宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●平成30年宅建士試験を受験される方へ。
まずは、こちらの電子書籍よりお読みください。
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260849.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●まずは、漫画で概要をつかむ
『平成30年宅建受験対策入門書としての活用』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260619.html

入門書

法律系資格が初めての方にとっては、
独特の用語や言い回しなどに違和感を覚えるものです。
特に、民法はその代表例です。
区分所有法なでもマンション暮らしの方にはピンと来るかもしれませんが、
一軒家などや賃貸暮らしではわかりにくいですね。

そんな時、宅建入門書として、お馴染みになったのがマンガシリーズです。

マンガの老舗と言えば・・・
『2018年版 マンガ宅建士 はじめの一歩』



はじめの一歩があまり変わり映えないしない中、
他のものも登場してきてました。

『2018年版 U-CANの宅建士 まんが入門 (ユーキャンの資格試験シリーズ) 』



『うかる! マンガ宅建士入門 2018年度版 (日経の「うかる」シリーズ)』


『2018年版 楽学宅建士 マンガ入門 (楽学宅建士シリーズ)』



ちょっと前まで好評だったのが、テキストでもおなじみの宅建塾のマンガ版です。

4コマ、3コマ漫画+文章の構成ですが、
4コマ漫画が好きな人や、
宅建塾を使われる人が入門編として使うのはいいとおもいます。

内容を紐解いてみると宅建のいろはを知らない方にとって、
良い道しるべになります。

私的に気になったのは、日建からでている新しいシリーズです。

『これだけ まんが宅建士[宅建業法編] (日建学院「宅建士一発合格! 」シリーズ)』


『これだけ まんが宅建士[権利関係編] (日建学院「宅建士一発合格! 」シリーズ)』


『これだけ まんが宅建士[法令・税その他編] (日建学院「宅建士一発合格! 」シリーズ)』



漫画シリーズは入門書なので、これだけで合格しようとするには無理があります。
自分との相性をまずは第一に考えてください。


最後にkindle版で人気だったのが、
『平成25年版 楽学宅建 マンガ入門 楽学宅建シリーズ』


平成26年版以降、出版されていませんが、最初の参考としてはいいと思います。

電車などの移動中にスマホやiPhoneで読めるkindle版は使い勝手がいいです。
いずれにしても、マンガシリーズはまずは、宅建の概要を知るには役立ちます。

法律系が苦手な方・・
マンガが好きな方・・
学習が久しぶりな方など・・
まずはマンガであなたの脳から法律の違和感・嫌悪感を取り除くことが大事です。

今年宅建短期学習での受験で合格された方のなかには、
このマンガを上手に使われた方もいます。

当たり前のように順番でやるとか、
旧来からの学習に固執せず、
自分の状況にあわせて柔軟に考えていくことが、
結局は合格の最短距離になりますね。


苦手意識のままで学習を開始すると、
どうしても効率は落ちます。

わかるものでもわかりにくくなります。

法律は楽しいもの・・・
こう捉えることができればしめたものです。

マンガシリーズ、一度手にとってみてはいかがですか?

マンガといってもあなどってはいけません。
活用次第では、切れ味するどいあなたの戦力になるはずです。

特に宅建初受験、法律系が初めての方は活用くださいね。

今の時期の活用こそ、一番効果があります。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建初受験される方にとって、宅建試験に関する情報を得られるのは、
ネットであったり、購入したテキスト巻頭に書かれている概要だったりします。

テキスト巻頭の概要は、以前より充実したものが増えてきました。

しかし、体系的に流れや初受験の心構えをまとめたものはなく、
仮にネットでみつけても一部分だけだったりします。

そこで今回紹介する電子書籍は、

宅建資格に関することについて、
大事な要素を43項目のQ&Aスタイルで書いています。


タイトルは、
宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント

大変読みやすくまとめています。

宅建とは何ぞやから始まり、
宅建試験に関すること、
宅建学習中のことや宅建試験後に関することまでまとめています。

是非宅建の全体像をつかんだ上で学習にとりくんでいただけば、
あなたの目標設定もしやすくなり目指す方向性が見えてきます。

また著者自身からの宅建受験生の立場にたったアドバイスも適度に入れています。
今までの宅建ブログ運営の中で沢山の宅建受験生に向けてエールをおくってきた
経験からのアドバイスはあなたの学習の支えになることでしょう。

さあ、本書を手に取り宅建試験に対する不安を取り除いてから、
宅建学習計画をたてましょう。

【目次】
◎宅建とは?
1)宅建資格
2)宅建士業務

◎宅建試験とは?
3)受験資格
4)試験日
5)試験時間
6)試験スタイル
7)問題用紙
 
8)テキスト持込
9)携帯電話持込
10)試験会場
11)会場入り時間
12)昼食

13)持ち物
14)試験テクニック
15)試験終了後
16)試験実施の公告
17)試験案内と願書配布
 
18)願書受付
19)受験手数料
20)受験票

◎宅建学習
21)通学か独学か?
22)学習時間
23)通学先
24)お勧めテキスト
25)テキストと問題集
 
26)自宅学習
27)民法
28)電車での学習法
29)試験分野
30)民法
 
31)法令の数値
32)過去問
33)テキストの大きさ

◎宅建試験後
34)合格点1
35)合格点2
36)自己採点
37)自己採点2
38)模範解答
 
39)合格推定点
40)合格推定点2
41)待機期間
42)マークシートミス
43)マークシート訂正

◎アマゾンでの購入はこちらから
   ↓    ↓

 

本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建試験 に参加中!
宅建初受験される方にとって、宅建試験に関する情報を得られるのは、
ネットであったり、購入したテキスト巻頭に書かれている概要だったりします。

テキスト巻頭の概要は、以前より充実したものが増えてきました。

しかし、体系的に流れや初受験の心構えをまとめたものはなく、
仮にネットでみつけても一部分だけだったりします。

そこで今回紹介する電子書籍は、

宅建資格に関することについて、
大事な要素を43項目のQ&Aスタイルで書いています。

タイトルは、
宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント

大変読みやすくまとめています。

宅建とは何ぞやから始まり、
宅建試験に関すること、
宅建学習中のことや宅建試験後に関することまでまとめています。

是非宅建の全体像をつかんだ上で学習にとりくんでいただけば、
あなたの目標設定もしやすくなり目指す方向性が見えてきます。

また著者自身からの宅建受験生の立場にたったアドバイスも適度に入れています。
今までの宅建ブログ運営の中で沢山の宅建受験生に向けてエールをおくってきた
経験からのアドバイスはあなたの学習の支えになることでしょう。

さあ、本書を手に取り宅建試験に対する不安を取り除いてから、
宅建学習計画をたてましょう。

【目次】
◎宅建とは?
1)宅建資格
2)宅建主任者業務

◎宅建試験とは?
3)受験資格
4)試験日
5)試験時間
6)試験スタイル
7)問題用紙
 
8)テキスト持込
9)携帯電話持込
10)試験会場
11)会場入り時間
12)昼食
 
13)持ち物
14)試験テクニック
15)試験終了後
16)試験実施の公告
17)試験案内と願書配布

18)願書受付
19)受験手数料
20)受験票

◎宅建学習
21)通学か独学か?
22)学習時間
23)通学先
24)お勧めテキスト
25)テキストと問題集
 
26)自宅学習
27)民法
28)電車での学習法
29)試験分野
30)民法
 
31)法令の数値
32)過去問
33)テキストの大きさ

◎宅建試験後
34)合格点1
35)合格点2
36)自己採点
37)自己採点2
38)模範解答
 
39)合格推定点
40)合格推定点2
41)待機期間
42)マークシートミス
43)マークシート訂正

◎アマゾンでの購入はこちらから


 宅建を通じてのご縁に感謝、応援クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログ村も併せて、応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ