宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)令和3年度宅建士試験合否投票受付中!
  ※投票はこちらから
   ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52319552.html

2)令和3年度宅建士試験合格体験記募集中!
  ※応募はこちらから
   ↓   ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52319364.html

2) トピックス
 ●noteで各種マガジン配信中です。
『軍師『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン入門編』
 https://note.com/iccyan/m/mc51b99b1568d

『『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン(実践編』
 https://note.com/iccyan/m/m7faff6892e7a

3)マガジン紹介
●宅建独学ペースメーカーマガジン登録受付中
 初月無料です。
 単発記事を読むことも可能です。
 学習のモチベーション維持に活用下さいね。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan/m/m6591c7db5979

3)メルマガ紹介
●中高年向け支援マガジン・・是非、購読して下さいね。
『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

中高年支援

昨年9月に新規に創刊した有料マガジンです。
おかげさまで、今週4月3日発行号にて30号を迎えます。

有料マガジンを毎週継続していて、果たして続くのだろうか?
なんて心配はよそに、いつしか私の中でルーチンワークされて今に至っています。

発行部数については、まだまだ厳しい状況が続いています。
が、応援あってこその有料マガジン。

このブログでは宅建でのご縁になりますが、内容は宅建とは全く関係ありませんが、これからの生きるヒントやSNSを活用した戦略、収入の第二の柱を作る方法など幅広いです。

ここで、先週3月27日発行号(第29号)より、その一部を引用します。

・・・引用・・・・
______________________________________________
◎2.収入の第二の柱を作る方法(作業量に対して倍々ゲームになるしくみを考える)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
昔もてはやされたものに、本のせどりがあります。
今は、あまり聞かれなくなりましたね。
でも、やられている方はいると思います。

一時は、ブックオフの100円本の中からお宝をみつけて、Amazonなどに出品してその差額で稼ぐ。
Amazonではマーケットプレイスで出品するわけですが、特定の条件だと手数料が安くなり差額での儲けがでやすくなるのです。
そのため1円販売とかもありましたね。

結果的には本の転売になりますが、転売のイメージがマスクの転売によって悪くなりました。
中国や韓国からの日本での転売も今は苦しくなりましたね。

中国から購入したものを転売 → コロナ大丈夫?のイメージになりますので、中国とは表記せずに売ることになります。
実際の日常品でも中国で生産されたものは多いのですが、人間の心理はご都合主義です。
普段身につけているものの製造先などは気にしないのに、そうでないものにはかなりの警戒をする。
消費者心理からすると仕方ないですね。

ただ、転売という作業・・・
一人では作業量の限界があります。
作業量を増やすとなると人を使うしかないです。
そうなると支出費用が増えますので、なかなか難しいですね。
ある程度の固定量を卸すという方法もありますが、こちらはリスクを抱えることになるので、いざ失敗すると自分で在庫を抱える必要があります。
ドラマで部屋の中に段ボール箱が一杯置かれている・・・
そんな光景が現実化するのです。
いやですよね。
(笑)

作業量=出来高的な仕事は、第二の柱にはむきません。
第二の柱は、作業量の正比例ではなく、右肩上がりに上昇カーブを描くしくみ。
いざ実績がついていけば、倍々ゲームみたいに増えていくしくみでなくてはいけません。

そのためには・・・
1)SNSを活用する
2)口コミを活用する
3)ファンを活用する

・・・・中略・・・
___________________________________________
◎4.中高年の強みについて(プラスマイマス=ゼロが一番いい)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
若い人が平日の昼間・・・街にあふれていますね。
子供達だけのグループも多く見受けます。

逆に少なくなったのは、高齢者の方ですね。
カフェなどで大分少なくなりました。
コロナを警戒している影響ですかね。

カフェで、ぼーーーとしているよりは自宅にいた方がいいような気がしますが、奥さんの邪魔になっているようだと逆効果です。
一昔前なら・・・亭主元気で留守がいい・・・

元気な高齢者の女性グループはよく見かけますから・・・

地元の飲食店舗で新規開拓を、たまにします。
すると、見た目どうかなと感じた店舗に入ってびっくりしたのが、近隣のマダム達が一杯来ているのです。
そんな店だったんだとびっくりしました。
きっと店内は閑散と思っていたので意外でした。
私にとっては新発見でした。

マダム達も大変元気です。
(笑)

やはり、女性は現実的なので強いですね。
生きる本能をもっているというか・・・

その点、男は諦めやすいのかもしれません。

そういう男と女がいるからこそ、成り立っている世の中。
プラスマイマス=ゼロが一番いいのもしれませんね。

・・・これ以降省略・・・・

いかがでしょうか?

この有料マガジンについて、初月無料にしています。
よって、今から申し込めば4月分(4回発行)が完全無料になります。

また、興味がある号についてバックナンバーから購入も可能です。
よければ、読んでみて下さいね。



ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


今この時期に一番読まれる宅建電子書籍があります。

それは、『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』です。
内容としては、中高年宅建受験生のために、中高年にとっての最大の武器を120%活かす方法を紹介しています。

中高年になると・・・
ついつい暗記力がおちてきたとか・・・
学習に集中できないとか・・・
マイナス面を主張される方が増えてきますが、逆に中高年の方にとってプラスになるものも増えてきます。

中高年のための宅建試験』では、そこに焦点をあてています。

マイナス面を言い訳にするよりも、プラス面を伸ばしてカバーしていく。
この姿勢が大事ですよ。


アマゾン紹介ページからの転載です。

・・・・転載ここから・・・・

40代以上の年齢いわゆる中高年の方のために、
背水の陣で臨む宅建資格受験に挑む崖っぷち戦略としてまとめました。

今まで宅建資格試験に向けて苦労されている中高年の方を、
ブログ『宅建試験!初心者のための一発合格サイト』を通じて数多くみてきました。

その度に、中高年の方に向けて何か特別なアドバイスができないか?
助けてあげるとことができないか?と考えさせられていました。

今の日本を支えている(または支えてきた)中高年の方の力になりたい。
支援してあげたい。
そんな私も中高年です。

同じ世代の思いは痛いほどよくわかります。
いろいろと考えていく中で、私自身の経験からヒントになるものはないのだろうか?

中高年ならではのことで多くの方が実践できること。
意外と見落としているかもしれない軽視されがちなこと。

そういうものこそが中高年の力になるのではないか?

そこで中高年としての武器として、中高年の可能性や実力を最大限に引き出し、かつ活用していくことで最高の自分自身の成果につなげてほしい。

そういう熱い思い、エールの気持ちをこめて書きあげました。

これから40代以上の方で宅建学習を開始されるあなた。
何も宅建臆することはないですよ。

されど宅建試験、たかが宅建試験です。

あなたにはあなたの強みが必ずあります。

今回の戦略を実行していただき、またあなたしかもっていないあなたの才能も発掘し、それを適時加味していただくことによりあなたのオリジナルあふれる戦略に変えて実践していきましょう。

自分に自信をもって学習していけば、必ず活路は見出せます。

中高年の底力、強い信念を示しましょう!

そのためには宅建建試験日のゴールに向かって、まずは第一歩を踏み出すことです。

宅建初受験、宅建リベンジ受験両方の方に参考になります。
是非、中高年ならではのあなたの強みを活かして宅建合格を絶対に勝ち取りましょう!

あなたになら絶対にできます。

もう今年宅建合格するしかないでしょう。

ファイト!

【目次】
・戦略1(超短期サイクルでの繰り返し)
・戦略2(連想力)
・戦略3(アウトプットスタート)
・戦略4(五感をフル動員)
・戦略5(大きく書いて演習)

・戦略6(一問一答の活用)
・戦略7(空想力を駆使する)
・戦略8(経験を活かす)
・戦略9(度胸)
・戦略10(基本に専念)

・戦略11(記憶とマネ)
・戦略12(継続力)
・戦略13(開きなおり)
・戦略14(自分が学んだことを教える)
・戦略15(1週間のリズム作り)

・戦略16(朝型に切り替える)
・戦略17(中高年としての役目)

・・・・転載ここまで・・・・

何も特異な方に備わった技術を紹介しているわけではありません。

だれでももっている潜在能力を引き出して、それを最大限発揮する方法を紹介しています。

40代、50代、60代の宅建受験生の方は、是非読んでくださいね。



ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ