宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
●noteで幅広いジャンルの記事を毎日アップ中。
  無料で読めます。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan

●中高年向け支援マガジン・・是非、購読して下さいね。
『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

2) トピックス
 ●noteで各種マガジン配信中です。
『物事の考え方・・自分の生き方へのヒント』
 https://note.com/iccyan/m/m78d27529d46c

『初心者のためのインスタグラム講座』
 https://note.com/iccyan/m/m0bea5319637d

『物流が楽しく簡単にわかるマガジン』
 https://note.com/iccyan/m/m9c227d4e05ea

『軍師『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン入門編』
 https://note.com/iccyan/m/mc51b99b1568d

『『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン(実践編』
 https://note.com/iccyan/m/m7faff6892e7a

●12/27受験者用の対策セミナー実施
 現在、開催リクエスト募集中です。
 個別相談対応は随時実施しています。
 詳細は、以下のブログ記事を見て下さい。
  ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52307203.html

3) 各種メルマガ紹介
●チャレンジメルマガ『ワンツリー』(無料)
 これからのチャレンジのために活用して下さいね。
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52308574.html

●宅建独自メルマガ 宅建学び塾『ウィナー』読者募集中です。
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52308573.html

●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

不動産

令和2年宅建士本試験受験、大変お疲れ様でした。

受験した感触は、いかがでしたか?
うまくいきましたか?
あなたにとっていい展開になりましたか?

バッチリいった方は、本当におめでとうございました。
各予備校の解答速報が順次アップされてきますので、落ち着いたら自己採点をやってみてください。
また、各予備校から合格推定点が三点予想で発表されます。
予想の上限を超えていたら、ひとまずは自分自身に、小さな拍手を贈ってください。
(大きな拍手は、合格発表までのお楽しみです。)

まあまあだった方、悲観しないでくださいね。
まあまあでも結構、そこそこ解けていたりします。

苦戦した方、気を落とさないで下さい。

結果はまだまだこれからですよ。
過去、ぜんぜん駄目だったと言われていた方でも、ボーダーラインを超えた方は結構います。

決してあわてる必要はありません。

当サイトは、いい結果が出た人のためには心から祝福をするとともに、苦戦したあなたのために心やすらぐサイトを目指しています。

苦戦したあなたのために、出来るだけのフォローアップをしていきます。
元気を与えつづけるブログです。

宅建試験後の心の癒し(いやし)サイトとしても、お役立てください。

是非、お気に入りにいれて毎日読んでいただければと思います。

まずは心を十分に落ち着けて、深呼吸しましょう。
背筋を伸ばして、足の屈伸運動をしたりするのもいいでしょう。
とにかく少しでも緊張感・不安感を和らげてから、自己採点にとりかかってください。

何度もいいますが、決してあわてないことです。

自己採点は、パソコン・スマホ対応の各予備校サイトの解答速報を利用して、実施してください。

少なくとも、2校以上で確認してくださいね。
試験直後の速報は、問題によっては予備校の解答が割れることがあります。

令和元年・平成30年・平成29年は波風が全くありませんでした。
平成28年は多少だけ波風立ちましたが、それだけでした。
平成27年・26年は、平成29年同様に波風ない年でした。

平成25年は、問6で割れました。
(最終的には、ほぼ同じ解答になりました)

平成24年は、問5で割れました。
(最終的には複数正解)

平成23年は、1校だけ差異がありましたが、それ以上は広がりませんでした。
(その後、没問は発生しましたが)

平成22年は、主要予備校間での解答の相違はありませんでした。

平成21年は、疑義問題があり最初は解答の一部が主要5校で分かれていました。

平成20年は、最初は、一部違う予備校がありました。

平成19年は、ほぼ全ての予備校の解答が一致していました。

平成18年は、最初の解答速報では、主要な予備校全ての解答が、一致していませんでした。
       
もう一度言いますが、本当に心落ちつけてから自己採点をしてくださいね。
あわてて自己採点すると、採点ミスをすることがあります。

自己採点の失敗で合格日まで悩まされるなんてことになったら、目もあてられませんから・・・

とにかく心落ちつけてから、自己採点をしましょう。

また、なかには予備校の解答速報会に出られる方もいると思います。


LECでは16:30〜、TACも16:30〜、
日建も同様な時間帯で、
実施される校舎もまちまちなので、速報会に参加される方は場所と
時間を再確認してください。

解答速報会に参加された方、結果などの情報をコメント欄に記入の
ご協力をお願いします。

各校のインターネット解答速報の日程です。

【LEC】
インターネット解答速報(LIVE)  10月18日(日)17:00〜
 ※解答は、17:00〜順次公開、総評は19:00〜

【TAC】
インターネット解答速報  10月18日(日)16:30〜
 (LIVE含む)

【日建学院】
解答速報LIVE 16:30〜
 即日WEB採点サービス 15時〜受付開始
※採点結果のメール 17:30〜
※全50問の正解番号・合格推定点・総評は10月18日(日)17:40〜

【大原】
 ・合格ライン予想&講評 10月27日(火)12:00〜


自己採点後のあなたに6つのお願いです。

1)自己採点得点結果アンケート
  自己採点得点結果を教えてください。


2)各項目別の得点結果も教えてください
  (権利関係、法令上の制限、宅建業法、5点免除、税)


3)今年の試験問題に対して感想を教えてください


4)解答時間がどれだけかかったかを教えてください



5)最初にどの項目から解き始めたかを教えてください



6)最後は、もちろん二つのランキングへのクリックのお願いです。
  宅建合格を祈願して、合格を確信に変えるために、
  そして、このブログへの応援も込めて。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年宅建士試験まで後4日になりました。

カウントダウンも日々行われていきます。
中には緊張感が高まる方もいらっしゃると思います。

あなたはどうでしょうか?

時間は限られていきます。
今できる自分のベストなことに時間を割いていってください。

本試験で如何にケアレスミスをなくすが最大の焦点です。
ケアレスミスがなければ合格ラインに達している方は結構多いはずです。

この時期は得点をどうい合格ラインまで積み上げていくかになります。

やるべきことは・・・

やはり宅建業法になります。

また、重要な抑えるポイント。
借地借家法、都市計画のある分野のみ、税もポイントを絞れば1点拾えます。
統計も抑えるべき所だけ抑えましょう。

さて、それと同時に大事なことがメンタルです。
最後は本当に合格したいかどうか?

ここで明暗が分かれます。
特に、今実力がボーダーライン上にいる方は本試験での立ち振る舞い方によっては、大きく分かれます。

そのためには、今あなたが使えることは必ず実行しましょう。

その一つの手段として、今の心境のアンケートを実施しています。
また、3年前まで受験決意表明欄も設けていました。
今年は、受験決意ではなく、合格決意にしたいと思います。
今現在、不安な方、自分の合格に対する意気込みをコメント欄に記入ください。

大坂なおみ選手も一時調子を崩していましたが、見事全米オープンで優勝しました。
要は、結果をどうするかです。
使える物は何でも使っちゃいましょう。
その貪欲さが合格を勝ち取ります。
遠慮しちゃ、駄目。

コメントは、内容を確認後に公開させていただきます。
自分自身の更なるモチベーションアップになりますし、試験当日にパワーを発揮するためのあなたの心のベースになります。

ブログをみている同じ宅建受験の心の仲間に向けて・・・
宅建本試験自体に向けて・・・
あなたの受験決意を発信することにより、あなた自身の受験への気持ちも更に更に高まるはずです。

決意表明と言っても、なにもかしこばって考えなくて大丈夫です。
気楽に自分の受験に対する意気込みをコメントしてください。

一言でもいいです。

多少長く書きたい方は、それなりに自由にどうぞ!

例えば・・・
「まってろ宅建試験、今年は決めるぞ!」
「もうやるだけやった、絶対に絶対に今年は合格するぞ!!」
「職場のみんな、今度こそ念願の宅建主任者ゲットするぞ」
「協力してくれた家族のために、何が何でも頑張る」
「宅建合格を機に転職するぞ」
「宅建合格で内定をとりまくるぞ」
などなど・・・

独学されている方にとっては、毎日が孤独との戦いです。
そんな中で合格決意表明することにより、同じ受験をする仲間とつながっている感覚に少しでもなれればとの私の思いからです。
・リベンジされる方は、あなたの今の熱い気持ちをコメントしてください。
・初受験の方は決意表明することにより、勢いで一気にゴールを駆け抜けて下さい。

今、まだ受験を間近に控えていろんな不安をもたれている方。
その不安な気持ちのままで試験に臨めば、いい結果にはなりにくいです。
不安な気持ちを、あなたの意気込みが上回るようにしていきましょう。
そのための合格決意表明です。
気楽ながらも、真剣な表明をしてくださいね。

合格決意表明は、宅建試験前日まで受付しています。

絶対に合格を勝ち取ろう!

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建電子書籍『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう
読んでいただけましたか?

今の時期にこそ読んでほしい。
そんな思いで書いています。

メンタルは大事ですよ。
土壇場で自分の実力どおりやそれ以上を発揮するためには、メンタルを押さえましょう。
ケアレスミスを防ぐためにも必要なことです。

メンタルを馬鹿にする人は・・・結果、メンタルに泣きます。
試験場では予想外の事が起こりがちです。
そうなった場合も対処できるメンタルを身につけましょう。

以下、アマゾンレビューより転載いたします。

・・・転載ここから・・・

メールマガジンとブログで知りました。
知ったのが試験1週間前でしたが、試験直前期にたくさんのエールと元気をいただきました。
心の持ち方も大事なんだと知りました。
ありがとうございました。

・・・転載ここまで・・・

レビューを書かれた すずめさん、ありがとう!

最後に内容を紹介します。

第一章では、学習期間についてスポットをあてています。
メンタルを中心にいろんな角度から紹介しています。
今の時期、この章はよまなくてもいいです。

【目次】
●第一章 学習期間中のメンタルサポート
・学習を頑張るあなたへの12のエール
・学習スタイルに悩まないで
・学習時間捻出は誰でも苦労している
・メンタルを軽視しては絶対に駄目
・モチベーションという幻惑
・夏休みに差をつけろ
・有名人も宅建受験
・学習中期間の心の友として

第二章では、宅建試験直前期にスポットをあてています。
まさに今ですね。
解く順番やマークシート、皆が知っているテクニックなど、
情報の少ない独学者には有益な内容です。
ルールを決めておくこと、これもとっても大事なポイントです。
平成18年〜26年の合格者の声の紹介やツイッターでの直前期の
今日の一言もセレクトして載せています。

【目次】
●第二章 試験本番に向けて
・直前期不安に思う方へのエール
・解く順番を決めておく
・マークシートのやり方を決めておく
・皆が知っているテクニックは押さえる
・迷ったときの対処をルール化
・合格者からの喜びの声から元気をもらう
・直前期の今日の一言セレクト40

第三章では、あなたのエール、勇気やヤル気をあげることに焦点を絞っています。
私の合格体験記、ブログ読者の合格体験記、宅建合格者からの一言エール、
ブログオフ会メンバーからのエール、宮嵜先生からのエール、そして私からのエール
などバラエティーに富んでいます。

最後は日本らしく、書の字であなたの合格祈願の思いを込めました。
書道家 矢部澄翔さんに合格祈願の思いを目一杯こめて書いていただきました。
流石に、文字に力がはいっていますね。

これを毎日みるだけでも、合格に対するあなた自身のイメージつくりや意識付けに
役立つでしょう。

【目次】
●第三章 合格体験から勇気と元気をもらおう
・私の合格体験(苦難から得たもの)
・宅建ブログ読者の16の合格体験
・宅建合格者からの一言エール
・ブログオフ会メンバーからのエール
・宮嵜先生からのエール
・イッチャンからのエール
・激励!宅建合格!!

ぜひ、第二章、第三章は読んでみてください。

学習中のコーヒーブレイクや気分転換させたいとき、
心が不安でおしつぶされそうなときなどに
読んでくださいね。



令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

アドバイスエールメール募集(有料)及び宅建メルマガ募集(無料)を行いまいしたが、メールでの応募はありませんでした。

今年に限って必要性があまりなかったかなと思っていました。
ある意味、寂しくも感じていました。

ただ、宅建メルマガ募集に関しては募集すれば、本来ならある程度の申込はあるのが通例でした。
今年はどうしちゃたのだろうか?
ブログ自体のアクセスは以前に比べると減っていましたので、そういう影響かと考えていました。

しかし、ふと有るときメールフォームが正しく機能しているのかな?
と疑問を持ち、昨夜テスト送信をしてみました。
すると、テストメールが届かないのが判明しました。

何度やっても届かないので、もしやの疑念があたったことになります。

そこで、急遽アドバイスエールメール(有料)及び宅建メルマガ(無料)の再募集を行います。
もし、申込まれた方がいた場合は、大変お手数ですが再度申込頂けますでしょうか?
よろしくお願いいたします。

もちろん、今からの方も是非活用下さい。

【目指せ宅建合格エールメール配信】
・あなたの日々の学習継続のヤル気をサポートするため・・
・モチベーション維持やアップにつながるため・・
・不安に立ち向かうあなたを勇気づけるため・・
・その時々に応じたアドバイスを行うため・・
・最終最後の学習のペースメーカーとして・・・
 
私から心をこめたアドバイスとエールメールを贈ります。
(企画詳細)
1)10/4〜10/18まで毎日配信
    (申込者への一斉配信、全15回)
 
2)費用 1,000円
  ※期間短縮のため、値下げしました。

3)件名「合格エールメール配信申込」と記入

4)必要事項を入力ください。
  (ハンドルネームだけはご遠慮ください)

※LINE及びメールでの1回のカウンセリング付になります。
 (LINEは30分、メールは1回の返事になります)
 
※申込期限:10月3日(土)23:00まで



【宅建無料メルマガ募集】
・件名 → 「宅建独自メルマガ配信申込」と入力ください。
・都道府県名 → 選択してください
・メッセージ欄には、今年の宅建試験にかける抱負など良ければ入力ください。
※申込期限は10/15迄期間延長しています。 
 登録がまだの方はお急ぎ下さいね。
        

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建士試験直前のラスト対策と言えば・・・
電子書籍『宅建士試験土壇場対策☆前日・当日編(2019年版):宅建士合格を勝ち取れ!』になります。

宅建試験前日は、宅建独学においての一延長上と捉えがちですが、実は違います。
宅建試験当日に向けてやるべき対策があるのです。
その対策をやるか?やらないか?で最終的に大きな差となって現れる場面があります。

宅建試験当日、想定通りに進んでいけばいいのですが、必ずしもそうならないのが一発勝負の試験です。
いろんな自然災害や事件・事故で想定外の言葉が聞かれます。
逆にいうと想定外のことが起こって当たり前です。
その想定外のことが起こった場合のリスクを減らすための対策を事前にしておく必要があるのです。

試験会場では独特の雰囲気に包まれます。
その雰囲気の中で、あなたが普段では絶対にありえない行動にでたりするのです。
判断力もそうですね。

いろいろと想定外のことをある程度想定して対策をほどこす。
想定外の展開になった場合の対処方法も事前に決めておく。

大事なことになります。

事前の対策をきっちりと行い、今年の令和最初の宅建士試験での合格を確実なものにしましょう。
宅建合格のために・・・



令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ