量の限界があります。
作業量を増やすとなると人を使うしかないです。
そうなると支出費用が増えますので、なかなか難しいですね。
ある程度の固定量を卸すという方法もありますが、こちらはリスクを抱えることになるので、いざ失敗すると自分で在庫を抱える必要があります。
ドラマで部屋の中に段ボール箱が一杯置かれている・・・
そんな光景が現実化するのです。
いやですよね。
(笑)

作業量=出来高的な仕事は、第二の柱にはむきません。
第二の柱は、作業量の正比例ではなく、右肩上がりに上昇カーブを描くしくみ。
いざ実績がついていけば、倍々ゲームみたいに増えていくしくみでなくてはいけません。

そのためには・・・
1)SNSを活用する
2)口コミを活用する
3)ファンを活用する

・・・・中略・・・
___________________________________________
◎4.中高年の強みについて(プラスマイマス=ゼロが一番いい)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
若い人が平日の昼間・・・街にあふれていますね。
子供達だけのグループも多く見受けます。

逆に少なくなったのは、高齢者の方ですね。
カフェなどで大分少なくなりました。
コロナを警戒している影響ですかね。

カフェで、ぼーーーとしているよりは自宅にいた方がいいような気がしますが、奥さんの邪魔になっているようだと逆効果です。
一昔前なら・・・亭主元気で留守がいい・・・

元気な高齢者の女性グループはよく見かけますから・・・

地元の飲食店舗で新規開拓を、たまにします。
すると、見た目どうかなと感じた店舗に入ってびっくりしたのが、近隣のマダム達が一杯来ているのです。
そんな店だったんだとびっくりしました。
きっと店内は閑散と思っていたので意外でした。
私にとっては新発見でした。

マダム達も大変元気です。
(笑)

やはり、女性は現実的なので強いですね。
生きる本能をもっているというか・・・

その点、男は諦めやすいのかもしれません。

そういう男と女がいるからこそ、成り立っている世の中。
プラスマイマス=ゼロが一番いいのもしれませんね。

・・・これ以降省略・・・・

いかがでしょうか?

この有料マガジンについて、初月無料にしています。
よって、今から申し込めば4月分(4回発行)が完全無料になります。

また、興味がある号についてバックナンバーから購入も可能です。
よければ、読んでみて下さいね。



ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ