宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

合格

◎ブログ最新ニュース
●宅建メルマガ読者募集中!

 詳細と申込みはこちらから
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52231259.html

●宅建初受験、最初に読むべき電子書籍4冊です。
 『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓   ↓
 http://goo.gl/oHSEfz

 『宅建受験生必読!資格合格から未来像を描く成功鉄則20』
   ↓   ↓
 http://goo.gl/VW3WKR

 『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓   ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

 『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓   ↓
 http://p.tl/p69w

平成29年宅建合格に向けて☆『たかが宅建、されど宅建』自分の置かれている立場で使い分け

昨日から仕事始めの方が多かったと思います。
今日から仕事始めの方もいると思います。
私も今日からになります。


まずは、この言葉を年頭のこの時期に贈ります。

『たかが宅建、されど宅建』

宅建受験される方にとっては、考えさせられる言葉です。

『たかが宅建』

この意味は二通りで使われます。

一つは私が実際、知人から言われたことですが、
「宅建とって、どうするの?」

不動産業界にいるならともかく・・
不動産業界に転職するならまだしも・・・
今の仕事と関係ないことなのに・・・
ましてや不動産屋になるわけでもないのに・・・・

悪気がないだけに、
逆に言われてしばらくしてから、
妙にずしりと心に突き刺さる言葉でした。

確かに私が宅建合格した当時は、
宅建をとったことで何をして行くのか、
どのように活かしていくのかなど、
あまり深く考えていなかったのも事実です。

それだけに知人の何気ない一言が、
「宅建とって今の仕事に役立つの?
 役立たない無駄な資格、無駄な資格をとるために時間を無駄遣いしたの」
 と時間が経つにつれて脳裏の奥底に響いてきたのです。

そんな経験もあり、
あなたには逆に私と同じような思いをしてほしくない。
そんな思いからアドバイスしています。


もう一つの意味としては、
宅建学習に悩んでいる方に向けて鼓舞するために使います。

宅建学習なんかに負けないで!
あなたならできる!

頑張って!の励ましの意味がこめられています。
受けて側にとって、元気・ヤル気につながればの思いです。
私が普段使わのは、こちらの方での言い方になります。


『されど宅建』

これは宅建だからといってなめてかかっていると、
思わぬ結果になるので自分自身を戒めるために使います。

順調に学習が進展し模試でも高得点がとれているときに、
心が油断してしまうと、
宅建試験本番で思わぬ結果になることがあります。

実力ある人がよもやの不合格になってしまう。
これは現実にある姿です。

そうならないように注意しましょうの意味で使います。

『たかが宅建、されど宅建』
『されど宅建、たかが宅建』

順番をかえるだけで、受け取り方が違ってきます。

自分のその時々の学習状況に応じて、
自分のモチベーション維持のために、
要所要所での自分の気持ちにくさびを打つ目的で、
使い分けてください。

言葉は使いようによって、
あなたの心の強みにも弱みにもなります。

言霊。

どうせ使うのであればプラスに使っていきましょう。

本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


記事タイトル宅建合格発表が終わって今この時期にこそ読んでほしい電子書籍☆宅建小説(二人の主人公)

宅建初受験の方に向けて・・・
宅建リベンジ受験される方に向けて・・・

それぞれに向けての二つの小説タッチのストーリーを書いています。

読まれた方はいますか?

◎宅建初受験の方に向けて

『宅建とるぞ!☆宅建月人の初受験ストーリー』

宅建初受験者のために書いた宅建小説です。

男性の主人公 宅建月人(たくたて つきと)が宅建試験合格を目指す物語です。

作成コンセプトとしては、この宅建学習・受験物語を通して
あの有名なビジネス本『ザ・ゴール』のように、
物語を読むことにより宅建の概要だけでなく、
ポイントやコツ・注意点などが自然とみにつくように構成しています。
途中思考錯誤する場面もありますが、
独学の受験生が特に陥りやすいことを、反面教師として警鐘をならす意味合いもこめています。

楽天コボの方では定期的によく売れています。

読みやすさもさることながら、主人公に自分を重ねれば合格するイメージが習得できます。
私からのアドバイス風のコラムも掲載していますの、参考になります。

目次です。

※全41話 コラム数27

第1話(出会い)
第2話(宅建受験決意)
第3話(宅建塾との遭遇)
第4話(ネット検索ではまる)
第5話(意外な一致、気持ちが揺れる)

第6話(出る順か宅建塾か?決断の時)
第7話(出る順1ページ目をめくる)
第8話(一つの大きなチャンス)
第9話(思わぬ結末)
第10話(学習について悩む)

第11話(通信講座に活路を導き出す)
第12話(ユーキャンの魅力)
第13話(基本に立ち戻る)
第14話(民法に悪戦苦闘、でも充実)
第15話(過去問にチャレンジ)

第16話(宅建業法へ突入)
第17話(宅建業法過去問)
第18話(学習のコツ)
第19話(夢子ちゃんのピンチ)
第20話(夢子ちゃんとの再会)

第21話(合格への再度の誓い)
第22話(法令上の制限、数値の戦い)
第23話(いろんな思いにふける)
第24話(過去問の活用)
第25話(現在の実力、結果は?)

第26話(ついに結果発表)
第27話(ブログとの出会い)
第28話(宅建ブログ、歴史の長さに驚き)
第29話(ライバル出現)
第30話(模試に悔しさをぶつける)

第31話(模試の結果は?泣き笑い)
第32話(あせる想い、あせりに冷や汗)
第33話(過去問回転数5回突破)
第34話(宅建模試に再挑戦)
第35話(宅建模試再チャレンジ)

第36話(模試の結果をばねにラストスパート)
第37話(宅建試験本番を迎える)
第38話(自己採点)
第39話(夢子ちゃんとキャツの点数)
第40話(意外な事実)
最終話(ここに花開くか?)

番外編→最終話からのその後として、番外編を追加しています。



◎宅建リベンジ受験の方に向けて

『宅建リベンジストーリー』

ヒロイン桜井咲が前年の宅建不合格の悔しさを胸に、
宅建学習に頑張る様子を小説タッチにしたものです。 

読むだけで、宅建リベンジに必要な心構えや学習のポイントなどが
わかるようなっています。

友情あり、恋の予感もかんじさせながら物語は進行していきます。 

来年リベンジのあなたには、きっと相通じる共感できる部分があります。
男性の方は応援したくなりますし、
女性の方なら等身大の自分と重なるかもしれません。

咲ちゃんと是非、リベンジを果たしてください。

目次です。

※全31話

第1話  リベンジへの誓い
第2話  自分の敗因
第3話  受験の告白
第4話  土曜日の学習
第5話  咲の誕生日

第6話  何もない週末
第7話  信州旅行
第8話  調子が出ない・・
第9話自 信喪失と自己嫌悪
第10話 ヤル気の出ない日々

第11話 ある人からのメール
第12話 再スタート
第13話 権利関係の一問一答
第14話 一問の積み重ね
第15話 権利関係で苦手なこと

第16話 早速、申し込んだよ!
第17話 ある教材の活用
第18話 ライバルの出現?
第19話 法令上の制限の学習方針 
第20話 暗記に一工夫

第21話 学習に遊び心
第22話 ライバルとある人の登場
第23話 更にライバル出現?
第24話 公開模試の存在? 
第25話 公開模試に挑む!

第26話 ドキドキの模試の結果は? 
第27話 気持ちの転換、ラストスパート
第28話 ライバルとの友情?
第29話 適度の緊張感
第30話 試験当日、運命の時

最終話  運命の合格発表!

番外編→こちらも特別な物語を入れています。
    どんなことなのか?
    最終的にはハッピーになってほしい!
 


本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


合格発表間近!今こそ読んでほしい電子書籍☆『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌』

宅建電子書籍
宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう

合格発表まで後わずか、
今の時期にこそ読んでほしい電子書籍です。


以下、アマゾンレビューより転載いたします。

・・・転載ここから・・・

・資格試験を受けるときは、そのための教科書や参考書を選ぶことを
重要視すると思います。
しかし、それ以外に精神的なアドバイスを受けることも効果的な場合があります。
受験の不安やストレスで元気がなくなったり、悩んでいる方にとって、
本書はきっと力になってくれると思います。

学習時と本番時それぞれの意識の持ち方や考え方にテクニカル要素を
添える形でアドバイスしてくれているのが本書の特徴だと思いました。
受験仲間が身近にいない方にとっては、
いろいろな応援コメントがあなたの受験の支えになってくれることでしょう。

・イッチャンさんの本は、毎回興味深く読ませて頂いております。
この本は宅建直前期にこそ、読むべき本だと思いました。

宅建受験生ですが、ブログ読者さんの温かいエールとみやざき先生と
イッチャンのエールに、不安で燻る心が柔らかくほぐれました。

大村さんの体験記に思わず目頭が熱くなりました。
諦めない大切さ、学ばせていただきました。

10/20を最高のコンディションで迎えられるよう、
最後までしっかり走り抜けたいと思います。

宅建合格するぞぉーっ(^^)/ 

・メールマガジンとブログで知りました。
知ったのが試験1週間前でしたが、試験直前期にたくさんのエールと
元気をいただきました。
心の持ち方も大事なんだと知りました。
ありがとうございました。

・宅建にはメンタルが大事なこと、継続は力なり、あきらめないこと、
それが合格へとつながる。
大村さんの合格までの道のりは多くの方参考になります。

・・・転載ここまで・・・

最後に内容を紹介します。

第一章、第二章では宅建受験以前のことになりますが、
学習時期のことを回想しながら読んでみるのも、
この時期だからこそ、許されることです。

時には、温故知新することも大事です。

第三章では、あなたのエール、勇気やヤル気をあげることに焦点を絞っています。
私の合格体験記、ブログ読者の合格体験記、宅建合格者からの一言エール、
ブログオフ会メンバーからのエール、宮嵜先生からのエール、そして私からのエール
などバラエティーに富んでいます。

最後は日本らしく、書の字であなたの合格祈願の思いを込めました。
書道家 矢部澄翔さんに合格祈願の思いを目一杯こめて書いていただきました。
流石に、文字に力がはいっています。

最後の合格の願いもこめて・・・

これを毎日みるだけでも、合格に対するあなた自身のイメージつくりや意識付けに
役立つでしょう。

【目次】
●第三章 合格体験から勇気と元気をもらおう
・私の合格体験(苦難から得たもの)
・宅建ブログ読者の7つの合格体験
・宅建合格者からの一言エール
・ブログオフ会メンバーからのエール
・宮嵜先生からのエール
・イッチャンからのエール
・激励!宅建合格!!

是非、紐解いてみてくださいね。




宅建合格祈願!自分自身の今年の合格を信じて、1クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建ブログ読者の平成28年宅建合格体験記を募集します!

平成28年宅建試験受験された方へのお願いです。

あなたの宅建合格体験記を募集します。

現在、このブログには私自身の合格体験記と
平成23年〜27年の宅建合格者の方の合格体験記を掲載しています。

平成23年〜27宅建合格者の方の合格体験記は、
カテゴリー『読者の合格体験記』に掲載しています。

そこで、以下のような形で今年も掲載いたします。
紹介例です。


(紹介例)

 『○○さんの平成28年宅建試験合格体験記』

  〜 *ここにサブタイトルが入ります。  〜
        ↓
      サブタイトルをご自身で指定してください。


        *プロフィール
            ↓
     プロフィールを掲載可能な範囲でお書きください。
     書きたくない方は、不要です。
     写真(イメージ)、似顔絵もOKです。

    *本文
      ↓
     本文の書き方は自由です。
     改行もご自身で設定してください。
     但し、ブログの表記上、内容を修正・変更する場合があります。)


    *合格証書
      ↓
     可能な方のみ。
     (名前や番号は隠します)

    *来年受験される方へのエール
          ↓
     エール、アドバイスをご記入ください。


平成28年宅建合格発表前に事前告知しているのは、
合格発表後だと見られる人に限りがあるため早めの告知としています。

いろんな宅建合格例が、来年以降に受験される方の貴重な経験談となります。

初受験で今現在ボーダーを越えている方。
見事今年リベンジでボーダーを越えている方。
そして、今現在ボーダーですが合格の暁には書いてもいいよという方。

メールフォームから件名に「宅建合格体験記」と記入し、
必要事項を入力してご応募ください。

可能な方は、合格証書も掲載したいと思います。
(ペイントソフトで名前や番号など個人情報に触れる部分を、
         消してデータを送ってもらえれば幸いです。
          私の方でも加工はできます。)

合格発表日から数日後に、
体験記の送付先などの案内を記載したメールを、
メールアドレスに連絡いたします。

また、このブログに掲載するだけでなく、
電子書籍
『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
にも来年に入ってからの改訂時に掲載します。

最後に、ご協力頂いた方のうち、抽選で3名の方に1,000円分のデパート
商品券をさしあげます。
(応募者多数の場合は、当選者の方には通知いたします)

ちなみに昨年は、応募者6名でした。

ご協力をお待ちしております。

応募条件:ブログ読者であること(宅建試験後の読者でももちろんOKです。期間も問いません)
     *私が発行するメルマガ購読者、運営するフェイスブックグループ加入者もOKです

応募期限:12月13日(火)PM11:00まで


宅建合格祈願!自分自身の今年の合格を信じて、1クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成28年宅建試験合格推定点☆5週間後の各発表状況

平成28年宅建試験が終了して5週間がたちました。
そして、合格発表日は来週です。
もう一息です。

各校の合格推定点一覧です。
●平成28年主要先推定点一覧
(平成28年11月20日21時00分現在)

◎TAC   35±1
◎日建学院 34点±1 
◎大原   36±1
◎LEC   35±1
◎大栄   35

◎宮嵜ブログ 34(80%)、35(20%) 
◎水野ブログ  34点(50%)or35点(50%)
◎住宅新報(10/18号) 35点もしくは36点

推定点状況の一覧をみても、何もかわるわけでもありませんが、
みたくなる気持ちはよくわかります。

ただ、一覧は一覧ですから・・・
予想が当たったとしてもそれだけの話です。

大事なのは、あなたにとってどうなのか?
今後の自分自身の進み方を考えて、今どうすべきなのか?
今後、何に焦点をあてていくのか?

よく考えましょう。

場合によっては、直感に頼った方がいい結果を生むことがあります。
直感に頼るのも一つの選択肢です。

資格をとっていくことも大事ですが、資格マニアにならない限り、
ありすぎても大きな価値にはなりません。

最終的に社労士になるのであれば、社労士試験にターゲットを置くべきです。
また、社労士は以前と違って資格をとれば飯が食える時代は終わっています。
経営センス、営業センスも問われてきます。
人脈、交流も大事になります。
資格をとることがゴールにならないこと。
スタートラインに立ったことにすぎないことを肝に命じておく必要があります。

そうでないと、道を見失います。

そうしないためにも、この待機期間を活用して自分自身の将来、
家族がある方は家族を含めて将来プランを描いてください。

11月30日は、刻一刻と近づいてきています。
11月30日の日付が変わった瞬間に、週刊住宅と住宅新報から速報が流れます。

ホームページはアクセスが集中しますので、なかなかつながりにくくなります。
住宅新報のツイッターや週刊住宅のツイッター・フェイスブックの方が早いです。

今年は違う告知パターンもあるかもしれません。
インスタ?
SNSは多様化していますので、予測はつきにくいです。

インスタでは多くの若い世代が合格証書を投稿しています。
是非、合格の暁にはあなたも利用してみてください。
(#宅建 がキーワードです)

私の方でも、確認後に速報を流します。
メルマガとブログの双方で流しますので、このブログを見て頂ければすぐに
合格基準点を確認できます。

合格者の中にあなたの受験番号があればいいですね。
合格証書を受け取ると、合格した実感がより湧きます。

合格証書は、以前のものよりは紙質や体裁がちょっと・・・の感覚ですが、
まぎれもなきあなたの合格を証明した合格証書です。

やはり、それを手にした時の喜びは、うれしいものです。
特に、学習に一生懸命取り組んで合格した方や
この待機期間を苦しい思いで合格を勝ち得た方の喜びは一塩ですよ。
(インスタに投稿される方の気持ちはよくわかります)

私が、管業よりも宅建の合格に特別の思い入れがあるのはそのためです。

あなたの思いをのせた11月30日。
もう来週に迫っています。

栄冠をあなたに・・・


宅建合格祈願!自分自身の今年の合格を信じて、1クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


Categories
Amazonライブリンク