宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)人気ブログランキングとブログ村ランキングはこちらに設置しました。
 試験合格目指して応援お願いします。
   ↓   ↓
 https://blog.with2.net/link/?366700
 
2) トピックス
 ●noteで各種マガジン配信中です。
『軍師『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン入門編』
 https://note.com/iccyan/m/mc51b99b1568d

『『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン(実践編』
 https://note.com/iccyan/m/m7faff6892e7a

3)マガジン紹介
●宅建独学ペースメーカーマガジン登録受付中
 初月無料です。
 単発記事を読むことも可能です。
 学習のモチベーション維持に活用下さいね。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan/m/m6591c7db5979

合格マインド

宅建試験は、1点1点の積み重ねです。
たかが1点ですが、されど1点です。
1点によっては合格という喜ぶ側に廻りますし、逆に1点によって不合格という悲しむ側に廻ることにもなります。
たかが1点なのに、その人の運命が分かれます。
厳しいことですが、実際の現実の姿です。

毎年、残念ながらこの悲しいドラマは繰り返されます。
初受験のあなたには想像しにくいことですが、リベンジの方にとっては痛いほどわかることです。
本当に痛いほどわかるはずです。
不幸にも経験された方にとっては、今、努力されて頑張っていること、本当に立派だと思います。
初受験の方は、そうならないように意識してください。

例で話します。

令和2年の10月受験での合格基準点は38点でした。
39点でも合格です。
40点でも合格です。
38点でも合格です。

しかし、37点では間違いなく不合格になりました。

後1点なのに・・・

例年、合格基準点の前後の点数には沢山の方が該当します。
合格基準点は、合格発表日までは関係者以外はわかりませんので、各予備校が出す合格推定点により、ある範囲でのボーダラインが必然的に生まれます。

自己採点がそのボーダーライン上にきた方が、大変な不安と戦うことになります。
現状の宅建試験方式では、どうしても毎年繰り返される出来事になります。
また人によってはマークシートの間違いがなかったか?と、不安に思う方もおり、自己採点が合格推定点より上の方でも、心配の種はつきません。
この不安を少しでも和らげるために、当ブログでは、合格発表日まで、いろんなエール、激励、サポートを行なっています。
そのため、本当に沢山の方が訪れることになります。

できることなら、今このブログを読まれているあなたに、その輪の中には入ってほしくないのが私の今の率直な気持ちです。
余裕の自己採点で、合格発表日まで過ごすあなたであってほしい。
それをするためには、1点の重みをしっかりと今知るべきです。
平素の宅建学習においては、基本問題重視でCランク問題に時間を費やすべきではないと書いています。

でも、宅建試験本番時にCランクを完全無視しろといっているのではありません。
宅建試験本番時においては、Aランク→Bランク(実際には、あなたが解ける問題)を先に確実に解き、最後にCランク(あなたが解けていない問題)に喰らいつき、1点をもぎとることに執着してほしいのです。
基本をしっかり押さえたあなたなら、粘って、粘って、粘って絞込んでほしいのです。
その粘りがあれば、Cランクといえども、貴重な1点をゲットできる可能性があります。
その1点が、あなたを救うことになるかもしれません。

私がそうでしたから・・・

その1点で、合格に廻ることができます。
スレスレでも、満点でも同じ宅建合格ですよ。

合格に優劣はありません。
得点によって、宅建合格のランクが変わるわけではありません。

しかし、合格基準点を1点でも下回ると不合格です。
後1点でも、後10点でも、同じ不合格です。
そんな思いは、絶対にしたくはないですよね。
宅建試験での1点の重みを十分に認識し、あなたが今やるべき学習にまい進していれば勝利は微笑むはずです。

きっと、たとえ苦難に直面したとしても1点に救われることでしょう。
私と同じように・・・
宅建の神様と勝利の女神を味方につけましょう。

宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


この宅建ブログでは、単に宅建だけにとらわれずに、資格全般と資格合格後を意識した内容として書いていた記事があります。
それが、『資格合格マインド☆徒然なるままに』になります。

資格取得がブームになりつつある中で、単に資格取得することだけが最終ゴールではない。
次につなげていくことが大事なんだ。

そういう思いで書き始めた記事です。
記事は、2010年1月3日より毎週日曜日に20話連載しました。
概ね好評をいただいた記事です。

いくつかをピックアップしてみますと・・・
・資格はとってからがスタート
・気力、体力、知力
・夢と現実
・学習に向く人向かない人
・考え方の二面性

・過去の栄光にしばられない
・常識の裏側にヒント
・自らの限界を決めない
・同時進行学習力

参考までに、最終話「同時進行学習力」の記事を転載してみます。

・・・ここから・・・

仕事において、沢山の仕事を併行してこなせるタイプの人がいます。
それとは逆に一つのことしかできず、複数仕事を頼むとどれも中途半端な状態に終わらせる人もいます。
ある専門職であれば、スペシャリストは歓迎されますが、今の時代は、総合的、複合的、トータル的な仕事が要求されます。
日々、時代は変遷していきますし、技術も進化していきます。
その中にあって、対応していくためには複合的な能力が必要です。

営業であれば、営業だけができればいい。
今は、決してそうではありません。
例え、営業であっても他の職種の能力が要求されます。

学習に話を置き換えると、今の時期宅建だけ学習している人・・・
いえ、宅建だけ学習できる環境の人は少ないと思います。
私自身も宅建を学習していたときは、技術系の学習、営業系の学習、マネジメントの学習、財務の学習などを同時進行でやっていました。
技術系でも、機械分野もあれば、電気分野、ネットワーク分野もありました。
学習だけではなく、いろんな本を読みますのでそういう観点でみるとかなり多岐にわたっていたと思います。
宅建試験を受けるために宅建だけを学習する。
決して間違いではありませんが、人間の度量、社会人としての実力アップを図っていく上では、トータルの社会人生活の時間を考えると物足りないと思います。
また、同時進行の学習をすることは、それぞれの知識が広がるだけでなく連鎖しあいます。

これが大事なのです。
単体の知識の塊がいくつもあっても・・・
1+1=2です。
1+1+1=3です。

でも連鎖しあえば・・・
1+1=2×2=4
1+1+1=3×3=9

連鎖が広がれば広がるほど、その差は更に広がっていきます。

連鎖は、更に進化させ単に1本のつながりだけでなく、2本・3本とつながっていきます。
そうなると、連鎖の拡がりは壮大になります。
是非宅建試験に向けての学習1本にするよりも、他のものと組み合わせて複合的にしていきましょう。
二兎追う者は一兎も得ずではなく・・・二兎追う者は二兎を得る。
更に、三兎追う者は十兎を得るです。
考え方を大きく広げていきましょう。

・・・ここまで・・・

宅建学習にゆとりがある今の時期だからこそ、あなたにとっての大切なヒントが隠されている可能性があります。
4月になれば誰でもまた学習意欲が芽生えてきます。

しかしその時期がすぎれば一過性となり、学習をやめる方も増えます。
だからこそ、4月より一歩前のこの3月に学習をスタートできた方は本物になりやすいのです。
そのためのきっかけになればと思いますよ。
是非、読んでみてくださいね。

宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


今日は、この宅建初心者ブログのカテゴリーの活用について紹介します。
カテゴリーについては、100以上あり宅建ブログとしては間違いなく癸韻任后

でも、意外とカテゴリーでこのブログを読んでいない方も多いと思います。
特に初めて当ブログを訪問する方にとっては、日々更新される最新記事を読むだけが日課という方が一番多いです。
ですが、それではもったいないですね。
是非過去の蓄積された記事にも目を向けてください。


初めて、当ブログを初めて訪れた場合・・・

●最新記事に目がいく
   ↓
●私のプロフィールを確認
   ↓
●最新記事
   ↓
●過去記事に時系列で遡る

こういう感じではないかと思い舞うます。

記事によってリメイクしているものもありますが、それなりに膨れ上がっています。
2016年11月26日に5,000記事を突破し、本日の記事で6848回目になります。
それだけに読みたい記事を探す場合、カテゴリー名である程度は判別できるとは思いますが、それでも流石に目的の記事にたどりつくにはかなり骨が折れます。

そこで、初めて来た方のために、ここから見てもらえればと思うカテゴリーについて紹介してみました。

また、ライブドアブログもようやく、カテゴリー別に古い記事から順番に表示できるようになったので便利になりました。
そこで、カテゴリーによっては、古い順に並べているものもあります。

 文字通り、このサイトについての開設の思い、特徴を説明しています。
 是非、一読してほしいですね。

令和3年宅建初受験(新しい順)
 今年の宅建試験受験を目指して、宅建初受験をされる方へ向けての記事をメインに紹介しています。
 今年、初受験される方は必ず読んでください。

令和3年リベンジ受験(新しい順)
 文字通り、宅建をリベンジされる方にむけての記事です。

お勧め市販テキスト(新しい順)
 アマゾンでの人気度や私のお勧めテキストを紹介しています。
 テキストがまだの方は、是非、参考にしてください。

宅建について知る(古い順)
 宅建について、いろんな側面から見れるように切口をかえて
 紹介しています。

宅建学習の極意(古い順)
 参考になる学習のためのヒントが得られることと思います。

宅建お悩み相談(古い順)
 過去メルマガで紹介したものをリニュアールしています。
 悩んだ時は、そっとのぞいてみてください。何かのヒントが・・

宅建試験Q&A(古い順)
 宅建初受験される方にとって、知りたい内容、是非知っておいてほしい内容をQ&A式にまとめています。
 学習方法などに関して知りたい内容があれば、コメント欄に記入してください。

6カ月学習法(新しい順)
 現時点での王道の学習期間です。
 このブログでの代表的な学習スタイルを紹介しています。

 宅建試験、宅建を中心に、心の問題など、思いつくままに書いているコーナーです。
 学習のコーヒーブレイクに読んでもらえればと思います。
 続宅建徒然なるままにもどうぞ。

資格合格マインド(古い順)
 宅建から離れた資格合格全般の合格マインドについて紹介しています。

 通信講座、通学講座について書いています。

宅建独学(新しい順)
 宅建を独学される方むけの記事を書いています。

宅建学習について(新しい順)
 さまざまな角度から宅建学習をとられています。

モチベーション(新しい順)
 学習を始めると、これが一番大事になります。
 モチベーション如何で、学習を継続できるか、ひいては宅建試験本番で実力を発揮できるかにつながります。

アンケート(新しい順)
 いろんなアンケートを実施しました。
 特に、コメントに貴重な経験談が書かれています。

宅建合格体験記(古い順)
 私の合格体験記を書いています。
 特に、宅建試験後〜合格発表までが参考になると思います。
 是非、一読くださいね。
 合格体験記こぼれ話も一緒にどうぞ。

学習期間中の心の友(新しい順)
 この宅建ブログを書いている私自身のあなたに対する思いです。
 熱い思いをわかってもらえればと思います。

参考になる記事もあると思いますので、時間がある時に読んでいただければと思います。
普段パソコンで見ている方でも、スマートフォンや携帯電話でも見れますので、状況や気分にあわせてピックアップして見てください。

また、右サイドバーの中にグーグルの検索がありますが、サイト内も検索できますので、よければ、こちらで目的の記事を探してみてください。
一部のテーマは再構築して電子書籍として格安で販売していますので、こちらも活用してください。

今の時期にお勧めは、この2冊です。

宅建受験生必読!資格合格から未来像を描く成功鉄則20』  
宅建受験を志したとき、必読書です。今までにないスタイルです。
(販売価格 250円)

宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』〜中高年の武器を120%発揮する17の手法〜
中高年の方へ向けたものです。暗記力が落ちたと感じているあなたへ。
(販売価格 123円)
宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


今回は合格マインド思考について考えます。
このブログでは私自身がそうであるように、ポジティブ・プラス思考で記事を書いています。

もちろん私も昔からそうではなく、以前はむしろネガティブ・マイナス思考の考え方でした。
そのせいか仕事で行き詰ったとき、気がつけばマイナス思考に陥っている場面もあります。
それでも、切り替えは早く意識的にひきずらないように、工夫をしています。

宅建合格を考えた場合、基本はプラス思考の方を私は薦めています。
でもマイナス思考を完全否定しているわけではありません。
前述のように、人間はともすればマイナス思考に陥りやすくなります。

しかも、今の周りを取り巻く環境が重苦しいものだと仕方ない面もあります。
またリスク管理を考えた場合は、マイナス思考の中でのプラス思考という考え方になるかもしれません。

合格マインドはプラス思考の考え方の中で、宅建学習ロードの中で例えいろんなアクシデントがおころうとも、最低限で回避し10月20日にできるだけ万全の状態で受験できるように自分自身をもっていくようにしていく。

こういうことになるかもしれません。
今がたとえマイナスの絶頂期であろうとも・・・
プラスに転換していくことは可能です。

今がプラスの方であれば、さらにさらにプラスを増大させていく。
正のスパイラルへ。

自分で自分自身を調子にのせていく。
これでもいいですね。
人は他人からほめられるとうれしいものです。
他人からほめられたことで更に調子付いていく。

これでももちろんOKです。
学習は孤独かもしれませんが、可能な限り回りの協力を得ることも環境によってはできると思います。
折角のチャンスはできるだけ活用しましょう。

何も遠慮する必要はありませんから・・
もちろん協力してくれた人には合格の暁には、あなたの喜びを添えて何かのお返しをすれば言い訳ですから・・
それが家族だとしてもきちんと態度で表しましょう。
(家族だからこそ必要なことかもしれません)

過去の合格発表日の合格コメントに、そういう周りへの気遣いを書かれていた方がいました。
とても大事なことですね。

自分だけでなくあなたを取り巻くできるだけ多くの方に笑顔ができれば・・
そう願います。

令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


今回は合格マインド思考について考えます。

このブログでは私自身がそうであるように、ポジティブ・プラス思考で記事を書いています。

もちろん私も昔からそうではなく、以前はむしろネガティブ・マイナス思考の考え方でした。

そのせいか仕事で行き詰ったとき、気がつけばマイナス思考に陥っている場面もあります。
それでも、切り替えは早く意識的にひきずらないように、工夫をしています。

宅建合格を考えた場合、基本はプラス思考の方を私は薦めています。

でもマイナス思考を完全否定しているわけではありません。

前述のように、人間はともすればマイナス思考に陥りやすくなります。

しかも、今の周りを取り巻く環境が重苦しいものだと仕方ない面もあります。

またリスク管理を考えた場合は、マイナス思考の中でのプラス思考という考え方になるかもしれません。

合格マインドはプラス思考の考え方の中で、宅建学習ロードの中で例えいろんなアクシデントがおころうとも、最低限で回避し10月15日にできるだけ万全の状態で受験できるように自分自身をもっていくようにしていく。

こういうことになるかもしれません。

今がたとえマイナスの絶頂期であろうとも・・・
プラスに転換していくことは可能です。

今がプラスの方であれば、さらにさらにプラスを増大させていく。
正のスパイラルへ。

自分で自分自身を調子にのせていく。
これでもいいですね。

人は他人からほめられるとうれしいものです。
他人からほめられたことで更に調子付いていく。
これでももちろんOKです。

学習は孤独かもしれませんが、可能な限り回りの協力を得ることも環境によってはできると思います。

折角のチャンスはできるだけ活用しましょう。

何も遠慮する必要はありませんから・・
もちろん協力してくれた人には合格の暁には、あなたの喜びを添えて何かのお返しをすれば言い訳ですから・・

それが家族だとしてもきちんと態度で表しましょう。
(家族だからこそ必要なことかもしれません)

過去の合格発表日の合格コメントに、そういう周りへの気遣いを書かれていた方がいました。

とても大事なことですね。

自分だけでなくあなたを取り巻くできるだけ多くの方に笑顔ができれば・・

そう願います。

本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


<
本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ