宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

●平成30年宅建士試験を受験される方へ。
まずは、こちらの電子書籍よりお読みください。
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260849.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●まずは、漫画で概要をつかむ
『平成30年宅建受験対策入門書としての活用』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260619.html

中高年


ちょうど5年前に出版した電子書籍。
でも人気です。

今年、内容を一部改訂しました。
以前よりも読みやすくなっています。


タイトルは、
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
〜中高年の武器を120%発揮する17の手法〜

中高年、特に40代以上にスポットをあてているところがいいところです。
とにかく人気です。

出版した当時、電子書籍をてさぐりのなかで作成していきました。
関連の書籍もいいものがなく、限りある電子書籍を独学で学び、自分で思考錯誤して出版した形になります。

宅建シリーズを3ヵ月で10冊だす。

この目標を達成し、10冊目にだしたのが上記作品だったのです。

そのため、私自身思いいれが一番強い電子書籍です。

常々、同じ中高年の方を応援したい思いが強かったので、作品として世に出せたのは満足です。

そこで初めての方に対して、改めて紹介させていただきます。

・・・・アマゾン紹介文より転載・・・・

40代以上の方、いわゆる中高年の方に向けて宅建学習戦略本です。

初の宅建取引士受験に向けて学習方法を悩んでいる方・・
今年が初のリベンジ受験の方・・・
複数年受験で今年を最後の受験にしたい方・・・
一発で合格したい方・・・
暗記力に悩んでいる方・・・

そんなあなたにおすすめです。

特に、今年の受験を背水の陣で臨む宅建資格受験に挑む崖っぷち戦略としてまとめました。

今まで宅建資格試験に向けて苦労されている中高年の方を、
ブログ『宅建試験!初心者のための一発合格サイト』を通じて数多くみてきました。

その度に、中高年の方に向けて何か特別なアドバイスができないか?
助けてあげることができないか?
と考えさせられてきました。

今の日本を支えている(または支えてきた)中高年の方の力になりたい。
支援してあげたい。
そんな私も中高年です。

同じ世代の思いは痛いほどよくわかります。

いろいろと考えていく中で、私自身の経験からヒントになるものはないのだろうか?

・中高年ならではのことで多くの方が実践できること。
・意外と見落としているかもしれない軽視されがちなこと。

そういうものこそが中高年の学習のための力になるのではないか?

そこで中高年としての武器として、中高年の可能性や実力を最大限に引き出し、
かつ活用していくことで最高の成果につなげてほしい。

これから40代以上の方で、宅建学習を開始されるあなた。

何も宅建、臆することはないですよ。

されど宅建試験、たかが宅建試験です。
あなたにはあなたの強みが必ずあります。

今回の戦略を実行して、成果にしてください。

あなたしかもっていない未見の我を発掘して、学習の効率化につなげてください。
最終的には、あなたのオリジナルあふれる戦略に変えて実践していきましょう。

自分に自信をもって学習していけば、必ず活路は見出せます。

中高年の底力、強い信念を示しましょう!

そのために、宅建建試験日のゴールに向かって、まずは第一歩を踏み出すことです。
本書は、宅建初受験、宅建リベンジ受験両方の参考になります。

是非、中高年ならではのあなたの強みを活かして、宅建合格を絶対に勝ち取りましょう!

あなたになら絶対にできます。

もう今年宅建合格するしかないでしょう。

ファイト!

【目次】
・戦略1(超短期サイクルでの繰り返し)
・戦略2(連想力)
・戦略3(アウトプットスタート)
・戦略4(五感をフル動員)
・戦略5(大きく書いて演習)

・戦略6(一問一答の活用)
・戦略7(空想力を駆使する)
・戦略8(経験を活かす)
・戦略9(度胸)
・戦略10(基本に専念)

・戦略11(記憶とマネ)
・戦略12(継続力)
・戦略13(開きなおり)
・戦略14(自分が学んだことを教える)
・戦略15(1週間のリズム作り)

・戦略16(朝型に切り替える)
・戦略17(中高年としての役目)

・・・・・転載ここまで・・・・・

本の構成としてはシンプルです。

さあーと読めるように前置きは一切ない構成としています。
だからいいのかもしれませんね。

本というと一般的に前段、中段、後段とつづいていきます。
起承転結になります。

この本は、後段のみ、結のみです。

プロレスで言えば、いきなり本気モード。
興業としてはなりたちませんが、決着は早いです。

相撲でいえばガチンコモードです。
遠慮はありません。

学習にとまどっている中高年の方。

是非、読んでみてください。

残念ながら、ガラケータイプでは読めませんが、スマホ・iPhone・iPad・iPad-miniがあれば読めます。
パソコンでも読めます。

スマホかiPhoneで読む場合は、グーグルプレイやアップルストアから無料のkindleアプリをダウンロードして利用することになります。
一旦やると簡単です便利ですよ。

私も今は、iPhone6plusで読んでいます。





本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村



『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略:中高年の武器を120%発揮する17の手法』


販売価格は、123円です。
合格への願いをこめた、ホップ・ステップ・ジャンプの価格です。

内容については、中高年の特有の優位性を最大限活かす手法の紹介です。

中高年になると、
ついつい暗記力がおちてきたとか・・・
学習に集中できないとか・・・

マイナス面を主張される方が増えてきますが、
逆に中高年の方にとってプラスになるものも増えてきます。

中高年のための宅建試験』では、そこに焦点をあてています。

マイナス面を言い訳にするよりも、プラス面を伸ばしてカバーしていく。
この姿勢が大事なのです。


アマゾン紹介ページからの転載です。

・・・・転載ここから・・・・

40代以上の方、いわゆる中高年の方に向けて宅建学習戦略本です。

初の宅建取引士受験に向けて学習方法を悩んでいる方・・
今年が初のリベンジ受験の方・・・
複数年受験で今年を最後の受験にしたい方・・・
一発で合格したい方・・・
暗記力に悩んでいる方・・・

そんなあなたにおすすめです。

特に、今年の受験を背水の陣で臨む宅建資格受験に挑む崖っぷち戦略としてまとめました。


今まで宅建資格試験に向けて苦労されている中高年の方を、
ブログ『宅建試験!初心者のための一発合格サイト』を通じて数多くみてきました。


その度に、中高年の方に向けて何か特別なアドバイスができないか?
助けてあげることができないか?
と考えさせられてきました。


今の日本を支えている(または支えてきた)中高年の方の力になりたい。

支援してあげたい。


そんな私も中高年です。


同じ世代の思いは痛いほどよくわかります。

いろいろと考えていく中で、私自身の経験からヒントになるものはないのだろうか?


・中高年ならではのことで多くの方が実践できること。
・意外と見落としているかもしれない軽視されがちなこと。


そういうものこそが中高年の学習のための力になるのではないか?


そこで中高年としての武器として、中高年の可能性や実力を最大限に引き出し、
かつ活用していくことで最高の成果につなげてほしい。


これから40代以上の方で、宅建学習を開始されるあなた。

何も宅建、臆することはないですよ。


されど宅建試験、たかが宅建試験です。


あなたにはあなたの強みが必ずあります。


今回の戦略を実行して、成果にしてください。
あなたしかもっていない未見の我を発掘して、学習の効率化につなげてください。
最終的には、あなたのオリジナルあふれる戦略に変えて実践していきましょう。


自分に自信をもって学習していけば、必ず活路は見出せます。


中高年の底力、強い信念を示しましょう!


そのために、宅建建試験日のゴールに向かって、まずは第一歩を踏み出すことです。


本書は、宅建初受験、宅建リベンジ受験両方の参考になります。


是非、中高年ならではのあなたの強みを活かして、宅建合格を絶対に勝ち取りましょう!


あなたになら絶対にできます。


もう今年宅建合格するしかないでしょう。


ファイト!


【目次】

・戦略1(超短期サイクルでの繰り返し)

・戦略2(連想力)

・戦略3(アウトプットスタート)

・戦略4(五感をフル動員)

・戦略5(大きく書いて演習)


・戦略6(一問一答の活用)

・戦略7(空想力を駆使する)

・戦略8(経験を活かす)

・戦略9(度胸)

・戦略10(基本に専念)


・戦略11(記憶とマネ)

・戦略12(継続力)

・戦略13(開きなおり)

・戦略14(自分が学んだことを教える)

・戦略15(1週間のリズム作り)


・戦略16(朝型に切り替える)

・戦略17(中高年としての役目)


・・・・転載ここまで・・・・


何も特異な方に備わった技術を、紹介しているわけではありません。

だれでももっている潜在能力を引き出して、
それを最大限発揮する方法を紹介しています。

40代、50代、60代の宅建受験生の方は、
是非読んでくださいね。

もちろん、30代や20代の方にも参考になると思います。
人生とは、そういうものです。





本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


今この時期に一番読まれる宅建電子書籍があります。

それは、
宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』です。

内容としては、中高年宅建受験生のために、
中高年にとっての最大の武器を120%活かす方法を紹介しています。

中高年になると、
ついつい暗記力がおちてきたとか・・・
学習に集中できないとか・・・
マイナス面を主張される方が増えてきますが、
逆に中高年の方にとってプラスになるものも増えてきます。

中高年のための宅建試験』では、
そこに焦点をあてています。

マイナス面を言い訳にするよりも、プラス面を伸ばしてカバーしていく。
この姿勢が大事ですよ。


アマゾン紹介ページからの転載です。

・・・・転載ここから・・・・

40代以上の年齢いわゆる中高年の方のために、
背水の陣で臨む宅建資格受験に挑む崖っぷち戦略としてまとめました。


今まで宅建資格試験に向けて苦労されている中高年の方を、
ブログ『宅建試験!初心者のための一発合格サイト』を通じて数多くみてきました。


その度に、中高年の方に向けて何か特別なアドバイスができないか?
助けてあげるとことができないか?と考えさせられていました。


今の日本を支えている(または支えてきた)中高年の方の力になりたい。

支援してあげたい。

そんな私も中高年です。


同じ世代の思いは痛いほどよくわかります。

いろいろと考えていく中で、私自身の経験からヒントになるものはないのだろうか?


中高年ならではのことで多くの方が実践できること。


意外と見落としているかもしれない軽視されがちなこと。


そういうものこそが中高年の力になるのではないか?


そこで中高年としての武器として、中高年の可能性や実力を最大限に引き出し、
かつ活用していくことで最高の自分自身の成果につなげてほしい。


そういう熱い思い、エールの気持ちをこめて書きあげました。


これから40代以上の方で宅建学習を開始されるあなた。

何も宅建臆することはないですよ。


されど宅建試験、たかが宅建試験です。


あなたにはあなたの強みが必ずあります。


今回の戦略を実行していただき、またあなたしかもっていないあなたの才能も発掘し、
それを適時加味していただくことによりあなたのオリジナルあふれる戦略に変えて
実践していきましょう。


自分に自信をもって学習していけば、必ず活路は見出せます。


中高年の底力、強い信念を示しましょう!


そのためには宅建建試験日のゴールに向かって、まずは第一歩を踏み出すことです。


宅建初受験、宅建リベンジ受験両方の方に参考になります。


是非、中高年ならではのあなたの強みを活かして宅建合格を絶対に勝ち取りましょう!


あなたになら絶対にできます。


もう今年宅建合格するしかないでしょう。


ファイト!



【目次】


・戦略1(超短期サイクルでの繰り返し)

・戦略2(連想力)

・戦略3(アウトプットスタート)

・戦略4(五感をフル動員)

・戦略5(大きく書いて演習)


・戦略6(一問一答の活用)

・戦略7(空想力を駆使する)

・戦略8(経験を活かす)

・戦略9(度胸)

・戦略10(基本に専念)


・戦略11(記憶とマネ)

・戦略12(継続力)

・戦略13(開きなおり)

・戦略14(自分が学んだことを教える)

・戦略15(1週間のリズム作り)


・戦略16(朝型に切り替える)

・戦略17(中高年としての役目)


【著者紹介】

宅建学習アドバイザー
     
大学時代までを九州で過ごし、就職と同時に名古屋へ。

営業からスタートし、労務管理・人事採用担当を経て、新規事業をてがける。


後に転職をし営業畑を走る。


宅建試験は3ヶ月学習で一発合格、 管理業務主任者も1ヶ月学習で合格。


宅建試験では予想外の展開で苦戦したものの、
その経験を活かして平成18年に宅建ブログを開設。


優しさあふれる文面で評判が口コミでひろまり多くの宅建受験生の心の支えとなっています。

特に、宅建試験直前期・直後のメンタルな内容は広く共感を呼び、
多くの宅建受験生が集まります。


その結果、宅建合格発表日には、多くのありがとうコメントが寄せられます。


心の友宅建ブロガー、カリスマー宅建ブロガーなどとも呼ばれています。


人気ブログランキング『資格・スキルアップ』『宅建試験』で長期間1位をキープ。


現在、宅建セミナー(単独・ジョイント・イベント含む)、読者オフ会などを精力的に開催中。
宅建だけでなく、学びからの実践・個人の才能発掘/ブランディングのサポートなど多方面に展開しています。


人を幸せにしていきたい。


それが私の信条です。

・・・・転載ここまで・・・・


何も特異な方に備わった技術を紹介しているわけではありません。

だれでももっている潜在能力を引き出して、
それを最大限発揮する方法を紹介しています。

40代、50代、60代の宅建受験生の方は、
是非読んでくださいね。


本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


中高年になってからの新規の学習取組を考える場合、
ネガティブに考えてしまう方もいると思います。

若いころのように記憶力が落ちた。

これはよく耳にすることです。

脳の短期貯蔵庫に記憶する場合は、そうかもしれません。

有名なエビングハウスの忘却曲線のように、
期間が経てばたつほど忘れていく。

これは仕方のないことです。

何度繰り返して覚えても、すぐ忘れてしまう。

若いころに比べると、忘却曲線の傾きがもっときつくなっている可能性はあります。

では、どうするか?

できるだけ間隔をあけすぎずに、復習をすること。
1週間空けてよりも3日間、
3日間よりは翌日に。

これにより、忘却曲線をゆるやかにできます。

また、その翌日にも更にもう1回復習する。

復習する時間は、段階に応じて短時間でできてきますので、
慣れてくると学習への負担は減ります。


また、短期貯蔵庫にいれないで長期貯蔵庫に入れる方法です。

ゴロ合わせもその一つですが、
中高年にとってはエピソード記憶がベストだと考えます。

いろんな経験をしてきている中高年ですから、
いろんなエピソードをお持ちです。
そのエピソードを学習と組み合わせるのです。

イメージの結び付け・・・
イメージの連鎖・・・
連想での更なる派生など

今回は記憶のことだけをとりあげましたが、
他にもたくさん中高年の武器はあります。

中高年を歳をおったネガティブ的に考えるのではなく、
歳とともにさらなる知識武装がされた。

こういう風にポジティブに考えてください。
ポジティブに考えた方が健康によいのは間違いありません。

中高年の武器については、以下の電子書籍でまとめています。
宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略
    〜中高年の武器を120%発揮する17の手法〜


今後の取組のヒントにしてください。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略〜中高年の武器を120%発揮する17の手法〜

年を積み重ねるとどうしても記憶力がおちていることを実感します。
以前なら2回繰り返させば、何とかなったことでも、
4・5回やっても忘れてしまう。

40代、50代のあなたはいかがですか?

メール相談をうける場合も、
こんな話しを前提に話される方もいます。

忘却はある程度、仕方のないことなので受け入れるしかありませんが、
それに対処する方法はあります。

また、中高年ならではの武器があります。
その武器を使えば、予想以上の効果や副産物を産んでいきます。

中高年の方の中にも短期で宅建に合格される方がいます。
その人は要領がいいから・・・
確かにそういう側面もありますが、
それだけではありません。

やはり、自分が置かれてきた環境を含めて、
最大限の強みを活かしているからです。

そんなヒントにしてもらうために、
中高年向の電子書籍を発刊しました。

この電子書籍を作成した当時は、
てさぐりのなかで作成しましたので私の中でも思い入れが一番深いです。

電子出版出版関連の書籍もいいものがなく、
限りある電子書籍を独学で学び、自分で思考錯誤して出版した形になります。

宅建シリーズを3ヵ月で10冊出版するという目標。
この目標は達成しましたが、記念すべき10冊目にだしたのがこの電子書籍だったのです。

常々、同じ中高年の方を応援したい思いが強かったので、
世に出せたことには満足しています。

そこで、紹介させていただきます。

『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略〜中高年の武器を120%発揮する17の手法〜』

・・・・アマゾン紹介文より転載・・・・

40代以上の年齢いわゆる中高年の方のために、
背水の陣で臨む宅建資格受験に挑む崖っぷち戦略としてまとめました。

今まで宅建資格試験に向けて苦労されている中高年の方を、
ブログ『宅建試験!初心者のための一発合格サイト』を通じて数多くみてきました。

その度に、中高年の方に向けて何か特別なアドバイスができないか?
助けてあげるとことができないか?と考えさせられていました。

今の日本を支えている(または支えてきた)中高年の方の力になりたい。

支援してあげたい。

そんな私も中高年です。

同じ世代の思いは痛いほどよくわかります。

いろいろと考えていく中で、
私自身の経験からヒントになるものはないのだろうか?

中高年ならではのことで多くの方が実践できること。
意外と見落としているかもしれない軽視されがちなこと。

そういうものこそが中高年の力になるのではないか?


そこで中高年としての武器として、中高年の可能性や実力を最大限に引き出し、
かつ活用していくことで最高の自分自身の成果につなげてほしい。

そういう熱い思い、エールの気持ちをこめて書きあげました。

これから40代以上の方で宅建学習を開始されるあなた。

何も宅建臆することはないですよ。

されど宅建試験、たかが宅建試験です。

あなたにはあなたの強みが必ずあります。

今回の戦略を実行していただき、
またあなたしかもっていないあなたの才能も発掘し、
それを適時加味していただくことにより、
あなたのオリジナルあふれる戦略に変えて実践していきましょう。

自分に自信をもって学習していけば、必ず活路は見出せます。

中高年の底力、強い信念を示しましょう!

そのためには宅建建試験日のゴールに向かって、
まずは第一歩を踏み出すことです。

宅建初受験、宅建リベンジ受験両方の方に参考になります。

是非、中高年ならではのあなたの強みを活かして、
宅建合格を絶対に勝ち取りましょう!

あなたになら絶対にできます。

もう今年宅建合格するしかないでしょう。

ファイト!

【目次】
・戦略1(超短期サイクルでの繰り返し)
・戦略2(連想力)
・戦略3(アウトプットスタート)
・戦略4(五感をフル動員)
・戦略5(大きく書いて演習)

・戦略6(一問一答の活用)
・戦略7(空想力を駆使する)
・戦略8(経験を活かす)
・戦略9(度胸)
・戦略10(基本に専念)

・戦略11(記憶とマネ)
・戦略12(継続力)
・戦略13(開きなおり)
・戦略14(自分が学んだことを教える)
・戦略15(1週間のリズム作り)

・戦略16(朝型に切り替える)




本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ