宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)人気ブログランキングとブログ村ランキングはこちらに設置しました。
 宅建士試験合格目指して応援お願いします。
   ↓   ↓
 https://blog.with2.net/link/?366700

2)過去の宅建士合格体験記はこちらです。
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/cat_50050014.html

3)マガジン紹介
●宅建独学ペースメーカーマガジン登録受付中
 初月無料です。
 単発記事を読むことも可能です。
 学習のモチベーション維持に活用下さいね。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan/m/m6591c7db5979

大原

首都圏は生憎の天気でした。
令和5年宅建士本試験受験、大変お疲れ様でした。

受験した感触は、いかがでしたか?
うまくいきましたか?
あなたにとっていい展開になりましたか?

バッチリいった方は、本当におめでとうございました。
各予備校の解答速報が順次アップされてきますので、落ち着いたら自己採点をやってみてください。
また、各予備校から合格推定点が三点予想で発表されます。
予想の上限を超えていたら、ひとまずは自分自身に、小さな拍手を贈ってください。
(大きな拍手は、合格発表までのお楽しみです。)

まあまあだった方、悲観しないでくださいね。
まあまあでも結構、そこそこ解けていたりします。

苦戦した方、気を落とさないで下さい。

結果はまだまだこれからですよ。
過去、ぜんぜん駄目だったと言われていた方でも、ボーダーラインを超えた方は結構います。

決してあわてる必要はありません。

当サイトは、いい結果が出た人のためには心から祝福をするとともに、苦戦したあなたのために心やすらぐサイトを目指しています。

苦戦したあなたのために、出来るだけのフォローアップをしていきます。
元気を与えつづけるブログです。

宅建試験後の心の癒し(いやし)サイトとしても、お役立てください。

是非、お気に入りにいれて毎日読んでいただければと思います。

まずは心を十分に落ち着けて、深呼吸しましょう。
背筋を伸ばして、足の屈伸運動をしたりするのもいいでしょう。
とにかく少しでも緊張感・不安感を和らげてから、自己採点にとりかかってください。

何度もいいますが、決してあわてないことです。

自己採点は、パソコン・スマホ対応の各予備校サイトの解答速報を利用して、実施してください。

少なくとも、2校以上で確認してくださいね。
試験直後の速報は、問題によっては予備校の解答が割れることがあります。

令和4年は、1校だけ、問37に対して違う解答がでました。
(最終的には没問がでましたが、指摘した予備校はなし・・・)

令和3年は、主要資格学校の模範解答が全く同じでした。
(LEC、TAC、日建学院、大原)

令和2年は、見事に割れました。
LEC、TAC、日建学院、大原・・・全て違う・・・
珍しいことでした。
最終的には、日建だけが問42について、2肢正解予想のままにしました。
不動産適正取引推進機構からの発表は・・・日建予想通りの結果になりました。
(LEC、TAC、大原は1肢正解だけとして、外れでした)

令和元年・平成30年・平成29年は波風が全くありませんでした。
平成28年は多少だけ波風立ちましたが、それだけでした。
平成27年・26年は、平成29年同様に波風ない年でした。

平成25年は、問6で割れました。
(最終的には、ほぼ同じ解答になりました)

平成24年は、問5で割れました。
(最終的には複数正解)

平成23年は、1校だけ差異がありましたが、それ以上は広がりませんでした。
(その後、没問は発生しましたが)

平成22年は、主要予備校間での解答の相違はありませんでした。

平成21年は、疑義問題があり最初は解答の一部が主要5校で分かれていました。

平成20年は、最初は、一部違う予備校がありました。

平成19年は、ほぼ全ての予備校の解答が一致していました。

平成18年は、最初の解答速報では、主要な予備校全ての解答が、一致していませんでした。
       
もう一度言いますが、本当に心落ちつけてから自己採点をしてくださいね。
あわてて自己採点すると、採点ミスをすることがあります。

自己採点の失敗で合格日まで悩まされるなんてことになったら、目もあてられませんから・・・

とにかく心落ちつけてから、自己採点をしましょう。

また、なかには予備校の解答速報会に出られる方もいると思います。


LECでは16:30〜、TACも16:30〜
日建は何と16:15〜です。
しかも試験直前スペシャルをやって囲いこみに入りましたね。
そして、宮嵜さんも登場して・・・
何やら楽しくなりそうです。

また、各学校の実施される校舎もまちまちなので、速報会に参加される方は場所と時間を再確認してください。

解答速報会に参加された方、結果などの情報をコメント欄に記入の
ご協力をお願いします。

各校のインターネット解答速報の日程です。

【LEC】
・インターネット解答速報(LIVE)  10月15日(日)16:30〜
 ※解答は、17:00〜順次公開、講評は19:00〜
 

【TAC】
・インターネット解答速報  10月15日(日)16:30〜
 (LIVE含む)

【日建学院】
・LIVE 16:15〜
 即日WEB採点サービス 15時〜受付開始
※採点結果のメール 17:30〜
※全50問の正解番号・合格推定点・総評は10月15日(日)17:30〜


【大原】
 ・解答速報 
  ※合格ライン予想&講評 10月24日(火)12:00〜


自己採点後のあなたに6つのお願いです。

1)自己採点得点結果アンケート
  自己採点得点結果を教えてください。
  

2)各項目別の得点結果も教えてください。
(権利関係、法令上の制限、宅建業法、5点免除、税)
 


3)今年の試験問題に対して感想を教えてください。


4)解答時間がどれだけかかったかを教えてください。


5)最初にどの項目から解き始めたかを教えてください。


宅建試験前に多くの方が受ける試験があります。
それは・・・公開模擬試験です。

8月後半から公開模試シーズンに突入します。

ハイシーズンは9月になります。

あなたは、公開模試をどういう位置付けで考えていますか?

もし、みんなが受けるから何となく受験を考えていたなら、それは大きな間違いです。

模擬試験は受ける理由があります。
それを自分自身で明確にしておかないと、単に今の自分の実力判定だけに終わります。
それはイコール、得点の結果だけで一喜一憂することになります。

これでは正直もったいないです。
模試には模試の大事な活用法があります。

それは、宅建試験本番に向けて、いろいろと確認してほしい事項があるからです。

実は、その「いろいろとを確認してほしい事項」こそが、宅建公開模試を会場で受験する目的です。

宅建試験本番の会場は、首都圏や都市圏では模試の会場より広い会場になる可能性があります。

それでも、宅建受験を模試で疑似体験することは、有益な効果を期待できます。

このことを念頭におき、各確認事項をチェックしてください。

【宅建公開模試での確認事項】
1.試験問題形式、解答用紙の記入方法の確認
2.試験問題の解き方練習
3.試験場での雰囲気の場慣れ
4.時間配分の確認
5.解答後の見直し確認
6.マークシートの慣れ

一部、ユーチューブで動画を公開しています。
参考になさってください。

 
また、宅建公開模試での確認事項を含めた公開模試の活用法については電子書籍を発刊しています。
こちらも是非、活用くださいね。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建をこれから受けようと考えている方にとって、迷うのが宅建資格学習を独学にするか通学・通信講座を活用するかになります。

このブログでは、独学者の方にとっての学習のペースメーカーとなるように・・・
またモチベーションの維持ができるように・・・
季節・学習時期・その人の学習期間に応じて、記事内容を変化構成しています。

独学ができるかどうかの関門は、第一に自己管理ができるかどうかになります。

自己管理の必要性は概ね以下の図式になります。

独学 > 通信講座 > 通学講座

もちろん通学講座と言えども、全く自己管理がいらないわけではありません。

受講している時はいいのですが、一旦受講時間を過ぎると後は自由の身です。

学習は受講だけで、それ以外の時間に学習を全くやらないのでは合格確率は間違いなく下がります。

最悪受講に通うのが億劫になり、途中放棄もないとは言えません。
また、どうしても仕事の関係でいけなくなる方も中にはいると思います。

住まれている地区によっては、そもそも通学する予備校がないところもあります。

そうなれば、選択肢は必然的に独学か通信講座になります。

通信講座の良いところは、学習していく順番・ペースがはっきりとしています。

学習ペースをうまく組めない方にとっては、独学より通信講座の方がやりやすいと思います。

独学の場合は、学習計画を市販テキスト・過去問を使って自分なりに立てる必要があります。

このブログでもモデルプランは紹介していますが、個人によって生活スケジュールや学習環境等が違いますので、最終的には自分にあったものにアレンジする必要があります。

また計画は大胆すぎてもいけませんし、逆に細かすぎても途中で行き詰って計画倒れになりやすくなります。

そういう意味からも、独学を選ぶ場合は、自分の学習環境だけでなく自分自身の性格としっかりと向き合う必要があります。

今回受験の宅建が資格学習が初めてなのか?
それとも資格学習の経験ありなのか?

ここまで学習する環境から遠ざかっていたのか?
それとも資格以外で学習する機会があったのか?

以上のようなことも選択の要素になります。

宅建は、自己管理をして学習を継続していけば独学で合格できる資格です。

1回での合格で考えた場合、費用面は概ね以下です。

独学 < 通信講座 < 通学講座

通学講座が高くて、独学が一番安い構図となります。

いずれにしても、自分が宅建をとる目的、宅建取得後の姿、資格取得へ向けてのファーストステップなのかなどを勘案して考えてみてください。

自分にとって何の要素を優先させるのか?

費用なのか?

学習期間なのか?

一発合格必達なのか?

迷ってる方は、まずは、通信講座・通学講座の資料集めをしてみてください。
資料請求は無料ですから、使わない手はありません。

主だった所を列記します。

 ・宅建受験生の口コミは良好です。
 ・いろんな場面で宣伝は強烈です。内容は初心者向けです。
 ・スクールは駅前に多いですね。テキストも独自性あり。
 ・最大手です。バリエーションが豊富です。

※一般予備校の資料請求、独立系塾は昨年末の記事を参考にしてください。


ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成30年宅建試験が終了して1週間がたちました。

例年の如く、大原さんが変えてきました。
予想が早い場合、たまにあることなので珍しいことではありませんが、
2年連続の変更です。

各校の合格推定点一覧です。

●平成30年主要先推定点一覧
(平成30年10月28日21時00分現在)
◎TAC  36±1
◎日建学院 37点±1 
◎大原   35・36→36・37(10/23変更)
◎LEC  36±1
◎大栄   36点

◎宮嵜ブログ 37・38 →36(5%)、37(60%)、38(35%)(10/22) 
◎水野ブログ 36or37
◎住宅新報(10/23号) 36、37点

ここ数年のことですが、主要予備校と住宅新報社+2人の講師だけの予想だけ記載しています。

解答について、イレギュラーのことが起きた年もありました。
それにより、合格基準点も影響を受けることになります。

平成18年・・
最後まで複数回答肢になる可能性を示差していたのは、正直1社だけでした。
もちろん大手予備校ではないので念のため。

その平成18年、最終的に2つの解答の可能性を示していたのは日ビ法だけでした。
(結果は、複数正解)

平成23年もドラマがありました。
誤記問題が発生しましたが、それについて指摘していた予備校他は全くありませんでした。
誰も試験問題から予測できなかったということです。
宅建試験後、不動産適正取引推進機構から発表されるまでは気がつかなったことになります。

また平成24年の複数正解を表明していたのも、どこもありませんでした。
(ネットスクールとLECのメルマガ?が3又は4でした。どちらということですから、
 複数正解の示差ではないですね)

平成18年は試験後に特設サイトもできましたが、発表の段階では終息していたのです。
(実際には、複数正解の可能性を最後まで示唆していたのは、日ビ法とこのブログだけです。)
結果、複数正解。

よって、平成30年宅建試験の最終的な結論は12月5日にしかわからない現実に変わりはありません。
ボーダーの方にとっては、はっきりしない状況が続くことはお気の毒ですが現実の姿です。

心情的には36にとどまってほしいですね。

いやそうあってほしい。
その可能性についても、後日検討してみたいと思います。

毎年思うことですが、1点下がるだけで多くの方に笑顔が届きます。
試験が終わった後は、どうしても1点でも下がって多くの方に笑顔が届いてほしいとなるわけです。

ホイッスルがなると戦っていたアスリートが握手する。
その精神と一緒ですね。

試験前のブログやメルマガ、電子書籍では、
絶対にボーダーに来ちゃダメですよと口を酸っぱくして書いていますが、
宅建試験後には、やはりボーダーの方の心情を考えてしまうわけです。

今年こそは・・・
今年こそは・・・
奇跡的な結末もたまにはいいのでは?
と考えてしまうのです。

平成最後の宅建試験・・・
最後は高合格基準点ではなく・・・高合格率でもいいのでは?
東京オリンピック前ですし、宅建士を最も必要とする時期です。
オリンピック後にオリンピックバブルが仮にはじけたとして、
あわてて宅建士を求めても遅いと思います。

今年は宅建士として4回目の試験。
願うことなら、昨年(15.6%)よりも合格率が上がってほしいですね。
できれば・・16OR17%台、18%・19%も大歓迎。
そうならないと、合格基準点が下がらない厳しい現実もあります。

予備校の予想として好きなのは大栄さんです。
(特集記事を書きました。)
『大栄の平成30年宅建合格予想点について』
予備校として1点予想を貫いています。

1点予想以外は、予想とはいえないと感じます。
まとめサイトで2点予想や3点予想の羅列をみると悲しくなりますね。
(単なる客寄せにしかみえないです・・・)

LECの顔水野さんもそこの所の心情がわかるのか?
毎年、1点予想に最後は絞って合格発表日を迎えられています。
それでこそ、男です。
(立派!)

宮嵜さんも最終的に1点に絞るとか・・・
(プレッシャ与えてすみません)

そして、大栄さんは今年36点。

今年も、もちろん当たってほしい・・・
フレフレ大栄!

こいこい36!!

平成30年宅建合格を祈願して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


自己採点他のアンケートに投票頂いたみなさん、ご協力ありがとうございます。
22日22時時点で投票数:590票。
昨年に比べると投票数は1/3ですが、これもグーグルで検索ランキングの変動の影響ですので
仕方ないですね。
そんな中で、投票のご協力頂いている方には感謝、感謝です。

今年は得意な例となっていますので、私も今まで以上に応援したいと考えています。

投票は、10/27まで受け付けしていますので、まだの方は引き続きご協力お願いいたします。

現時点では、主要予備校の大方の予想どおりボリューム層が35点、36点、37点になります。
昨日中のホットな投票の中でも、このボリューム層は変わりませんので、
主要予備校の合格推定点と一致します。

さて、主要予備校の大栄さんに関しては個人的に予想のやり方が好きなので掲載しています。
それは、1点予想をするからです。
3年前は31点 1点予想で当たっています。
2年前も35点、1点予想で当てています。
昨年は、残念ながらはずれましたが、1点予想をしている以上はずれることがあります。
そこが他の3点予想は2点予想しているところと違う点です。

予想は1点に絞るのが当たり前。
それでこそ勝負師です。
それなりのリスクをとってやるこそ、本当の予想といえます。
(一応、今の私の持論なので、他の方に強要するつもりはありませんので念のため)

現時点での推定点です。

●平成30年主要先推定点一覧
(平成30年10月22日22時00分現在)

◎TAC  36±1
◎日建学院 37点±1 
◎大原   35・36
◎LEC  36±1
◎大栄   36点

5校をまとめると35点〜38点がボーダーライン上になります。
38点をボーダーラインにいれなくてはいけないのは残念ですが、
日建さんがそういう予想をされているので、その通りにさせて頂きます。

個人的には、36点に来てほしいものです。

宮嵜さんも予想を出されましたね。

・・・ここから・・・
☆合格予想ライン☆ (10月21日本試験当日夕方の予想)

2018.10.21 17:00時点のデータ(日建学院WEB集計約2500名様)による。
この時点以降のデータは、成績のよい方が複数のスクール等自己採点サービスを利用するため、
データが上にシフトし始めます。
そのため、17:00のデータを採用しております。
合格率が例年通り『15〜18%』であれば、

37~38 くらいです。

当日のYouTubeチャンネルでLIVE配信では、37点・38点にされていました。

・・・ここまで・・・・

宮嵜さんにしては、少し高めの予想ですが、それだけ日建でのデータが高かったのでしょう。
日建学院も例年にすると高めですから・・・

さて、ここからは今後の対応について別れ道となります。
待機期間をどうするかです。
すぱっと気持ちを切り替えるか?
待ってみるか?です。

基本的にはすぱっと気持ちを切り替えて次のことに目をむけるべきです。
ですが・・・ただ、そうはわかっていてもできない方もいます。
それで普通ですよ。
人間ですから・・・

今、ボーダーラインの方にとっては、仕方のないことです。
特に、頑張って頑張った末にボーダーラインになってしまった。

リベンジなのに、またしてもボーダーラインになってしまった。
あなたの気持ちはよくわかります。

そこで、徹底的に待つのも一つの方法です。
確かに考え方によっては無駄な時間になるかもしれません。
でも、それは自分の気持ちの持ちようです。
無駄だと思えば違うことをすればいいことですし、
決して無駄だと思わない方は、最後まで希望をもつことも一つの選択です。

一発試験である以上、明暗が分かれます。
現状では仕方のないことです。

今、ボーダーライン上の方へ。
今回残念な結果になったとはいえ、
あなたが頑張った上での結果なら、
自分を絶対に卑下しないでくださいね。

頑張って学習した証は、決して消えるものではありません。
私は必ず今後のあなたの長い人生の中でプラスに働くと固く信じます。

痛みを経験した人間は人に対して優しい配慮ができます。
痛みを経験することにより、
それを乗り越えればあなたの大きな力と今後の人生の中での財産になります。

頑張って前を向いて行きましょうね。

私は最後までそんなあなたを応援しています。

また、ボーダーライン上の方ですっぱっと気持ちを切り替えた方や、
ボーダーラインの方の中には来年の試験を見据えている方もいます。
そんな方のためには、今年もいち早く来年のことも話したいと考えています。

最後に、今日初めてこのブログを訪問した方へ。
引き続き、アンケートを継続募集中です。
ご協力いただければ幸いです。


平成30年宅建合格を祈願して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ