宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●平成30年宅建士試験を受験される方へ。
まずは、こちらの電子書籍よりお読みください。
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260849.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●まずは、漫画で概要をつかむ
『平成30年宅建受験対策入門書としての活用』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260619.html

学習相談

平成30年に宅建リベンジに向けてスタートされる方、
または初受験される方に向けてのご案内です。

メールでの相談、直接お会いしてのカウンセリングや
アドバイスを希望される方はいませんか?

リベンジの方にとっては、
自分自身の今年の足跡を分析することが大事になりますが、
なかなか自分のことになると適切に判断できない面もあります。

そうした場合、客観的に第3者からみたアドバイスは、
自分では気づかないところを教えることができますので、
今後の学習を構築していく上では大変有効になります。

また自分の今置かれている環境を話すことによって、
気持ちも楽になります。

私自身それなりに苦労していますので、
その苦労を乗り越えた経験は、
あなたにとって必ずお役立ちできます。

独学されてきた方にとっては、
なかなか今まで相談する機会はなかったことでしょう。
なかなか方向性や答えを見いだせないなかで、
今まで取り組んでいたままで実施すればいいのか?

はたまた変更した方がいいのか?

安易に予備校にいけばいい・・・
友達や知り合いが行っているところに行こう・・・
皆が良いというから通信講座に知らずに申し込む。

これでは、折角の今年リベンジの意思も有効では
なくなる可能性があります。

実際、メール相談、カウセリングで話をきいてみると、
私が思っていると意図と違う解釈をされたり、
学習の強弱や掘り下げる場所を間違えていたり、
もったいなく感じることが多々あります。

学習のポイントを間違えなければ・・・
遠回りしなくてもいいのに・・・
これは毎年感じることです。

どうしても、学習環境や本人の状況は人それぞれです。

総体的なことはブログで読むだけでもいいのですが、
より個々に対応したアドバイスは、
個別に対応しないと難しいのも現実です。

個別で相談にのってこそ最適なアドバイスができる。

ここ数年痛感していることです。

特にメンタル面は、徐々にあなたの心を蝕んでいきます。
気がついた段階ではなかなか修正しにくいのも現実です。

心や気持ちの問題は、短期では克服しにくいのです。
ましてや対処法が本人にはみえない。

できるだけ早いうちに、
対処していくことが最善の最短での解決策につながっていきます。

日本人は哀しからずやどうしても平素は、
このメンタルを軽視しがちになります。

占いとかお参りとかは熱心なのに、
メンタル=精神論と考えてしまうからかもしれません。

たるんでる・・・とか、
甘ったれるな・・・とか、

簡単に一言で終わらせてしまうことがありますよね。

ここに解決を長引かせる要因が隠されています。

過去のオリンピックでも、
某競技の監督がメンタル面が駄目だったと反省の弁を述べられていましたが、
その競技は本来メンタル面が充実していて当たり前と一般的に見える競技です。

それが今の現実ですから・・・
やはりメンタルはなめてはいけません。

メンタルを含めてお気軽に相談ください。

流石に私も限られた時間の切り売りなので厳しのですが・・・
今回特別のオファーを出します。

無料相談受付します。
(カウンセリング・アドバイスの場合は、コーヒー代+交通費のみ負担ください)

概要を記載します。

【メール相談】

・メールでの回答になります。
 やりとりは1回のみの回答となります。

【カウンセリング・アドバイス】

・カウンセリング場所は、東京23区及びその近郊に限らせていただきますが、
  それ以外の地域でも希望があれば調整します。

 双方で調整しやすい路線駅近郊のコーヒーショップなどで、
  1時間になります。

 (飲み物、交通費だけはご負担ください)

 *お子さん連れでもOKです。
 *ベビーカーでの小さいお子さんと一緒でもOKです。
 *友達と一緒でもOKです。
 *ご夫婦でもOKです。

 テキストを、書店に一緒に選びに同行することも可能です。
 現物を手にとっての話が一番はやいですからね。

 相談したい内容を書いてお申し込みください。

 ●宅建学習相談はこちらより


本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


まずは、既に来年宅建リベンジに向けてスタートされる方、
来年宅建初受験される方に向けてのご案内です。

平成30年版のテキストや問題集などは今後発売されていきますが、
その間を利用してリベンジの方は今年の学習を振り返って、
カウンセリングを希望される方はいませんか?

まずは自分で自分自身の足跡を分析することが大事ですが、
なかなか自分のことになると適切に判断できない面もあります。
そうした場合、客観的に第3者からみたアドバイスは、
自分では気づかないところを教えることができますので、
今後の学習を構築していく上では大変有効になります。

また自分の今置かれている環境を話すことによって、
気持ちも楽になります。

私自身それなりに苦労していますので、
その苦労を乗り越えた経験は、
あなたにとって必ずお役立ちできます。

独学されてきた方にとっては、
なかなか今まで相談する機会はなかったと思います。
試行錯誤は素晴らしいことですし、
その中で見つけた答えはあなたのこれからの大事な指針に
なることでしょう。

一方では、なかなか方向性や答えを見いだせない方もいます。

流されるままに予備校に通う。
皆がいいというから通信講座に申し込む。

これでは、成果はなかなかでません。

実際、セミナー、メール相談・カウセリングで話をきいてみると、
私が思っていると意図と違う解釈をされたり、
学習の突っ込み方や突っ込む箇所を間違えていたり、
もったいなく感じることが多々あります。

学習のポイントを間違えなければ遠回りすることがないのに、
これは毎年感じることです。

どうしても、学習環境や本人の状況は人それぞれです。

総体的なことはブログでもいいのですが、
個別に対応しないとより適切なアドバイスがしにくいの現状です。

個別で相談にのってこそ、最適なアドバイスができる。

特にメンタル面は、徐々にあなたの心を蝕んでいきます。
気がついた段階ではなかなか修正しにくいのも現実です。

心や気持ちの問題は、短期では克服しにくいものです。

できるだけ早いうちに、
対処していくことが最善の解決策につながっていきます。

日本人は哀しからずやどうしても、
このメンタルを軽視しがちになります。

占いとかお参りとかは熱心なのに、メンタル=精神論と考えてしまう
からかもしれません。

たるんでる・・・とか、
甘ったれるな・・・とか、

簡単に一言で終わらせてしまうことがありますよね。
ここにくすぶる要因が隠されています。

某オリンピックでも、
某競技の監督がメンタル面が駄目だったと反省の弁を述べられていましたが、
その競技は本来メンタル面が充実していて当たり前と一般的に見える競技です。

それが、こういう現実ですから・・・
やはりメンタルはなめてはいけません。

メンタルを含めてお気軽に相談ください。

無料相談対応します。

相談はメールかLINEでの対応になります。
LINEは土日での対応になります。


必勝宅建合格、合格への思いを込めて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


この宅建ブログでは、宅建お悩み相談のコーナーを設けています。

一人で学習をしているとあれやこれやと、
ついつい余計なことを考えがちになります。

そんな悩みを少しでも緩和できれば・・・
そんな思いから開設しています。

そこから独立させた形で再編集してまとめたものを
電子書籍とだしています。

『宅建お悩み相談!問題解決のための22の事例』


今のあなた、悩んでいませんか?

そんな時、あなたの解決のヒントがあるかもしれません。

そんな書籍の中から一つピックアップしてみます。


【Q】学習は、大学卒業以来です。
   テキストを開いて学習を始めようとするのですが、
   なかなか先へ進めません。
   気ばかりあせってしまいます。
   なにか良い学習のコツがあれば教えてください。         
                         (Aさん:男性)

《A》私も、宅建学習を始めた時は、テキスト(権利関係)を買って、
   しばらくの間、本棚の隅でほこりをかぶった状態になっていました。

   試験までまだ相当の期間があったのと、法律系のテキスト内容に
   馴染めず、スタートが切れなかったのです。

   どの分野からスタートされたのかわかりませんが、
   一番、とっつきやすい宅建業法から学習してみてください。
   学習というよりも、本を読む感覚でいいと思います。

   最初は、本を読むことすら苦痛かもしれませんが、
   徐々に慣れてきます。

   特に、宅建業法関連は、自分がこれから取得する宅地建物取引
   主任者についても書かれていますので、興味もひきやすいですし、
   読みやすいと思います。

   自分の脳に、言い聞かせるように読んでいってください。

     
   それと大事なことは、やはり気持ちの問題です。
   これから少なくとも宅建試験までの間は、
   考え方はポジティブにしてみてください。
   「僕は、できない」が前提となると、なかなか伸びていきません。
   仕事上においても、素直な人はどんどん伸びていきます。
     
   自分を宅建試験までの残り期間、のせていく工夫をしてみてください。
   まずは、学習環境づくりからですよ。


いかがでしたか?

参考になりましたでしょうか?

こういう事例を22紹介しています。

いろんな角度からの相談例が、満載です。

困ったとき・・・
不安になったとき・・・
行き詰ったとき・・・




本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


昨年12月に宅建学習相談の募集をしました。
数名の方から申込がありました。

ドコモのアドレスやヤフーメールだったため連絡がつかなかったかもいます。
もし心当たりがいる人は再度、違うアドレスにて連絡をお願いします。

ドコモだと受信設定になっていないと拒絶されることがあるためです。
Gメールの場合は返信メールが迷惑フォルダに入っていないかもご確認お願いします。

リベンジの方は特に、この無料学習相談を上手に活用くださいね。
おかれている環境はそれぞれですので、
定格化をしたものをあてはめるだけでは、
なかなかしっくりといきません。

本当に十人十色だと思います。
そう考えると、その人にあわせた学習方法をアドバイスしてあげる必要性を
ますます痛感しました。

また、その方が歩んできた学習ロードを聞いてあげることは、
リベンジになった苦しみを癒すことができますし、
また今年の宅建受験に向けての強い自分自身の意思固めにつながっていきます。

一方で今年初受験される方。
まだまだどうやって学習をしていくか想定できていない方の方が多いと思います。
まだまだ時間がありますので、
あわてて学習開始する必要はありません。

ただ、今後の時の経過の中で受験の意思が弱くなっていく可能性があります。
あいまいなままでは余計に早く時は過ぎ去ります。
そうであるなら、早めの相談をしてくださいね。
これが結果的にはあなたの確実な路線につながっていきます。

メンタルを含めてお気軽に相談ください。

再募集いたします。
概要を記載します。

【メール相談】 

・メール相談1件 無料
 初受験かリベンジ受験かをお知らせください。
 こちらから質問シートを送りますので、その回答をみて返事を差し上げることに
 なります。
 1回のみの回答となります。


【カウンセリング・アドバイス】 

・カウンセリング場所は、東京23区及びその近郊に限らせていただきますが、
  それ以外の地域でも希望があれば調整します。 

 双方で調整しやすい路線駅近郊のコーヒーショップなどで、
  1時間になります。 

  費用は無料です。
 (飲み物、交通費は実費をご負担下さい。) 
 

 *お子さん連れでもOKです。 
 *ベビーカーでの小さいお子さんと一緒でもOKです。 
 *友達と一緒でもOKです。
 *ご夫婦でもOKです。( 

 テキストを、書店に一緒に選びに同行することも可能です。 
 現物を手にとっての話が一番はやいですからね。 

 相談したい内容を事前に書いて頂いた方がよりスムーズです。


本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
平成26年宅建試験 に参加中!


昨日、勝どきでのワーキングセミナー参加者募集を開始しました。
場所が東京都中央区であり、よりつきはいいとものの仕事や
家庭の都合により参加したいのだけれど参加できない。

そんな声をよく聞きます。

そこで、出張スタイルでの個別の宅建学習相談、出張スタイルでの
少人数でのミニセミナー・プチセミナーを実施することにしました。

平日19時以降もしくはランチタイム(日によってはティータイム可)、
土日は日程と時間帯は要相談で対応可能です。

場所は可能な限りどこでもいきます。

ミニセミナーやプチセミナーは仲のよいお友達同士だけでもOKです。
二人でも三人でも自由です。

場所はご指定ください。

3月下旬頃からなら九段下駅前の貸セミナールーム利用(別途有料)も可能です。
池袋駅前の貸セミナールーム利用(別途有料)も可能です。
どちらも少人数に適しています。

特に、池袋の方は昼間なら天気がよければ、富士山も望めるいい場所です。

概算的な費用は、個別宅建学習相談については、
以下の案内をご確認ください。


出張スタイルのミニセミナー・プチセミナーの概略費用は、
往復交通費、セミナー料、ランチ代もしくはコーヒー代という形になります。
◎相談依頼方法

以下の『個別学習相談・ミニセミナー相談はこちらから』をクリックしてください。

メールフォームが立ち上がりますので、
必要事項を入力し、最後は送信をクリックしてください。

件名:「個別学習相談ORミニセミナー実施相談」
氏名:フルネーム
メールアドレス:なるべくプロバイダーメールアドレスでお願いします。
        ヤフーの場合は、数日たっても連絡がない場合は連絡を
        お願いします。
        Gメールの場合は、迷惑フォルダーに割り振られていな
        いかご注意ください。
        ドコモ携帯電話の場合は、パソコンメールの受信設定が必要です。
        info@takken-get.comを受信設定にしてください。
        (@を半角の@に変えてください。)

メッセージ:・個別学習相談は、場所、希望日時(出来れば第三候補まで)と時間と
       相談内容の概要をお書きください。
      ・ミニセミナーは、場所、希望日時と時間と実施希望内容、参加予定
       人数などをお書きください。

      *原則メール送信後3日以内に返信いたします。


今年の自分の目標達成・宅建合格に向けて、応援クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログ村への応援もお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ