宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

学習方法

◎ブログ最新ニュース
●平成29年宅建士試験合否の投票のご協力お願いします。
 合否投票はこちらから
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52259411.html

●平成29年宅建士試験を受験された方へ。
こちらの各種アンケートにもご協力をお願いいたします。
 (受験動機、試験後にすること、目指す資格、合格発表をみる方法、使用テキスト)
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52258786.html

●平成29年宅建受験された方へ。
 合格体験記を募集中です。
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52258723.html

平成30年宅建受験に向けて☆最初に決めることは何か?それは学習方法

宅建受験を決意し、次にすべきことは何か?

独学の方がまず考えるのは、テキストのことです。

情報として、テキスト情報を集めるのは悪いことではないですし、
こういうテキストがあるのか?と知ることは大事なことです。

でも、ちょっと待ってくださいね。

テキスト選びよりも、最初にやるべきことがあります。

それは・・・

1)自分の学習環境をイメージすること。

どういうシチュエーションで、どんな時間帯にどれくらい学習するのか?

まずは、ザクザク感でいいので、そのイメージをもつことです。

2)自分にとって今回の宅建学習がどういう位置付けかを考えてください。

学習自体が、大学受験以来という方もいるでしょう。
他の資格をとって次の資格が宅建という方もいるでしょう。

久しぶりに学習をする方にとっては、それだけでもハードルが高くなります。
それを踏まえて、学習時間をどれだけ確保すべきかもおのずと決まってきます。

一般的に宅建は300時間だからといって、
必ずしも、あなたにとっての時間が300時間が最適とは言えません。

中には、500時間必要な方もいるでしょう。
場合によっては、700時間、1000時間かもしれません。

特に法律系学習が初めての方や、
理系の方には、法律系は違和感を覚える方もいます。

そうなると、アイドリングの時間も長めにとって置く必要があります。
特に、インプット。
時間が予想以上にかかるはずです。

3)宅建合格体験記を参考にする

過去の先輩達の苦労が宅建合格体験記です。

これを参考にしないのは、もったいないですね。
今後のあなたが学習していくうえで、
あなたと境遇が似ている方の学習経験があるはずです。

それを参考にしない手はありません。
先輩が苦労して、3年がかりで合格した経験を、
あなたが参考にしてあなたにあわせて学習に変換すれば、一発合格できるのです。

それが宅建合格体験記です。
幸いにも、このブログにも過去の先輩達の合格体験記がありますし、
電子書籍としても発刊しています。

特に、大村さんの合格体験記は是非、読んでほしい内容です。

合格体験記満載の電子書籍
宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう

4)最後に学習方法を決める

最後にすることは、学習方法を決めることです。

もちろん、これは独学か?予備校か?通信講座か?に始まり、
仮に独学の場合は、前述の1)〜3)の内容を踏まえて、
どうするかを練ることにあります。

学習は、いつから初めて、平日何時間、休日何時間学習するのか?

あなたの学習場所はどこにするのか?
学習のペースメーカーはどうするのか?
模擬試験はどうするのか?
学習の順番はどうするのか?
インプットとアウトプットのやり方は?

などなど、学習スタイルを含めて大まかでもいいので決める必要があります。

これを決めないで、
何となく人気ある「らくらく宅建塾」などのテキストを買って、
何となく学習を開始すると・・・失敗します。

毎年感じることですが、
このあたりを漠然とした状態で始める方が実に多いのです。

そのために、私は学習相談にのっています。
最初が一番肝心なのです。

ここに力を注がないのはもったいないですね。

自分のことは自分が一番わかっています。

でも、宅建学習については初めてのはずです。
それであれば、適切な方からアドバイスを受けた方が効果的であるのは間違いありません。

幸い私の方ではフリーです。
あなたに即したアドバイスをします。

基本は独学の方に向けてのアドバイスになりますが、
予備校や通信を考えている方にも適切なアドバイスをいたします。

予備校や通信講座選びも人気があるから・・・
友達がいくから・・・
そんな理由で選ぶと実にもったいないです。

予備校は高額です。
折角のお金を使うのに、安易に選ぶのは失敗のもとです。

是非、学習相談活用くださいね。


本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成29年宅建学習方法☆学習環境を変えてみる

宅建学習環境を変えてみる。

ゴールデンウィーク前の今は、最高のタイミングかもしれません。

学習に行き詰った時、何となくペースダウンした時、何となく調子が出ない時あなたはどうしていましたか?

ただ自然に流されているだけでは、調子を取り戻すことはできません。

そんな時どうするべきなのか?

宅建学習環境を変えて見る。

・今まで自宅で学習していた人は、テキストを持って公園や図書館に出かけてみて下さい。
・電車通勤で学習されていた方は、コーヒーショップで学習してみてください。
・コーヒーショップで学習されていた方は、自宅で早朝学習をしてみてください。

環境が変われば、気分転換が図れ、学習能率も上がります。

調子が戻れば、またいつもの慣れた学習環境に戻しても構わないと思います。

『学習にも変化を与えること。』

これが、学習を継続して長続きさせるコツです。

継続しなければ、学習の効果は長続きしません。


○図書館へ行こう!
⇒普段、縁のない人は、特に集中できます。

○公園へ行こう!!
⇒時折、吹く風がさわやかに感じるかもしれません。

○カフェのオープンテラスに行こう!!!
⇒セレブな気分でお勉強。

この大型連休が逆に、気分転換を図る最大のチャンスにもなります。


本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建学習相談無料セミナー☆東京地区での開催のお知らせ

ブログネタ
平成26年宅建試験 に参加中!



宅建学習について無料セミナー開催のお知らせです。

1昨年無料セミナーを各地で開催し、昨年は実施しませんでした。


今年は1月は実施できませんでしたが、
2月に実施したいと思います。

宅建リベンジの方だけでなく、宅建初受験者の方も含めて行います。

自分の今年の学習方法をどうしたらよいかわからない方、
宅建試験までのスケジューリングがわからない方、
アドバイスがほしい方、
テキストや問題集の選び方など・・・

堅苦しい形ではなくフランクにいきたいと思いますので、
気軽にご参加ください。


宅建を検討してしる友達や仲間、同僚などと一緒でもいいです。
友達と参加される場合は人数をお知らせください。

あなたのご参加をお待ちしています。


【開催内容】

1.実施日時 2月22日(土)10:00〜12:00
       (受付開始 9:30〜)


2.内容 前半:講義スタイル
     後半:質疑応答、相談、アドバイス
     *個別相談が必要な場合は事前に言ってください。
      受付開始前の9:00〜9:30を利用できますし、
      場合によっては、セミナー終了後に喫茶店などで
      相談にのることは可能です。
      (個別相談は有料になります)


3.場所 勝どき区民館 1F1号室
      東京都中央区勝どき一丁目5番1号
         
     *区民館受付の表示板には、
      『宅建試験サイト勉強会』と書かれています。


4.交通 
     都営地下鉄大江戸線勝どき駅下車A1出口 徒歩2分
     都バス「05東京駅丸の内南口−晴海埠頭」
                 勝どき橋南詰下車 徒歩3分
     都バス「門33亀戸駅−豊海水産埠頭」
               勝どき駅前下車 徒歩3分


5.申込方法

以下の『2/22セミナー参加申込はこちらから』をクリックしてください。

メールフォームが立ち上がりますので、
必要事項を入力し、最後は送信をクリックしてください。


件名:「2/22セミナー参加」
氏名:フルネーム
メールアドレス:なるべくプロバイダーメールアドレスでお願いします。
        ヤフーの場合は、数日たっても連絡がない場合は連絡を
        お願いします。
        Gメールの場合は、迷惑フォルダーに割り振られていな
        いかご注意ください。
        携帯電話の場合は、パソコンメールの受信設定が必要です。

メッセージ:ハンドルネームや近況などがありましたらお書きください。


*申込期限、2月16日(日曜日)


参加申込の方には申込完了のメールを後で送りますので、
2日間届かない場合は連絡お願いします。


◎『2/22セミナー参加申込はこちらから


今年の自分の目標に向けて、応援クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログ村への応援もお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成26年宅建初受験☆独学か通学・通信講座活用か?

ブログネタ
平成26年宅建試験 に参加中!



宅建
をこれから受けようと考えている方にとって、
迷うのが宅建学習を独学にするか通学・通信講座を活用するかになります。


このブログでは、
独学者の方にとっての学習のペースメーカーとなるように、
またモチベーションの維持ができるように、
季節・時期・その人の学習期間に応じて、記事内容を変化構成しています。


独学ができるかどうかは、第一に自己管理ができるかどうかになります。

自己管理の必要性は概ね以下の図式になります。


独学 > 通信講座 > 通学講座


もちろん、通学講座と言えども、
全く自己管理がいらないわけではありません。

受講している時はいいのですが、
一旦受講時間を過ぎると後は自由の身です。

学習は受講だけで、
それ以外の時間に学習を全くやらないのでは、
合格確率は間違いなく下がります。

最悪受講に通うのが億劫になり、途中放棄もないとは言えません。

また、どうしても仕事の関係でいけなくなる方も
中にはいると思います。

住まれている地区によっては、
そもそも通学する予備校がないところもあります。

そうなれば、選択肢は必然的に独学か通信講座になると思います。


通信講座の良いところは、
学習していく順番、ペースがはっきりとしています。


学習ペースをうまく組めない方にとっては、
独学より通信講座の方がやりやすいと思います。

独学の場合は、学習計画を市販テキスト・過去問を使って
自分なりに立てる必要があります。


このブログでもモデルプランは紹介していますが、
個人によって生活スケジュールや学習環境等が違いますので、
最終的には自分にあったものにアレンジする必要があります。


また計画は大胆すぎてもいけませんし、
逆に細かすぎても、途中で行き詰って計画倒れになりやすくなります。


そういう意味からも、
独学を選ぶ場合は、
自分の学習環境だけでなく、
自分自身の性格としっかりと向き合う必要があります。


今回、資格学習が初めてなのか?
それとも資格学習の経験ありなのか?

ここまで学習する環境から遠ざかっていたのか?
それとも資格以外で学習する機会があったのか?

以上のようなことも選択の要素になります。


宅建は、自己管理をして、
学習を継続していけば、独学で合格できる資格です。


1回での合格で考えた場合、費用面は概ね以下です。


独学 < 通信講座 < 通学講座


通学講座が高くて、独学が一番安い構図となります。


いずれにしても、
自分が宅建をとる目的、宅建取得後の姿、
資格取得へ向けてのファーストステップなのかなどを勘案して考えてみてください。


自分にとって何の要素を優先させるのか?

費用なのか?

学習期間なのか?

一発合格必達なのか?


迷ってる方は、まずは、通信講座・通学講座の資料集めをしてみてください。


資料請求は無料ですから、使わない手はありません。

主だった所を列記します。


〇クレアール
 ・最近の人気急上昇、ポイントを絞った講座に定評があります。
〇資格の大原
 ・宅建受験生の口コミは良好です。
〇ダイエックス
 ・意外と穴場かもしれません。
〇ユーキャン
 ・テレビ広告ガンガンです。初心者向けです。
〇TAC
 ・スクールは駅前に多いですね。テキストも独自性あり。
〇LEC
 ・最大手です。バリエーションが豊富です。


※一般予備校の資料請求、独立系塾は昨年末の記事を参考にしてください。

平成26年宅建受験☆通信・通学講座活用検討は資料請求からスタート


自分に合わせた学習方法、学習計画などがわからない方は相談ください。

宅建学習相談申込みはこちらより


今年も自分の目標に向けて、応援クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログ村への応援もお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


Categories
Amazonライブリンク
記事検索