宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

初受験

◎ブログ最新ニュース
●電子書籍新刊発売中です。
 『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●3ヶ月学習に必須の学習指南書です。
 『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!:
     3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』
  ↓     ↓
 http://goo.gl/FqcjKg

●夏の学習を書き抜くために・・
 『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓   ↓
 http://p.tl/p69w

●宅建メルマガ読者募集中!

 詳細と申込みはこちらから
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52231259.html

平成29年宅建受験にむけて☆受付票の確認、申込状況の速報

来週には、今年の申込状況の速報が流れると思います。

今年は昨年と比べて郵送を含めての申込状況はどうなっているでしょうか?
その前に、今週、インターネットの申込み状況が発表になると思います。
インタネーット申込が昨年は前年を下回りましたので、今年はどうなるか?

いずれにしても速報が出た時点で、改めてコメントしたいと思います。

 
さて、ここで、今後のスケジュールについてです。

まずは、受付票が各都道府県の協力機関より届きます。


○受付票の送付

・試験会場案内図等を記載した受付票(はがき)が協力機関より届きます。

 例えば、東京都の場合であれば、東京都防災・建築まちづくりセンターより郵送されます。

 *別途届く受験票には試験会場案内図は記載されません。

・受付票は、8月21日頃発送予定です。

・受付票が8月25日までに届かない場合は、8月28日以降に各協力期間まで問合せください。
 
・受付票の記載内容(住所・氏名)に誤りがあった場合には、8月28日までに各協力機関まで連絡してください。
 (ただし、転居による住所変更や婚姻による改姓は除きます。)


受付票は、受験するまで大切に保管してくださいね。

受付票に記載された試験地及び試験会場は、受験生の都合で変更することは一切できません。


今回届く受付票は、受験票ではありませんので注意してください。

受験票は、うすむらさきいろの葉書で、9月26日以降に郵送されてきます。

試験会場に絶対もっていかなくてはいけないのは、この受験票なのでお間違いなく。

もし、この受験票が10月3日まで届かない場合は、10月4日以降、不動産適正取引推進機構、協力機関に問合せ下さい。
(土日・祝日を除く9:30〜17:00)


保管先には注意してくださいね。

毎年、この受付票と受験票を混同される方がでてきます。

今の時期であれば、みなさんしっかりと認識されているのですが、試験はまだ2ヶ月半以上先です。

ついうっかり試験に行く際にバッグの中に受付票をだけを間違って入れてしまう。

あながちありえないことではありません。

それ故このブログでは、警鐘をならしています。
両方もっていく方が無難です。

もちろん、受付票を忘れても、会場の地図はスマホで検索すれば、
いくらでも調べれます。

対処法を決めておけば、決してあわてないのです。

要所要所で大事な確認ポイントについては、今後もこのブログにて告知していきますので、お気に入りにいれてのチェックをお忘れなきようにしてください。

本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成29年宅建受験にむけて☆インターネット申込終了と3連休の学習

平成29年インターネットでの宅建受験申込も土曜日15日をもって終了します

宅建受験申込に関しては、後は郵送申込のみになります。

ここでインターネット申込された方で忘れていけないことがあります。
申込情報の確認です。

必ず忘れずに行なってくださいね。

俺は、私は大丈夫と思っている方も、
そうは言わずに是非確認してください。

思わぬ落とし穴は、意外なところに隠れたりしています。
普段絶対大丈夫なことでも、意外なところで間違いをおかすこともあります。

是非確認してください。

宅建受験申込情報の確認方法です。

◎申込情報の確認及び訂正

 確認・訂正ができる期間
 平成29年7/3(月)午前9時30分
            〜平成29年7/21(金)午後11時59分まで

・ 自分の登録内容を確認をしたい場合
・ 入力ミスによる訂正を行う場合
・ コンビニ決済を選択された方で、払込みに必要な番号を忘れてしまった場合
  
*確認・訂正を行うには、申込みの際提供されるユーザID及びパスワードが必要となります。
 忘れずにメモしてください。

 もし、ユーザID及びパスワードを忘れた場合は、
 「受付トップ」の「確認・訂正はこちら」を選択した後に表示される
 「ログイン」画面の「パスワードを紛失された方はこちらへ」において
 再発行を受けることができます。 

*「確認・訂正はこちら」の画面で訂正できる項目は、「町村」、「番地」、
 「建物名及び部屋番号等」、「電話」、「携帯電話」、「その他の連絡先の名称」、
 「その他の連絡先の電話番号」「職業区分」、「メールアドレス」のみとなります。
  
上記の訂正可能な項目以外の項目を訂正したい場合は、
申込みをされた都道府県の協力機関に連絡してください。 

受験申込後、引越等により住所を変更した場合や、婚姻等により改姓等のあった場合については、
「訂正画面」での訂正はできません。
試験当日に試験監督員から「データ修正票」を受け取り、修正事項を記入の上、
試験終了時に提出してください。 

ご注意くださいね。


さて、話を宅建学習に移行します。

今週末は一般的に7月の3連休になります。
(もちろん出勤されている方もいますので一概にはいえませんので、一般的としています。)

3連休は学習をまとめてやるチャンス。

◎全日、学習予定されている方。
 →ご苦労さまです。その頑張りが、着々と次につながると思います。

◎2日だけ学習される計画の方。
 →遊びと学習を区別されたのなら、それはそれでいいと思います。
  1日間だけは気持ちを引き締めて頑張りましょう。

◎1日だけ学習される計画の方
 →最終日に学習することにより、平日学習につなげられます。
  最初に学習される方は、スピーディな先手の方です。その姿勢は今後の学習や試験当日役立ちます。
  中日を学習される方は、合間の学習は意外にも難しいです。それをできるあなたなら立派です。
  

さあ、今後お盆休み、企業によっては前半・後半の休みがある所もあります。

この休みの間をどう過ごすかが、今後の成否をわけます。

8月のお盆休みが終わるまでが、学習の一つの山場になります。

ここを上手に乗り切った方は、
ロングスパート → ラストスパートと、上手に移行できると思います。

そのためにも、この週末3連休を最大限活用しましょう。

夏場を制する者が宅建試験を制す。
決して、大げさなことではありません。

ファイト!ファイト!!

本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成29年宅建6ヶ月学習サポートコーナー☆中間点、あなたの本当の勝負はここから

平成29年宅建6ヶ月学習サポートの9回目です。
宅建6ヶ月学習で宅建学習計画を組まれた方は、ちょうど折り返しの中間点を過ぎたあたりになりましたね。

3ヶ月間頑張ってこられたあなたなら、まずは中間点到達おめでとうございます。

さて、ここからが本等の勝負です。

あなたの実力が更に更に飛躍していくチャンスの時です。

ここで手を抜いちゃ駄目ですよ。

ここで手を抜くと折角の飛躍のチャンスを棒にふることになります。

それだけに、一番肝心なところです。
必ずや、残り3ヶ月も乗り切れるはずです。

宅建試験において、6ヶ月学習はやはり王道です。

いち早く、学習に取り組んだあなたを最後の最後まで応援します。
さて、今はもちろんあなたはアウトプット学習が中心のはずです。

人によってはインプットに立ち返りながらアウトプットに勢を出しているかもしれません。

その調子です。
それでいいんです。

6ヶ月学習の方は、やはり過去問は10回転してほしいですね。

10回転やれば、かなりの実力アップにつながります。
アウトプット学習は、なんやかんや言っても過去問集の回転をこなすことが一番の近道です。
とにかく繰り返す。

余計なことを考えすぎないで、ひらすら繰り返す。

結局はこの継続が、一番確実です。
昨日書いたスピードも自然と意識せずついてくるはずです。

あなたの先行者としての優位性を保つのも、このアウトプット次第になります。
そのための回転です。

余計な外部の声は気にせず、今は自分自身をしっかりとみつめて頑張りましょう。

宅建試験本番で最大の力を発揮するために。
宅建試験後の自己採点でボーダーを大きく上回るために。
そして、余裕で合格発表を迎えるためにです。

合格のステージは、あなたのために用意されています。

本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成29年宅建受験にむけて☆受験申込みの注意点について動画紹介

明日は七夕ですね。
首都圏ではさすがに天の川は見えませんが、私の故郷福岡の片田舎では庭に出て、
空を見上げると北斗七星とともに天の川を見ることができました。

満点の星、星降る夜そのものでした。

さて、平成29年宅建試験受験申込みは完了しましたか?


なかには、仕事が忙しく・・・ついついまだという方もいることでしょう。

そんな方のために動画を用意しています。

よければ、ご活用ください。



インターネット申込みと郵送申込みの注意点は、ブログの方にもまとめています。

是非、参考になさってください。




本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成29年宅建受験にむけて☆郵送での受験申込で注意するポイント解説

宅建申込みが、いよいよ本日から開始されます。

インターネットでの申込は15日まで。

まだまだ時間があると思われますが、締切間際だとあわてたりアクセスが集中して途中でエラーになるリスクもでてきます。

インターネットで申込される方は、早い段階ですませましょうね。


さて今回は、郵送での申込のポイントについて紹介します。

郵送での申込みは締め切り期限までは、まだかなり余裕がありますので、ついうっかりすると申込期限真近までになりやすいです。

インターネット申込よりも要注意です。

私もつい仕事が忙しく後回しにしていたら、申込が最終日になりました。
油断は禁物です。

また郵送での申し込みの場合は、書類はちゃんと届いただろうか?
書類に不備はなかっただろうか?
記入ミスはなかっただろうか?

心配される方にとっては、ちょっとしたことが頭痛の種になります。

今回は、そんな郵送申込で注意することを紹介します。


【注意点】
1.簡易書留での手続きをすること。
  近くのポスト投函は絶対駄目ですよ。
  必ず、郵便局で手続きをすることです。

2.希望試験会場は、第1から第5希望までを記入。
  *東京都の場合になります。

  試験会場は先着順なので、後で申込をするほど、
  希望の会場にならなくなります。
  試験会場は本当に大事ですよ・・・・。

3.写真は特に要注意。
  
  規定のサイズ、顔の寸法条件を確認して。
  その他の条件にも十分注意をして。

  縦4.5cm×横3.5cm(パスポートサイズ)
  顔の寸法は、頭頂からあごまで3.2cm以上3.6cm以下
  のもの。

  平成29年4月1日以降に撮影したもの
  (カラー、白黒いずれでも可)

写真は、本当に要注意です。
私は写真で、あわや受験できない可能性があったことを、ブログやメルマガでも何度も書きました。

最終日の持込で、顔の大きさが所定の範囲にややかけていたのですが、幸いにも受理してもらえました。
(持って行った家族のおかげです。感謝感謝です)

もし受理されてなかったら・・・・もちろん受験できていません。
受験前に白旗になっていました。

たかが写真と絶対に思わないで下さい。

土壇場に申し込んで写真がNGとなった場合、取り直し処理の時間がありませんので、不受理となる可能性があります。

それだけに写真をとったら、指定の条件にあっているか、必ず確認してください。


4.受験手数料の納付方法
  郵便局または銀行の窓口で支払ってください。
  (ATMは駄目です。)

  受付証明書に受付印がないものは受付されません。
  赤い枠で囲まれた振替払込受付証明書(銀行の場合は、
  銀行振込受付証明書)


封筒も所定のものを利用してください。
差出人の現住所、氏名も必ず記入してください。


5.提出書類

  ○受験申込書

   訂正は、二重線で消して書き直してください。
   (訂正印はいりません)

  
最後の最後にへまをしないように十分注意してください。

できるだけ、7月7日までに手続きを終えてください。

詳しくは、入手した各都道府県の試験案内を参照してください。
よく読んでくださいね。

今仮に大阪にいても、現住所が東京であれば、東京都で受験するしかありません。

例え仕事で長期出張でも融通はききません。


試験会場が複数ある都道府県では先着順で決まっていきます。

希望する試験会場や場所がある場合は、とにかく早めの応募をしてください。

簡易書留ですから、ポストに投函しないでくださいね。

必ず郵便局の窓口で簡易書留の手続きをしてください。

書留の申請用紙は、郵便局にあります。

送り先の宛名、差出人(自分の名前)を書いて郵便の窓口でやってください。

小さい郵便局は平日大体夕方5時位までです。

土日・祝日はやっていないと思います。

配達をしている大きめの郵便局は7時くらいまで大丈夫だと思います。
場所によっては時間外でも受付してくれるところもあります。

いずれにしても試験案内をよく読み、今からインターネットで申し込まれる方は、写真や支払い方法など決めて落ち着いて入力してください。

郵送の場合も、落ち着いて書けば大丈夫です。

インターネットの場合は、後で一部修正が可能です。
(パスワードの忘れにも注意してくださいね。)

郵送の場合でも後で届く受付票を見て誤りがあれば、修正できます。

もちろん受験地の変更、試験会場の変更は、後では絶対にできませんから注意してくださいね。


最後に、もう1回。

写真はとにかく大事です。

何度も書いていますが私もあわや不受理になりかけましたので、しつこいくらいに警鐘をならしています。

みなさんが何事もなく手続きを無事終え、気持ちを更に高めて学習に邁進されていくことを祈るばかりです。

今後も要所要所で、書類に関する注意すべきことを記事としてアップしていきますので、当ブログ、メルマガ、フェイスブック、ツイッターに注目してください。

是非、お気に入りて毎日ペースメーカーとして使用されることをお勧めします。
また、フェイスブックをやられている方は私が運営しています宅建受験交流会のグループに参加申請をしてください。
プロフィールなど確認させていただき、承認をさせていただきます。


本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


Categories
Amazonライブリンク