宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

合格

◎ブログ最新ニュース
●電子書籍新刊発売中です。
 『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●3ヶ月学習に必須の学習指南書です。
 『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!:
     3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』
  ↓     ↓
 http://goo.gl/FqcjKg

●夏の学習を書き抜くために・・
 『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓   ↓
 http://p.tl/p69w

●宅建メルマガ読者募集中!

 詳細と申込みはこちらから
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52231259.html

平成29年宅建合格に向けて☆学習を頑張るあなたへのエール3

学習を頑張るあなたへのエール』3回目です。

6月は後3日、そして7月に入ります。
それに伴い、「宅建 テキスト」で検索される方が増えてきます。

当ブログでも「宅建テキスト」に関するのカテゴリーを見られる方が増えています。
例年どおり、今から宅建学習を始める方が多いからです。

今年は昨年以上に出足が早いですね。

それだけに、例年の調子でのんびり構えていると遅れをとりますよ。


さて、夏場の学習ですが一言に集約できます。
それは粘りです。

粘って粘って、後10分・後5分・後1分と学習するぞの立ち向かっていく気持ちが絶対に必要です。

夏はちょっとしたことがきっかけで、学習のモチベーションが一気に下がりますし、体調も壊しやすくなります。

メンタル・メンタルと何度も言いたくはないのですが、結果的には大事な要素になります。

年輩者は夏場の学習に強い。

それはメンタル面からきているのかもしれません。
だからこそ、メンタル面あなどらないでくださいね。

夏場の学習は、根気との戦いになります。

それに打ち勝つことが、9月以降の大きな実力アップにつながっていきます。

今は、過去問を間違ってばかりでも、十分実力アップが可能です。

要は宅建試験当日に最高の成果をだせばいいこと。
途中で受ける模試試験の結果も気にしないこと。

宅建学習途上の方ならなおさらです。

今はひたすら粘って粘って学習にいそしむこと。
この粘りが必ず、あなたの血となり肉となります。

暑さに負けるな!

環境の変化に負けるな!

与えられた休みの機会は有効に活用しましょう。

本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成29年宅建合格に向けて☆学習を頑張るあなたへのエール2

『学習を頑張るあなたへのエール』2回目です。

この宅建ブログは、いろんな地域の方が読まれています。
北は北海道から、南は沖縄まで・・・

過去のコメントやアンケート結果から推察すると、首都圏の方よりも首都圏外の方が多いような気がします。

首都圏だと予備校などにも通いやすい範囲内にあり、学習環境の選択肢が多いことが推察されます。

地域はそれぞれですが言えることは一つです。

みんな、宅建合格に向けて頑張って取り組んでいること。

頑張っていることです。

このブログでは、そんなつながりを心の友と考えていますが、みんなが一つの目標に向かってつながっている。

素晴らしいことですね。

それだけに学習に負けないでくださいね。

時には学習をしたくないときだってあります。

人間ですからね。

でもつながっているみんなの顔を想像してください。

そして10分でも20分でも学習に取り組んでください。


もし、頑張ろうとして・・・でもできなかった。
例えこんな日があっても自分自身を卑下しないことです。

誰でも同じ人間です。
弱い結果に終わることだってあります。

そんな日があっても別に不思議ではないです。

1日の結果が全てを語っているわけではありません。

私もそうですよ。

結果論をなげかず、そんな日が1日位あってもいいじゃないかと開き直りましょう。


あなたは、決して一人ではない。
独学されている方の思いでつながっています。

例え、姿・形は見えないけれど、心の友がいることを感じてください。
あなたには目に見えないけれど、同じ目標に向かっている心の友がいる。


もちろん、私もそのうちの一人です。

心の友として最後の最後まであなたを応援しています。


本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建アマゾン電子書籍kindle版☆宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!

『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!:3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』

文字通り、今からの学習開始で合格を勝ち取るための戦略をまとめています。

このブログをご覧の方の中には、
今から学習開始する方もいると思います。

そんな方のお役にたてるような内容となっています。

独学する上において、
一番わからないのが学習の仕方であり、
どういう基準で、どんな方法で学習をするかです。

3ヶ月学習は宅建合格を一発で決める際の最低条件になると思います。
私自身も経験した3ヶ月学習です。

是非、参考にしてくださいね。

販売価格はわずか99円。

非常にお求めやすくなっています。

缶ジュースを自動販売機で購入する程度の気軽な価格です。

内容については、7月のこの時期に話す内容を網羅しています。
レジュメを購入するよりも、更に安いです。

電子書籍なら、セミナーに参加できない遠方の方でも利用できます。

中には、電子書籍は読む方法がないと言う方もいるかもしれません。
でも、今は読む方法はいくらでもあります。

スマホやiPhoneでも、kindleの無料アプリを入れれば読めます。
それだけではなく、今はパソコン(WindowsでもMACでも)でも読めるようになりました。

よく、セミナーの際、「パソコンで読めませんか?」の質問を頂いてました。
当時はパソコンでは読めなかったのですが、今では可能なのです。

是非、活用ください

※パソコンへの入れ方については、以下のアマゾンサイトをご参照してください。
   ↓    ↓
 https://www.amazon.co.jp/gp/digital/fiona/kcp-landing-page?ie=UTF8&ref_=klp_mn

※iPhone、iPod、iPadをご利用のお客様は、SafariなどのウェブブラウザからKindleストアに
 アクセスして商品をご購入いただけます。
 購入時に、Kindle for iPhoneまたはKindle for iPadがインストールされた端末を
 配信先として選択してください。


 【目次】
第1章 7月からの王道学習
初受験の方の心構え
リベンジ受験の方の心構え     
宅建合格までのロードマップを描く         
イメージングの徹底活用       
    
第2章 3ヶ月学習戦略
7月からの学習ポイント
インプット学習でのポイント
アウトプット学習でのポイント
アウトプット学習一色期間中でのコツ
学習中にはやってはいけないこと
学習場所
テキスト・過去問集の選び方
3ヶ月学習モデルプランの紹介
アウトプット学習中にインプットのスパイスを入れる

第3章 理想の得点パターン
試験問題の配分について
公開模試の必勝活用法
宅建受験申込みの注意点

本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成29宅建学習のポイント(合格に必要な心構え・極意)

今回は、宅建合格に必要な心構え・極意を紹介します。

◎宅建合格の秘訣

合格の秘訣は何ですか?
 
よく聞かれることです。

答えは一つです。
残念ながら合格を約束する秘訣はありません。

合格するためには、最低限の学習はどうしても必要です。

学習なしで宅建試験の知識なしで、奇跡的に合格する確率は、限りなく0%に近いと思います。
競争率がもっと厳しい資格からみれば、たかが宅建ですがされど宅建です。

それなりに、頑張らないと合格を確実にゲットすることは難しいです。
  
ただし最低限の宅建試験を受ける時のコツ、試験問題解法のテクニックはありますので、過去記事や今後のブログの記事を参考にしてください。

これを知っているのと知らないとでは、時として、大きな差となって結果に出ますから・・・


◎合格発表を喜びで迎えるために必要なこと

今現在あなたにとって必要なことは、あなたの学習状況によって違います。

6ヶ月以上の学習をしてきたのなら、間違いなく今現在はロングラストスパートの時期にきています。

4ヶ月学習のあなたは学習を始めたばかりです。

3ヶ月学習の方ならまだこのブログとも縁ができていない状態です。

学習期間はどうあれ共通して言えることは、『絶対、合格する』という気持ち、『試験で合格点を必ずとる』という気持ちを忘れないことです。

強い信念をもってください。
この気持ちを貫いた方が合格の栄冠を勝ち得ると思います。
自分が思い描いた合格シーンを迎えることができます。


◎私の宅建合格経験
 
私も合格に対する思いは、人一倍強かったと思います。

宅建試験前、試験中、試験後にいろんなことが起きました。
でもしっかりと合格の栄冠を、最終的には勝ち得ています。

3ヶ月学習で一発合格。
響きはいいですね。

それなりの学習はやってきたことだけは間違いありません。
決して、私自身が時間に余裕のある仕事ではありませんでしたので、それだけに学習時間の限られたあなたにとっては、参考になる記事を提供できるのではないかと感じます。

早い時期での宅建試験後に関しての記事アップを行いました。
この時期のせいか、まだピンとこない方も多数いると思います。

なぜ、こんな時期にアップしているか?

その答えに関する私の思いは、少しでも早い時期に知ってほしいという願望があります。

8月や9月になれば必要性は嫌でも高まります。
10月になれば、食い入るようにアクセスが急増します。

少しでも早く知ってもらえていれば、気持ちに余裕をもって宅建試験を迎えさせてあげれるのに・・・

そういう訳で、例年早めの紹介をしています。

一早く読んでいただいたあなたは、間違いなく宅建合格に向けての宅建合格のためのマインドを理解していただけたと思います。

最後に是非、私の合格体験記を読んでみてください。

ハラハラ、ドキドキの展開です。
すんなり合格した経験は、素晴らしいことです。
48点で合格。
かっこいいです。

でも、実際本当に多くの方に役にたつのは、成功体験よりも失敗体験の方なのです。

ビジネスの世界でも成功例はもてはやされますが、失敗例こそ読む側にとっては重要な勝利に導くヒントが隠されています。

「成功は一日で捨てされ」

ユニクロの柳井社長が言われています。

成功例よりも失敗例に多くの学ぶべき教訓が隠されています。

苦労して合格した経験は、これから学習する方にとって、反面教師として大いに参考になることでしょう。

人間修羅場をくぐった経験は強いですよ。

今は縁になりたくもない経験かもしれませんが、その経験が必要な時はあなたに突然やってきます。

本当に突然やってきます。

その時に、あわてても間に合わないのです。

あの時イッチャンが言う通り読んでおけばよかったと思っても、時遅しです。

きっと、あなたにとって役立つことがあるからこそ、力説して書いているわけです。

「宅建学習について」をもう一度読み返してもらうこともあなたのモチベーションのアップにつながりますし、心強い宅建試験対策になることと思います。


本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建電子書籍新刊『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』☆6/5より発売開始です

『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版):今年の合格を絶対に諦めないための逆転合格バイブル』

予約受付をしていましたが、6/5より発売を開始しました。
販売価格は159円。

一発合格の思いをこめた価格イメージにしています。
1→一発、59→合格。

1ヶ月学習ということで、6月の今からするとピンと来にくいかもしれませんが、
実際は、2カ月学習でも、3カ月学習でも、4カ月学習でも応用が利く構成となっています。

学習時間を、あなたの実情に即したものにアレンジする。
宅建試験までの残り期間から逆算し、あなたの学習スケジュールに合わせる。

人より記憶が悪い・・・
学習スピードが遅いと思えば、学習期間と1日の学習時間で調整する。

自由度は高いので、本書に書かれている大事なポイントを押さえるようにしていってください。

また、学習の濃さで学習構成を変えることもできます。
学習は、短期間で復習した方が忘れにくくなります。
当然、それを繰り返せばより定着していきます。

期間が長くなった分、短期間での繰り返しを入れていけば、
中高年の方にありがちな「私は記憶力がないから・・・」
こういう課題も克服できていくわけです。

このあたりの工夫ができるのが、
『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』

是非、購入くださいね。

●詳細と購入はこちらから
  ↓   ↓

本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


Categories
Amazonライブリンク