宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)人気ブログランキングとブログ村ランキングはこちらに設置しました。
 試験合格目指して応援お願いします。
   ↓   ↓
 https://blog.with2.net/link/?366700
 
2) トピックス
 ●noteで各種マガジン配信中です。
『軍師『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン入門編』
 https://note.com/iccyan/m/mc51b99b1568d

『『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン(実践編』
 https://note.com/iccyan/m/m7faff6892e7a

3)マガジン紹介
●宅建独学ペースメーカーマガジン登録受付中
 初月無料です。
 単発記事を読むことも可能です。
 学習のモチベーション維持に活用下さいね。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan/m/m6591c7db5979

合格体験記

読者の合格体験記の最後は外国出身の方です。

それではどうぞ!

(プロフィール)
現在日本の大学に通っている台湾出身の三回生です。
法学部ではない文系に在籍にしています。
宅建合格の前に国内旅行業務取扱管理者、FP三級、秘書検定三級取得済みです。

(内容)
勉強の順番:権利関係→法令上の制限→宅建業法→税金→5問免除
本試験解き順:統計→5問免除→宅建業法→法令上の制限→税金→権利関係

メイン教材:タキザワ予備校の宅建教材
サブ教材:出る順宅建士 ウォーク問過去問題集、TACの12年過去問、各社の模試。

今回は大学資格講座を利用して、タキザワ予備校の宅建講義を受け、一発合格しました。
今年の二月から勉強しはじめ、毎日学習を怠らず試験日に臨みました。
自分は法学部に在籍でもないし、外国人なので日本人よりさらに時間をかける必要があると思ってかなり勉強期間が長かったです。
学習し終わったら、すぐ過去問を解くことにしました。
(重要!!!)

[権利関係]
図を書かないといけない場合もあるため、かなり苦労でしたが、先生の過去問演習で解説動画を見ながら、自分も関係図が書けるようになりました。
1回目の際にパッと見ただけで意味がわからず、過去問を解く際にかなり心が折れましたが、本当に当たり前なので、心配せず何回も解ければ分かるようになりました。
しかし、答えを覚えた可能性もあるので、理解=答えにしてください。
実際に自分がやった際恥ずかしいですが、恐らく四回までの学習で大体の意味が分かるようになりました(汗)。
試験前に8回の肢別過去問演習を繰り返して復習しました。

[法令上の制限]
似ている言葉が多く、詳しく学習しなければ分からないところが多いと思います。
また数字の覚えも避けられないため、早めになれたほうがベストです。
(以下、未満、以上、超の違いはしっかり区別できるように!)

[宅建業法]
油断できないところです。
一点落としたら命取りです。
特に免許や宅建士のところに要注意です。
例えば:宅建士の変更登録は遅滞なく!!30日前ではないなどの例がいくつあります。ネタバレが無いようにここまでしておきます(笑)。

(おすすめ勉強法)
1.どんな部分をいつ学習したかを紙に記録した方が良いと思います。
何故なら、人は本当に知らないうちに忘れるからです。
記録すれば自分にも安心でき、またいつ復習すれば良いのかも分かります。

2.Youtube動画の活用!!
お世話になったチャンネルは以下に記入
棚田行政書士の不動産大学(ほぼ全部見ました笑)、宅建テルキナ(分かりやすい動画)、宅建DATA(毎日一問一答動画)、小野一輝(毎日一問一答動画)。

3.試験前は毎日勉強すること!!

4.肢別過去問演習は何回も復習をやるより、市販の四肢択一の過去問(出る順宅建士 ウォーク問過去問題集を全部購入した)や十年分の過去問や模試をした方が良いです。
自分は市販の日建、LEC、TAC(みんな欲し、あてる)、吉野塾ワンコイン、みやざき先生の模試をやりました。
ほぼ40点以上の程度に取りました。
ネット上にはどちらの模試は本試験の言い方と似ている口コミがあるが、日本語ネイティブではない私から見ればそんなに感じなかったです。
ただ、TACのあてる模試はあまり自分が勉強できていないところが出るので、余計に心配になる可能性があると個人的にそう思いました。

最後に・・・
本試験は:
権利関係 9/14
法令上の制限 6/8
税金 1/3
宅建業法 20/20
5問免除 4/5
合計 40/50

(合格証書)

LU合格証書

<イッチャンからのコメント>
外国出身の方の合格体験記は、長いブログ運営の中でも初めてでした。
勇気をもって応募してくれたことに感謝です。
とにかく、相当に頑張られたことがわかります。
この学習パワーは見習わないといけないですね。
きっと、今後の外国出身の方の参考になることでしょう。
合格おめでとうございました。

令和4年宅建合格に向けて・・ブログ応援、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもダブルクリックで合格祈願、お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


読者の合格体験記の第三弾です。

H・Iさんは、くしくも私と同じイニシャルです。
今回もリベンジ合格ですが、受験間隔が開いての実例です。

それでは、どうぞ!

[プロフィール]
27歳、フリーター 

[受験したきっかけ]
土地家屋調査士の知人に宅建を勧められ大学4年時に受験しましたが、5点足らずに不合格。
卒業後、不動産業界とは無関係の就職をしましたが、残業・ボーナスなど労働条件が合わずに退社し、令和2年度試験を受けるもまたしても5点足らず不合格。
フリーターで1年間勉強に集中し令和3年度合格。

[勉強方法]
2回の試験は独学で臨みましたが、3回目はユーキャンの通信講座で対策しました。
基本、カリキュラム通りに勉強しておりましたが、インプットよりアウトプットをものすごくたくさんした感覚です。
ユーキャンは肢別過去問という専用テキストがあるのですが、15周はしたと思います、、、
模試は市販のものを6回と、ユーキャンのものを3回やりこみました。

私なりに科目ごとの対策を書かせていただきますのでご参照ください。
・民法:深入りはせず、基本事項の全体理解に努めましたが、借地借家法と区分所有法は宅建業法並みに力を入れました
・宅建業法:とにかく過去問の周回(逐一周辺知識を思い出し作業)
・法令制限:難問が出る恐れがあるため開発許可や国土利用計画法で絶対落とさないイメージ。
 建築基準法は多少手薄でした。
・税、その他:固定資産税、不動産取得税に重点

[私なりの試験での留意点]
試験後から発表までの1か月半が本当に長いです。
本試験ではマークミスの確認を怠るとその期間不安に苛まれますので、マークだけはきちんと確認すべきだと思います。

[自己採点結果]
民法 8/14
宅建業法 18/20
法令制限 5/8
税その他 7/8
合計 38/50

[来年の受験生に向けて]
勉強した分だけ実る試験だと思っています。
ひたすら過去問と周辺知識の思い出しで合格を勝ち取りましょう!!!
棚田先生のyoutube講義は本当におススメです。

(合格証書)

HI合格証書

<イッチャンからのコメント>
一定期間が開いてから再受験する方も中にはいます。
その状況下での再度学習に取組みことは大変なことだと思います。
マークシート転記に対する不安は、毎年多くの方が悩まれます。
自分なりのしっかりとした対処が必要ですね。
棚田さんのyoutube講義は、過去にも勧めていた方がいたので参考になるのではないかと思います。
見事なリベンジ合格、おめでとうございました。

令和4年宅建合格に向けて・・ブログ応援、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもダブルクリックで合格祈願、お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


今回は、Yarukimasterさんの合格体験記です。
非常に細かくまとめていただいています。
とても参考になります。

それでは、どうぞ!

●使用教材(合格年度の使用教材)
【テキスト】
1)宅建士出るとこ集中プログラム 吉野哲慎 中央経済社
2)公務員試験 最初でつまずかない民法1・供ー駄涯軌藹佝

【問題集】
3)どこでも学ぶ宅建士 チャレンジ! 重要一問一答 日建学院 10周程度
4)わかって合格(うか)る宅建士 分野別過去問題集 TAC出版 3〜4周
5)合格しようぜ!宅建士2021 音声付き過去15年問題集 インプレス社 5周
6)WEBツール宅建試験ドットコム ( 5)に掲載のない7年分とR2年12月など)
7)宅建みやざき塾の宅建士 2択でチェック! 〈2021年版〉中央経済社 2周

●スケジュール(最後の1年間のみ)
6月まで:1)から4)の教材をテーマごとに回転
7月:LEC0円模試、5)に着手
8月:5)を中心に、1)、3)で補強、吉野塾模試GREEN
9月、10月:5)に加えて、6)で年度別過去問をさらに深堀、吉野塾模試WHITE、TAC模試、吉野塾模試NAVY、みやざき塾(過去問模試)FIRE、TRAP、GIFT

●教材の使用方法
・テキスト
1)のテキストでテーマごとにインプットし、3)と4)の問題集でテーマごとにアウトプットを繰り返す。
1)のテキストは何周繰り返したかわからないです。二桁は確実に超えています。
そして、何回かに1回で良いので、飛ばし読みをしないで読むということが重要だと思います。
飛ばし読みをしないことで、意外な発見に気が付きます。
本文を読んでもわかりにくいテーマはYOUTUBEの動画で補習しました。

・問題集
3)、4)の問題集は各科目の正答率が95%を超えるまで、繰り返しました。
4)問題集について2回転目以降は、その答えを選んだ理由を選択肢ごとに自分で説明をしながら回答するように心がけました。
ただ単に、正解できただけでなく、選択肢ごとに分解していくことが重要だと思います。
なぜ×なのか。どのように直せば正解の選択肢になるのかという視点で、理由付けのノートを作りながら回答しました
誤った問題を徹底的につぶすため、1週間誤った問題だけをやっている時期もありました。

5)の年度別過去問も、理由付けを行いながら回答していったが、ポイントは、1題ずつ答え合わせを行い、場合によってはテキストに戻って、次の問題に進むことでした。
50問解いてから復習をすると、自分がどのような思考プロセスで回答を導き出したかを思い出すのが大変で、問題文を読み直さないと、解説が何を言っているかすぐには理解できないためです。
再度解説を理解するために、問題を読み直すには非常に多くの時間がかかり効率が非常に悪く、かといってこれをやらないと、間違えた問題だけ復習して終わりになりかねず、選択肢ごとに分解して理解する作業ができません。
過去の不正解の選択肢が将来の問題になり得るというマインドで、過去問の演習に取り組みました。

5)の年度別過去問は、4つの選択肢をすべて理由付けできたかどうかで問題ごとに4種類のマークつけていました。
◎:すべての選択肢で理由がわかった。
〇:正解はできたが全ての選択肢では理由づけできなかった。
△:消去法で回答して正解した。
×:間違えた。理由もわからない。

具体的な周回方法については下記の通りです。
1周目、2周目:上記のマークを付けながら全部の問題を解く。
3周目:◎が二個並んだ問題を除いて、15年分解く
4周目:〇と×の問題だけ解く
5周目:〇と×の問題だけ解く
このようにマーク付けしていくと、5周目に解いた問題は実は約700問中50問もなかったので、最後の5周目は1日で終わりました。

6)は、予備校の変な模試を受けるくらいなら、過去問のほうがよっぽど問題の質が良いという事で未着手の過去問を深堀し、H12年まで取り組みました。
これはやらなくても良いかなと思っています。年度別過去問は15年やれば十分だと思います。
ただ、年度別過去問を一題ずつ解くというスタイルができるのは、イ鉢Π奮阿任六笋話里蠅泙擦鵝
宅建試験ドットコムでは、根拠条文などもすべて掲載されており、解説もすごく丁寧です。
5)は、解説がやや粗いのが玉に傷でした。

7)6月と9月に一周ずつしました。
全範囲を満遍なくチェックすることができます。

●本試験の解答手順
問題の順番通り
※ただし試験当日に試験会場にて、宅建業法の個数問題を5問解答

権利関係を最後に回すのは以下の2点でやや危険ということで私は問題の順番通りに解答しました。
1.マスクをしていることもあり、緊張で呼吸が浅いと試験後半に酸欠になる。
2.時間管理に失敗すると、疲れた頭で焦って民法を解いてさらに間違えるリスクがある。

私は2年目の試験で、試験当日に3〜4時間程度勉強してしまい、試験開始後1時間程度過ぎてから酸欠状態になり、最後に残しておいた民法において、何が書いているかさっぱりわからないまま試験が終わりました。
外国語を読んでいたぐらいの感覚でした…。
民法以外では30/36と合格ラインにのっていましたが、民法で2/14といまだかつて取ったことのない点数で撃沈しました。
上記の敗因から、当日勉強しすぎてはいけないという教訓のもと、合格年度の試験日の勉強時間は最大1時間までと自分にルールを作りました。

●本試験におけるマインドセット
本試験では、すべての問題を正解しようとしてはいけない!合格者が口を揃えていう言葉で、これは宅建試験に限らず、国家試験共通ルールではないかと思います。
なぜ、合格者は捨て問を判定できるのかというと、これまで積み上げられてきた基礎があり、テキストや問題集にない初見の問題だと判断ができるからです。
「宅建試験は10問間違えても合格できるんだ」と自分に何度も言い聞かせ、捨て問と取るべき問題を見極めることが大事だと思います。
そのためには、一問一答は、問題数が多いものではなく、むしろ良問部分に厳選されている問題集を選ぶ必要があると考えています。
今後二度とでないような問題を含めた一問一答を購入すると正答率95%を取るための妨害にしかならず、ストレスが溜まります。
また、その問題を仮に正解できるようになったところで、もう二度とでないでしょう。
悪い問題集の例は、うかる! 宅建士 一問一答+予想模試 2021年度版 駿台法律経済&ビジネス専門学校などです。
一問一答は各科目の基礎を作るもの、捨て問みたいな問題は年度別過去問で出会えば良いと思います。

●試験直前期の過ごし方
最後の1週間は教材をひたすら断捨離することを意識しました。
本試験の最後まで残す教材は何か。必要な情報をテキストやノートなどにまとめて教材を少なくしていくことをオススメします。
また、どこかのタイミングで合格祈願にいくこともおすすめです。
私は上野の湯島天満宮に行きました。
拝礼前のソワソワした気持ちが拝礼後はすごく落ち着きました。
「絶対合格するんだ」という気持ちをしっかり持つことが大事だと思います。
これに味をしめた私は、試験当日も試験会場近くの神社で合格祈願をしてから受験しました。

●最後に
私は2回試験に落ちています。
1回目は5か月程度の勉強で、全く勉強量が足りませんでした。
2回目は、吉野塾の直前講習に申し込み、演習量もそれなりこなしましたが、心技体のすべてが整っていなかった。
勉強法を見直し、試験当日のメンタル管理なども注意を払いました。
私の座右の銘は「自分の失敗から学んだことこそが財産」という独自のものとなります。
今となってみれば、2回目の試験はたまたま合格しなくてよかったと思っています。
他の国家試験にステップアップするにあたっても、正しい勉強法の習得やメンタル管理など今年度は学ぶべきことがたくさんありました。
そして何よりも勉強が楽しかったです。
また、今年と去年はともに、受験番号1番と気合だけは誰にも負けませんでした!
そういった意気込みもモチベーション管理において重要ではないかと思います。
(1番を取る必要はありませんが…)

この3年かけて、吉野塾の吉野先生の「宅建試験に合格して人生を変えましょう!」という言葉を延べ100回以上聞いてきましたが、宅建の勉強を始めたときにもう自分の人生は変わっていたのだと思います。
是非、1回、2回不合格でもあきらめずに合格を勝ち取っていただければと思います。

(合格証書)

Yarukimaster合格証書

<イッチャンからのコメント>
中々興味深い内容でした。
吉野さんのところは評判がいいですね。
対処法も私の考え方に近く、共感をもちました。
解く順番については、コロナ禍の中でマスクが必然となっていますので、息苦しさを考えると従来通りの順番で解くのも一つの選択肢です。
要は、問題を対処していく取捨選択の処理能力はやはり過去問やテキストの積み重ねだと思います。
今後に活かせる内容ですね。
次の資格に向けて頑張って下さい。
きっと、道は開けることでしょう。
リベンジ合格、おめでとうございました。

令和4年宅建合格に向けて・・ブログ応援、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもダブルクリックで合格祈願、お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


本日より、4回に渡って読者の令和3年度合格体験記をおおくりします。

本日は第一弾です。
ライカさんになります。
それでは、どうぞ!

(受験のきっかけ)
36歳。
IT関係の企業に勤めています。
経理職です。
土日にやる事がないため、土日のみのバイトを探していたところ不動産会社での事務などが良いと思い、不動産会社で重要事項説明などのバイトをするために宅建取得を決めました。

(学習経緯)
勉強開始時期は2021年7月〜です。
勉強開始より先に受験料の支払いをしました。
TACが出している市販のテキストを購入してテキストを見ながら問題を解き始めました。
YouTubeも一通り見ましたが私には合っておらず、参考にはしましたが勉強の中心はあくまでも市販のテキストと問題集でした。
添付しておきますが、私は模試の解説など重要なことは全てテキストに書き込んでました。
テキストを見つつ問題集を解くと言うのを8周ほどやり、9月に入ってからは過去問集を購入してそれを5周しました。

ノート

テキスト

(模試)
模試はTACの直前模試のみ受けました

(令和3年宅建試験結果)
権利関係 8/14
法令上の制限  6/8
税その他 1/3
宅建業法 18/20
5問免除 3/5
☆合計:36問正解

(来年の受験生にエール)
YouTubeをメインで勉強している人たちがたくさんいると思います。
私も参考にしましたし、勉強の導入には良いと思います。
しかし試験ですので問題を解く力が必要になります。
これは過去問などを解かないと身につかないと思います。

私は試験を解く順番とかも普通に1問目の権利関係から解き始めました。
今年はいきなり判決文からスタートしてたり、奇問が出たり面食らうことはありましたが、何回も過去問を解いていたので権利関係で時間を浪費するとかはなく、1時間半後には全て解き終えておりました。

宅建業法から解き始めるとか5問免除から解き始めるとかのテクニックが全てではないです。
問題集や過去問を何回も解いて培った力が最後の頼りです。

またできることならボーダー付近の点数は取るべきではないです。
私は36点でしたからまだ良かったのかもですが、それでも毎日あちこちのサイトを覗くくらい気にしてましたし、これが35点だったらきっとその倍は気にしていたでしょう。
気持ちの落ち着け方としては何回も自己採点しました。
たぶん30回くらいしてます。
ほとんど毎日してました。

自己採点することで自分は36点取った。
問題なく受かる。
マークミスは無い・・・と自己暗示していたような気がします。
このような行為に意味はないし時間の無駄です。
できることならやらないでください。
でも、もしボーダーに来てしまったら一度試してみてください。

以上皆さんのご健闘をお祈りします。

(合格証書)
ライカ合格証書

<イッチャンからのコメント>
IT関係の企業からの受験の方です。
今は受験の幅が広がっているのですね。
それにしても、YouTube全盛の中で過去問の重要さを押さえていたことは短期学習の中ではとても重要なことです。
自己採点を30回はびっくりしましたね。
こういう気持ちを落ち着かせる方法があったのは新発見でした。
ライカさん、合格おめでとうございました。

令和4年宅建合格に向けて・・ブログ応援、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもダブルクリックで合格祈願、お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建合格発表日前より合格体験記を募集しています。
現時点での申込者は1名・・・

よって、まだまだ募集中です。
あなたの思いを素直に書いて頂ければ結構です。
素直な気持ちの方が今度の受験生の参考になります。

基本のスタイルは原則用意しましたが、フリーな書き方で構いませんので是非あなたの応募をお待ちしています。
謝礼は薄謝ですが、JCB商品券1,000円分です。

参考として、過去の合格体験記のリンクを張ります。
参考にしてもらえればと思います。

皆、よい文章ですね。
短文から長文までありますが、ありのままの方が私はいいと思います。

使用テキストや学習時間、工夫した点とか苦労した点とかを書いてもらえるとよりリアルに伝わります。


申込期限は、12月15日(水)21時まで延期します。

よろしくお願いします。


(紹介例)

 『○○さんの令和元年宅建士試験合格体験記』

  〜 *ここにサブタイトルが入ります。  〜
        ↓
      サブタイトルをご自身で指定してください。


        *プロフィール
            ↓
     プロフィールを掲載可能な範囲でお書きください。
     書きたくない方は、不要です。
     写真(イメージ)、似顔絵もOKです。

    *本文
      ↓
     本文の書き方は自由です。
     改行もご自身で設定してください。
     但し、ブログの表記上、内容を修正・変更する場合があります。)


    *合格証書
      ↓
     可能な方のみ。
     (名前や番号は隠します)

    *来年受験される方へのエール
          ↓
     エール、アドバイスをご記入ください。

上記はあくまでも参考なので、あなたの書きやすい書式で結構です。
いろんな宅建合格例が、来年以降に受験される方の貴重な経験談になります。

ちなみに、昨年の合格体験記のリンクを掲載します。
参考にして頂ければ幸いです。


メールフォームから件名に「宅建合格体験記」と記入し、必要事項を入力してご応募ください。

可能な方は、合格証書も掲載したいと思います。
(ペイントソフトで名前や番号など個人情報に触れる部分を、消してデータを送ってもらえれば幸いです。
 私の方でも加工はできます。)

また、文章の方は私の方で校正します。
また、文章は苦手だけど動画や音声ならいいよという方も大歓迎です。
動画データをもらえれば、YouTubeやインスタアップもOKです。

写真だけの場合はインスタに投稿させて頂きます。
(使用したテキストなどの写真他)

あなたのご協力をお待ちしております。

尚、謝礼は薄謝ですが用意しています。

応募期限:12月15日(水)PM11:000まで
※原稿は、12月19日(日)までの提出をお願いすることになります。

感謝の気持を込めて・・ブログ応援、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらも、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ